月により生活の必要額が違うのですが(税金や固定資産税などの支払いがある月は支出が多くなったり・・・)それを気にしていたら、なかなかまとまった金額がたまらないので、貯蓄は支払にかかわらず定額をしようと思います。
そうすると、支払が多い月は通帳が(-)になり利息を支払う格好になる場合があります。でも、片方ではまとまった金額がたまります。
でも、利息を払うぐらいなら、-にならないように月々に合った貯蓄額にした方がいいでしょうか。私としては、定額にしたいのですが、利息を無視した方法はありえないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

月々で考えるからややこしくなります、年間で考えましょう。


(年収)-(年間の支出すべて)=(貯蓄できる額)
(貯蓄できる額)÷12=(月々の貯蓄額)
と考えれば定額で貯蓄できませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに年間で計算するというのはいいでしょうね。
婦人之友でも、そのようにされていることを思い出しました。
ちょっと計算してみます。
有難うございました。

お礼日時:2010/01/08 15:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貯蓄額「歳×10万」が妥当な金額っていうのはどういう条件の場合ですか?

正社員+一人暮らし、の場合の貯蓄額?
正社員+実家暮らし、の場合の貯蓄額?



自分は24歳実家暮らし年収180万のものですが、貯蓄が450万になります。家にお金はいれてる。
これはわりと頑張れてる方ですか?
モチベーション下ってきたので不安です。評価を参考にもっと頑張りたいのですが。

Aベストアンサー

こんにちは。 45歳のおっさんです。

よく頑張ってると思いますよ^^

実家暮らしで家にお金を入れてる金額は解りませんし
お住まいの地域によって金額も違ってきますが
一人暮らしの人たちは、家賃+光熱費+食費などなどで
毎月10万以上は出費があるかと思いますので貯蓄は難しいね。

年齢X10万っていうのは何の根拠もない金額かと思います。
20歳だと200万円? この年で200万ってすごい金額ですよね。
60歳だと600万円? 会社を定年した人の貯蓄600万って少なく感じませんか?

Q来年4月からの定額貯金の利息について

ちんぷんかんでなかなか理解する事が出来ず、失礼ながらご助言下さいませ。
郵便局の定額貯金で、1000円1口は、来年4月から、利息1円未満になるので、
利息は付かないと言うことを読みました。
今までそんな裏技は知らず、気づいたときは遅く、いつもまとめて預けるだけ預けていました。
そうすると、例えば、来年4月からは、100万100口に貯金しても、
100万1口に貯金しても、利息は変わらないと言うことなのでしょうか?

Aベストアンサー

定額貯金・ニュー定期と種類があり、小口の預け入れ方法の変更等もありましたが細かい事は抜きにしてごく簡単に回答させていただきます。

これまで郵便貯金の利子の端数計算は「利子の全額が1円未満の場合は1円に切り上げて計算」されていました。

これが来年17年4月から「利子の全額が1円未満の場合は切り捨てて計算する」となります。

つまりこれまでは\100万を\1,000づつ1,000口にわけて1ヶ月定期(年利0.02%)にして毎月預け替えると利子は年間\12,000(実質年利1.2%)と本来の年利の60倍という異常な裏技でした。

ご質問の「100万100口(一口1万でよろしいですか?)」と「100万1口」ですが年利0.02%の場合利息はそれぞれ「\2×100口」、「\200×1口」で同じになります。税金は一切考慮しておりません。

詳しくは参考URLをどうぞ

参考URL:http://allabout.co.jp/finance/investment/closeup/CU20041020T/

Q財形住宅貯蓄額(貯蓄型)550万円超、加え要件違反解約時の課税について

お世話になります。

財形住宅貯蓄(貯蓄型)5年以上前に元利合計が550万円を超え
更に要件違反解約時の課税について教えてください。

550万円を超えた時点で源泉分離の20%課税と思います。
現在の元利合計額が1000万円あり、今般要件違反(目的外払い戻し)における全額払い戻しとした場合、当該課税概要を教えてください。

(1) 550万円を超えた時点で毎年利息を加えた内容につき20%分離課税となる。

(2) 解約時は(1)により利息がつく時点で毎回課税となっているため、特段解約時に新たなる課税はない。

(3) 5年遡及(時効関連)の課税も関係なし(毎回利息がついている時点で既に源泉分離課税となっているため)

(1)(2)(3)のように考えますが、誤りありませんでしょうか?
誤り等お教えください。また補足等ございましたら書き添えください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>10年前(遡及時効の5年前以前)です。
>全額解約時に別途課税があるかを心配してます。

この場合は、10年前から課税されてますし、それ以前の利息については時効が成立しているので追加課税されることはありません。
したがって、全額受け取れます。

Q月々の貯蓄

月々2万か3万位、貯金していこうかと考えています。給料の入る口座から自動的に引かれる方法で月々貯めて行きたいと思っていますが、どこの銀行にしたらよいか?郵便局にしようか?迷っています。どこかおすすめの所があったら教えて下さい。貯金する目的は特別ありませんが、なにかあった時の為といった感じです。

Aベストアンサー

■預金の方法
1.証券会社に口座を開く(3社以内)
2.銀行に預ける(2行以内)
3.郵便局に預ける(1局)
☆僕は、この組み合わせが理想かな?と思います。

■貯蓄や資産運用の方法
1.郵便貯金+銀行預金
2.MRF
3.日本株で運用されているノーロードファンド(オープン型、2つ以内)
4.外貨MMF (米ドル、豪ドル、英ポンド、他)
5.確定拠出年金(年金積立が目的)
6.個別株   (自信があれば・・・・)
☆但し、運用比率や運用方法は、貴方が決める事です。
 1と2に偏っても良し、3から6に偏っても良し、バランス良く運用しても良し。

■解説
1:言うまでもありません。
2~6は、通常、証券会社で扱っています。
2:出し入れ自由の預金と殆どかわりません。
3:例として、さわかみファンド(長期運用)、
  その他のノーロード(短期売り買いも自由)がある。
  個人的には、日本でのインフレには強いと思う。
4:外貨MMF(現在の利回り:豪ドル>英ポンド>米ドル)は、
  利回りの期待と通貨分散の役割があります。
  個人的には、日本でのインフレには強いと思う。

☆自分の都合で、自由に、資産運用や貯蓄ができる方法が良いと思います。
 理由:人任せにしても、個人責任が原則だから。
  
☆あと、インフレに対応するための資産運用も大切だと思います。

■預金の方法
1.証券会社に口座を開く(3社以内)
2.銀行に預ける(2行以内)
3.郵便局に預ける(1局)
☆僕は、この組み合わせが理想かな?と思います。

■貯蓄や資産運用の方法
1.郵便貯金+銀行預金
2.MRF
3.日本株で運用されているノーロードファンド(オープン型、2つ以内)
4.外貨MMF (米ドル、豪ドル、英ポンド、他)
5.確定拠出年金(年金積立が目的)
6.個別株   (自信があれば・・・・)
☆但し、運用比率や運用方法は、貴方が決める事です。
 1と2に...続きを読む

Q多少まとまったお金の貯蓄

今のところ使う予定のないお金が75万円ほどあります。
そう大金ではないですし(わたしにとっては大金ですが・・・)、増やそうとか利息などは当てにしていませんが
無駄に使わないように大事に取っておきたいと思っています。
そこで質問なのですが、どこに預けておいたらいいでしょうか?
給与振込の普通預金口座の通帳に預金するくらいしか考え付きません。
郵便局やその他いろいろあると思うのですがどうしたら一番よいのかアドバイスをいただきたいです。

ちなみに・・・

給与振込の普通預金口座は東京三菱銀行です。
その他にみずほ銀行、新生銀行の口座を持っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

8年くらいは絶対使わない!ということであれば、新生銀行の定期預金が一番金利は良さそうですが、それほど高額は期待はできませんので、とにかく使わないことを念頭に入れて定期預金への預け替えをされてはいかがでしょう。

ただ、途中で解約すると元本割れしてしまうものも多い出すし、もしもの時にそのお金が必要になる可能性があるのでしたら、郵便貯金の定額貯金やニュー定期などに預けられることをお奨めします。

定額貯金は半年のものでしたら、半年複利で半年を超えたらいつでも元本割れ無しで解約可能ですし、ニュー定期は途中解約の場合は、利子がつかない程度で済みますし。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報