次男坊ですが、最近、やっと子供ができました。

兄が居るのですが、結婚しておらず、後継ぎが居ません。

そこで、最初、親が私に後を継いで、「先祖供養を・・」と
言っていました。

ところが、最近、永代供養をするから、私の方で供養をしなく
てもよいと言われました。

別に財産などもないので、何も変わらないのですが、親の希望とは
いえ、親の供養をしないことに罪悪感を感じてしまいます。

私のようなケースの場合、親が永代供養墓を選ぶということは
普通にあることなのでしょうか?

先祖供養や仏事に詳しい方がおられましたらご教授いただければ
幸いです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

永代供養だからといって何もしないわけではないので。


ただ、#1の方がおっしゃるとおり、細かなことがありますが、そういうことが省かれるだけです。
よって、何もしない!のではないですよ。
お墓があれば、手を合わせには行きましょう。そういう習慣を持っていればいいだけです。

今は、永代供養をお願いする人は多いです。まず、子供がいない、子供が遠方に行ってしまった、ということがあるようですし、子供に迷惑をかけたくない!と言う人も居ます。
子供がいても、「あいつがあれこれしてくれるとは思っていない」などという理由から、死んでまで親戚等に迷惑かけたくない!という理由があるようです。

お墓を守るとは、やはり大変です。

とはいえ、永代供養と言っても色々で、お寺によっては十数年後には粗末に扱われたり、まとめて供養で、これといって・・・ということもあります。
そんな現状を聞くと、やはり子供が・・・と思いますが、細かなことを思うと・・・・複雑ですね。

我が夫婦は、散骨希望なのですが、一番は、一箇所にとどまりたくない、という自由奔放な夫婦的考えですが、でも子供に「墓の管理、命日等の面倒を省かせたい」という思いがあります。
まだ、散骨に必要な書類や手続きはしていませんがね。

供養をする!としても、これもまたピンきりですがね。
お寺との付き合いも都会と田舎では違うだろうし・・・・
お寺なりに全て任せても、子供として手を合わせに行く時は、必ず行くようにすればいいのです。
全て相手任せだと思うから、気がひけるのでは??そういう考えではなければ、今時の供養方法としては、葬儀の仕事に少しの間ですが、携わったものとしは、疑問には思いませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、永代供養墓での遺族がお参りできるのですね。お参りを兼ねて定期的に行って、粗末に扱われていないか、確認すればいいんですね。永代供養墓にしてしまったら、お参りに行く権利もなくなるのかと思っていました。お墓を買ったのは私ではないので、詳しくわからなかったのです。でも、すっきりしました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/05 18:59

祭祀を継いで供養ををするという事は、実は大変な事です。


私は、家を出た長女ですが、事情が在り、実家の墓を引き継ぐ事になりました。
新しく檀家に成るという事で、入檀料50万円、その年の先祖の供養料4人の供養で20万円、その他、お彼岸、お盆等の費用…こんなに大変な事とは思いませんでしたよ…
ご両親の供養は(まだ大分先でしょうが・・)お墓参りに行けば良いのです。法事に参加すれば良いのです。それなりの費用は掛かりますが・・自分で継ぐよりは・・いいと思います。

今時は、選択肢も沢山在りますのでゆっくり考えられたら如何ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。檀家になるとそんなに大変なのですね。お墓はお寺でなくて霊園になので、確かに費用はそれほどかからないと思います。思わぬ視点でした。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/05 18:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長男の眠るお墓に次男は一緒に入れるのかどうか

両親は健在です。
私は長女で嫁いでいます。
弟が二人いましたが、上の弟(長男)が病気で6年前亡くなりました。
長男は両親が建てたお墓に眠っており、母を中心にお墓のお世話をしています。

ある方から長男の眠るお墓には次男は入れないということをお聞きしました。そのことで、すごく父は悩んでいます。
両親は、いずれ自分たちの建てたお墓に入り、名義を弟(次男)に変更して管理して欲しいと考えています。
(長男には嫁と息子が一人います。)

そこで、質問なのですが
長男の眠るお墓には、両親は入れても次男は入ることができないのでしょうか?

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

お墓や仏壇などの先祖祭祀に必要な法具は、そのお家の祭祀を継承する方が、一括して継承します。祭祀継承者は社会通念や地域の慣習にしたがって決定されることになりますが、一般には長男→配偶者→存命の親→その他の兄弟姉妹→その他の親類、といった順になると思います。
しかし、この順番は絶対というものではなく、お家の事情によって、どの方が祭祀継承をされても問題はありません。
また、長男が入っているから絶対に次男は入れないということもありません。基本的には、そのお墓をお守りしている祭祀継承者の方が認めるのであれば、どなたのご遺骨でも納骨することができます。
最近は、後継者の問題や経済的な問題で、兄弟姉妹でそれぞれの別々に一家のお墓を構えることが難しくなってきているお家が少なくありません。私の寺でも長男家と次男家が共同で一つのお墓を持つ「合家墓」を建立されているところが複数あります。
etsuko-kさんのご質問の場合はまた少し事情が違うようですが、考え方は同じで「これこれの理由で、誰々は入れない」ということは絶対の基準としては無い、ということです。
御親戚どうしでよく相談されて、みんなで仲良く御先祖様にお参りできる方法を選択されてかまいません。

蛇足ながら、公営・私営の霊園では使用規定で納骨できる続柄の範囲、御遺骨の数を限定している場合もあるので、そのようなケースでは霊園管理者に確認される必要があります。

曹洞宗の僧侶です。

お墓や仏壇などの先祖祭祀に必要な法具は、そのお家の祭祀を継承する方が、一括して継承します。祭祀継承者は社会通念や地域の慣習にしたがって決定されることになりますが、一般には長男→配偶者→存命の親→その他の兄弟姉妹→その他の親類、といった順になると思います。
しかし、この順番は絶対というものではなく、お家の事情によって、どの方が祭祀継承をされても問題はありません。
また、長男が入っているから絶対に次男は入れないということもありません。基本的には、そのお墓をお...続きを読む

Q永代供養について教えてください。 私は子供がおらず、私で墓じまいです。 永代供養って、本当に永代なん

永代供養について教えてください。
私は子供がおらず、私で墓じまいです。
永代供養って、本当に永代なんでしょうか?
そもそもそのお寺が亡くなったら、どうなるのでしょうか?
亡くなってしまってからは、金銭も払えないので結構お高いのですよね?相場ってお幾らぐらいでしょうか?同じような境遇の方、アドバイスをお願い致します。また、墓じまいの流れなどもご存じでしたらお願い致します。

Aベストアンサー

あなたが思われている、永代とはどのくらいの年月なのでしょうか。

1回忌、3回忌、・・・・という法事に、お寺さんに1回あたりにお支払いする、お布施・お車代・御斎(おとき)あわせておいくら位になるとお考えですか?


お支払いになられる、永代供養料と比較して考えてください。


何となく、判ってきませんか?

Q次男が継いだ墓を長男に返すべきか

いろいろと、専門家やお坊さんに聞くと・・・
お墓は長男が継ぐべき。
因縁があって、その家の長男として生まれてきているので、お墓は長男が継ぐもの。とのことです。
(長男が死んだり、籍を抜いて他人の家に出て行った場合は次男が継ぐことになる。)
長男がその家の当主になるので、長男が遠くに行ってしまったら、長男の住んでいる所に本家の墓を建てることが筋だそうです。

ここで質問なのですが、現在私の家では、祖父が次男だったのですが、長男が遠くに行ってしまったため、次男筋が墓を継いでいます。
これを長男筋に返したいと考えています。

2代も経った今更、長男筋に返す必要はないでしょうか?
こういった経験をされた方はいますか?

Aベストアンサー

宗教法人の人です。専門家ということになるでしょうか。

霊的な問題というのは、その家筋によって答えは変化することがあるのですが、
一般論と言うことでお話ししますと、この場合はお墓を長男筋に返すべきです。
どなたかがおっしゃっておられるように、

>因縁があって、その家の長男として生まれてきているので、お墓は長男が継ぐもの。
>(長男が死んだり、籍を抜いて他人の家に出て行った場合は次男が継ぐことになる。)

ということですね。お墓は長男筋にお返しして、あなたはお祖父様を初代とする分家墓を
建てられると良いでしょう。ただ、もし長男筋がお墓の跡継ぎを拒むようであれば、
あなたの家が本家筋として墓を守っていくしかありません。押しつけるわけにも行きませんしね。

Q今ある先祖のお墓を永代供養したいのですが

実家のお墓について相談です。
祖父が自分でお墓をつくり(本家ではないので)、祖父母と叔父および祖父の親戚筋関係(詳細不明)が入っています。父は長男で、ほかに未婚の叔父と叔母がおります。私は、兄(既婚で子供あり)妹(バツイチ子無)の妹にあたります。母方の祖母は父方とは別のお寺で永代供養をしていただきました。
兄が父方のお墓をつがない事になり、父方のお墓をどうするか問題になっています。仮に妹の私が墓守を引き継いだとしても子供がおらず私の代で終わってしまうため、父の兄弟(叔父叔母)と相談してお墓を父の代で終わるように頼んでいます。
そこで質問ですが、現在お骨が入っているお墓からお骨を取り出しかつ現存の叔父・叔母も入れるような共同の永代供養してもらえる墓地はあるのでしょうか。祖母が入っている永代供養は一人一区画と決められています。できたらみんなばらばらにならず1つの場所で、また後々墓守の引き継ぎを探す必要がないようお寺に供養を続けていただきたいのですが可能でしょうか。現在の檀家から抜けて別の宗派の永代供養墓地にはいる事はゆるされるのでしょうか。また父方の実家に(父は長男ですが家をでたため)仏壇と複数のお位牌があります。私が引き継いでも私が死んだときにどうするかといった問題を姪っ子に関わり合いがないようにしておきたいと兄ともども悩んでおります。できたらあわせてお寺で受け入れていただきたいのです。さらにお骨を出したとのお墓はどうしたらよいでしょうか?
田舎ですので父方の生地ではお寺が1つだけ、全家庭昔から檀家です。

実家のお墓について相談です。
祖父が自分でお墓をつくり(本家ではないので)、祖父母と叔父および祖父の親戚筋関係(詳細不明)が入っています。父は長男で、ほかに未婚の叔父と叔母がおります。私は、兄(既婚で子供あり)妹(バツイチ子無)の妹にあたります。母方の祖母は父方とは別のお寺で永代供養をしていただきました。
兄が父方のお墓をつがない事になり、父方のお墓をどうするか問題になっています。仮に妹の私が墓守を引き継いだとしても子供がおらず私の代で終わってしまうため、父の兄弟(叔父叔...続きを読む

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

基本的に、お寺での供養はどのような場合でも「永代供養」です。お寺には檀家さんの過去帳があり、朝晩のお勤めで回向供養しています。
かりに、あるお家の子孫が絶えてしまって先祖祭祀をする方がどなたもおいでにならなくなっても、お寺としての供養がなくなってしまうわけではありません。

この事と、最近ひろく行われている「永代供養墓」というものは、似ているようで実はかなり違うものです。
守る人のいなくなったお墓は、整理されて「無縁仏」として合祀されます。こうした無縁仏を合祀した大きな墳墓を「無縁塔」とか「三界萬霊塔」などと呼んできました。
現在のように一般のお家でも後継者が少なくなっている状況では、境内にお墓を建ててもらう事は、お寺にとっても経済的なリスクがあります。子孫が絶えてしまえば、墓地管理費や祭祀にかかわる収入が絶えることになりますし、残ったお墓の撤去や遺骨の合祀はお寺の負担(持ち出し分)になってしまいます。
そこで、どこかの頭の良いお坊さんが、「どうせ、いつかは無縁仏になるのなら、最初から無縁仏にして、まとまった金を取ってやろう」と始めたのが「永代供養墓」です。「永代供養墓」と言いながら、その実態はほとんどが「三界萬霊塔」と何も変わりせん。区画売りしているものも、要はロッカー式霊園の小さい物、というに過ぎません。
結局「最初にまとまった金を払って、とっとと無縁仏になりなさい」ということです。お寺にとっては永代供養墓という名前の無縁塔を新たに作る初期投資が少しかかりますが、「不良在庫」としてのお墓を抱えるリスクを回避して、何十万円かのまとまった収入を効率よくあげるための、非常に都合の良いシステムです。

このように、永代供養墓は、ほとんどのお寺で経済的な理由から始められているので、「お金になるなら」どこのお寺でも受け入れてくれるはずです。ただし、「一度きりの機会だから、できるだけお金を取る」という考え方で運営されているお寺も少なくないので、複数のお寺から資料をもらい、よく比較検討される事をお勧めします。

現在のお寺のお墓をなくして、遺骨をどこかの永代供養墓に移すには、
(1)法律で定められた改葬の手続きをとって、ご遺骨を移します。
(2)ご遺骨を取り出した後のお墓は、itirikiさんのご実家の負担で撤去・整理して、敷地を更地にしてお寺にお返しします。
(3)お寺によっては檀家を抜ける時に「離檀料」などを差し上げなければならない事もあります。

仏壇と位牌は、そのまま受け取ってお祀りして下さるお寺は、まずありません。離檀される時に、現在のお寺にお願いして、魂抜きの法要をして頂いた後に処分します。処分は、お寺でして下さる場合もありますし、自分で小さな破片に壊して可燃ゴミとしてクリーンセンターなどに持ち込むことになります。そのようなサービスを行っている仏壇屋さんもあります。


永代供養墓とは、また違った意味合いで身寄りのない(なくなる)ご遺骨を引き受けてくださる、お寺としては一心寺さんが有名です。ご希望の方法に近いかもしれません。
下記のURLを参照してみてください。
http://www.isshinji.or.jp/

参考URL:http://www.isshinji.or.jp/

曹洞宗の僧侶です。

基本的に、お寺での供養はどのような場合でも「永代供養」です。お寺には檀家さんの過去帳があり、朝晩のお勤めで回向供養しています。
かりに、あるお家の子孫が絶えてしまって先祖祭祀をする方がどなたもおいでにならなくなっても、お寺としての供養がなくなってしまうわけではありません。

この事と、最近ひろく行われている「永代供養墓」というものは、似ているようで実はかなり違うものです。
守る人のいなくなったお墓は、整理されて「無縁仏」として合祀されます。こうした無...続きを読む

Q教えてください。 お墓の問題です。 私の父親は次男です。 父親の長男が墓守になるのが定石ですが、離婚

教えてください。
お墓の問題です。
私の父親は次男です。
父親の長男が墓守になるのが定石ですが、離婚しておりその子息は別の墓にはいるとのことで、当家に墓守をお願いしたいと要望されました。
もちろん、本人も入れてくれとのことです。
頼まれたのは、父の息子、長男の私です。
私の父親はすでに他界しており、現在その墓に入っています。
そこで質問ですが、私にはまだ健在の母がいます。
その母が他界した場合、墓はどこに入ることになるのでしょうか?
籍は、当家のままです。
わかりづらい文章ですが、ご教授よろしくお願い致します

Aベストアンサー

祖父の代から受け継いだ墓がある
祖父には息子が二人(あなたの伯父と貴方の父親)
伯父は存命
貴方の父は死亡しており その墓に入っている
伯父には息子(あなたのイトコ)がいるが 伯父は離婚しており、伯父の息子(あなたのイトコ)は母方(伯父の元妻・イトコにとって母親)についたため伯父には跡取りがいない

伯父は死後はその墓(祖父の代から受け継いだ墓で、貴方の父が入っている墓)に入りたい 
そして墓守をあなたに頼みたいと伯父が依頼してきた

あなたは自分の母親がその墓に入っていいのか?を聞きたい

そういうことでしょうか??

貴方のお母様が貴方のお父様と離婚していないなら同じ墓に入ればいいと思う。

現在のおじさんの立場は独身ですよね。

独身の伯父 が甥(あなた)に後は頼む と依頼してきた
と思えばそれでいいと思う。

Q親しい先祖がいない場合の先祖供養って・・・

どうしたらいいんでしょうか?

うちの父は満州生まれ。祖父&父&母が、満州に渡りました。引き揚げ時、祖父さんが自殺行為で行方不明で死んでます。それが原因&貧しい一家な為、本家から絶縁されてる様です。

父は祖父が死んだ時、満州に遺体がある妹2人も墓に名前入れたんですが、なぜか祖父の名前は入れずです。
母の実家は祖母が創価に入ってる関係で、普段付き合いが有りません。こういう場合、ご先祖供養って、誰に対して拝めば良いんでしょうか?ご先祖様から絶縁されてる子孫な場合、誰に対して拝めば良いの?
父のメニエルが心配なんで、私に出来る事はしたいんですが・・・

父は意外なんですが、迎え火炊きます。
多分、父母(妹)を供養してるみたいなんですが・・・
ちなみに父は、満州時代の話、全くしてくれません。
肝心の私から見て曾祖父さんの供養は、どうしたら良いんでしょうか?父がしないなら、しないべきなんでしょうか?引き揚げ時については、祖母が自費出版してて、一応最近知ったんですが、曾お祖父さんの供養、しなくて良いのかなあ・・・って、私は思うんですが・・・

正しい先祖供養、皆様はどうなさってますか?

どうしたらいいんでしょうか?

うちの父は満州生まれ。祖父&父&母が、満州に渡りました。引き揚げ時、祖父さんが自殺行為で行方不明で死んでます。それが原因&貧しい一家な為、本家から絶縁されてる様です。

父は祖父が死んだ時、満州に遺体がある妹2人も墓に名前入れたんですが、なぜか祖父の名前は入れずです。
母の実家は祖母が創価に入ってる関係で、普段付き合いが有りません。こういう場合、ご先祖供養って、誰に対して拝めば良いんでしょうか?ご先祖様から絶縁されてる子孫な場合、誰に対して...続きを読む

Aベストアンサー

誰に対して拝めばいいの?というご質問に対してならば具体的に誰々という訳では無しに、ご先祖様でいいと思います。

例えばうちでも6代前になると名前もわかってませんが、(祖父が家系図を紛失してしまったため)具体的に名前を知らなくてもご先祖様は存在する訳ですし、また全ての先祖の名前や家系を記録しているご家庭もまず無いでしょう。

「私に関わる全てのご先祖様、おかげでこうして元気に生きています、ありがとうございます。」位でよいのではないでしょうか。

宗教行事としてはどういう形が正しいのかは専門家の方の補足にお願いするとして、家族間のつき合いが断絶しているからといって血縁が切れる訳ではないと思いますし、心の問題ですから。

アドバイスにならないかもしれませんが一つの意見として。

Qお墓は長男が、位牌は次男が管理している状況について

私の父は長男ですが転勤が多かったため、父の実家は叔父が継いでいます。父の両親はすでに他界しており、父の両親の位牌は叔父の家の仏壇にあります。
しかし父の母の生前の希望で両親のお墓は父が建て管理しており、いずれは父もその墓に入ることに成ると思います。お寺での法要なども父がしてきました。

お墓は父が、位牌は叔父が管理しているこの状況が不自然な感じがしています。父も高齢になり、その事を気にしているようです。父が両親の位牌を叔父から譲り受ける方がいいのでしょうか?それとも、他の方法がいいのでしょうか?

何かご意見をいただけたらと思い、質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 位牌は1つでなければならないということはありません。いくつあっても良いのです。
 例えば,曹洞宗であれば,道元禅師と蛍山禅師の位牌はどの末寺にもありますし,檀家の仏壇には,位牌ではありませんが,絵像が祀られています。
 供養する気持ちがあるのであれば,兄弟それぞれが親の位牌を作って仏壇に安置して,差し支えありません。
 うちの場合,祖父母の位牌や先祖代々の位牌は,本家を継いだ次男(長男が夭逝したため,次男が本家を継いでいます)の家にも,三男の家にも,四男(私の父)の家(つまり我が家)にも祀られています。
 
 叔父様から位牌を譲り受けるのではなく,御父様が新たに位牌を作られて,仏壇の御本尊様の傍に安置さるのが宜しいかと存じます。

Q先祖供養について質問なんですが、僕の両親の親同士が喧嘩してから、僕の苗

先祖供養について質問なんですが、僕の両親の親同士が喧嘩してから、僕の苗字の方の墓参りだけは10年近行っていません。けれど、『仏壇に向かい題目を挙げていれば大丈夫』と母と母方の祖父と祖母はそう言ってくれるのですが、最近また色々とトラブルがあり、上手くいってないのですが、やっぱり自分の苗字の方の墓参りをしないからなのでしょうか?

Aベストアンサー

父方の御墓に御参りしないで、母方の御墓にだけ御参りしたのでは父方
の御先祖様達は御怒りと言うよりも嘆いて居られますよ。
あなたは父方の姓を名乗っているのですから、やはり父方の御墓を大切
にしないといけないのではありませんか。母方だけ御参りして父方には
10年も御参りしないのは、それは理不尽と言うものですよ。

喧嘩しているのは質問者さんではなく御両親の親同士が喧嘩をしている
のですから、あなたには直接的には関係の無い事です。喧嘩をするなら
好きなようにさせれば良く、あなただけでも御参りに行かれて御先祖様
を供養されてはいかがでしょうか。喧嘩が絶えないのは、御先祖を大切
にしないからだとも言われます。あなたも何れは御厄介になるのですか
ら、自分が名乗っている御墓は大切にされた方がいいですね。

Q長男に子供がいないとお墓は誰が継ぐのでしょうか?

お墓についてお尋ねします。
お墓は長男が継ぐのが普通だと思いますが、長男が結婚していても子供がいない場合もそうなのでしょうか?
もし、長男が継いでもその後をみる子供がいなければ、絶家になってしまいます。
それを防ぐために、子供のいる次男が継いでもいいのでしょうか?その場合、長男はそのお墓には入れないのでしょうか?
皆様のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はありません。

なお、通常、お墓は所有権ではなく永代使用の権利を購入していると思います。ということは、お墓は墓地代や墓石代を払った人のものというより、その後の管理料支払い等の墓地継続使用の条件を満たす人のものと言えます。そして、どの霊園でも墓地使用者の名義を書換えする権利を認めていますが、今回のことではあまり関係はないでしょうが墓地使用者の名義書換のとき、使用者の姓の変更を認める霊園と、それを認めない霊園がありますのでご注意ください。前者は民営霊園に多く、後者は公営霊園に多いようです。

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はあり...続きを読む

Q永代供養について

私の父は長男で、今は実家の仏壇と墓を守っています。
ですが、父には私しか子供はおらず、私は嫁いだ身ですので、将来的に実家の仏壇・墓を守ることはできないかと思います。
父には弟がおり、その叔父には男の子供もいますが、叔父はどうやら「(将来的に)永代供養にすればいい」と言っているようです。
父の亡き後、自分、もしくは自分の子供達が仏壇・墓の面倒を見るつもりはない、ということだろうと思います。
※この話はつい先日父から聞きました。

そこで、父の亡き後、本当に叔父が永代供養の手続きをした場合、その後の法要(父や祖夫母の○回忌など)はどうなるのでしょうか??
嫁いだ身の私には(永代供養などに関して)口を出す権利は無いでしょうか?

Aベストアンサー

うちは私が一人っこで長男である主人に嫁ぎました。
主人の母と私の父が現存しています。
主人の父の法要は義母が
私の母は昨年亡くなり父が現在入院中のため私が執り行っています。

しかし将来的には
私たちが2件まとめて法要をしていくことになると思います。
当初は仏壇をどうするかだとか色々と考えましたが
結局のところ法要は残された家族の気持ちの問題だということが
だんだん分かってきました。
会社関連の人で縁故がまったくなく葬儀も出せない人もいれば
法要もない家族もいたり
親子で宗教が違うので親の死後改宗させるという人もいます。

どこまでするかは其其で違うし
みる人がいなければいたし方ないのかな、と思います。
tukimisato_aoiさんとご主人で話し合って
(今は家具調のコンパクトで可愛い仏壇がありますよ!)
法要をしても差し支えないのではないでしょうか?

墓の面倒というのは永代使用料の支払いのことかと思いますが
うちの母は「あんたがはらえなくなったら無縁仏でいいよ」といって
50年分先払いして墓を生前準備していました。
一人の私を気遣ってか当てにならないと思ったのかわかりませんが。

今現在生きている人がもめることのないよう
なるようにしかならない、と思い
子供にも責任はおしつけたくないので
3人の子供にも私も同じようにいう予定です。
私が永代使用料を払える分だけ払ったから
墓参りだけ覚えてたらよろしくね、
後はなるようでいいよ、と。

子供たちが私のように墓守と仏壇にしばられて
結婚に足踏みすることのないようにしたいと思っています。

うちは私が一人っこで長男である主人に嫁ぎました。
主人の母と私の父が現存しています。
主人の父の法要は義母が
私の母は昨年亡くなり父が現在入院中のため私が執り行っています。

しかし将来的には
私たちが2件まとめて法要をしていくことになると思います。
当初は仏壇をどうするかだとか色々と考えましたが
結局のところ法要は残された家族の気持ちの問題だということが
だんだん分かってきました。
会社関連の人で縁故がまったくなく葬儀も出せない人もいれば
法要もない家族もいたり
親子で宗...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報