坂本龍馬はアスペルガー症候群だったのではという話を聞いたことがあるのですが、何を根拠にそのようなことを言っているのでしょうか。あと、誰がそんな事を言い出したのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご自分の携帯,パソコンで、ネットご検索をして見ては、どうでしょうか?



アスペルガー症候群 坂本龍馬

このように、打ち込みして下さい。

比較的まともなモノから、
(´ヘ`;)ハァ!?まで、
有りそうですが、ご満足出来るかもしれませんよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海援隊についての質問です。坂本龍馬の立ち上げた海援隊は、坂本龍馬の死後

海援隊についての質問です。坂本龍馬の立ち上げた海援隊は、坂本龍馬の死後どうなったのでしょうか?どなたかご存じの方教えて下さい。

Aベストアンサー

京都・近江屋で坂本が陸援隊隊長の中岡慎太郎とともに暗殺されると、海援隊は求心力を失って分裂しいてしまいました。戊辰戦争が始まると「長岡謙吉」一派は天領である小豆島などを占領し「菅野覚兵衛」一派は佐々木高行とともに長崎奉行所を占領しました。長岡兼吉が慶応4年4月土佐藩より海援隊長に任命されますが、同年4月27日には藩命により海援隊は解散させられました。

その後、土佐藩士の後藤象二郎は海援隊を土佐商会として、岩崎弥太郎が九十九商会・三菱商会・郵便汽船三菱会社(後の日本郵船株式会社)・三菱商事などに発展させました。

Q【坂本龍馬の子孫が】兵庫県神戸市の長田区にいるそうです。 なぜ坂本龍馬の子孫が神戸に住んでいるので

【坂本龍馬の子孫が】兵庫県神戸市の長田区にいるそうです。

なぜ坂本龍馬の子孫が神戸に住んでいるのでしょう?

どういう経緯で神戸に坂本龍馬の子孫が住むことになったのか推測してください。

あと坂本龍馬の子孫なのにお金持ちの街ではなく下町の長田に住んでいるのも不思議です。

あと偉人の子孫の大半が母方の家系で繋がっていってます。

男が産まれても早い代で家系が途絶えてます。

なぜ女方の家系図の方が延命していって、男方の家系図は3、4代で滅びるのでしょう。

女方の家系図は5代目以上に伸びていくのに。

男は金持ちの家系に産まれても独身で家系が途切れる。

なぜでしょう。

Aベストアンサー

龍馬には子供がなく子孫はいません

http://history.monovtube.com/entry5.html

Q坂本龍馬 今までの時代と比べて龍馬がやったことというのは?

題名の通りです。
今までとは全然違うやり方、新しい発想をしたと思います。
具体的に、33年間、龍馬がやったもの、龍馬ならではのやり方や行い(例えば、教えをうけたり、説得したりすること)をまとめようと思っているのですが自分だけでやると間違ったものをまとめてしまいそうなので、どなたか具体的に教えて下さい。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

龍馬の背景で独特なものとしては、

1.土佐藩の郷士であった。
 当時の土佐藩は上士(山内氏とともに入国した者の子孫)、郷士・足軽(土着の長曽我部系の武士や士籍を買った者の子孫)の対立がその成り立ちから先鋭的なものとなっていました。また、郷士が表だって藩政に参加することはまず不可能でした。
 龍馬は後に脱藩し、勝海舟の「日本主義」に素直に共鳴していますが、藩への帰属意識が希薄だったことが大きいでしょう。

2.同族に才谷屋と言う土佐藩でも三指に数えられる豪商がいた。
 坂本家も1.の郷士株を購入して武士になった家で、才谷屋は藩の財政の面倒や上士にお金を貸していました。
 当然、藩や上士のだらしない内情(無能・怠惰)を知っていましたので、上士や藩への盲目的な忠誠心や畏怖は育まれていません。武市が藩や藩主へ盲目的な忠誠心を持っていたのとは対照的です。

3.土佐藩出身のジョン万次郎との接触
 直接の接触があったかどうかは不明ですが、当時アメリカで高等教育を受けて帰国したジョン万次郎は高知の出身でした。高知滞在中に幕府と藩の要望でアメリカ事情の聞き取りを行っていますが、この聞き取り役の絵師と龍馬は懇意でした(後の海援隊にこの絵師の弟子達が加わっています)。
 若いときにアメリカの実情をほぼ直接的に知り得た事は龍馬の最大の財産となります。

4.北辰一刀流の塾頭を務めた
 当時の江戸の剣術流派では、斎藤道場・伊庭道場・桃井道場・千葉道場(北辰一刀流)が、4大道場といわれていました。
 龍馬は千葉周作の実弟の定吉が運営する道場の塾頭を務めています。定吉は兄の華やかさに隠れてはいますが、千葉門への他流試合は全てこの人が最終的にこなし無敗を誇っていたほどで、技は兄を凌ぐと言われたほどの名人でした。
 その道場の塾頭は4大道場に準じるものとして剣客の間では重んじられています。このキャリアが龍馬の活動のスタート時点での、最大の名刺がわりとなっていました。


 当時の日本人(日本の武士)と比較して、「龍馬」と言う人材が育まれた独特の背景にあるものは上記のようなものだと思います。
 こうしたものから龍馬を論じていけば実相に近い人物像が得られるのではないでしょうか?

龍馬の背景で独特なものとしては、

1.土佐藩の郷士であった。
 当時の土佐藩は上士(山内氏とともに入国した者の子孫)、郷士・足軽(土着の長曽我部系の武士や士籍を買った者の子孫)の対立がその成り立ちから先鋭的なものとなっていました。また、郷士が表だって藩政に参加することはまず不可能でした。
 龍馬は後に脱藩し、勝海舟の「日本主義」に素直に共鳴していますが、藩への帰属意識が希薄だったことが大きいでしょう。

2.同族に才谷屋と言う土佐藩でも三指に数えられる豪商がいた。
 坂...続きを読む

Q坂本龍馬を尊敬する方に質問。龍馬の魅力

坂本龍馬を尊敬されている、もしくは大好きという方にお聞きします。
坂本龍馬の魅力とはなんですか?
素敵なところ、格好良いところ、魅力的なエピソードなど。
龍馬が何故好きか、を教えてください。

Aベストアンサー

※一徹
「お前、坂本龍馬という人を知っているか?
 封建時代の日本に新しい日の出をもたらそうと命をかけて来た人だ」

飛雄馬
「あぁ知ってるよそのくらい。でもそんな話今の俺には関係ない」

一徹
「関係があるかないかは聞いてみなければわかるまい」

飛雄馬
「・・・」

一徹
「これからの日本は門戸を広く世界に開き
 外国の優れた思想・技術を学ぶ必要があると考えた龍馬らは
 当時の幕府に徹底的に弾圧された。
 新選組は日夜その命を狙って嗅ぎまわり
 龍馬はいつどこで死ぬかわからない有様だった。
 しかしそんな中で龍馬はこう言い放った。」

ここでいきなり寺田屋の映像が出てきて龍馬が語り始めます。



龍馬
「いつ どこで斬られるにしても死ぬ間際まで前へ進みたい。
 たとえ、どぶの中で切り捨てられても私は前を向いて死にたい。
 前のめりで死んでいきたい。」

その直後、龍馬を新選組が襲います。



傷を負った龍馬は鴨川(どぶ?)を苦しそうに前進して行きます。



そしてついに前かがみに倒れます。



龍馬
「たとえ幕府の大きな力の前に俺が虫けらでしかないとしても
 俺は死を・・・ 前へ・・・ 前へ・・・」

そう言うと龍馬は亡くなります。



なんで星一徹が死の話を星飛雄馬にしたかは、
飛雄馬に球威が全くないことに気が付き、
プロでは通用しないことを告げるためでした。

一徹
「投手飛雄馬は死ぬしかないんだ」



その言葉を聞いて明子ねえさんは台所で泣きます。



明子
「元旦早々なんてことを・・・」

星一徹は説教くさく飛雄馬に言います。

一徹
「飛雄馬よ。
坂本龍馬になるんだ。
 どうせ死ぬんだと言って前進を止めるようなやつは
男じゃない。
 たとえドブの中で死んでも
なお前向きで死んでいたい。
これが男だ。」

この星一徹の言葉に飛雄馬はミョ~に納得します。

飛雄馬
「そうか、今やっとわかったよ、父ちゃんがなんで龍馬の話などしたか。
 俺、父ちゃんからいろいろ教わったけど今のが最高だ。
 熱い男の血潮をもろに浴びたみたいだ。
立派に死んでみせるよ。
 ドブの中で前のめりになって・・・父ちゃん」

〇「巨人の星」に引用された竜馬の名言です。

実際には、鴨川を流されてから息を吹き返して薩摩藩邸に逃げ込み、
鹿児島で新婚旅行したり、
海援隊を指揮し貿易で儲けたり、
長州征伐に対抗して幕府艦隊を奇襲したり、
薩長同盟をまとめたり、勝海舟を通じて将軍徳川慶喜に大政奉還させ、
明治新政府の基本政策を上申したりしたあげく、暗殺される
という
しぶとく生き抜くというのも
好きですが\(^^;)...

※一徹
「お前、坂本龍馬という人を知っているか?
 封建時代の日本に新しい日の出をもたらそうと命をかけて来た人だ」

飛雄馬
「あぁ知ってるよそのくらい。でもそんな話今の俺には関係ない」

一徹
「関係があるかないかは聞いてみなければわかるまい」

飛雄馬
「・・・」

一徹
「これからの日本は門戸を広く世界に開き
 外国の優れた思想・技術を学ぶ必要があると考えた龍馬らは
 当時の幕府に徹底的に弾圧された。
 新選組は日夜その命を狙って嗅ぎまわり
 龍馬はいつどこで死ぬかわからない有様だった...続きを読む

Q坂本龍馬について

いま、学校で坂本龍馬のことについて勉強しています
そこで、疑問を持ったことがたくさんあるので教えてください

1、1867年何藩の前藩主山内容堂(豊信)は幕府になにを建白したのか?
2、薩長同盟で薩摩藩と長州藩と亀山社中(後の海援隊)にとってどんな利点があるのか?

3坂本龍馬はなぜ、大政奉還を考え、進めたのか?

です。よければ、すべてお答えしてほしいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

1,将軍慶喜に大政奉還を土佐藩の藩論として建白しました。
2,大きくまとめると、
長州は幕府の第二次征長によって藩の(とくに攘夷派)生存が危うかったが、薩摩が密約の上にそれを回避する機会を与えてくれる。
実際、薩摩は幕府に対して「このままでは幕府の私闘であり、薩摩は賛成できない」を藩論とし、大久保利通は大阪城代に「長州を討て」と言われたが「幕府を討てですと?幕府を討つことなど出来ません」と答え、後は何を言われても「幕府は討てません」と聞き間違いで通したりもした。
薩長両藩にとってはいざ倒幕戦の時の兵力を増やすため。
薩摩にとっては倒幕を行う際(倒幕後も)に自藩が主導権を得る為にも、幕府にぎりぎりまで真意を隠す為にも先ず長州を叩き、次に同盟を組んだ。
亀山社中にとってのメリットは・・特に亀山社中自体が云々と言うより、坂本龍馬の(龍馬独自の考えではなかったけど)考えとして「薩摩と長州、この犬猿の仲の二大雄藩をくっつけないと倒幕はできない」があったからでは。
3,内戦を起こしたくなかったから。
当時の欧州諸国は内戦をしている国の片方に武力供給するかわりに租借地などを得て、そこから植民地化していった。
実際に倒幕派(薩摩)には英国が、幕府には仏がついていて、何としても日本の植民地化を避けたかった龍馬は、「幕府が政権を持っているから武力衝突が起きる。政権を朝廷に帰してしまえば倒幕派は武力倒幕の名目を失い、内戦は起きない」
と考えた。

ですかね、かなり手短ですけどポイントは押さえてあると思います。

1,将軍慶喜に大政奉還を土佐藩の藩論として建白しました。
2,大きくまとめると、
長州は幕府の第二次征長によって藩の(とくに攘夷派)生存が危うかったが、薩摩が密約の上にそれを回避する機会を与えてくれる。
実際、薩摩は幕府に対して「このままでは幕府の私闘であり、薩摩は賛成できない」を藩論とし、大久保利通は大阪城代に「長州を討て」と言われたが「幕府を討てですと?幕府を討つことなど出来ません」と答え、後は何を言われても「幕府は討てません」と聞き間違いで通したりもした。
薩長両藩...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報