福利厚生で、
社会保険完備って「雇用・厚生・労災・健康」の事ですよね?

たまに、「厚生年金基金」って記載されいえる求人があります。

・「厚生年金基金」ってなんですか?

・あと、今月6月1日は日曜日なんですが、内定をもらった会社は6月1日から入社と言われたんですが、日曜日でも社会保険の手続きできるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

業種が異なれば、まず厚生年金基金は異なった基金になると思います。



一定年数以上(これは、各厚生年金基金によって年数が違います)基金に加入していれば、退職時に一時金で支給を受けるか、新しい就職先の基金から将来付加して受給する年金に加えてもらうか、いずれかを選択できます。
これは転職前の勤務先の厚生年金基金(加入者証に電話などが記されていると思います)に問い合わせされてみてはいかがでしょう。

また手続きの件ですが、通常は事務手続き上、入社当日ではなく、後日役所などに持ち込むことがほとんどです。法律上、資格取得(と言います)した日から5日以内に届出をすればよいことになっています。
また資格取得の日というのは、「初めて業務に従事した日」となっていますので、もし日曜日出社でなければ、会社側はひょっとして入社は6/1扱いで、社会保険の資格取得日は6/2として扱うかもしれません。これはこれで正当な取得日になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/29 01:05

厚生年金基金は、厚生年金に付加的に加入するものです。

大会社などですと、独自の基金を作っていることがありますが、中小企業で基金に加入している場合は、同業者で基金を作っている場合がほとんどです。
年金を受給する場合に、通常の厚生年金に加えて受給することができます。
ただ、近年この基金の掛金運用が、株安・低金利などの影響で利回りが下がり、なかには破綻してしまうケースも聞かれます。

休日には手続きそのものはできませんが、休日を加入日として後日手続きすることになります。

この回答への補足

実は、転職したんですが、その時に前職から”厚生年金基金加入者証”なるものをもらったんですが、これの「注意事項で次の事業主にも提出してください。」と記載されてまして、転職先も「厚生年金基金」が福利厚生としてあるんですが、中小企業なんです。

それで、
>中小企業で基金に加入している場合は、同業者で基金を作っている場合がほとんどです。
ということから判断すると、業種が異なれば厚生年金基金が異なるんでしょうか?

申し訳ありませんが再度ご回答お願い致します。

補足日時:2003/05/27 01:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>休日を加入日として後日手続きすることになります。

遡って手続きできるということですね。

お礼日時:2003/05/27 00:52

社会保険とは「健康保険」「厚生年金」のことをさします。

労働保険(雇用保険・労災保険)は手続窓口もまったく別のもので、通常は社会保険の中には含まれませんよ。

厚生年金金ですが・・・間違っているかもしれないので保留(笑)

日曜日の手続きは不可能ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>厚生年金金ですが・・・間違っているかもしれないので保留(笑)

なんかこの”笑い”が気になるんですが・・・どういう意味があるのでしょうか?

お礼日時:2003/05/27 00:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【厚生年金と厚生年金基金の違い】

会社の給与明細に厚生年金と厚生年金基金として2カ所で控除されています。
この違いがわかりません。
ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

厚生年金は一般にサラリーマンが必ず支払う年金で
厚生年金基金は任意にはらう加算年金です。
加算された分一般の人より多くもらえますし退職時にはすぐに一括でもらうか年金でもらうか選択出来ます。
厚生年金基金に入っているってことはmukoubutiさんの会社は福利厚生がしっかりしていますね。
任意と言っても個人で勝手に辞められないと思います。

Q出向の場合、給与体系・就業規則・福利厚生はどちらに従う?

来月より関連会社に出向となります。

現在は単身赴任で、会社から単身赴任手当や住居補助を受けています。
しかし、出向先にはそのような制度は無く、手当等を打ち切られる可能性があると上司から説明がありました。

私は出向なので今までの会社の就業規則、給与体系、福利厚生を引き続き受けられるものだと思っていました。
出向先の規則に従うのなら「転籍」ではないのかと思うのですが・・・

出向の場合は出向元、出向先のどちらの規則に従うのでしょうか?

Aベストアンサー

この場合契約内容によります

その例
・給料は出向先に順ずる
・給料は出向先に順ずる+不足分は出向元より補填する
・給料は出向先に順ずる福利厚生も出向先に順ずる
・給料は出向先に順ずる+福利厚生は出向元に加入
・給料は出向先に順ずる+不足分は出向元より補填する+福利厚生は出向元に加入

と沢山の事例があります

出向前に協議して決め手下さい

Q厚生年金基金が退職金?

厚生年金基金の掛け金による一時金とは法律上どういう位置づけなのでしょうか?
実は、前に勤めていた会社の退職金規程が知らぬ間に
「厚生年金基金の掛け金による一時金と年金の給付金を退職金とする。」に変わっていたんです。
それで、会社からは退職金が支払われないそうなんです。
労働基準監督署に相談したところ就業規則が変更されているが、変更の手続きが法令違反であるということだそうです。

Aベストアンサー

>厚生年金基金の掛け金による一時金とは法律上どういう位置づけなのでしょうか?
なんと答えてよいのか悩みますが、退職にかかわる一時金とか年金というものは、大きく分けると税制適格なもの(税法上退職金という扱いになり優遇される)と税制適格でないものに別れます。

そして、税制適格な退職金制度を企業が導入する場合には、

1.厚生年金基金を設立又は業界設立の基金に加入して、退職金及び退職年金制度を導入する
厚生年金基金は国の厚生年金部分を取り込み、更に独自の部分を追加するものです。この独自の追加部分が退職金なり退職年金制度ということです。

2.独自の税制適格企業年金制度を導入して退職金及び退職年金制度を導入する。(厚生年金はそのまま国のものを使う)

のどちらかを選択します。
もちろん1番に加えて更に独自、つまり1番をベースとして更に2番も導入するケースもあります。
これは厚生年金基金が自分の会社(グループ企業含む)だけでの設立ではなく業界団体での設立の場合には、それに加えて独自のものを付け加えるということで行うことが多いです。

単純に1番のみの会社も多くあります。

こんな説明で大体ご理解できたでしょうか。

>厚生年金基金の掛け金による一時金とは法律上どういう位置づけなのでしょうか?
なんと答えてよいのか悩みますが、退職にかかわる一時金とか年金というものは、大きく分けると税制適格なもの(税法上退職金という扱いになり優遇される)と税制適格でないものに別れます。

そして、税制適格な退職金制度を企業が導入する場合には、

1.厚生年金基金を設立又は業界設立の基金に加入して、退職金及び退職年金制度を導入する
厚生年金基金は国の厚生年金部分を取り込み、更に独自の部分を追加するものです。...続きを読む

Q時効とは思うのですが・・・・厚生年金基金

平成1年に45歳と3ヶ月で主人が亡くなりました。
大学4年間の国民年金と厚生年金では掛け年数が足りず、厚生年金からから国民年金へのかけ忘れ状態で、社会保険事務所では、私の国民年金は合算できない(婚姻年数が少ない)とのことで、『掛けてないのだから出るわけないじゃないですか!何考えてるの!何も出るものはありません!』と、一喝、けんもほろろ・・・。
一円の年金もいただけず、年金の掛け捨て制を思い知りました。
昨今、年金問題がマスコミをにぎやかせ、さらに知らなかったことまで知ってきましたが・・・・・
あの日以来(社会保険庁で顔から火が出るほど恥ずかしくののしられた日!)主人の年金の袋は開けていませんでしたが・・・・

厚生年金基金をが117ヶ月掛けてありました。
年額219200円と書かれています。
若くして死亡したら、年金同様もらえないのでしょうか?
もう時効だとは思いますが・・・・

Aベストアンサー

>社会保険事務所では230ヶ月・・・と聞いた記憶がありますが・・・
あれれ、、、それなら遺族年金の要件は満たしているはずですが、、、、(ただ当時に高校生以下相当の年齢の子供がいなければ出ませんが)

>今となっては・・・・・ね。
再婚してから5年未満であれば、まだ過去の分の請求権(5年が時効)があります。

Q厚生年金及び基金掛け金(賞与時)の計算のしかた

わかるかた、ぜひ、教えてください。
今、会社の賞与計算の表をエクセルで作成を頼まれてしているのですが。

厚生年金及び基金掛け金の計算で、率は分かっているのですが、計算の答えは切り捨てですか?切り上げですか?

また、非課税賞与額にこの率をかければいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人の賞与から控除する場合の個人負担分の保険料ということで、よろしいでしょうか?

(1)賞与支給額(何も控除していない金額)を1000円未満の端数を切り捨てします。(厚生年金の場合の上限は150万円)

(2)(1)で出した金額に料率をかけます。端数処理は法律通りだと50銭以下切捨て、51銭以上は1円に切り上げです。特約などある場合は、1円未満切捨てなどでも構いません。

<例>
賞与が330,900支給された場合。
(1)330,000
(2)330,000*69.67/1000=22,991.1
注)69.67は厚生年金と基金の料率を足した料率にしました。
なので
答えは22,991円となります。
ちなみに、健康保険料もやり方は同じですが、上限が200万円です。

また、料率がしばらく毎年9月に変わりますので、計算式を変えるのを忘れないようにしてくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報