戦国時代の甲斐国守護大名で有名な武田信玄の父、武田信虎の婦女子について調べておりますが、
武田勝虎という人物は存在するのでしょうか?
教えていただきたくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

存在します。


病弱が理由で廃嫡されているので
殆ど記録が無いのだと思います。
    • good
    • 0

武田信虎の末子のようです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかっこいい自転車画像・動画?

ロードバイクに乗っています!

車だとスポーツカーはかっこいいと思いますし、
レース動画やスポーツカーのPVもかっこいいと思います!

自転車でこれはかっこいいと思う画像・動画はありますか?

あなたがかっこいいと思う自転車画像・動画がもしあればどのようなものでも結構ですので、
リンクを貼って是非ご回答ください^^

Aベストアンサー

http://watanabetakahiko.wordpress.com/2011/03/13/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E4%BB%98%E3%81%8D%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A/

Q守護大名・戦国大名の領国支配~一円知行~

鎌倉とかでも見たことありますが、「一円知行」とは、正確にどういう意味なのか知りたいのです。「誰も入れずに、すべて自らの手で管理する」みたいな意味かと解釈しているのですが、いかがでしょう。詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

一円知行ということはまとまった領域のすべての権限を一元的に掌握して支配することです。
中世の支配は、たとえば荘園でもひとつの地域をまとまって支配するのではなく、あちらの田、こちらの畠と分散的に支配権を持っているのが普通でした。これだけなら江戸時代にもありましたが、それだけではなく土地の支配とそこにいる人民の支配が違ったり、収穫物の一部についての支配権を持っていたりと、ひとつの土地でも重層的な支配があるのが普通でした。
そういう重層的、分散的な支配権のすべてを掌握したのが一円知行です。

Qかっこいい 壁紙募集!

WALKMANのAシリーズ(a-860)を買ったんですが プリセットの壁紙ではなくて もっとかっこいい画像がほしいんです。

リサイズとかできないので どこかかっこいい画像があるサイトありませんか?

少しは調べたのですが自分に合うのがなくてorz

サイズは240×400です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

漠然と「かっこいい画像」と言っても質問者さんの好みもありますし、
人それぞれ「かっこいい」の定義が違うので、良い回答が付くのはなかなか難しいのではないかと…(^_^;

とりあえずGoogleやBingで、『240*400 壁紙』などのキーワードで画像検索してみては?

…と言いつつ実際に検索してみましたがどうでしょう。
質問者さんの好みの画像があれば良いのですが…。

Google画像検索 240×400 壁紙
https://www.google.com/search?hl=ja&gbv=2&biw=1920&bih=921&tbm=isch&sa=1&q=240%C3%97400+%E5%A3%81%E7%B4%99&oq=240%C3%97400+%E5%A3%81%E7%B4%99&aq=f&aqi=g1g-S1&aql=&gs_sm=e&gs_upl=61463l66684l0l67534l17l17l2l12l9l0l221l585l0.1.2l3l0

bing画像検索 240*400 壁紙
http://www.bing.com/images/search?q=240*400+%E5%A3%81%E7%B4%99&qpvt=240*400+%E5%A3%81%E7%B4%99&FORM=IQFRML#x0y1440

漠然と「かっこいい画像」と言っても質問者さんの好みもありますし、
人それぞれ「かっこいい」の定義が違うので、良い回答が付くのはなかなか難しいのではないかと…(^_^;

とりあえずGoogleやBingで、『240*400 壁紙』などのキーワードで画像検索してみては?

…と言いつつ実際に検索してみましたがどうでしょう。
質問者さんの好みの画像があれば良いのですが…。

Google画像検索 240×400 壁紙
https://www.google.com/search?hl=ja&gbv=2&biw=1920&bih=921&tbm=isch&sa=1&q=240%C3%97400+%E5%A3%81%E7%B4%99&oq...続きを読む

Q戦国大名と守護大名って何が違うのでしょうか?

戦国大名と守護大名って何が違うのでしょうか?
どちらも武将ではないのですか?

Aベストアンサー

「守護」とは室町幕府の役職で「守護職」と言います
幕府からその土地の守護を任された大名が名乗ります
「守護」の下には「守護代」があります

たとえば 武田信玄は「甲斐守護」の役職でした
一方 長尾景虎(上杉謙信)は「越後守護代」です
「守護代」は守護大名の変わりに国を治める事を任されています

守護の上には「探題」という役職もあります
これは広域の支配者という意味です
例えば伊達家は「奥州探題」を名乗っていました

これらはみな「守護大名」です。


一方戦国大名とは
幕府から守護や守護代には任じられていない大名で
主君を倒してのし上がってきたりした大名です

徳川家康は守護ではありませんね
守護大名だった今川義元の家来でした

織田信長も守護代の家来の一族です

幕府の力が弱まると
守護大名という肩書きは何の意味も無くなります

Qこの人はかっこいい部類に入りますか?

この画像の人はかっこいい部類に入りますか?

Aベストアンサー

私から見たら、一番、付き合いたくないひと。

そばに、来ないでください、、と願う人ですね。

私、可愛い系が好きだから。

Q戦国時代のおける大名の妻のなかで、一番の妻は誰だと思いますか?

戦国時代のおける大名の妻のなかで、一番の妻は誰だと思いますか?
もし、この女性が戦国武将になったらすごかったと思う人は誰ですか?
おね、まつ、ちよ???

Aベストアンサー

賢妻は前田利家の妻まつでしょうか?

この女性が武将だったら、と思うのは
伊達政宗の母「義姫」
お家のためだったら息子も殺そうとするあの非情な血が
政宗に流れ、彼を奥州の覇者へとしたのではないでしょうか?

Q親に「顔がかっこいい」とか言われますがどこがかっこいいのか分かりません。 むしろ、この顔で落ち込んで

親に「顔がかっこいい」とか言われますがどこがかっこいいのか分かりません。
むしろ、この顔で落ち込んでいます。
この画像をみて、本心を教えてください。
名前を隠しました。

Aベストアンサー

「かっこいい」とは難しいですね。個人の感覚次第。


私の感覚では「かっこいい」系ではないけど,「美男子」ではあると思います。

Q戦国大名で「頼」のつく名前の大名家は滅ぶ?

武田勝頼 土岐頼芸 豊臣秀頼 三大名とも、「頼る」 という字がついていましたが、滅びました。
これは偶然なのでしょうか?ご教授お願いします。

Aベストアンサー

偶然です。

「頼」がついて滅びなかった大名(当人)。

(1)六角定頼・・・六角家の全盛期を築いた人。父の高頼も家督を譲って隠居してから亡くなってます。ただし子の義賢が織田信長に敗北し、以後、六角家は衰退します。

(2)毛利秀頼・・・信長、秀吉に仕えた人。秀吉から信濃に10万石を与えられました。

(3)平岡頼勝・・・秀吉に仕え、後に秀吉の命で小早川秀秋の家老になった人。関が原合戦後に2万石を貰うも、主君の秀秋死後に浪人。しかし家康から1万石を与えられ大名に。

(4)蜂屋頼隆・・・土岐、斉藤、織田、そして秀吉に仕えた人。秀吉から4万石を与えられました。

(5)相良頼房・・・九州の小大名。関が原では最初は西軍につくも東軍に寝返り2万石の所領安堵を受けました。

(6)小笠原貞頼・・・信長に仕え、ついで秀吉に仕えるも秀吉の怒りをかい改易に。しかし徳川家康が召抱え3万石の大名に。小笠原諸島はこの人が発見したとのこと。

(7)有馬則頼・・・秀吉に仕え1万石の大名。秀吉没後は家康に接近し関が原でも東軍につき、合戦後は加増を受け3万石に。

(8)諏訪頼忠・・・武田に謀殺された諏訪家当主、諏訪頼重の親戚。頼重死後は浪人していたものの武田家滅亡後に諏訪に舞い戻り諏訪家の再起を図りますが、徳川家康に破れ臣従。家康の関東への移封にともない武蔵で1万2千石を与えられます。息子も頼のつく頼水という名で関が原合戦で功績を上げ信濃に2万7千石の所領を賜りました。

(9)新庄直頼・・・浅井長政、織田信長、そして秀吉に仕えた人。秀吉から3万石を与えられました。関が原合戦では西軍につき、合戦後に改易に。しかし後に許され家康から3万石を与えられ大名に復帰しました。

(10)吉見正頼・・・大内家、つぎに毛利元就に仕えた人。元就に1万5千石を与えられました。

(11)村井長頼・・・前田家家老で1万石。既に隠居していた時、主君利長の母が江戸に人質に行くと聞き、付き従って江戸に赴き、江戸で亡くなった忠義の人。



「頼」がついて滅びた人。

「原長頼」・・・信長、秀吉に仕えた人。秀吉から3万石を与えられました。関が原合戦では西軍につき、西軍の敗北後に自害。

「石川頼明」・・・秀吉に仕えた人。1万2千石を与えられました。関が原合戦では西軍につき、西軍の敗北後、東軍に降伏しますが切腹に。

「木下頼継」・・・大谷吉継の次男ですが秀吉に可愛がられ厚遇を受けた人。2万5千石を与えられました。関が原合戦では西軍につき、敗北後は領国に逃げ帰りますが病死。15歳という若さでした。

「宇多頼忠」・・・豊臣秀長、秀吉に仕えた人。1万3千石を与えられました。娘が石田三成に嫁いでおり、関が原合戦では、佐和山の城を守備するも東軍に攻められ自害。息子も頼のつく頼重という名で、こちらも父と同じく佐和山の城で自害。なお頼忠は所領を返上して娘婿の石田三成のところに身を寄せていたという話もあり。


なお、石高などは書籍によって微妙に違いがあるので、必ずしも正しいとは限りませんが、私の手元にある本の数字を書いています。また、この他に石高など不明な人もいまして、大名(1万石以上)に該当するかどうか分からない人も、まだいます。

このように「頼」のつく大名は結構おり、滅びなかった人も二桁を数えられるので偶然だと思います。

偶然です。

「頼」がついて滅びなかった大名(当人)。

(1)六角定頼・・・六角家の全盛期を築いた人。父の高頼も家督を譲って隠居してから亡くなってます。ただし子の義賢が織田信長に敗北し、以後、六角家は衰退します。

(2)毛利秀頼・・・信長、秀吉に仕えた人。秀吉から信濃に10万石を与えられました。

(3)平岡頼勝・・・秀吉に仕え、後に秀吉の命で小早川秀秋の家老になった人。関が原合戦後に2万石を貰うも、主君の秀秋死後に浪人。しかし家康から1万石を与えられ大名に。

(4)蜂屋頼隆・・・土岐、斉藤、...続きを読む

Qかっこいい自転車(乗り)かっこ悪い自転車(乗り)?

ロードバイク通勤してます!

自転車が趣味となると他人の自転車なども気になりますよね?
かっこいい自転車とかっこ悪い自転車とはどういうものでしょうか?
かっこいい自転車乗りとかっこ悪い自転車乗りについても知りたいです!
(参考画像が示せるものはリンクを貼っていただけると嬉しいです)

自転車のかっこいいかっこ悪いについて教えて下さい^^

Aベストアンサー

常識的な思考と判断を持ち合わせていれば(法律・マナーは当然のこと)、誰でもかっこいい自転車乗りです。

その程度の事がわからない・わかろうとしない人間は、カッコ悪いを通り越して『害』です。

Q武田信虎=スパイ説

武田信虎は武田家家臣団から駿河に追放されたことになっており、ほとんどの文献がこの見解で一致しております。

武田信虎は追放されたのでしょうか。信虎の実績、当時の甲斐の情勢、隣国(今川氏・北条氏)との関係を勘案すると追放されるような人物ではないような気がします。

自分の国の歴史に関することですから、価値ある歴史的資料がないことを理由に考察を放棄するのではなく、考えるべきことは考え、理論整理したく、この度質問いたします。

 甲斐を平定し、信濃侵攻の足がかりを築いた信虎は、国力をつけるためには西に勢力を拡大せざるを得ないことを痛感し、やむなく自ら追放劇を自作自演し、巧妙に駿河に潜り込んだのではないでしょうか。迎え入れた今川義元は義父の信虎に対してなんら疑念を抱くことがなかったのでしょう。駿河攻略の戦略を練り、今川軍の尾張侵攻(桶狭間)の際には、今川家家臣を予め味方につけて義元討伐の段取りを整え、自身の実績(飯田河原合戦)を引き合いに出して本陣を攻撃する手段を織田方に進言。義元を討ち、武田の駿河侵攻を可能にした。

以上が私の考えですが、信虎追放に関してはどのように考えるのがよいかご教示願います。

武田信虎は武田家家臣団から駿河に追放されたことになっており、ほとんどの文献がこの見解で一致しております。

武田信虎は追放されたのでしょうか。信虎の実績、当時の甲斐の情勢、隣国(今川氏・北条氏)との関係を勘案すると追放されるような人物ではないような気がします。

自分の国の歴史に関することですから、価値ある歴史的資料がないことを理由に考察を放棄するのではなく、考えるべきことは考え、理論整理したく、この度質問いたします。

 甲斐を平定し、信濃侵攻の足がかりを築いた信虎は、...続きを読む

Aベストアンサー

信虎追放後の武田家中に家臣団の足並みの乱れがあった場合、お考えのように信虎の求めに応じて諸国の勢力が甲斐へ侵攻する事はあったかも知れません。しかし、現実には信虎追放後の甲斐国内は乱れませんでした。いくら名分が立つとは言え、この状態では今川にせよ北条にせよ、本格的に甲斐侵攻を行う事は無いでしょう。甲斐国内の国人衆が晴信の下に早期に結束してしまった為、頑強な抵抗を受ける事が目に見えているからです。当時の大名はそのような無理押しの戦を最も嫌います。たとえ勝っても大損害を受けてしまえば、自家の支配力がてき面に低下してしまうからです。現に信虎自身がそれをやろうとして嫡子晴信や多数の家臣に背かれたではありませんか。当時の戦争の基本は、敵地に味方を作り(調略)、敵が弱っている隙につけ込むのが常道であり、この原則を無視した時には信玄ですら大敗しています。
上記のような事を考えると、追放後の信虎に周辺諸国の大名を動かす実力は無かったと断定しても良いでしょう。
さらに言うなら、前線の今川軍から遠く離れた場所にいる信虎が、織田信長に対して適切な情報を提供する事が可能であったとは考えられません。百歩譲って密書が送られたとしても、そんな情報は大雑把過ぎて役に立たないでしょう。常に移動している野戦部隊の位置情報が、後方地域で正確に把握出来るようになったのは、たかだかここ20年位の事に過ぎません。軍事常識からしても貴方が主張される説に実現性はありません。

信虎追放後の武田家中に家臣団の足並みの乱れがあった場合、お考えのように信虎の求めに応じて諸国の勢力が甲斐へ侵攻する事はあったかも知れません。しかし、現実には信虎追放後の甲斐国内は乱れませんでした。いくら名分が立つとは言え、この状態では今川にせよ北条にせよ、本格的に甲斐侵攻を行う事は無いでしょう。甲斐国内の国人衆が晴信の下に早期に結束してしまった為、頑強な抵抗を受ける事が目に見えているからです。当時の大名はそのような無理押しの戦を最も嫌います。たとえ勝っても大損害を受けてし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報