通常のADSLの場合、プロバイダーが接続料と通信料を一緒に請求するのに対して、ADSLはプロバイダーは接続料のみを、そして通信料をNTTが請求するという風に理解しています。そこで某プロバイダーのサイトで確認してみると、フレッツの方が若干割高になってるんですね。単純に考えて通常のADSLの方が割安で得なような気がするのですが、フレッツADSLには何か特別なメリットがあるのでしょうか?

A 回答 (3件)

某プロバイダーと言うのがどこか判りませんが、


もしかして、そのプロバイダーでは、独自のADSLサービスと
フレッツADSLの両方を扱っていると言う事なのでしょうか?
もしそうだとしたら、自社でADSLの工事を受注した方が
会社にとって報奨金(?)などがもらえる為、自社の
ADSLプランを売りたいから、フレッツADSLの方を、
わざわざ割高にしているのかも知れませんよ。
料金については、プロバイダーによって様々です。
例えば『東京めたりっく』のADSLは、1ヶ月5500円です。
が、これにはNTTの回線使用料は含まれていませんので、
これに187円または2062円加算されます(プランによる)。
また、めたりっくのADSLは、インターネット専用で、
通常の電話回線としては利用できないかも知れません
(自信無し)。それに対してNTTのフレッツADSLでは、
電話回線と共用の場合月額4600円です。つまり、これで
月額900円のプロバイダーに入れば、めたりっくと料金的
には、まったく同じ条件な訳ですよね。

それに、もし他の方がおっしゃる様に、プロバイダーを
変える時に、いちいち工事をやり直さなければならない、
なんて事になったら面倒です。たとえば、そこのサービスが
悪いから他に乗り換えるのにイチャモンつけられるとか、
最悪、そこがいきなりサービスを中止しちゃう事だって
無いとは言えないですよね? プロバイダーが消える、
なんてのは、たまに聞く話ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。某プロバイダーというのはODNです。kenkenkentさんのおっしゃる様に、ODNは独自のADSLサービスとフレッツ版の両方を提供していました。私の頭の中もかなり整理されてきたようです。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 00:24

プロバイダの接続料金は各社で異なりますから、一概にフレッツADSLが割高、とは言い切れないような気がしますが。



ただフレッツADSLのメリットは「プロバイダを乗り換えやすい」という点にありますね。
他社(東めた、e-access他)のADSLは、ADSL回線とプロバイダ料金がセット契約になっているので、他のプロバイダに乗り換えようと思うとADSL回線の契約自体やり直しになってしまう(確か初期工事費とかも払い直す必要があるはず)のに対し、フレッツADSLならADSL契約はそのままで、新しいプロバイダと契約してPPPoEのユーザーID・パスワードを変更するだけで簡単に乗り換えができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。てっきりフレッツが割高だと思っていましたが。。安いところもあるようですね。

お礼日時:2001/03/25 23:42

誰に対するメリットのことを質問されているんでしょうか?



ユーザ側のメリットとして。
私は今まで契約しているプロバイダが対応しているのでフレッツADSLを申し込んでいます。メールアドレスが変わるの面倒ですからね。かなり長期間にわたって契約していますので信頼も有りますし。
その辺の変更の手間を考えるとフレッツADSLの方に軍配が上がりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。メリットとはもちろんユーザー側を想定してのことです。頂いた回答と、あと各プロバイダーのサイトで確認したことを考え合わせると、自前でADSLプランを提供しているプロバイダーはかなり少ないのかと思いました。私は以前、ODNがADSLプランとフレッツADSLプランの両方を提供しているこのをODNのHPで見て、大体みんなそうなのかと思っていました。

お礼日時:2001/03/25 23:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報