プロが教えるわが家の防犯対策術!

人間が人生で求めるものの中に、地位や名誉や名声があると思います。

「社会」という人間と人間のつながりにおいて、それらはお金よりも重要なものであると私は考えます。一方で、それを求める自分が汚い人間のように思えることがあります。
どうして地位や名声を求めることがいけないことの様に思えるのか自分でも良く分かりません。皆さんのご意見、ご感想を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

「あべこべ」だからではないでしょうか?



 地位や名誉、名声といったものは、「やったことに対して“与えられるもの”」だとしか思えないからです。

オマケを求めて、お菓子を買う行為、といった感じでしょうか?


 いけない、とは言いませんが、いずれ「痛い目に遭う」かと・・。
    • good
    • 4

私は名声や名誉ほどくだらないものはないと思いますね。


もちろん人間が社会生活を送るには、他人からの一定の評価は必要ですが。

私の経験として。
小学校の頃は勉強が出来たりしてチヤホヤされました。それは大変気持ちの良いものでした。
しかし中学に入ると、病気のせいで周囲から排除されました。
そのときに思いましたね。「他人の評価なんて薄っぺらで何の価値もない」と。
それまでチヤホヤしていた連中が、コロッと手のひらを返すんですから。
その後、悔しさをバネに仕事でそこそこ評価される身分に返り咲いたわけですが、今度は「デキるやつ」とチヤホヤされるわけで。
くだらねーって思いましたね。もちろんデキるって評価は、他人を退けたり自分のやり方を押し通すには非常に便利な道具ですので、それなりに大切にはしますが。
私にとってはただの道具以上の価値はありません。

他人の評価に美しさを求めるなど、滑稽で浅薄だとしか思えませんね。
会社で出世してるおっさん連中って、どうせ名誉とか名声とかってしょうもないエサが欲しくて、馬鹿みたいに会社に従ったんでしょうね。
苦労の割りに給料が上がるわけでも無いってのに、ご苦労なことだ。
名誉を欲しがる割に、やっていることは上役へのゴマスリ、強いものへの無批判な態度。長いものには巻かれろって思考。
出世して名誉は付くんでしょうけど、尊厳は感じられませんね。

私は誇りや尊厳(自分に課したルール)と言うものは大切だと思いますが、
名誉や名声(他人に無闇に迎合する生き方)などゴミだと思いますね。そんなもんより100円玉1枚の方が余程有難いです。
    • good
    • 8

やりたいことや、やろうとしていること、これから見つかるやってみたいことが


手段になりかわってしまうのを薄々感じるからじゃないのかな。
まあ、たしかに名声や名誉はくだらないものではある。そして同時にありがたい。
くだらなくてありがたいもの、、、そんな他のものを思い浮かべてみると、
求めるという関わり方にあるものではなくて、自然にひたひたと湧いてくるような関わり方が望ましい、
と、きっと思うのではないでしょうか。
ほかほかの白米に添えられたきゅうりの漬物のような、状況的な価値というわけ。
    • good
    • 2

お金や名誉というのは、社会的な二次的価値=他の何かの


実質的な貢献によって生じるものであり、本来、それを求めようと、
それを求めずに社会的貢献を志そうと、同じに得られるものなのです。

ところが、お金にしても名誉にしても、そうした苦労して社会貢献
によって得るよりも、マネーゲームや自慢といった、実質を伴わない
手段による方が、楽に(あまり社会貢献せずに)得られるので、
そうた拝金主義や虚栄心は、あまり良くないものに(必要悪程度に)
抑えておく必要があるのです。
    • good
    • 1

いけないことだとは思いません。


地位や名声の為に汚くなるのは問題だと思います。
しかし、社会においてお金よりも重要なものであるというのはちょっと考えが行きすぎではないでしょうか。

何故あなたは名誉を求めないのか。
何故あなたは高収入を求めないのか。
何故あなたは・・。

何が重要かというのは個人の主義であり、一般化することは出来ないと思います。
    • good
    • 0

名誉を求めるのが汚く思えるのは、名誉を得るために自分を演出する(偽る)ことがあるからだろうと思います。


優れた心の持ち主だから生まれる行動と、それが名誉を得られるからという理由で同じ行動をするのと、社会的な(他人から見た)結果は変わりません。
しかしその行動の主である人間の中では、偽った自分を認めてもらっても、それは本当に価値ある自分ではありません。

人間の価値を光にたとえるのなら、惑星ではなく恒星であるべきだと思います。
    • good
    • 0

そのくだらないものの所為で多くの血と汗と涙が流れた。

    • good
    • 1

>名声や名誉を求めるのはいけないこと?


いけないことではありませんが、名誉税といって個人のプライバシーが制限されます。
私人から公人になる場合があり、国会議員になれば配偶者のものも含めて資産公開をしなければなりません。
週刊紙に叩かれればひたすら我慢をしなくてはいけません。

自由とプライバシーを犠牲にしても名声名誉を求めるのは個人の価値観です。

ただし、一度スポットライトを当てられて沢山の人に注目されますとこれはかなりの麻薬ですので麻薬が切れた後の禁断症状は激しいものがあります。

名声名誉は所詮社会の認知するところで、その時の世論に迎合するしかありません。
世論が変われば名声名誉は砂上の楼閣です。

真に実力があれば、生きているうちに名声名誉もありますし、死後100年たって有名になるのは歴史が示すとうりです。

川端康成のようにノーベル賞を授与された後に自殺するのもその人の生き方です。
    • good
    • 0

星の王子様という小説があり、王子様はいろんな星を訪ねました。


ある星では自分は王様だから尊敬しろ と言いました。
でも、その星に住民は、その王様一人だったんです。
自分が自分に対して偉い人だという肩書きをつけて、やってきた王子様に偉い人だと思えと命令したんです。


こういうことは稀なことで、普通は自分の価値は誰が決めるのかというと、自分以外の他人です。
他人があなたの価値が高いと決め、あなたに地位や名誉を与えます。



古代ギリシャで、プラトンはこう考えました。

<善人であると評判の人は、もともと善人だから善人たることをするのか、善人であるという評判を得、それゆえに得られる報酬を目的として、善人たる行いをしているだけなのか。
どうすれば真実がわかるか。>



『その人から一切の名誉も地位も剥ぎ取り、罪人でもないのに罪人だとして、十字架にかけて鞭打ち、槍でついても、最後まで善人たる行いをまっとうしたのなら、その人は根っからの善人だったとわかる』って考えたんです。

確か『国家』の中に書かれていたと思います。


紫の衣(名誉・肩書きで最高地位の人は紫の服だったと思う)を剥ぎ取り、罪を犯してもいないのに有罪だとして、十字架にかけて鞭を打ったのに、それでも最後まで「神よ彼らをどうか罰しないでください。彼らは自分が何をやっているのかわからないのです」と加害者をかばう発言をして、槍で突かれ死を確認された人。
イエス・キリストの物語ですが、実はプラトンの国家の内容を後生の人が、イエス・キリスト物語にしたんですね。


実際問題、本当に善人かどうか確かめるために実験として殺しちゃったら、マッドサイエンティスト並みの怖さがありますから、あくまで物語上にとどめた善人の証明の仕方のプラトンの論文。



で、人はうつろいやすいので、人に与える評判も変えるわけです。
だけど、地位や名誉に執着する人は、自分の手からそれが零れ落ちないように執着して、離れるのを防ぐために防衛や攻撃という不自然なことをしなければならなくなるわけです。

例えば自分が許可した商品がもとで怪我をした場合、自分は販売を許可したのに、すべて開発した部下が確認義務を怠ったとして、部下の怠慢のせいで事故が起こったとして、全責任を部下になすりつけ、部下をクビにして、事故に対する責任を会社がとったかのようにしてしまう。
自分の首はつながったまま、自分は社長のまま。




もちろん地位や名誉を求めることで、より良い業績を上げようする意思が生まれやすいでしょう。
馬の目先にニンジンをぶらさげることで、より早く馬は走るだろうと考えるようなものですが、あながち間違いじゃない。


だけど、地位や名誉はあくまで飾りであり、返上しなければならないもの。

ある人はある会社で部長をしていた。
いろんな人たちと仕事をして、たくさんの仲間がいて、たくさんの仲間に見送られ定年退職をした。
その翌年の正月。 ポストの前でずっと年賀状を待っていた。
毎年、取引先や同僚たちからたくさんの年賀状が届いていたので、いつものようにたくさんの年賀状が届くのを想像していたんです。


その人は、魔法を喪失したと気づいていない。
地位や名誉は魔法です。幻です。


その人自身ではなく、その人にくっついていた地位や名誉が、他人を動かしていたんです。
魔法を失った(地位や名誉が無い)その人が、いくらやれと言っても、「もうあなたは部外者 命令する権限は無い、関係ないからひっこんでいろ」なんです。


人によっては地位を人を動かす道具として使う人もいます。
真面目な人に地位を与えると、それに応えて今まで以上に残業しまくって、成果を上げようとする。

「あの人は文句も言わずに遅くまで仕事をして すごいねぇ」と関心されて、ぼろぼろなのに、「ぜんぜん平気です」と言う。
そして燃え尽きる。

上の人は燃え尽きたその人から地位を奪い、別な人に地位を与え、また同じように利用するだけ利用する。
使えなくなったら、地位を奪って捨てる。
これが現実なんです。
それが欲しいですか? 魔法が欲しいですか?
たまにはそういう幻の世界を楽しむのもいいでしょうけど、その幻の世界を現実だと思えば思うほど、喪失時の痛手は計り知れないものがありますよ。

ゲド戦記って魔法使いの物語ですが、<帰還・ゲド戦記最後の書>は魔法を喪失したゲドが描かれており、魔法使いのゲド物語を求めたたくさんのファンから大ブーイングが起こりました。
奥の深い文学なのですが、多くのファンは奥行きが見えなかったようです。
    • good
    • 1

良くは分かりませんが、その事自体は求めても得られない事に属している、或いは得られたにしてもむなしい事の部類に入る事を、貴方の「本心」が知っているせいではないかと思います。



人間の生きる意味の本当の意味を貴方の本心が感じているせいかと思います。それは「結果」であって、目的ではない事を貴方は、うすうす気が付いているからです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあなたは、地位・権力・名声がほしいですか?

最近、ふと、思いました。

人間は、地位・権力・名声がほしいのでしょうか?

私は、まだ発展途上の未熟者なので、これら3つは全くありません。
強がりではないのですが、私は、この3つが、今のところ、ほしいとは思えません。

政治家、会社内の地位、町の権力・・・これを大切になされる方もいらっしゃいます。

人生経験豊富な皆様、皆様のご意見、ご感想等を教えてください。

Aベストアンサー

権力は欲しい。
ただし、人のために使う権力である。
権力というと己の利益に使うイメージがあるがそれを権力とはいわない。
本来の権力とは人のために使うものをいう。

権力を持って税制を改革する。
官僚制度を構築しなおす。
等々そのための権力はなんぼあってもいい。

権力があるということはその地位にいるということが条件となる。
したがって欲しいとは思わないが必然的についてくるはずである。

名声など一切いらない。
そんなもの何の役にも立たない。

銭を残すやつは下の下の下、
名を残すやつは下の下、
人を残してこそ最上級の人間である。

つまり、よい人材を後の世に残すことである。

金、地位、個人的利益のための権力、名声など、目の前のもの
しか見ていないやつは1次元でしかものを考えられない。
つまり蟻の目で見て、蟻の脳みそしか持ち合わせていない。

しかし、人間3次元で生きている。
その3次元でものを考えなくてはならない。
つまり立体で考えるということだ。
そのお金、権力、地位、名声(は必要ないが)を
手にするだけはなくそれを役立てるということが
3次元で考えるということである。

さらには4次元でものを考えることが必要である。
つまり時間をそこに組み込まなければならない。

20年後30年後、さらには100年後を考え
権力、金、地位をどう役立てるかである。
私はそう考える人間になりたい。

自己の利益のため目の前の地位や名誉、権力、金、
こんなものを追うほど惨めで卑しいものはない。

権力は欲しい。
ただし、人のために使う権力である。
権力というと己の利益に使うイメージがあるがそれを権力とはいわない。
本来の権力とは人のために使うものをいう。

権力を持って税制を改革する。
官僚制度を構築しなおす。
等々そのための権力はなんぼあってもいい。

権力があるということはその地位にいるということが条件となる。
したがって欲しいとは思わないが必然的についてくるはずである。

名声など一切いらない。
そんなもの何の役にも立たない。

銭を残すやつは下の下の下、
...続きを読む

Q肩書きに固執する人

肩書き、学歴、経歴、ステータスに
固執しすぎる傾向が自分にはあると
思います。

でも今まで自分が欲しがっていたものは
ほとんど手に入りませんでした。
自分自身の能力を客観的にみえてませんでした。

肩書きに固執する人の原因や心の中には
どのようなものが潜んでいるのでしょうか。

また肩書きに固執する人は肩書きを手に入れること
がほとんどなくそういうものにこだわりのあまり
ない人のほうがそれなりものを
大概手に入れています。

受験勉強にしてもOO大学にいきたいと闘争心や
欲を出している人よりも地道にこつこつ緻密な
人が成功を手に入れています。
このような人の中にはどのようなものがある
のでしょうか。

疑問に感じています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いくら肩書きに固執しても、その仕事に対する
情熱や、意欲、社会の役に立ちたいという精神が
ないことには、その業界でトップに立つことも
できなければ、顧客からも見放されてしまうし
仕事が回ってこなくなります。日々、情勢は
変化するので、一度取った肩書きや資格が
そのままで通用するほど、社会は甘くはないので
研鑽、努力はつきものです。
努力も実力もないのに、肩書きだけ
振り回している人はたいていは
世間からバカにされているのに気がついて
いない人です。
肩書きに固執する人に似ているのは、いわゆる
ブランド好き。ヨーロッパのブランドはほとんど
すべて元を辿れば、娼婦の家であったり、農家や
猟師のオフシーズンの手内職であったりします。
それが、何故、一流メーカーにまで這い上がったかと
いうと、やはりそれなりの技術、努力、情熱等の
賜物です。
肩書きに与えられる名誉があるとするなら
そういった地道な努力を続ける能力に対して
人が敬意を払うのだと考えます。
ある有名な芸能人が昔、テレビで
「僕が日本で一番安い紅茶をイギリスのブランドの
缶に入れて出したら、ほとんどの人間がやっぱり
イギリスのブランドの紅茶はおいしいねと言った」
という話をしていました。みんな肩書きに
弱いのです。だからこそ、みんなが欲しかる
物なのでしょう。

いくら肩書きに固執しても、その仕事に対する
情熱や、意欲、社会の役に立ちたいという精神が
ないことには、その業界でトップに立つことも
できなければ、顧客からも見放されてしまうし
仕事が回ってこなくなります。日々、情勢は
変化するので、一度取った肩書きや資格が
そのままで通用するほど、社会は甘くはないので
研鑽、努力はつきものです。
努力も実力もないのに、肩書きだけ
振り回している人はたいていは
世間からバカにされているのに気がついて
いない人です。
肩書きに固執する人に似...続きを読む

Q才能、地位、名誉がある男性は、どのような女性を求めると思われますか?

才能、地位、名誉がある男性は、どのような女性を求めると思われますか?
今好きな方は、その手の業界では割と有名で講演会や雑誌にとりあげられたりしている方です。その男性は顔は中と下の間くらいですが、負けず嫌いで仕事を生き甲斐にしているというか仕事熱心で楽しんでいる様子です。
交友関係も充実していて、二人っきりではないものの一緒に食事にいったり遊びにいったりする女友達もいるようです。しかし4年ぐらい彼女はいないようです。

このようないわゆるスペックの高い男性は、どのような女性を好むものなのでしょうか?
やはり、頭が良くて社交的で、みんなからたたえられる地位でしっかりしている女性ですか?
漠然と考えただけであまりにも格差がありすぎて、そんなこと気にするなといわれても気になってしょうがないのです。。。

人それぞれだとは思いますが、男性の意見が聞きたいです。
女性の方は体験談など聞かせていただけると有り難いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まだまだとてもご質問者さまが想像される到達点には程遠い自分ですが、一応そこを目指して日々努力を続けているオトコという事で、お答えの末席に加えさせて頂いて良いでしょうか。

今の年齢・地位になってよく思う事は、ステディとしたい女性に金銭価値や地位・名声・美貌・知性や学歴などはあまり求めないという事です。
なぜなら、自分が高まるにつれ、そういうモノに価値観を感じなくなるからです。

じゃ、どこの誰でも良いのかというと、やはりそれは違う気がします。
結局お相手の女性に求めるのは、「人間としての資質」といったところでしょうか。
ここには知性も含まれる事になってしまいますが、でもそれは学歴や学力、何かの特化した能力というのではなく、社会人として当然あるべき知性とでも言いましょうか。

例えば
・きちんと世間並みに敬語を使った手紙・文章を書ける(漢字変換が容易なPC文ではありません)
・目上の人に対して失礼のない挨拶と会話ができる。
・生活していく上での最低限の算術や社会通念は身に着けている。
・社会人の一人として通用する最低限度の経験は持つ。
・人前で知性のカケラもないと思われる身なり・行動をしない。
・人とのコミュニケーションが取れる。
こんなところでしょうか。

これらは、やはり色んな意味において社会人として上の位置にいくほど人付き合いが膨らみ、日常的に出食わすシーンですので、それがアダになるようでは困りますし、むしろパートナーの一挙手一挙動が自分にとってプラスになる女性を選びたいのが本音です。
周りに「できたパートナーですね。」と思われるのは、大変嬉しい事でもあります。

これらを見ると、高学歴でもなく、上質な家庭で生まれ育つ事でもなく、資産を持っている必要もないという事に気付きます。
ただ、最低限の義務教育で教わった事や礼儀作法はきちんと身に着け、大人として向上しているという事が大切だという事が分かります。

知性以外のところでは、年齢や地位が下の人にも上から目線で接する事なく、慕われる気遣いと扱いができる事や、人として常に学ぼうとする人生に対する姿勢、そして人を敬う念をきちんと持つ事などでしょうか。

つまり総じて言うと、自分よりも知識や地位・お金が相応にあるという事じゃなく、人生のパートナーとして共に生きる事でお互いが高まり合える、尊敬し合えるという事が大切な要素だと思うのです。
これが、男女として、そして人生のパートナーとしてもっとも大事な事だという気がします。
人間、どこまで高まっても人から学ぶ事は死ぬまであるものですし、それは専門知識でもなんでもありません。
そしてこれに自分にはない女性としての魅力が加わる事で、必要な人と思えるようになる気がします。

あくまで私見として書かせて頂きましたが、ひとつの見解として参考になりましたら幸いです。

まだまだとてもご質問者さまが想像される到達点には程遠い自分ですが、一応そこを目指して日々努力を続けているオトコという事で、お答えの末席に加えさせて頂いて良いでしょうか。

今の年齢・地位になってよく思う事は、ステディとしたい女性に金銭価値や地位・名声・美貌・知性や学歴などはあまり求めないという事です。
なぜなら、自分が高まるにつれ、そういうモノに価値観を感じなくなるからです。

じゃ、どこの誰でも良いのかというと、やはりそれは違う気がします。
結局お相手の女性に求めるのは、「人...続きを読む


人気Q&Aランキング