『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

上空へいくほど気圧は下がると思いますが、逆に地下に潜れば潜るほど大気圧が高くなる(つまり海底トンネルなどは気圧が高い)ということはないでしょうか?
 気にしていることとしてジブラルタルトンネルなどが構想されているようですがこのようなトンネルを使った場合に人が悪影響を受けてしまわないかを気にしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

世界で最も低い死海付近は海抜-400mで、大気圧が5%程度高くなります。


1000mでは10%程度です。
トンネル内でも深さに応じて気圧が上がって行くと考えられます。
この場合、地上で我々の頭上にある空気層の重さに加えて、
地上からのトンネル深さの分だけの空気層の重さが追加されると考えていいと思います。

何か影響があるかについてですが、2000mとかの高地に住む人が平地に降りてきて、
何かあるとは聞いたことありませんので、問題ないと思います。
おそらくちょっと気圧が高い位のほうが調子が良いと思います。
    • good
    • 0

気圧は上がりますが、気圧差はさほどにないでしょうね。

ただ、150mでも、エレベータで短時間に移動すれば耳に違和感がありますね。これを頻繁に繰り返せば耳の弱い人には影響があるかもしれません。
でも、トンネルでも移動であればエレベータのような短時間ではないので影響は心配ないのでは? と思います。
飛行機の客室乗務員で、耳の弱い人に影響が出た例はあるようです。
    • good
    • 0

100メートルの深さだと気圧は1ヘクトパスカル位高くなりますね


日常受ける気圧変動よりも小さいです
気圧変動は東京タワーに上るよりも少ないですね
旅客機に乗ると200ヘクトパスカル位の気圧変動を受けます
それに比べればわずかなものです
    • good
    • 1

 またまたこんにちは^^。


>大気圧はトンネルの出入り口を介してトンネル内に入ってこないでしょうか?
 はい、その通りです。これは「パスカルの原理」にて証明されている事実です。
『とじこめられた流体の一部に圧力を加えると,その圧力の増加分は同じ強さで流体のすべての方向につたわる。これをパスカルの原理という』
 今回の場合、加えられる圧力とは、大気圧ですね。

 ここで問題になるのは、海底トンネルの出入り口の標高です。
 私たちが住む地上での圧力は、1013.25hPaです。
 この標高からトンネルを掘り始めれば、トンネルの出入り口にかかる圧力は1013.25hPaですから、トンネル内もこれに準じます。(重力の影響で圧力は少しばかり高くなると思いますが)

 ところが、地上部分に大きな縦穴を掘り、地上から1000mの深さからトンネルを掘り始めた場合、トンネルの出入り口にかかる圧力は1113.25hPaです。(10mで1hPa増加するそうです)

 ですので、トンネルの掘り始める位置によって圧力は変化する・・・という答えで、良いですか?
    • good
    • 1

 はじめまして。

こんにちは。
>ジブラルタルトンネル
 すごいですね~ アフリカとヨーロッパをつなぐトンネル・・・。

 さて、私はこう思います。
 確かに地球のコアに近づけば近づく程、重力は大きくでしょう。
 ところがトンネルの場合、大気圧と水圧はトンネルの天井が受け止めてくれます。
 例えていうなら、私の上に力士(相撲取り)が直接乗られたら、それはもう苦しくて苦しくてどうしようも無いけれど、机の上に力士が乗って、机の下に私がいたら、机が壊れるのではないかと心配はするものの、苦しくはありません。

 とはいえ、海峡トンネルの場合において厳密に言えば、重力が少し大きいので、トンネル内の空気がやや重くなっています。しかし、トンネル内の空気層は大したことは無いので、悪影響は無い・・・、と。
 これが私の意見です^^。

この回答への補足

水圧はトンネルが受け止めてくれますが、
大気圧はトンネルの出入り口を介してトンネル内に入ってこないでしょうか?

補足日時:2010/01/10 22:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地上にいるときと地下にいる場合人間にかかる気圧は変わりますか?

地上にいるときと地下にいる場合人間にかかる気圧は変わりますか?

かなり基本的な大気圧について質問です。

地下室にいるときの気圧と、地上にいるときの気圧は違いますか?

父が疑問に思っているらしいです。教えてください。

Aベストアンサー

わずかですが、変化します。
地下にはいると、自分の位置よりも上にある空気が増えますので、
圧力も増加します。ただし、空気は軽いのでわずかしか変化しません。
日本の平均的な大気圧は1013[hPa]ですが、
地表付近の空気は100mで12[hPa]ずと変化します。
気象庁の発表している気圧も、各地の標高が違いますので、
全て界面の高さに換算しています。(海面更正)

地下2階で8mくらい下がると1014[hPa]になりますが、
ほとんど感じることはできないでしょう。
スカイツリー展望台が地上500mとすると、大気圧は60[hPa]
下がるので、953[hPa]になり、これはかなり鼓膜が痛くなる
変化です。

Q電車がトンネルに入ったときの気圧変化

 電車がトンネルに入ると、耳が詰まったような感じになりますよね。
 そんなときは顎に力を入れて治すんですが、トンネルの構造によっては、しばらくするとまた詰まった感じになってしまうことがあります。
 東海道新幹線の長いトンネルに入ったときなんか、顎に力を入れっぱなしにしないと追いつかないほどです。

 それでふと思ったんですが、トンネル内では、車内の気圧はどのように変化しているのでしょうか?
 今までは、トンネルに入りきってしまったらそれ以上変化しないと思っていたのですが、違うのでしょうか?

 あと、現在風邪をひいてるため耳管が詰まっちゃって、トンネルがつらいです(^_^;
 鼓膜が凄い引っ張られた感じになってます。
 このとき、鼓膜は内側と外側のどちらに引っ張られているのでしょうか?
 また、だいたい何気圧くらいで鼓膜は破れるんでしょうか?(笑)

 ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トンネルがいくら長くても、トンネル内の幅や高さが一定、かつ電車が一定の速度を維持して走行し続けているのなら、内部の気圧は一定の気圧(1気圧以下であることは間違いないが・・・)から、それ以上下がることはありません。


人気Q&Aランキング