思い出も作品も3Dデータで残せる!

デスノート 考え方

あなたは、世の中の悪をバンバン殺して弱い者を助けるキラ側 の考えか、人が長い年月をかけ、正しくあるために作られた法律を重視するL側 の考えのどちらですか?

僕はL側ですが、たしかに最近は他人を圧迫して好き放題やる人がたくさんいますから、キラを100%否定するわけではありません。でも殺さなくても… という感じです。

どちら側か、理由も添えてお答えください。

教えて!goo グレード

A 回答 (8件)

Lって、そんなに法律尊重派ではなかったですよね。



いや、むしろキラを追い詰めるためには法くらいは軽んじても良いと考えていました。
最初の宣戦布告時のL役の被害者は本当に100%死刑に値する犯罪者だったのか、そうであっても彼を愛する人、慕う人が居た場合、あのような公開処刑のような彼の最期はその方達にとって深い傷となって残っているのではないだろうか。
LはLの考える正義を貫くためには手段を選ばぬ、ある意味キラに近い存在であったからこそ対等に戦えたと思っています。

心の弱い私はLにもキラにもなれないでしょう。

もし、デスノートを手にしてその使い道を私が自由に決めてもいいのであれば、司法の手に委ね、死刑が確定した凶悪犯罪者の死刑執行の際に『希望が有ってそれが社会的に認められると判断された時のみ』理不尽に命を奪われた被害者の近しい方が「死に方」を書き込めるようにして欲しいです。

暴論だと言う方がおられることは想像ができ、その方の論が正しいものだろうと予想もできます。
しかし、愛する人の命を奪った相手を決して許せず、自らが生殺与奪権を握って、最期にはせめて後悔と被害者に対する謝罪の言葉を口に出させたい。という心情も想像し共感ができます。

このご質問が「どちらのファン?」であれば、私は迷わず「Lファン」と答える者です。
誤解されなければ良いのですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

偽L(Lind L Tairor)のことまでは考えていませんでした。 悪人・善人に関係なく皆誰かの息子・娘であり、兄弟姉妹であり、恋人であり、必ず誰か自分を好いてくれる人がいます。

何気なく質問してみて、cucumber‐yさんからいただいたこのご意見ですごく考えさせられました。cucumber‐yさんはとても心のきれいな方ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/09 22:09

断然、キラです。



悪人・犯罪者を擁護、延命する為に法律は作られてないのです。
それにもかかわらずのうのうと生きているのは、言わば勝ち逃げ、やり得です。それは不公平というものです。
それを是正し、社会を正常に保つのですからキラを支持するのは当然でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言われてみると、大変納得できます。 結局、真面目な人間が損をしてしまうのですよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/09 21:59

どっちかといえばキラ側の人間です。



しかし、「殺す」というのはやりすぎだと思います。
デスノートが、たとえば「名前を書き込まれた人が犯した罪と同等の制裁を加えるノート」であるとか、すべての社会的弱者に対して何らかの補助(たとえば金銭であるとか食料であるとか医薬品であるとか)が加えられるノート」であればいと思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いい考えですね。あんな暗いノートじゃなければよかったのに…
ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/09 22:10

L。


誰から見て悪かによる。
キラは結局自分から見て悪を始末しただけに走った。
相対的に見れば自分に抵抗するものは全て悪。その考えだけに走ったら誰でもヒットラー。
ただ殺せばいいというのでは誰もが全てキラの奴隷に成り下がるのみで平等も平和も何もあったものではないでしょう。
その力が人知を超えたものならば、誰でも自分が世界の神に成り上がった気になる。でもキラは死神の力を借りただけで自分の力ではない。自分で登りつめたわけではない。

Lの考えというより、全体的なバランスを重視するというのが法律の基本中の基本。これがなければ平和は保てないでしょう。

もし自分がデスノートを手に入れたら使うかって聞かれたらやらない。自分の判断だけが絶対正しいなんて思いこめるほど落ちぶれちゃいない。客観的な判断力をまず求める。
Lのように燃やす勇気はないけどどこかに隠して絶対誰の目にも触れないようにするだろうな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

模木か相沢も言っていたように、恐怖で抑えても本当の平和ではないですよね。読めば読むほど奥が深いマンガです。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/09 22:17

「世の中の悪」と言っても、あくまでもキラの主観にしか過ぎません。

キラが新聞やニュースなどから得られた情報の中で、キラ自身が判断した「悪」です。彼の判断が絶対に正しいはずもなく、多くの冤罪者も殺してしまっているのではないでしょうか。

また、キラは最終的に、善悪関係なく彼の秘密を暴こうとする人物をどんどん殺しはじめてしまいます。デスノートを手に入れるということは独裁者となるわけで、常に暴走する危険性を秘めています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最初の頃のライトは、犯罪者のみをターゲットにしていたのに、段々Lやワタリを始めとした無実の人を殺していますよね。 読んでいて、目的変わったんだ… って思いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/09 22:14

私はどちらかと言えばキラ派です。



増えすぎた人間の個体数を減らすこと。
人から殺意を覚えられるような人間はその殺意を作った原因(性格)があるわけですから。

違った方向で見ると
刑務所に入っている人、及び刑務所の職員など税金で賄われているという所も気に食わない。
離島+檻で放置くらいでよいのではという感覚です。

犯罪者全てが必ずしも死に値するかというと否ですが
その犯罪者に無駄な税金が投入されていることに腹が立つ。
それならば犯罪=死刑でもよいのかと。
全うに生きている人間からしたら邪魔者です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに、矛盾だらけですよね。 犯罪=死刑 は同じような考えです。 参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/08 10:52

L側かな。


デスノートで殺したいって悪人もたくさんいますが…。

「自分が知りうる」者のみ。
その情報が真実かわからない。

たとえば圧政、虐殺をしているある国のトップをころしても
その体制を支えるたくさんの重要人物が残っていれば組織は続く…。

たとえば名前や戸籍もはっきりしないような荒廃した地域や国の人
顔も名前も情報すら仕入れようがない。

何が正義か、がかなり難しい。
見せしめの処刑で上の人たちを殺せば戦争は落ち着くかもしれないけど
10年もすれば名前すらないどこにも情報のない工作員達が暗躍するだけかもしれない。

キラが仕入れる情報、英語か日本語で手に入る情報だけなのでは。

すべてを完璧に公平に見渡し、知る能力がなければ
結局ただのテロリストと変わりません。
知った上でそこに一個人の判断が入るとなるとエゴでしかない。
まさに「神を気取った」レベルを抜け出せないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人が他人を独断で裁く権利は誰も持ってないですからね… 意外にも難しい、奥の深い問題です。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/08 10:54

キラ。

だけど「バンバン殺す」はない。
それやってたら悪とは言えもう家畜扱いでしょ。
ヒトラーじゃあるまいし。
ただ、本当に心底、死に値する人間って、
いると思っているから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気付くといつのまにか自分が社会悪になってしまいますね。難しい問題です。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/08 10:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング