不動産業(賃貸)に就職しました。
業務は賃貸物件の仲介と家主さんへのフォロー全般です。
なにかありましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

友人が賃貸専門の会社に勤めていて彼に聞いたURLサイトですが参考になりましたら・・・



参考URL:http://sumai.nikkei.co.jp/index.cfm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういうサイトを探していました。顧客や家主さんに対しての営業活動に役立つ情報が満載でとても助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/06 19:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青色申告の65万円控除について、私は不動産賃貸業をしています。賃貸業の

青色申告の65万円控除について、私は不動産賃貸業をしています。賃貸業の年収は650万円ほどあります。私はこの賃貸業だけで生活をしていますので、社会的常識からすると事業を営んでい訳なので、65万円控除も受けられると思っていますし、申告は税理士に任せていますが、税理士からも何の指摘もありません。ところが、2年前に税務署が来て、賃貸物件が5棟10室ないと、65万円の控除は受けられない、と言うのです。5棟10室、もしくは社会的常識から見て、その賃貸業で生計を立てていたら、事業としてみなされる。と税務署員が見せてくれた書面に書かれていたので、5棟10室はないけれど、事業として生計を立てている。と言うと、「納得がいかないのなら」65万円の控除は、このままでいい、と言われたので、それでいいのか、と思っていたら、昨日、別の税務署員が来て、判例を見せて、65万円控除は受けられない、言うのです。税務署員によって言うことが違います。こんな場合、どうすればいいのでしょう?

Aベストアンサー

この問題は、収入金額の問題ではなく、所得の区分の問題です。
不動産所得か事業所得かの問題です。
国税庁のタックスアンサーでは5棟10室は「おおむね」という言い方をしてぼかしてます。
つまり「あいまい性がある」のです。
確認したい点として「個人事業の開始届け」は提出してあるでしょうか。
提出していれば「私は事業として不動産貸付をしてると税務署に届け出てる。それを事業所得ではないので、青色申告の65万円控除が受けられないというなら、そちらの指導に遅滞があると思う。今までの分はしょうがないが、来年から65万円控除は認めないので、そういう申告書を作成してくださいという態度に出るのが良くないか」と税務署調査官に言いましょう。
同時に「過去に、納得がいかないならこのままでよい」と調査官に言われた点を強調しましょう。

ところで、昨日調査官がきて65万円控除は受けられないと言い出したのはわかりますが、それでどうしろと言い出してるのでしょうか。過去3年分の修正申告書を出せとでも言ってるのでしょうか。
こんなときこそ、税理士に相談すべきです。
「何の指摘もなかった」と、ネットで述べててもしょうがありませんよ。

税理士が事業所得だと思ったから65万円控除していたという主張と、税務当局のいう不動産所得であるという主張を闘わせて結果を得るしかないでしょう。

不動産所得なのか事業所得なのかで判例があるのは、つまり争いがあるということです。
専門家の間でも異論のあるところです。
「私は事業として不動産の貸付をしてる」と主張をすることです。その上で、
専門家である税理士に「ちゃんと結論付けてくれ」と請求し、税理士が事業所得だとしてたのが誤りだとしたら、本税額はしょうがないですが、加算税と延滞税を税理士に負担してもらいましょう。
「誤った指導による損害賠償額を請求する」わけです。

この問題は、収入金額の問題ではなく、所得の区分の問題です。
不動産所得か事業所得かの問題です。
国税庁のタックスアンサーでは5棟10室は「おおむね」という言い方をしてぼかしてます。
つまり「あいまい性がある」のです。
確認したい点として「個人事業の開始届け」は提出してあるでしょうか。
提出していれば「私は事業として不動産貸付をしてると税務署に届け出てる。それを事業所得ではないので、青色申告の65万円控除が受けられないというなら、そちらの指導に遅滞があると思う。今までの分はしょう...続きを読む

Q不動産賃貸業・管理業の会社に就職

宅建の資格を持っているので、関連した企業に就職しようと思い求人を探していました。
そして、見つけた求人には「不動産賃貸業・管理業、事務、勤務時間 10:00~17:00※残業一切ナシ」と記載されていました。
不動産業界はとても残業が多いと聞いていたので驚きとともに、少し不安になりました。
会社のHPがないのも気になります。
不動産で残業が全くないというところもあるのでしょうか?
あと、休日が土日祝日ということは顧客は企業ということでいいのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

残業一切無し=残業手当が一切無しの間違いかもしれません。
それはともかく 会社の立地にもよります。都心なりで企業相手にビルのフロア・部屋の賃貸や管理を行っている会社なら 書かれている内容でもおかしくはありません。
他方、個人客相手の会社なら 5時に終わって 土日祝休みでは商売になりません、お客さん勤めが終わってから ないしは休みの日に来店しますから。
また、不動産業界でも 半デベロッパー すなわち地主にアパートを建てさせ、賃貸・管理を請け負う会社(○○建託等)の勤務は それなりのノルマや 地主相手の飛び込み営業もあり 勤務条件が厳しいです。

Q競売物件、任意売却物件を入手して不動産賃貸業を開業

競売物件、任意売却物件を入手して不動産賃貸業を開業したいと考えている者です。現在、宅建の資格は有しておりますが、実務経験が全くありません。将来的に独立開業するためには、その前にどちらで実務経験を積んだり、あるいは他の資格を取るなりすれば効果があるでしょうか?
私は、出来るだけ早く独立開業したいと思っております。
業界に明るい方のご回答お願い致します。

Aベストアンサー

1の方の内容と返答を読んで

でしたら まず 競売代行をやっているような会社
通称「競売屋」に入れば実務関係は覚えられます
が・・・
非常にキツイ仕事ですよ
実務はそんなに難しくはありませんが
「感覚」と「人脈」と「精神力」が必要です

物件がいいものなのかどうかの「感覚」
任売や商売になりそうな物件を仕入れる「人脈」
おじいちゃんをアパートから追い出しても平気な「精神力」
まあ 精神力に関しては大げさかもしれませんが
入る会社によってはそれぐらい平気でやるところもあります

資格というよりは 不動産業の開業には
宅建業の免許が必要ですと
1の方も書いていますが
保証金の供託も300万から
紹介者も必要だったりします

あとは覚悟ですかね
不動産業で身を立てる 飯を食うという覚悟
その覚悟次第だと思います
けっこう海千山千の魑魅魍魎の世界です
騙し騙されもあります
不動産業の場合 被害を受けた場合の金額が大きいので大変なんです
その覚悟があるのなら まずは 商売をしたい地域の
競売代行をやってる業者に入るのがいいんじゃないでしょうか

1の方の内容と返答を読んで

でしたら まず 競売代行をやっているような会社
通称「競売屋」に入れば実務関係は覚えられます
が・・・
非常にキツイ仕事ですよ
実務はそんなに難しくはありませんが
「感覚」と「人脈」と「精神力」が必要です

物件がいいものなのかどうかの「感覚」
任売や商売になりそうな物件を仕入れる「人脈」
おじいちゃんをアパートから追い出しても平気な「精神力」
まあ 精神力に関しては大げさかもしれませんが
入る会社によってはそれぐらい平気でやるところもあります
...続きを読む

Q大家さん(不動産賃貸業)ってどんなイメージありますか?

大家さん(不動産賃貸業)ってどんなイメージありますか?

アパートやマンションを何部屋ももっていて
家賃収入だけで生活してる場合です。
また住宅ローンがない場合です。
家賃の回収も業者に手数料を払いお願いしてる場合です。

ある人が「ロクに働きもしないで収入を得てる人」って言ってたんですが
世間の人はどう思ってるんでしょう?

でも、実際そういう人を知ってますが、すごく質素で地道な生活してます。
しかも何か悩みごとでもあるんだろうかって雰囲気なんです。

人によっていろんなイメージがあるらしいんです。

___________________
下記のうちから回答ください。
複数回答可です。

アンケート形式になってますが
アンケートカテは未成年が多いみたいでこのようなことを聞いても
理解できないと思いますのでこちらのカテで質問させていただきました。

(1)安定した収入があってうらやましいだと思う。

(2)お金持ちでグウタラと生活してると思う。

(3)他の職業にくらべて暇な時間が多いと思う。

(4)アパートやマンションの部屋も年々老朽化して
修理費がかかり、今はよくても将来的には収入が減って不安や悩みも
あると思う。

(5)今ある物件や土地をもっと有効活用して事業拡大したほうがいいと思う。

(6)今ある物件や土地をもっと有効活用して事業拡大しても
深刻な不景気なのでヘタに失敗して借金をかかえたら困ると考えてると思う。

(7)色々な事情があってそういう生活になったのだと思う。

(8)高齢者に多いと思う。

(9)堅実な人も多いと思う。

(10)若い人が相続でもらったと思う。

(11)若くて収入があってもその人が男性の場合大家さんが職業では
結婚してくれる女性がいないと思う。
(サラリーマンとかにくらべて仕事してないイメージがあるので)

(12)若くて収入があってもその人が男性の場合大家さんが職業では
結婚した女性は色々仕事の手伝いをさせられて大変だと思う。
(自宅=職場ってイメージがあるので)

(10)その他、なんでもお気軽にお書きください。

大家さん(不動産賃貸業)ってどんなイメージありますか?

アパートやマンションを何部屋ももっていて
家賃収入だけで生活してる場合です。
また住宅ローンがない場合です。
家賃の回収も業者に手数料を払いお願いしてる場合です。

ある人が「ロクに働きもしないで収入を得てる人」って言ってたんですが
世間の人はどう思ってるんでしょう?

でも、実際そういう人を知ってますが、すごく質素で地道な生活してます。
しかも何か悩みごとでもあるんだろうかって雰囲気なんです。

人によっていろんなイメージがあ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)安定した収入があってうらやましいだと思う。
 安定しているとは到底思えません。
 賃貸相場は確実とは思えません。

(2)お金持ちでグウタラと生活してると思う。
 お金持ちではありませんが、余計にお金を使わないピリピリした生活だと思います。

(3)他の職業にくらべて暇な時間が多いと思う。
 思います

(4)アパートやマンションの部屋も年々老朽化して
修理費がかかり、今はよくても将来的には収入が減って不安や悩みも
あると思う。
 それはそうでしょう。立て替える頃には借り入れもできないでしょうし。
 土地価も保証ないでしょうし。

(5)今ある物件や土地をもっと有効活用して事業拡大したほうがいいと思う。
 有効活用なんてあるなら聞きたいですね。
 活用する企業だけが得する話が多すぎるのでは?

(6)今ある物件や土地をもっと有効活用して事業拡大しても
  深刻な不景気なのでヘタに失敗して借金をかかえたら困ると考えてると思う。

 借金を抱えなくとも、長い目で言いなりになるようなプランもある。
 結局同じ。事業としてはあまりと考えているのでは。

(7)色々な事情があってそういう生活になったのだと思う。

 事情なんかないでしょう。収益物件として利率を考えてのことでしょうし、
 単なる商売の一つです。

(8)高齢者に多いと思う。

 そうとは思わない。

(9)堅実な人も多いと思う。

 堅実でないとマンション・アパートなんて持たないでしょう。

(10)若い人が相続でもらったと思う。

 どこからその考えが?

(11)若くて収入があってもその人が男性の場合大家さんが職業では
結婚してくれる女性がいないと思う。
(サラリーマンとかにくらべて仕事してないイメージがあるので)

 どこからその考えが?いない、というのは0の事ですが。
 いるんじゃないですか?そういう収益系が好きな女性も。

(12)若くて収入があってもその人が男性の場合大家さんが職業では
結婚した女性は色々仕事の手伝いをさせられて大変だと思う。
(自宅=職場ってイメージがあるので)

 自営業=夫婦で仕事は当然でしょう。それが手伝えない女性は無理。

(10)その他、なんでもお気軽にお書きください。

 この質問をしている意図がさっぱり見えません。
 質問者さんがなにかに悩んでいるのか、それとも商売か。
 それとも?

 ロクに働きもせず~、なんてのは単なる「やっかみ」でしょう。
 知恵と想像力と工夫で収入を得ているんですから、なんら後ろめたくないですし、
 堅実さがないとできない商売ですよ。収益物件のコントロールは。

 はい。

(1)安定した収入があってうらやましいだと思う。
 安定しているとは到底思えません。
 賃貸相場は確実とは思えません。

(2)お金持ちでグウタラと生活してると思う。
 お金持ちではありませんが、余計にお金を使わないピリピリした生活だと思います。

(3)他の職業にくらべて暇な時間が多いと思う。
 思います

(4)アパートやマンションの部屋も年々老朽化して
修理費がかかり、今はよくても将来的には収入が減って不安や悩みも
あると思う。
 それはそうでしょう。立て替える頃には借り入れもできないでしょ...続きを読む

Q個人事業の不動産賃貸業に関する減価償却について

個人事業で不動産賃貸業(青色申告、青色申告特別控除額:10万円)を営んでいます。

平成23年度に建物に付随する工事を行いました。償却期間(耐用年数)は27年になります。

しかし、本体の建物自体が27年も経つ以前に老朽化のため取り壊しになる可能性が高く、さらに今後27年も不動産賃貸業を続けていく予定はありません。

そこで質問ですが、
1.建物を取り壊したとき、その時点で償却し切れなかった残存高を一括で全額償却して損金処理できるのでしょうか?

2.不動産賃貸業を廃業した場合、その時点で償却し切れなかった残存高を一括で全額償却して損金処理できるのでしょうか?

国税庁のホームページを読んでもよくわかりませんでした。
どなたかこの点に詳しい方、ご教示願います。

Aベストアンサー

1 可能
2 不可能
 継続企業の公準があります。
 企業はとにかく継続をするということを前提として会計処理をするということです。
 今回の減価償却を例にあげます。
「わが社は、5年で清算をし、廃業をする。資産は5年で償却するので、耐用年数をすべて5年を採用したい」
というのは「あかん」ということです。
会計処理の問題ですが、特に「2」は会計公準にあります。
ネットで検索すればすぐみつかりますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報