ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

こんばんは。
先日旅客機の離陸する時のコクピットの動画を見ていたのですが
ANAがローテーション速度に達した時に「VR」と言っていました。
一方JALはローテーションとコールしていました。そこで疑問に思ったのですがなぜ航空会社によってコールの言い方が違うのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

知人に聞いた話ですが、ご参考になれば。



航空機の世界では、「Standard Callout」というものが定められています。
これは、コックピット内で使用される用語を共通化することで、聞き間違いなどの
リスクを最小限に抑えるためのものです。

ただ「Standard Callout」は、全世界で共通化されているものではなく、航空会社
ごと、機種ごとに微妙な違いがあります。

ご指摘の通り、ANAとJALとの間で異なるCalloutが使用されている場合もあります
し、同じ航空会社の中でも機種によって使用されるCalloutが異なっている場合も
あります。

大事なのは、同じコックピットに座っている機長と副操縦士が、お互いに共通の認
識を持てるかです。パイロットのライセンスは基本的に1つの機種に限定されていま
すので、乗務はいつも同じ機種。つまり、機種ごとのStandard Calloutができれば
問題ないわけです。

各々のパイロットが好きなようにCalloutしてしまうと、冒頭に述べたStandard
Calloutの本来の意味がなくなってしまいますので、現在では厳しく統一されている
ようです。
    • good
    • 0

http://kotodaddy.exblog.jp/12431159/
サイトを抜粋しましたが、
「ちょっと年配のパイロットで「VR」の事を「ローテーション」、更に略して「ローテー」と言ってる人はいました」

全日空、日本航空の違いではないようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング