化粧品のカウンセラーなどから、リポソームというとってもお肌に良い成分が
入ってるの。でも薬事法により表示はできないんだけと・・・って聞きました。
リポソームって何でしょう?HPなどで検索すると、リン脂質の会合状態とか
って載ってるのもあって、成分ではなく、状態のことなのかなーとも思うし・・・
でも、HPに載ってるのは、難しすぎて素人の私にはなんだか良く分かりません。
どなたか、分かりやすく教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

リポソームって分かりやすく言うとなんでしょう?という質問については、


ご自身やみなさんが書いている通りで、リン脂質が、球形のカプセル状に会合した(集合した)状態のものです。

カプセルの中には水が入りますので、水にとけやすいビタミンCを入れたり、
カプセル自体が水にも油にもなじみやすいリン脂質でできていますので、油になじみやすいビタミンEをカプセル自体に埋めてしまうことで、ビタミンEを水にもなじみやすくして、利用できます。

「ただ、リポソーム自体の成分がリン脂質になりますので、化粧品の成分としては、リポソームではなくて、リン脂質の名前しか表示できないのだと思います。」

参考URL:http://www.nof.co.jp/business/dds/extrasome/con0 … http://www.nof.co.jp/business/dds/extrasome/con0 …
    • good
    • 0

リポソームとは レシチンなどのリン脂質を水中に溶かして、脂質二分子からなる閉鎖した小さな袋を形成したものです。



リポソームは その調整法によって、水に溶ける物質を水の層の中に、油に溶ける物質を油の層の中に 閉じ込めることができます。

現在リポソームの効果が 抗がん剤やインスリンなどで、実験的に認められているそうです。

なので、化粧品では表示はできないのではないでしょうか?
    • good
    • 0

stomachmanさんのがせいかいですが以下も参考にしてください。


リポソーム
細胞膜に似た親油性の膜で作った小粒子。肌に浸透しにくい親水性成分を浸透しやすくするためにこの粒子に包み込む。
細胞膜成分であるレシチンなどで作られる。
http://www.swarnu.co.jp/genryou.htm#ra
liposome
http://nagoya.cool.ne.jp/ketora/newpage17.htm
のようにリポソーム自体はリン脂質でできているマイクロカプセルのようなもので、その中に、肌に有効な成分例えばビタミンAやCなどをいれ、より浸透し易く(細胞膜と同じ成分なので)したものといわれる。
 しかし、皮膚の最上部の角質化層での効果を疑問視するものも見受けられます。
化粧品・リポソームで検索すれば いろいろヒットします。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「リポゾームとは?」
化粧品ということで恐らく「リポゾーム」と思います。

因みに「リボゾーム」に関しては、
http://www.alpha-line.co.jp/ffc/2/11.html
(新しい化粧品としての「高分子多糖体」)

どのような化粧品に関する質問なのでしょうか?

補足御願いします。

参考URL:http://www.senpin.com/shop/bc1/bc1_expl/rm_rpzm. …
    • good
    • 0

ご質問はliposomeと書いていらっしゃるようですが、dragon-2さんの仰るとおり、ribosomeかliposomeかで天地の違いですよね。



liposomeちゅうのは人工的に作られる、燐脂質2分子膜で出来た微小な袋です。油脂の分子が棒状をしていて、その一端が親水性、他端が疎水性。この分子2つが疎水性の端同士でくっついてできた棒状のものがびっしりと並んで、(棒は膜に垂直方向です。イメージ湧きましたか?)膜を作っている。そういう袋です。
 材料を適当に混ぜて超音波かなんかで思い切り撹拌し、粒の大きさをそろえるためにふるいに掛ければ出来ちまうので、たいして難しいものじゃありません。そしてこれ自体がどうという効能を持っているわけでもない。
 このliposomeは中にいろんな薬を入れるカプセルとして利用されます。動物の細胞膜も基本的にはliposomeと同じ構造をしていますので、投与すると細胞がliposomeを細胞膜に融合する。その際に、中身が細胞内に取り込まれるわけです。liposomeは薬を皮膚に塗りつけたり注射したときに成分が分解してしまわないための保護の役目をしているんですね。制ガン剤とか酵素などを投与するのに使われることがあります。

というわけで、liposomeは単なるカプセル。その中に何が入っているかこそが問題です。

 たとえば、紫外線に極端に弱くて、ちょっとでも日焼けすると皮膚癌を生じてしまう、という病気があります。患者さんは可哀想に、宇宙服みたいなのを着ないと外出できません。家の中でも徹底的に遮光しなくちゃいけない。これは紫外線で傷がついたDNAを修復するための酵素(T4 endonuclease V)が欠けているからなんです。最近になって、liposomeの中にこの酵素を詰め込んだ乳液が開発され、効果を上げているようです。もちろん紫外線の浴びすぎによって皮膚癌が発生するのはこの病気に限ったことではないから、「日焼けしちゃったら酵素クリームを塗りましょう」ってことになるのかも知れません。
    • good
    • 1

 リボソーム ribosome ですね。

細胞小器官のひとつ。(細胞内にはいろいろな働きをする小さな器官があります。ミトコンドリアやゴルジ体など)リボソームRNAとタンパク質からなる雪だるま型の粒子。タンパク質を合成する場所。なんですが、遠心分離によって、細胞成分を分離することが出来ます。このことでしょうか。
 それとも リポソーム liposome でしょうか。人工リン脂質小胞
「ポ」の文字が「po」か「bo」か画面上で見分けが付きません。
 補足お願いします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QリボソームRNA遺伝子の活用

遺伝学で、すべての生物種にわたって比較できる相同遺伝子としてリボソームRNA遺伝子があげられているのですが、それはすべての生物種がリボソームを持っているということなのでしょうか。ほかの細胞小器官の遺伝子ではだめなのでしょうか。

Aベストアンサー

リボソームは全ての原核・真核生物問わずに持っています。
真核生物の系統解析ではミトコンドリアDNAもよく比較に使われますね。

まだ、rRNAとmtDNAの比較がメインですが、
配列の変化速度は遺伝子によって異なるので、
いずれ、どの生物種をどれぐらいの年代間で比較したいかによって、
色々な遺伝子の配列が比較可能ですよ。

Qリン脂質を分解する酵素は?

リン脂質を分解する酵素はなんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ホスホリパーゼと総称されます。
切る場所によってA1,A2,B,C,Dがあります。

Q原核生物と真核生物のリボソームについてなんですけど・・・

真核生物のリボソームは60Sサブユニットと40Sサブユニットで80Sリボソームに、原核生物のリボソームは50Sサブユニットと30Sサブユニットで70Sリボソームになる。と教科書的にはそのように書いているんですが、なぜ「60Sと40Sで80S」「50Sと30Sで70S」になるんでしょうか?単純計算だと数字が合わないと思うんですが・・・。知識をお持ちの方お返事お待ちしております。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

分離はショ糖溶液等を利用した密度勾配遠心法で分離します。密度勾配遠心法は下記URLで

○密度勾配遠心法
http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/methods/gradcnt/default.htm

それを沈降係数(単位はSvedberg unit)で現します。分子量・分子形状などによって決まります。詳しくは知りません。分子量と相関はありますが,一種の沈降時間の単位ですから単純に足したり引いたりは出来無い単位と思いますが…。

素人ですが参考になりましたなら…

Qリン脂質の構造について

フォスファチジルセリン、コリン、エタロラミン、vinositol の構造がわかったらおしえてください(>_<)

Aベストアンサー

フォスファチジルセリン・コリン・エタノールアミンについてはハーパー生化学など、代表的な生化学の教科書に構造が載っていたと思います。
頑張ってくださいね。

Qリボソームは生体膜でできているのですか?

大学受験生です。
参考書に「核・ミトコンドリア・葉緑体・細胞膜・ゴルジ体・小胞体・リソソーム・液胞は、よく似た構造の膜でできており、これらの膜を生体膜という」と書いてありましたが、リボソームは生体膜でできてないのでしょうか?
細胞小器官のなかで、リボソームだけ書いてなかったので、どうなのかなと思いました。(中心体は膜ではできてないので不思議には思いませんでしたが)
教えてください。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。

>要するに膜状でもないので、生体膜ではできていないということですよね?

そのとおりです。

Q極性脂質、中性脂質、フロックとは?

こんにちは、質問があります。
極性脂質と中性脂質とは何か教えていただきたいのです。
あと、微生物の分野で「フロック」とは何でしょうか?
文献の中に『活性汚泥は直径200μm~1000μmの、主として細菌が凝集してできた不定形のフロックで…』という一文があったのですが、フロックとは何かイマイチ分かりません。
基本的な質問で申し訳ないですが、近くの図書館などで解決できませんでしたので、ご協力の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「フロック」に関して、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「糞尿処理に使われる用語」
ここで「活性汚泥」・「フロック」が参考になります。
●http://www3.justnet.ne.jp/~kkikuike/NW2/13filtration.htm
(濾過の基本:薬品沈澱池)
●http://www.jpo.go.jp/ryutu/map/ippan08/2/2-3-1.htm
(パテントマップ:高分子凝集剤による処理)

◎http://homepage2.nifty.com/zonbi/sisitsu.html
(生体中の脂質の構造について)
●http://www.jssp.co.jp/f_biochem_exptl/seika_24.html
(植物脂質代謝実験法)

ご参考まで。

参考URL:http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/fukyu/kit/qa/11.htm

Q生物の質問です。 バクテリア タンパク質 リボソーム ウイルス ミトコンドリア 大きさの順

生物の質問です。


バクテリア タンパク質 リボソーム ウイルス ミトコンドリア


大きさの順番はどうなりますか?

わかる方ご回答宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

バクテリア > ミトコンドリア > リボソーム > ウイルス > タンパク質

かな?

Qスフィンゴ「ミエ」リンとスフィンゴ「エミ」リンの違い

手元に書籍がないのでネットでスフィンゴミエリンについて調べていた所,スフィンゴ「エミ」リンという言葉もヒットしました.
スフィンゴミエリンと言葉は似ていますが,両者は同じものなのでしょうか.

Aベストアンサー

スフィンゴ「ミエ」リン、↓(日、英wiki) googleによる和文概数12000件、英文574万件。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%9F%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%B3
http://en.wikipedia.org/wiki/Sphingomyelin
スフィンゴ「エミ」リン、googleヒット数92件(実際には24件、他はこれに含まれる)
この中に「エミ」じゃないと書いてあるサイトがちゃんとある。特許が二つ。
Sphingo「emy」lin、googleにてヒット無し「Sphingomyelinじゃないの?」と指示される、 Sphingo「emi」lin、ヒットもないし、助言もない。

QリボソームRNAについて

真核生物のリボソームRNAでは、小サブユニット(40s)に18srRNA遺伝子、大サブユニット(60s)には28s・5.8s・5sRNA遺伝子があるそうです。ところが論文を読んでいたら、Large Ribosomal Subunit(16s),Small Ribosomal Subunit(12s)と書かれていました。これはどのように理解すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

お門違いのアドバイスだったようで申し訳ありません。論文の内容も解りませんが,私は以下のことは承知しているのかなと思ったわけです。まさか院生とは思わずにキーをたたいてしまいました。

すべての真核生物のミトコンドリアは,独自のDNAを持ちます。そのDNAから合成されたrRNA(リボソーム)も独自のものです。

そのrRNAのサブユニットは小ユニット12s,大ユニット16sから成り立っています。ですからミトコンドリアDNA由来のrRNAと考えられないのでしょうか。

真核生物の核のDNAには,ミトコンドリア由来のDNAも多く含まれています。また,ミトコンドリアDNAに由来する病気も知られているようです。

どんな研究をなさっているのか知りませんが,院生なら回答などしなかったものをと反省しています。

研究にお励み下さい。

Qリポフェクトアミンとリポソームの違い?

現在、遺伝子導入試薬でリポフェクトアミンを用いていますが、これってカチオニックのリポソームと何が違うのでしょうか?構造、電荷などでしょうか?色々考えましたが、分からずじまいです。どなたか教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

リポフェクトアミンはインビトロジェン社の商品名です。
おそらくカチオニックなリポソームの一種ではあるでしょうが、
カチオニック・リポソームは一般名なので様々な構造の物質の
総称で、同一ではありません。
まあ、コカコーラと炭酸飲料の違いみたいなものでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報