ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

お世話になります。

会社で、90万の機械をいれることになりました。
5年リースで、あとは安く買い取ろういこうと思っていたのですが、
メーカーの方が持ってきた、リース契約書には、
再リースか、返却としか書いてありませんでした。

技術も、でつくしたような製品で、新品を買うより修理したほうが得だと考えています。
調べて
割賦、または購入選択権付きリースというものを見つけ、申し込もうと考えました。

ここからが質問です。

?
私の考えている割賦と購入選択権付きリースの定義

割賦は頭金の多い、初期投資の多いローン、
購入選択権付きリースは、5年後に買う値段を決め、(買わずに再リースか返却でも可)
月々、同じ金額をはらっていくもの。

両方とも、所有権が私のもとになるのは完済時。
そのときに、固定資産税はさかのぼって計算する。(経理処理は同じ?)

?
割賦、購入権付きリース、通常のリースは
たとえば5年間だけだったら、事務作業の簡易化などは抜きにして、
どの方法が、どれくらいお金を払わなくてすむか?というところが知りたいわけです。
どれもたいして変わらなければ、購入したほうが得ですよね。


また、今もらっている契約書は
月リース料率が2%でメンテなし、18000円で、
相場が1,87%くらいと他のサイトで見たので、今のリース会社は高いのかなと感じました。
(ものによるのかもしれませんが、特別な機械で、よく売れるものではありません)

このへんも、相場など知っているかたがいたら、ご教授お願いいたします。

直接、聞けばわかるようなこともあるとは思われそうですが、
人の話がすっと理解できるほど頭がよくなく、誤解して解釈して
失敗することが多いのです。

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

※ 割賦とリースの違い



・割賦は所有権留保の分割払い
 完済するまで所有権は完全に移転しないが、
 資産計上し、減価償却する。
 固定資産税も支払う。

・リースは所有権の移らない使用料支払い
 資産計上せず、経費計上はリース料その他の科目で支払い分だけ計上。
 固定資産税は支払わない。それらの分はリース料にのっていると思えば
 わかり易いと思う。

と言っても、最近はリース終了後、再リースや譲渡という形で、
使用者に譲り渡すことが多いので、その場合を想定して、
ハナからそれをうたう場合もある。というだけ。

再リース料まではリース経費だが、購入時に
購入金額によって、資産計上し、固定資産税も支払うが、
九〇〇〇〇〇円程度の物件なら、譲り渡し価格が10万円以下に
なるはずなので、消耗品費扱いになるはず。

基本的には、どちらも物を介在した借金である。ということに
かわりなく、減価償却の煩雑さを排除するために
リース契約という概念ができたと考えてよく、
どちらが得かというのは一概にはいえない。

安いか高いかは3.4件業者を呼んで、あい見積もりをとれば
そのほうが確実です。地域によって、相場は違うから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

割賦は一年目から、固定資産税を払うということですね。
それも、購入選択権付きリースと違う点ですね。

あい見積もりで3社にそのことを聞くと、リース会社では、リース物件の譲渡はないと言われました。
「そのまま使っていいですよ」という話もよく聞くのですが
表向きは駄目なのですかね。

とはいえ、約束がないのは怖いので、割賦でこうと思います。
 
ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/05 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「所有権留保車」とは何でしょうか?

車の購入を検討していて、ヤフーオークションで気になる車を見つけましたが「所有権留保車」と書かれていて、名義変更などができなさそうなのですが、詳しくわからないために入札を迷っています。


「所有権留保車」の意味やリスクのわかるかた、教えてください。お願いします。


http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h17489810

Aベストアンサー

所有権留保車というのは、ローンの残債が残っており、所有権がディーラーやローン会社に留保されている車です。
ローンが焦げつけば車は所有権者のものとなり、引き上げられます。
また、所有権留保されている場合は名義変更ができませんので、任意保険加入に入れない可能性もあります。
オークションのページを見てきましたが、印鑑証明、委任状、譲渡証明をつけると書いてありますが、印鑑証明の有効期間は3ヵ月なので、3ヵ月以内にローンの残債を返済し、名義変更をしないと、永久に名義変更できません。

まともなところから購入したほうがいいと思いますよ。

Q自動車購入時(割賦販売)の会計処理

ご質問いたします。

12月に会社で自動車を購入しました。

注文書は以下の通りです。

購入額    1,420,000円

支払条件
現金      12,000円
割賦金    1,400,000円
割賦手数料   153,860円
支払合計額  1,565,860円
月々の支払   43,000円

以上の明細の注文書で、(1)購入時の仕訳、(2)月々の返済時の仕訳を教えていただけないでしょうか。因みに、割賦とローンは違いますよね。

お手数をお掛けしますが、ご教授の程よろしくお願いいたします。

 

Aベストアンサー

私自身が複合仕訳好きなので、諸口を使ってしまいました。解かり難くしてしまってごめんなさい。

#1さんの仕訳でももちろんOKです。
ただ、割賦手数料を支払手数料とする場合、これは36回払いでしょうか、3年で支払いが終わる計算ですよね。ですから割賦手数料も3年で費用に落としていく必要があると思います。
購入時には “前払費用 153,860” としておいて、
決算時に実際に支払った分だけ、例えば、1月から支払って3月決算だとしたら \153,860/36回×3回≒12,821で、

   支払手数料 12,821 / 前払費用 12,821

という決算仕訳を入れればよいと思います。

私は割賦手数料も付帯費用として固定資産の金額に入れてしまっていましたが、別に台帳をつけていないと実際の購入金額が判らなくなってしまいますので、割賦手数料は未払費用から支払手数料にした方が後々判りやすいかもしれませんね。

Qオートローンの仕訳

車購入のためクレジット会社のオートローンを組みました。

購入金額300万円
頭金20万を支払済み
月返済4万円+金利5千円

この場合の仕訳を教えてください。

頭金の仕訳
車両関係費? 20万円 現金 20万円

月返済の仕訳
車両関係費? 4万円 普通預金 4.5万円
支払利息? 5千円

この様な形でよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の場合、法人若しくは個人事業者の方と考えてよいのでしょうか?
この場合、消費税の免税事業者かどうか、確認されたほうがよいと思います。
免税なら、基本的には#4さんの仕訳でOKと思いますが、課税事業者の場合には、消費税額が関係してくるので、

車両運搬具 2,857,143 / 現金 200,000
仮払消費税  142,857 / 長期未払金 2,980,000
長期前払費用 180,000 /

でどうでしょう。

あと、購入金額300万円とありますが、これは登録料他一切を含んだものですか?

購入時に経費(車両関係費)にできるものもありますので、詳細は、国税庁のタックスアンサーで調べてはいかがでしょう。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q保証料の戻りがあった場合の処理の仕方なのですが・・・

保証料の戻りがあった場合の処理の仕方なのですが・・・

銀行からの借入を繰上げ返済した際、県の保証協会の保証料の戻りが発生しました。
ただ、この借入の保証料なのですが借入をしていた際、毎年保証料が口座より引き落としされており、経費として処理されておりました。
私が関与前からわざと経費として処理してあるようなので何らかの意図があるのかと思うのですが・・・(本来であれば保証料全額を一旦前払費用として計上して毎年按分した分を経費として処理するのでは?)

まず、今期は保証料(経費)の発生が全くない為、単に保証料(経費)の戻しとしてしまうと保証料の科目がマイナスとなってしまいます。
ですのでこの場合、科目は雑収入にするのが良いでしょうか?
もし、雑収入にする場合、消費税はかからないという解釈で良いと思うのですが、こちらも合わせて教えていただければ助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

信用保証料の支払においては、質問者が言われるように、前払費用で会計処理するのが正しいです。
〔借方〕長期前払費用☆☆☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆☆☆

そして毎期末に、当期分の保証料を費用化します。

また、繰上返済を行って保証料の戻りがあった場合は、長期前払費用を戻す仕訳を行います。
〔借方〕普通預金◇◇◇◇/〔貸方〕長期前払費用◇◇◇◇

ですから、信用保証料の全額を費用化してしまったのであれば、保証料の戻りがあった場合は、
(1)戻り額が多額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○○/〔貸方〕前期損益修正益○○○○○
(2)戻り額が少額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○/〔貸方〕雑収入○○○○


>もし、雑収入にする場合、消費税はかからないという解釈で良いと思うのですが・・

勘定科目が何であれ、信用の保証料は消費税は非課税です。消費税法基本通達6-3-1の(2)において、信用の保証料は消費税非課税と定めています。↓

消費税法基本通達6-3-1
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/06/03.htm

従って信用保証料の戻りも消費税は非課税です。

信用保証料の支払においては、質問者が言われるように、前払費用で会計処理するのが正しいです。
〔借方〕長期前払費用☆☆☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆☆☆

そして毎期末に、当期分の保証料を費用化します。

また、繰上返済を行って保証料の戻りがあった場合は、長期前払費用を戻す仕訳を行います。
〔借方〕普通預金◇◇◇◇/〔貸方〕長期前払費用◇◇◇◇

ですから、信用保証料の全額を費用化してしまったのであれば、保証料の戻りがあった場合は、
(1)戻り額が多額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○○/〔貸方〕前期損益修正...続きを読む

Qローンで買った車の仕訳がわかりません・・

 個人事業主です。仕訳がわからず困っています。
開業にあたって、軽の箱バンを購入しました。
 
 購入価格合計  1.190.000
 頭金       190.000 
ローン      1.000.000 
分割手数料      94.200

総支払額     1.284.200
です。

月々の支払いは1回目¥20.400 二回目からは¥18.200 です。60回払いです。
減価償却、月々の仕訳がわからなくて困っています。
支払いは、個人の普通口座からの引き落としです。
お忙しいところ申し訳ありませんが、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 or 18,200 / 普通預金 20,400 or 18,200

3.決算時の仕訳(その1)
支払手数料 94,200×○月/60月 / 長期前払費用 94,200×○月/60月 

○月には、取得日から12月までの月数が入ります。
(来年から数年は12が入ります。支払終了年は残った端数を入れます。)

4.決算時の仕訳(その2)
減価償却費  (    )  / 減価償却累計額 (     )

緑ナンバーなら耐用年数3年の定率法、
白ナンバーなら耐用年数4年の定率法で計算します。
中古自動車なら耐用年数を2年まで短縮できます。

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 o...続きを読む

Q延滞金について

ご教示おねがいします。
源泉税の不納付加算税、延滞金、社会保険料の延滞金の
勘定科目を教えて下さい。
源泉税の不納付加算税、延滞金は租税公課、社会保険料の延滞金は福利厚生費で処理しているのですが、自信がありません。
どなたか、詳しい方お願い致します。

Aベストアンサー

法人税法上では、源泉税等の税金に関する延滞金等は、損金不算入とされていますが、社会保険料や労働保険料の延滞金については特に規定がない事から、損金算入できるものとされています。

ですから、この両者は別科目で処理すべきと思いますので、現在の処理で、特に問題ないとは思います。

ただ、社会保険料の延滞金が多額になる場合は、本来の福利厚生費ではありませんので、雑費等の別科目で処理した方が良いとは思います。
(少額であれば、関連しての費用として、福利厚生費でも問題ないとは思います。)

Q事故の保険金が入金された際の仕訳?

経理のことで、質問いたします。
勘定科目は、この場合どうなりますでしょうか?

今年社内で事故があり、社員の方が入院しました。
それに伴って、かけていた保険から先日見舞金が入金されたのですが、この場合の仕訳は・・

当座預金 △△△   受取保険料 △△△

となると思うのですが、会計ソフトに「受取保険料」の項目がない場合、
貸方は「保険料」と「雑収入」のどちらが適切でしょうか。
もしくは、何か他の勘定で処理するのでしょうか・・
よろしくおねがい致します。

Aベストアンサー

 ソフトにある科目「保険料」はご存知のように「(支払)保険料」のことを指します。「保険料」を貸し方にもってくると以前の支払保険料を取り消す仕訳になってしまいます。
 保険会社であれば、お客さんから受け取る場合は「保険料収入」(売上)となりますが、その他一般企業では、受け取る場合は保険料でなくて「保険金」ですね。
 しかし、「保険金」の科目はないでしょうから、「雑収入」でいいと思います。

Q保守契約の勘定科目

個人事業主です。

仕事で使用しているPCの保守サービス契約が期限切れになりました。
延長する場合、勘定科目は何で切ればいいでしょうか。

検索したところ「消耗品費」「修繕費」「支払保険料」など諸説入り乱れ、どれも「これが正しい!」とばかりの記述だったので、かえってわからなくなりました。

購入時は本体込みで「消耗品費」としていました。

Aベストアンサー

>青色申告用紙(手書き)に転記する時にどうしようかと悩んでいるのですが

損益計算書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2011/pdf/33.pdf

のことであれば、経費の項目に「保守料」と記入すればいいです。

Qシステム使用料の勘定科目

経理初心者です。会社で楽天のシステムを使用しています。システム使用料は勘定科目は何になるのですか?このような質問ですみませんが、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は
支払手数料 楽天 現金
で起票しています。


人気Q&Aランキング