中学受験の家庭教師を探しています。ただ、色々な中学受験専門の家庭教師センターのホームページを見ていても、なかなか情報量も多く、また初めての試みなので、不安な面もあります。

中学受験の家庭教師をつける前に、失敗しない家庭教師の選び方などのサイトはありますでしょうか?あれば教えてください。家庭教師はプロ家庭教師か学生かまだ未定です。場所は東京です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

失敗しない選び方などは、ありません。


実際に指導を受けてみないとわからないというのが、実情です。

問題がある派遣会社も、確かにあります。
しかし、そこからの派遣教師にも、優秀な人はいます。

ただ、教材販売型の派遣会社は、要注意です。
高額の教材を買わされます。
塾が母体となっている所なら、比較的無難です。

要は、合わないと思ったら、ためらわずに交代してもらうことです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

失敗しない選び方などは、ありません。
実際に指導を受けてみないとわからないというのが、実情です。

>そうですよね。教材販売の会社でないか慎重に確認してみます。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2010/01/10 22:08

このような中学受験の家庭教師選びのサイトがありますので、色々な家庭教師センターに問い合わせる前に、一度見てみると良いかもしれません。



中学受験 家庭教師インフォメーション http://www.kateikyoshi.info/

参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.kateikyoshi.info/
    • good
    • 5
この回答へのお礼

参考に見に行きましたところ、中学受験の家庭教師を選ぶにあたってのポイントなどがまとめてあり、大変便利なホームページでした。一度、しっかりと読んでみます。また、このサイトには、プロ家庭教師か学生家庭教師かの違いも書いてあるので、助かりました。

お礼日時:2010/01/10 22:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家庭教師が使う有名中学受験のための準備教材について

1.今から直前期に向けての教材
2.新6年生向けの教材
でおすすめのものはありますでしょうか。

御三家レベルの中学受験経験者やプロ講師の方のご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

プロの家庭教師と、中学受験を経験した立場からいうと、中学受験の名著は『自由自在』シリーズです。書店で売ってますから、それを使いつつ、『最高水準問題集』を使うのがよろしかろうと思います。

ただ、六年から御三家を狙うのはかなり厳しかろうと思いますので、並々ならぬ努力が必要ですから、それだけは覚悟してくださいね。うちの子も狙っていますが、うちの子ですら、三年生から基礎として市進に行かせて、五年生から応用として四谷に変えてます。ビハインドがあるのでよっぽど頑張らないと本当にきついですよ。

ただ、四谷なり日能研なりにいってれば、そこの教材で十分ですよ。自由自在もやれば完璧でしょうけどね。

Q家庭教師の時間以外に、親御さんに家庭でしてもらうこと。

私立中学受験の家庭教師をしています。
受験まであまり時間がないので、出来る限り時間を有効に使いたいと思っています。
そこで、家庭教師の時間以外に親御さんに家庭でしてもらうことは何かありますでしょうか?
その生徒さんは算数の問題が特に不得意です。

みなさまの経験などをお聞かせください。
よろしくお願いいたします。
(補足があれば、直ぐに付け足しさせていただきます。)

Aベストアンサー

>家庭教師の時間以外に親御さんに家庭でしてもらうことは何かありますでしょうか?

受験勉強の方向性としては・・・
(1)家庭教師では、理解できていない学習を理解できるようにさせる
(2)家庭では、理解できている学習を確実に問題を解けるようにする
の2点が大切だと思います

つまり、家庭教師の時間では生徒の不得意な科目や部分について重点的に教えて理解させ、その理解させた部分や理解できている部分を、親御さんに協力してもらって、反復的に問題集を解かせたりするなど学習の理解の定着を図ることです。

家庭教師=「勉強を教えて理解させること」
親御さん=「子どもが先生に教えてもらった学習内容を勉強するように促すこと」
と解釈して、家庭教師と親御さんの連携をとっていってほしいと思います。


<親が受験勉強に協力してもらえること>
注意することは、なるべく親御さんに負担をかけさせないこと、そして生徒が自主的に勉強できるようになることですね。

(1)生徒がしなければならない宿題を、生徒だけでなく親御さんも把握してもらえるように、宿題の学習内容が分かりやすく詳細に書かれた紙を作成し、その紙を毎回2枚(生徒用と親御さん用)渡す。口頭で説明するよりも文章化した紙を渡すことで、やってもらえる効果は高くなりますし、親御さんの負担も軽減できます。

その用紙についてですが、表のような形式のもので、やってほしい宿題や問題集のページ数などを書いて、別の枠に「宿題が終わったことチェックできるようなもの」をつけておいて下さい。


(2)家庭教師で教える時や宿題を出す際は、必ず目標を示すことが重要です。「何を理解することがねらいなのか?」「何ができるようになればいいのか?」ということを生徒に示し、生徒が把握することで、それに向かって勉強をしていきます。

例えば、「割り算の応用問題を解けるというのが、今日の授業の目標だから頑張りましょう!」と言うだけで、生徒はやる気が増します。何も言わずに問題を解かせるだけだと生徒は不安になってしまいますからね。そして、授業が終わったら評価をして下さい。「今日はすばらしい。難しい学習だったけど、よく理解できたね」と褒めたり、「ここの問題の部分がひっかかってしまったから、しっかり復習して次回は必ずできるように頑張りましょう」とかアドバイスしたり、そういった学習評価も行って下さい。

上記で説明した紙に、今日の授業でどんなところが良く理解できたのか、どんなところに学習のつまずきがあるのか、生徒にも親御さんにも把握できるように記述し、それを見ることで生徒も親御さんも勉強の仕方を工夫して考えると思います。


用紙を作成するなど、めんどうかもしれませんが…効果は期待できると思います。それに、質問者様の熱意が伝わるので、親御さんも快く協力してもらえるはずですよ。

参考になれば、嬉しいです。

>家庭教師の時間以外に親御さんに家庭でしてもらうことは何かありますでしょうか?

受験勉強の方向性としては・・・
(1)家庭教師では、理解できていない学習を理解できるようにさせる
(2)家庭では、理解できている学習を確実に問題を解けるようにする
の2点が大切だと思います

つまり、家庭教師の時間では生徒の不得意な科目や部分について重点的に教えて理解させ、その理解させた部分や理解できている部分を、親御さんに協力してもらって、反復的に問題集を解かせたりするなど学習の理解の定着を図るこ...続きを読む

Q中学受験で方程式を使って解答してもいいのでしょうか?

都内在住の小学3年生の子供を持つ保護者です。
子供の中学受験を考えており、少しずつ自宅学習を進めております。
算数(数学)については連立方程式まで教えたのですが、
これを使って中学受験問題を解答してもよいのでしょうか。
それとも和差算や旅人算を用いて解かなければ解答とみなされないのでしょうか。

過去問題集等をみると、方程式の知識(移項やカッコの分配)は当然のように使われているようですが、表記が
○×3=○×2-5
のようになっており、当たり前ですが「X(エックス)」を用いるようにはなっていません。

表記だけの違いであり考え方は一緒なのですが、中学校側は方程式を用いた解答を採点してくださるのでしょうか。
そもそも、解答は「答え」だけでなく、途中式(解答にいたる過程)もしっかり書かないとダメなのでしょうか。

全ての中学校についてではなく、ご存知の範囲で結構ですので、ご回答いただけたら有難いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

途中式を求めずに解答が合っていれば合格、という学校が多いので、
そういう学校を受ける場合はなんら問題はないと思います。
最難関クラスの学校には、途中式を書かせる学校があるのですが、
極端な話、答が不正解であっても途中式がよければ部分点を
くれます。途中式が学校で習っていないはずの方程式であっても
点数をくれます。そもそもそういう学校は小学校で習った知識だけでは
絶対に合格できないのでなんでもアリなのです(笑)
漢字も小学校で習わない字がふつーに出てきます。

あ、ただし、国立大学附属中学は、もしかしたら小学校で習ったやり方を
求めるかもしれません。もし国立大附属校を受けるならば要注意です。

Q家庭教師

小学校5年生の男の子ですが、
勉強の取り組み方に心配があるので、
塾に行かせたいのですが、田舎で学校帰りに自分で行ける距離に
塾などはなく、仕事で送り迎えもできない時があるので、
家庭教師はどうかと思いますが、
実際家庭教師ってどうなんでしょうか?
子供は勉強が嫌いと言うか、理解できない事を先生に聞けないままに
授業が進んでいて、気が付いたら理解できないと言えないで、
どんどん分からない事が増えて行っている気がします。
夏休みになり、ダラダラとやる気もなく、
声をかけるとやっと少し宿題をする程度です。
特に国語や漢字などが苦手です。
算数はそれなりに理解できるようです。
本が好きではなく、漫画などもほとんど読みませんが、
歴史が好きなようで、そういったのは読んでいます。
家庭教師をもし探すとたらどういった方法がありますか?
トライとかどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

 家庭教師の探し方について私の学生時代の経験をもとに回答いたします。(学生時代,家庭教師のアルバイトを数件やっていました。)

 結論から先に書きますが,質問者様のお近くの気に入った大学に電話をかけ,「お宅の大学の学生さんに家庭教師を頼みたいんだけど」と言えば,関係の部署につないでくれると思います。

 学生時代の私にとっては家庭教師を希望している御家庭(要するにバイト先)の見つけ方が問題だったわけです。質問者様があげているような家庭教師業者に家庭教師として登録するという方法もありましたが,次のような問題がありました。

1 家庭教師先が支払った額の全額が,アルバイトに支払われない。家庭教師業者が仲介料のような形で抜いてしまう。

2 アルバイトは家庭教師業者に定期的に通い,経過を報告する義務がある。業者によっては教材や指導方法の指定がある。

 そこで,私はいつも大学のアルバイト斡旋窓口(私の卒業した大学では厚生課と言っていました。)にある張り紙を見て,良さそうなものを紹介してもらっていました。張り紙には小中高の校種と学年 男女地域(○○町とか○○市○○区) 先方の希望(おとなしい先生 元気な先生 夏休みの工作などを一緒にやってくれる先生 子どもの話し相手になってくれる先生 ○○高校出身の先生)などが書かれていました。

 大学紹介のメリットは,
1 中間マージンを抜かれない。大学へは1銭も払わないでよい。(これは家庭教師を依頼した御家庭も大学へは1銭も支払わなくてよい。つまり,安価で済む。)

2 大学から紹介を受けた後は先方の御家庭と相談して自由に契約でよい。大学への報告義務もなければ,指導方法の指定もない。先方の御家庭と相談して決めればよい。(つまり,家庭教師を依頼した御家庭の希望が尊重される。)

 大学の紹介で家庭教師を依頼する御家庭と学生個人の契約になりますので,気に入らなかったときにクビにしにくいのではないかという不安があるかもしれませんが,あっさりと「今月いっぱいで結構です。」と伝えるだけです。(私も,御家庭の方針に合わせきれなくて,クビになったことがあります。)

 私の卒業した大学では週何回で○○円という目安の金額がありましたが,そこは学生と御家庭の話合いですので,テスト前は毎日行くかわりにテストあけ1週間はお休みなどと事前に相談しておき,依頼する御家庭と学生である私の都合を調整していました。(テスト前は延長して指導しましたが,追加料金などを請求したことはありません。)

 小学校5年生のお子さんとのことですが,お母様が面接をして気に入った学生を雇えばよいのです。一度試されてもよいのではないでしょうか。

 家庭教師の探し方について私の学生時代の経験をもとに回答いたします。(学生時代,家庭教師のアルバイトを数件やっていました。)

 結論から先に書きますが,質問者様のお近くの気に入った大学に電話をかけ,「お宅の大学の学生さんに家庭教師を頼みたいんだけど」と言えば,関係の部署につないでくれると思います。

 学生時代の私にとっては家庭教師を希望している御家庭(要するにバイト先)の見つけ方が問題だったわけです。質問者様があげているような家庭教師業者に家庭教師として登録するという方法...続きを読む

Q小学2年から家庭教師は早いですか?

 2年生の子なのですが、今までは学校の宿題、あと通信
の教材(ベネッセ)で勉強させてきました。
毎日私と1時間くらい。しかし、子供が理解ができなくて
グズグズするとつい怒鳴ってしまします。ですから、
ますます勉強が嫌いになっては?と思い教材は
辞めました。
 塾通いがいいかなとも思うのですが、他に、英語、空手
スイミングの教室に通っているので、塾通いが増えるのも
どうかな?と思うのです。家庭教師をつけようかと思うの
ですが、主人は少し早いのでは?と言います。どう思われ
ますか?中学は受験させたいと考えています。

Aベストアンサー

初めまして。現在は公文式の教室でアシスタントさらに学生時代からいわゆる学習塾の業界で仕事してきた者です。
確かに小学校2年くらいならば自分で学習する習慣を身につけることが先決だと私も思います。ただ今私も小学校低学年のお子さん達を見ていますが、机の前で1時間集中ってのはまだ小2ではなかなか難しくて当然な気もします。公文の場合塾と違い学年ごとに学習時間は決まっておらず自分のその日やる分量の学習量をこなして帰るというシステムですが、うちの教室では国語算数二科目学習して1時間が限度です。その間にはプリントの提出など合間合間に机を離れる(=それがある意味のリフレッシュも兼ねる)ことを挟みつつそれでも1時間も経つと大半のお子さんは限界です。無理にやろうとしてもだんだん疲れてきて先生わかんない~と聞きにウロウロしたり回りの子にちょっかいだしてみたりし始める場合が多いのでその場合はキリのいいところで当日学習予定していた分量を到達しなくても帰らせるくらいです。
ましてお母様と一対一で面と向き合うような形ではお子さんの立場で考えると相当疲れますし、イヤになったり途中で投げ出してしまっても当然かもしれません。それはいわゆる相当「できのいいお子さん」でもあまり差はないと思われます。
確かに家庭教師をつければ子供としては「勉強する時間」として緊張感は持つかも知れませんがそれがまだ実際の学習内容と照らし合わせると「理解する」ことよりも計算も漢字にしても数をこなし体で慣れてスムースに自分でこなせるようになることの方を重点にしたほうが良いでしょうし、となると月額かなりの月謝を必要とする家庭教師を考えずともいいと思います。

それより折角お母さまがお子さんの勉強の際そばで見られたいというならば、是非お奨めしたいのが「音読」です。既に読解力が重要と回答されている方もおられるように「読解力」はとても大切ですしかといってすぐに身に付くものではありません。将来的に修学受験も視野に置かれているのでしたら、中学入試の問題などご覧になったこともあるかもしれませんが設問の文章が国語ならずとも長いものが多いです。それを読んだ上で規定時間内で解答を作るのですからその科目の知識以上に読解力は大切になります。
公文の教室でも低学年のお子さんには特に「音読」をさせています。実はこの音読というのはお子さんの国語の力を有る程度計れるもので、例えば2年生数人に2年生の教科書を音読させてみると実に差が出ます。文の意味がちゃんとわかって読んでいる子は変なところで切ったりしないし、勝手に文末を変えてしまったりすることはまずないです。教科書1ページ分くらいを読んだ後で1問だけ分に沿った内容の簡単な質問をしてみても的はずれな答えをすることは非常に少ないです。逆に音読がつっかえつっかえで一つの言葉の切れ目がわかっていない子に同じ質問をしてみてもなかなか正しい答えにたどりつきません。また、プリントの問題でわからないと質問に来たお子さんに有る程度の部分を区切ってここを音読して繰り返して読んでご覧というヒントを出すと3回くらい続けて読めば大概のお子さんは答えが閃きます。小学校の低学年でしたらまだ解答作りのテクニックなどは必要ないですし本文中の言葉そのままが問題の答えになることも多いですから文を音読させることでその文に集中する故もあるのでしょうか自分で答えをその中から見つけだしやすいのかもしれません。
なので、お母様がそばに付かれるのでしたら国語の音読だけはある程度少しずつ習慣にして読み終わったら簡単な質問を1問くらい(登場人物の名前とか)するのもいいかもしれません。同じところを一日で何度も読み返すのは子供も嫌がりますし、ひっかかっても一日そのページは一回翌日同じところをもう一回読んでみて時間を計ってみるなどするのを習慣にするのもいいかもしれません。慣れてくると算数の文章問題でも音読は使えます。なかなか式が建てられずにお子さんがいらついたり分からないと言い出した際、声に出して読ませてみると「あ、わかった」と言ったりするものです。そうなれば式を建て計算を終えるまでお母様は何も口出しはせずそれでも考え方が間違ってしまった場合今度は一緒に問題文を声に出して読んで考えさせそれでもつまりそうだったら初めてヒントをあげるという形を取るのもお子さん自身で問題文を読み考えるという勉強の姿勢に繋がるのではないかと思います。
あともうかけ算九九に入っているころかも知れませんがこれはスラスラ言えるまで毎日お子さんに練習させて時間を計ってみるのもいいと思います。また計算で二桁の筆算(足し算引き算)などが遅かったりした場合は一度1年生で学習した一桁の足し算引き算の問題を(一年のときのドリルなどから)有る程度の問題数(50問くらい)を一気にやらせてみてその様子をご覧になってください。計算が正しくてもすごく時間がかかっていたり、計算が間違いが多かったりした場合は学校では九九をやっていても一桁の足し算引き算を早く正確に出来るようになっておかないと結局二桁の足し算引き算、後々のかけ算の筆算以降に響いてきます。そういうのでしたらやらせている間はお子さん一人にして出来た!とお子さんが声をかけたら採点という形をすればずっと1対1で対峙も避けられると思います。

最後に余談ですが将来的にお子さんに中学受験させたいと思われている方で親御さんの通われた学校に行かせたいという方はとても多いです。ただ親御さんが入学された頃から約二十年以上は経っていていわゆる難易度もかなり激変しています。私が仕事したところでもなんとしても親の行った学校にと、来られる方もおられましたがやはりお子さんはお子さんの意思もありますし、受験の難易度も現在のものを念頭に考えないと親からのプレッシャーというのをお子さんはどうしても敏感に感じてしまいます。お姑さんなど受験の世界などからかなり離れられておられるでしょうから、息子であるご主人の頃の意識がどうしても強くなりがちになりやすいので、受験を考える頃合いになられましたら是非ご主人もご一緒に現在の中学受験をとりまく情報などを仕入れられることをお奨めします。

初めまして。現在は公文式の教室でアシスタントさらに学生時代からいわゆる学習塾の業界で仕事してきた者です。
確かに小学校2年くらいならば自分で学習する習慣を身につけることが先決だと私も思います。ただ今私も小学校低学年のお子さん達を見ていますが、机の前で1時間集中ってのはまだ小2ではなかなか難しくて当然な気もします。公文の場合塾と違い学年ごとに学習時間は決まっておらず自分のその日やる分量の学習量をこなして帰るというシステムですが、うちの教室では国語算数二科目学習して1時間が限...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報