プロが教えるわが家の防犯対策術!

 外壁側に接した床からわずかながらすきま風が出ています。これを止める良い方法はなんでしょうか?ちなみに自宅は在来工法での木造モルタル住宅で床下を覗いたところ20-30mmのプラスチック断熱材が入っていました。

 自分で考えたのは外壁に沿って床下にグラスウール断熱材をタッカーで貼ることです。効果、問題ありますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

壁と床の接点の所ですよね。


私の家もその部分からかすかですが隙間風があり、同様に床下に潜りました。
原因は気密処理が悪いので床下や壁内の空気が隙間を通って室内に吹き込んでいるんだと思います。
当初、スプレー式の発泡ウレタン剤を全周吹きつけようと思いましたが、作業性が悪いし費用や手間、実際にどのくらい効果があるのかも分からないので、室内からシーリング材を全周コーキングしました。
わずか1・2ミリ程度のコーキングですし透明のものなので全く目立ちません。作業も簡単です。費用も千円未満です。
効果というと隙間風は当然無くなりました。ただ根本原因の改修ではありませんので、断熱欠損などの問題は解決出来ていないと思います。
グラスウールのタッカー貼りでは隙間が残るのではないでしょうか。私はやらなかったのですが、ウレタンの方が完全に隙間を埋めることが出来るのではと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ビニールテープで隙間に仮貼りしてみた所とても効果がありましたのでまずはコーキングで対処します。とても簡単な方法ですね、気がつきませんでした。床下からの断熱材貼りは余力?があればということにします。
有り難うございました。

お礼日時:2010/01/14 10:39

プラスチック断熱材は聞いたことないですね。

多分ポリスチレンフォームと思われます。
ホームセンターなどで「スタイロフォーム」の商品名で探してみてください。スタイロフォームは切断が容易ですので増し張りや、重ね張りも出来ます。
隙間が小さいときは、発砲ウレタンで補修したがほうが楽かも。
室内側では、フローリングと幅木の取り合い部分にシールをしてみたらいかがでしょうか。入口及び出口、両方での対策が効果的だと思います。
    • good
    • 1

ドアボトムというものをつけます。


モヘアなどは、床にすれる関係で、どうしても隙間が発生します。ぎりぎりにすると、戸が下がったときにすれて、すぐ外れます。ドアと枠に何かはさむのも、施錠が固くなるので、不向きです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築の家のすきま風

昨年、新築の家を建てました。

最近の家は気密性が高いので、冬はエアコンがよく効いてあったかく、夏はクーラーがよく効いて涼しいというイメージがあったのですが、どんなにエアコンを掛けても部屋があったまりません。

原因は、コンセントや電気スイッチからのすきま風です。
ティッシュをかざすと、勢いよくなびくくらいの冷気がコンセントやスイッチから入ってきています。

HMさんにどうにかしてほしいと訴えたのですが
「家が通気工法で建っているから仕方ない」と言われました。

本当に、通気工法で家を建てると、すきま風が入ってきて当たり前なのでしょうか?

自分で出来る対処法でも、工務店などへお願いする方法でもいいので、なにかいい知恵を拝借出来れば嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 (外壁)通気工法とは、家の壁とサイディングの間に空気を通す方法で、最近の日本の在来工法はほとんどがこの方式で建てられていると思います。通気工法と隙間風や断熱性能・機密性能とはまったく関係がありません。

>>コンセントや電気スイッチからのすきま風

 本来、きちんとした高気密住宅にするのであればコンセントには気密ボックスをつけるべきでした。
 現状、コンセントの向こうはロックウールだと思われるので、24換気によってコンセント部分が吸気口となってしまっているのでしょう。
 
>>隙間風の対処法

 根本的には気密コンセントボックスを取り付けるの良いのですが、現時点でそれが可能かはHMに確認してください。気密ボックスはコンセント用に穴の開けられたロックウール部分に埋め込み、周囲の気密シートとボックスを気密テープで固定して周囲からの空気の漏れを防ぐのが理想です。現時点ではすでに壁ができてしまっているので、そこまでの工事をするのは困難かと思われます。

 コーキングはやめたほうがいいです。コンセントの差込口を塞ぐことはできないので効果がありません。見た目が汚くなるだけです。

>>隙間風のせいで寒いのか?

 外部から入ってくる冷たい空気の量は、24換気の換気量によります。コンセント部分からの空気の流入がなくても外気の取入口から入ってくるので、家全体に入ってくる冷たい空気の量は変わりません。

 1.24換気の換気量は適切か?必要以上に換気されていれば部屋の温度は上がりにくくなります。

 2.室内温度が低いのか、体感温度が低いのか。冷たい風の流れがあると実際以上に寒く感じます。窓からの冷気(コールドドラフト)は代表的です。コンセントからの風が冷たく感じるのであれば、コンセントを箱で囲うようにすればましになるでしょう。
 
>>床下換気口

 夏はあけて冬に閉める....という人が結構いますね。その方が人はすごしやすいのですが、家にとっては良くありません。床下の湿度を下げるために床下換気口があるのですが、外は夏は高湿、冬は乾燥しています。夏に開けていると高湿の空気が床下に流れ込みます。逆に秋から冬に閉めていると湿度が下がりにくくなります。

 (外壁)通気工法とは、家の壁とサイディングの間に空気を通す方法で、最近の日本の在来工法はほとんどがこの方式で建てられていると思います。通気工法と隙間風や断熱性能・機密性能とはまったく関係がありません。

>>コンセントや電気スイッチからのすきま風

 本来、きちんとした高気密住宅にするのであればコンセントには気密ボックスをつけるべきでした。
 現状、コンセントの向こうはロックウールだと思われるので、24換気によってコンセント部分が吸気口となってしまっているのでしょう。
 
>>隙...続きを読む

Q古い木造家屋ですきま風の入る場所見つけ方

築80年程の木造家屋です、風の強い日には障子や戸がガタガタ言ってうるさくて眠れません。
障子に詰め物をするなど色々しましたが結局外からの風を防ぐことが何よりの対策だと判りました。

そこで外からの風はどこから入るのかめぼしところはパテや赤土などで防いだのですが、屋根と部屋の取り合い(継ぎ目)など見えない所かなとも思います、風の入る場所を探したいのです。

風の強い日にローソクも危ないし・・・テレビなどで風に色を付けて気流が見えるようにしてますよね。
なんかあんな感じでいい方法がないものか?
素人で何か手軽にできる方法があれば教えてください

Aベストアンサー

先の回答は#3さんのお礼でこの文章を見かけたことから、その対策を記載させていただきました。

>特に一部屋でも 例えば障子がガタガタ鳴るのはどこからの風なのか、部屋の中?外 など 調べる方法ないでしょうかねえ

一部屋だけの対策でそこを寝室にすれば、その部屋の中の空気は動くことが無いので、その外側にある障子の揺れは収まります。

元々日本建築は 木造家屋ですので通風を考慮しながら作られています。
例えば縁の下など大きな空間が設けられているのは 土台を長持ちさせるための工夫で有り、屋根裏の垂木に至っては全く塞いでいません。

空気が常に動くように作られているのです。
すべての隙間をもし塞ぐことが出来たとしたら、梅雨時の対応はどのようにされるのでしょう?

奈良の正倉院に保管されている書物が痛まないのも、木の膨張・収縮を考慮して作られているからにほかなりません。

80枚すべてにする必要は無いのです、
一部屋の8畳間で有れば最大でも16枚有れば良いことです。



それでも隙間風の場所を探したいのでしたら・・・
風の無い日に、容器に入れたドライアイスを天井裏において水を掛けて見て下さい。
空気より重いその水蒸気はすべての隙間を教えてくれます。

閉め切った各部屋にも同じように置いてください。
何処かに流れ出ていることを確認できます。

ただ、雨戸の鳴る音は詰め物で済ませるでしょう。
しかし、その他を詰めてしまった場合、その家にとって良いことかどうかもご理解して欲しかっただけです。

先の回答は#3さんのお礼でこの文章を見かけたことから、その対策を記載させていただきました。

>特に一部屋でも 例えば障子がガタガタ鳴るのはどこからの風なのか、部屋の中?外 など 調べる方法ないでしょうかねえ

一部屋だけの対策でそこを寝室にすれば、その部屋の中の空気は動くことが無いので、その外側にある障子の揺れは収まります。

元々日本建築は 木造家屋ですので通風を考慮しながら作られています。
例えば縁の下など大きな空間が設けられているのは 土台を長持ちさせるための工夫で有り、...続きを読む

Q床と壁に隙間がある

先日子どもが壁際で熱心に何かをやっていたので様子を確認したら、
薄いマグネットを床と壁に出し入れして遊んでいました。

マグネットは厚さ1mmくらいで、
家中のほかの場所も同じように隙間があるか試したところ、
さすがにありとあらゆるところで確認できませんでしたが、
各部屋でどこかしらマグネットがすっぽり入っていく箇所がありました。
少し力を加えれば2枚重ねても入りそうなところもありました。

建ててまだ1年建っていません…。
こんなものなんでしょうか…。建てていただいた業者は、どうも信頼しきるには不安の残りすぎる業者さんなので、皆様のご意見を聞かせてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も、40年以上の経験を持つ建築屋です。
思い出しました、30年ほど前に、6畳間の増築をしたお客様より、6畳間の一方の端ともう一方の天井の高さが、2mm違うと言って来ました。
私は、2mmしか違わないなんて、神業ですね、と言ってあげました。
そのお客様は、万年筆を作っている会社の方でしたので、ミクロンの世界での感覚なのか、と気がつきました。
ご回答者様の中に、柱と横架材の接合部が3mmずれていた、と有りましたが、それは流石に変です。
なぜなら、接合部は、構造上重要な部分だからです。

質問者様の場合、床が沈むとか、床鳴りがするとか、でなければ許容範囲と思いますが、如何でしょうか???
材木の性質上、やむを得ない事と思います。
100棟の建物の内、90棟以上は、そのような状態だと思いますよ。
また、一般によく言われますが、床にビーダマを置いて転がるようなら、云々???
転がらない家、有りますか???
よほど、建築のことが解からない、頭の悪い人が言ったのだと思いますが、馬鹿げています。

建物の善し悪しの結論は、構造体がしっかり出来ていて、地震でも倒壊しないことです。

私も、40年以上の経験を持つ建築屋です。
思い出しました、30年ほど前に、6畳間の増築をしたお客様より、6畳間の一方の端ともう一方の天井の高さが、2mm違うと言って来ました。
私は、2mmしか違わないなんて、神業ですね、と言ってあげました。
そのお客様は、万年筆を作っている会社の方でしたので、ミクロンの世界での感覚なのか、と気がつきました。
ご回答者様の中に、柱と横架材の接合部が3mmずれていた、と有りましたが、それは流石に変です。
なぜなら、接合部は、構造上重要な部分だからで...続きを読む

Q天井と壁から隙間風止める方法?

今の家はプレハブみたいで天井と壁 「 型の角
に少し隙間が有り風が入ってきてしまいます
周囲10メートル位隙間が1mm有り(6畳間)
風が入らないようにしたいのですが
シールは上手に出来ないし
簡単に出来る何か良い方法を教えてください

Aベストアンサー

No.4の者です。
マスキングしてもダメでしたか...

新聞紙など細く畳んで隙間に詰め込んではどうですか?
金属の薄いヘラがあると作業し易いです。無ければ薄い金属定規などを使って、押し込んで下さい。

Q素人が日曜大工で床下断熱できますか?

中古で戸建を購入しましたが、床下に断熱材が入っておらず下からの冷えをなんとかしたいのですが、日曜大工で断熱工事は可能でしょうか?中途半端で床下に湿気が溜まったり、結露したら大変なことになるし、よい方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。地面がむき出しですとこの寝板が使い    ずらいので、ブルーシートでも敷きつめたら
  -4発泡スチロールの幅を正確に切り、材木の隙    間に押し込む必要があります。これは発泡ス    チロールが落ちてこないので止め金具の負担
    が少なくなる事と、隙間が有ると、断熱効果
    が減少し、もしかして結露の原因に成るかも    しれません?
    発泡スチロールが落ちない為の金具を考える
    必要があります、例えば2*4に何か有るか    も、どなたか知恵を拝借!!
 一度床下に潜ってみて下さい 寝転んで30分も見 ていると色々な発想が湧いてきます、断熱が期待し たほどの効果が感じれ無かったとしても、自分でや れば費用も僅かだし、家族?は父ちゃん?やっ!!
 と言ってくれます、床下での作業は想像以上に大変 です、でも我が家で納期なしですから気長にやった ら。
 ちなみに私は、自作派です、困難な程フアイトが湧 きます、そしてケチです、材料と時間はお金を惜し まないけれど人件費は自分でやります。
    
   

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。...続きを読む

Q換気扇を通して冬の冷気が入ってきます

洗面所やトイレに換気扇があるのですが、
北側に面しており、冬の冷たい北風が換気扇を通して流入してきます。
家の北側には風をさえぎるような建物がないため、けっこう勢いよく風が吹き込み、換気扇が風の勢いで逆回転するような形で、ぐるぐる回ります。
高齢者対策として、トイレや洗面所を暖房で暖かくしようと考えているのですが、その一方で換気扇からの外気の逆流ももう少し防がないと効率が悪い気がします。

現在ある換気扇は、ごく普通の小型のタイプだと思われるのですが、何か対策を取るとしたらどのようなことが考えられるでしょうか。

例えば、
・別の換気扇を探す
・直接外気が入らないよう、家の外の換気扇カバー(すみません名称が分かりません)を工夫する
といったことを素人的に考えてみたのですが、お知恵を貸して下さい。

Aベストアンサー

>洗面所やトイレに換気扇があるのですが…

壁に付いていて、直径 7~8センチぐらいの羽根が見える丸いタイプでしょうか。
それなら、通称パイプファンといって、シャッターなしが一般的ですが、一部にシャッターの付いた機種もあります。
たとえば、
三菱電機「とじピタ」シリーズ V-08PSE \12,600 ほか各種
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kankisen/pr/pipe/pipe_b.html?room=living
もちろん、他社にも同等品があるかと思います。

パイプファンで、コンセントが近くにある機種は、手前に静かに引き出せば丸ごと外すことができます。
代わりに買ってきたものは、ぽんとはめ込むだけでけっこうです。

電源コードが見えないタイプだと、素人さんの手には負えないものとお考えください。

>家の外の換気扇カバー(すみません名称が分かりません)を工夫…

屋外フードのほうに、シャッター機能を施した製品もあることはあります。
ただ、フードを取り替えるのは、換気扇本体にように簡単な話ではありませんし、雨仕舞いもたいせつですから、専門家に依頼することになります。

>洗面所やトイレに換気扇があるのですが…

壁に付いていて、直径 7~8センチぐらいの羽根が見える丸いタイプでしょうか。
それなら、通称パイプファンといって、シャッターなしが一般的ですが、一部にシャッターの付いた機種もあります。
たとえば、
三菱電機「とじピタ」シリーズ V-08PSE \12,600 ほか各種
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kankisen/pr/pipe/pipe_b.html?room=living
もちろん、他社にも同等品があるかと思います。

パイプファンで、コンセントが近くにある機種は、手前に...続きを読む

Q新築なに寒い

このたび家を新築し引っ越したところ夜がとても寒いのです
特に床のひえがひどく、キッチンの換気扇をつけるとコンセントやスイッチのところから冷たい風も入ってきます。床は一応、断熱が施されていますが見たとこ隙間がかなりあいていました。また、床下収納のところよりもかぜが入ってきます。以前すんでいた家は床下の断熱なくてもここまで寒くはありませんでした。
 このような場合、何が原因なのでしょうか
また、今後暖かい家にすることが可能で仕様か?皆さん知恵を貸してください

Aベストアンサー

上記の様な症状は、普通ですね。今日手伝った現場もそうでしたが、普通に断熱材を施工するとそうなります。手抜きとか欠陥では、ありませんし建築コストを掛けなかったからでも断熱仕様のコンセントを使用しなかったからでもありません。
余程知識を持った、大工さんに施工して貰わないと本当に正しい断熱材の施工にはなっていないでしょう。
それ位、完璧に施工しなければ上記の様な症状を防ぐ事は出来ません。

原因は、断熱材の床と壁の取り合いにあります。普通に施工しただけでは、断熱材とボードの間を床から天井にかけて通気層になってしまっているからです。
特に間仕切り壁には、断熱材を入れない場合が多いので良くあります。

気流止めや気流を止めるシートや専門部材を使用しコンセント周りや裏も丁寧に断熱材を施工すれば、一般仕様のコンセントでも風が上がって来る事はありません。

寒冷地域でなければ、新鮮な空気が取り入れられると思って諦めるか、お金を掛けて床・壁を壊して断熱材の施工をやり直すしかありません。
かなり、大掛かりな工事になる事を覚悟して下さい。

私の住む長野県だと余りに酷いと結露の原因になのますが、温暖地域で我慢出来る範囲なら、新築ですから増改築をする時に直す事をお勧め しますが・・・・

http://www.afgc.co.jp/dk/con_use/sekou_1.html

参考URL:http://www.afgc.co.jp/dk/con_use/sekou_4.html

上記の様な症状は、普通ですね。今日手伝った現場もそうでしたが、普通に断熱材を施工するとそうなります。手抜きとか欠陥では、ありませんし建築コストを掛けなかったからでも断熱仕様のコンセントを使用しなかったからでもありません。
余程知識を持った、大工さんに施工して貰わないと本当に正しい断熱材の施工にはなっていないでしょう。
それ位、完璧に施工しなければ上記の様な症状を防ぐ事は出来ません。

原因は、断熱材の床と壁の取り合いにあります。普通に施工しただけでは、断熱材とボードの間を...続きを読む

Q高気密高断熱住宅なのに寒いのです。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上がると言うことなのです。そんな恐ろしい事はできません。お風呂から上がっても脱衣所は13℃しかなく震え上がる寒さでした。今の時期はかめ虫も家の中に入って来てます。これって隙間があると言う証拠ですよね?吹雪の時はカーテンがゆらゆら風に揺れてました。この冬は大雪との事・・。今から灯油代の事が心配です。もしかして欠陥住宅なのでしょうか?世の中の高気密高断熱住宅にお住まいの方、お宅もそうですか?その位は当たり前なのでしょうか?!!暖かい家を夢みてたのにとても残念です。冬が来るのが怖いです。もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか教えてください。

昨年12月に念願のマイホームを建てました。(某ハウスメーカーで)以前住んでいた所は築40年の木造だったので新築で暖かい家を夢みてました。暖房はセントラルヒーティングで全室、24時間暖房可能です。家は南向きで日中は日が差します。しかし今年の冬は暖冬だったにもかかわらず、灯油代は1月2万円代、2月4万円代、3月2万円代でした。部屋の中は20℃と、寒くてしかたがありませんでした。ハウスメーカーに言うと「暖房のメモリをあげてください」と、言われましたが、メモリを上げる=灯油代も上が...続きを読む

Aベストアンサー

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられます。
(冷輻射を感じない、天井と床の温度差が無いなど、色々理由はありますが省略します)
高断熱高気密住宅で20度であれば、「別に大丈夫だけどチョッと寒いかな」という感じです。

脱衣室が13度‥‥‥ セントラルヒーティングでありながらこの温度というのは、高断熱高気密住宅においては考えられません。

灯油代が一月に4万円‥‥‥ 信じられません。

質問者さんのお宅は、明らかに高断熱高気密ではありません。
おそらく、北側の部屋の窓などが結露してませんか?


>もし欠陥住宅ならこの先どうしたらいいのか
ということですが、正直言って良い案が浮かびません。

以前、質問者さんと同じような状況の方が、その家の建築士と施工者を相手に訴えを起こした事がありました。
私は専門家としてその家の調査をしたのですが、高断熱高気密とはかけ離れた家でした。
しかし、高断熱高気密住宅にして欲しいという要望は、契約書やその他書面として示されてはいなかったので、
建築士と施工者に「そんな希望は聞いてない」と突っぱねられ、勝ち目はありません。

断熱気密工事をやり直せばよいのでしょうが、現実的なことではありませんし、
せめて、灯油代の負担を少なくする方策として、
セントラルヒーティングを止め、普通の家のように、各部屋個別に暖房するしかないかも知れません。

私はこれまで何十棟もの高断熱高気密住宅を建ててきました。
質問をお読みして、本当に気の毒だと思います。

かめ虫が入ってくるというのは、窓を開けた拍子に入ってくる事があるので何ともいえません。

でも、カーテンが揺れるというのは、部屋の中の温度差により、空気の対流が起きているためでしょう。
高断熱高気密住宅で常に暖房されている状態であれば、そのような事は起こりません。

部屋の中が20度で寒くて仕方が無いというのも、高断熱高気密住宅であれば、比較的低い温度でも暖かく感じられ...続きを読む

Qフローリングのワックスはするべき?しないべき?

フローリングのワックスはするべき?しないべき?

自分でフローリングにワックスを使用か迷っています。
ワックスはしたほうがコーティング効果で綺麗で傷にも強い。
反面、剥がれてくると見栄えが汚いなども聞きます。
しかも剥離剤で以前のワックスをはがさないといけない等聞くと
素人ができるのか・・・実際、素人がワックスを塗ろうというのも
どうなのか疑問に感じています。
どなたかご意見をいただければ幸いです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご自分でぜひどうぞ!
そもそも、自分の家のメンテナンスは専門性の高いものとかいったものをのぞけば、昔は自分達でやっていたはずです。法外な金額をとるなんじゃらコーティングはともかくとしてホームセンターで売っている樹脂ワックスととか水生ワックスなぞは、自分でやるのが普通です。

今の世の中は、家も家具を買うのと同じ感覚の人が多い(業界にも責任があると思うが・・・)ようにも感じますし、販売者(施工者)責任を楯に、自分で直せるものも一から十までいってくる人が本当におおくなったと思います。素人は素人なりに自分の家は自分達で維持をするという気持ちをもって家族が生活すべきだと思います。
子供は親の背中を見て育つといいますし、お父さんの威厳もたもて、家がハッピーになるかと思いますが・・・。

Q窓サッシの隙間風防止方法

当地は新潟県の日本海側で冬は零度近い強風にさらされます。
一般に窓からの放熱が多いと言われ、ガラスに断熱シートを貼っていますが・・・
熱がガラスから逃げるのではなく、実態はサッシからの外気侵入が最大。
実際手を当てるとスースーと冷気が入り込んでいます。
(内側に追加した樹脂断熱サッシは良いのですが)

隙間風は、上下左右の全方向から入ってきます。
市販のスキマテープを使ってみましたが上手く行きません。

解決された方が居られましたら施工法も含めお教え下さい。

Aベストアンサー

私はコーキング説に賛成です。
一冬限りですので、春になればカッターの刃で簡単に落とせます。
もし見栄えを重要視するのだったら 先にマスキングテープ もしくは養生テープでサッシ部分を養生して隙間にコーキングします。
春になれば その養生テープごと剥がせば元通りになりますよ。

立春を過ぎたからといっても 「春まだ遠からじ」の北陸は大変ですね。
神戸の今日なんか、もう春そのものでしたよ。
あと少し桜の花までもう少し・・・ 頑張ってください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング