あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

ハワイに観光ビザで入国しました。
付き合っていた彼が、『結婚しよう』と突然言ってくれて、OKしました。そして、
『婚姻届をすぐに出そう』
と言われました。
もちろんOKなのですが、観光ビザで入って結婚する場合、何かと問題があるとも聞いたことがあり、ちょっと心配です。
どんな問題があるのか、具体的にあれば教えてください。

彼が44歳で子供はなるべく早く欲しいと言っており、
私の健康保険を早く完備するために、フィアンセビザを取るより、今回先に婚姻した方が手続きが早くできるからという理由です。

1両日中に彼にどうするのがいいか答えたいと思っています。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

観光ビサと書いておられますが、日本国民がアメリカの観光ビサを申請するの事は、非常に稀なので、Visa Waiver Program を前提にご説明します。



VWPでアメリカに入国して、アメリカ市民と結婚すること自体は問題ありません。
ただ、そこからグリーンカードを申請する事にはリスクが伴います。
観光目的と称してアメリカに入国したが、実は入国以前から結婚する意志があったとみなされる可能性があるのです。
つまり、「観光目的といつわり、結婚の為にアメリカ入国の上、永住権(グリーンカード)を申請した。永住目的であるにもかかわらず、観光と偽り、アメリカに移民。それは認められない。」と。
そうなった場合は国外退去となります。
国外退去になると、5年、10年と言った単位でアメリカ入国禁止になります。
入国禁止事項をリフトする為には、弁護士を雇って、長い時間とお金をかけることになります。
普通に結婚ベースでグリーンカード取得するには、弁護士を雇わなくても、自力でも充分可能です。

ただしVWPで入国して、無事グリーンカードへステイタスチェンジできる人も結構いるのです。
もちろん、国外退去になってヒドい目に会っている人も、いますが。
ですから、リスクの大きな賭けだと考えて頂ければ、結構です。

いずれにしてもアメリカ人は、移民弁護士でもない限り、USCIS関連の知識はまったくありませんし、訳も無く楽天的に捉えています。
ビサや永住権取得には、ご自分でのリサーチ能力と細心の注意だけがものを言います。
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変大変遅くなり、申し訳ございませんでした。また、大変丁寧なご回答を頂き、本当にありがとうございました!
VWPで入国の後に結婚する問題点は、GC申請にあったのですね。
他のサイトで『問題ある』と記載されていたのですが具体的にわからず、彼にも説明できずに困ってました。結局、移民局へ直接行って聞いて見たら、『今すぐ結婚しても問題ないわよ、お好きにどうぞ』と言われてしまって、余計なんだかわからなくなりました。。。でもGC時と教えて頂き目からウロコでした!90日ステイ問題もあり、結局予定通り一時帰国、フィアンセビザを持って入国することにしました。本当にどうもありがとうございました!

お礼日時:2010/03/30 06:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QESTAで入国後、結婚ってなった場合。

アメリカに彼氏(アメリカ人)がいるのですが、ビザなしのESTAで米国入国後、もし結婚ってなった場合、手続きはアメリカでできるのですか。それとも一度日本に戻り、Kビザを取得する必要があるのでしょうか。将来は、アメリカに住もうと思います。

Aベストアンサー

ESTAで入国した場合、九十日アメリカ国内に滞在できます。

アメリカで結婚しようとした場合、州により条件は変わりますが、結婚前にMarriage Licenseを取得する必要があります。この場合、アメリカの市民権がなければ、永住権を証明するグリーン・カードが必要になります。エスタではライセンスは取れません。

http://weddings.about.com/od/getorganized/a/MarriageLicense.htm

結婚して、移民しようと考えておられるなら、

1)彼に日本に来てもらって、日本で結婚をして、アメリカの移民手続きを始める。

http://japan.usembassy.gov/e/acs/tacs-7114a.html

2)貴女が日本にいるうちに、彼にアメリカでフィアンセビザの申請をしてもらい、貴女がアメリカに渡り、結婚をしてから、永住権取得の申請をする。

のどちらかになります。

移民手続き(例えば永住権取得)は、六ヶ月はみておいたほうが良いし、その間は国外に出ることもなく、ひたすら移民局のお呼びを待つ毎日です。

以下、USCISのK-1ビザのウェブサイトです。

http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=640a3e4d77d73210VgnVCM100000082ca60aRCRD&vgnextchannel=640a3e4d77d73210VgnVCM100000082ca60aRCRD

いずれにせよ、大変なエネルギーと、ペーパーワークが必要になります。

将来、アメリカに住むのでしたら、絶対に移民局とトラブルを起こさないこと、犯罪歴をつくらないこと、きちんと(アメリカで)税金を払い続けることが必須ですので、気をつけてください。

健闘をお祈りします。

ESTAで入国した場合、九十日アメリカ国内に滞在できます。

アメリカで結婚しようとした場合、州により条件は変わりますが、結婚前にMarriage Licenseを取得する必要があります。この場合、アメリカの市民権がなければ、永住権を証明するグリーン・カードが必要になります。エスタではライセンスは取れません。

http://weddings.about.com/od/getorganized/a/MarriageLicense.htm

結婚して、移民しようと考えておられるなら、

1)彼に日本に来てもらって、日本で結婚をして、アメリカの移民手...続きを読む

Qグリーンカード申請について<国際結婚>

長文になります。

仕事で日本に在住していたアメリカ人と4月に日本で入籍しました。
彼はその後帰国、私は仕事の都合もあり10月にアメリカ移住の予定で配偶者ビザの申請に取り掛かりました。今月初めにI-130は認可(USCISのサイトで確認)、I-797がアメリカの自宅に送付されてきています。

私は現在、ESTAでアメリカに来ています。アメリカの夫に会いに来たと言って、難なく入国できました。12月半ばに一旦帰国し、その後日本で健康診断と大使館面接を受け、再渡米する予定でした。I-130が認可された後の手続きはそれでいいと思っていたからです。年明けくらいに再渡米できるつもりでいたのですが、この認識は間違っていたのでしょうか。
1.ESTAで入国するとステータスチェンジはできない→90日を過ぎればオーバーステイ→リミットまでに日本への帰国が必ず必要
2.日本で手続きを進めたほうが、早い、簡単、安い
ということは、ネット等で情報を得ています。

問題はここからです。
夫の友人の勧めで、こちらで移民をサポートしている事務所に今後の手続きや書類について相談に行ったところ、日本に帰らずしてこちらで手続きができると言われました。(たしかにそれはできるようです。日本の移民専門の法律事務所に確認したところ、うちの事務所ではそのやり方について何もお話できないけれど、ということでしたが違法なのでしょうか?)
さらに上記の1、2について聞いたところ、I-130認可されているから厳密にはオーバーステイにはならない(厳密にはって???)、手続きにかかる手間・時間・費用は同じとの回答(これは日本のサイトでは一切見受けられない)。むしろ、日本からの方が時間がかかるとか。半年から1年はアメリカに再入国できない、このままこちらに滞在し、手続きを進めれば3ヶ月くらいで終わるよと。

私が心配なのはオーバーステイになることです。ずっと以前にたった数日オーバーステイして今なお苦労している友人がいるからです。
夫は私の一時帰国には否定的です。ほかにも何人かの弁護士に聞いたが、全員が全員日本に帰る必要はないと言っていると。
とりあえず、帰国しない方向で書類の準備等始めました。
(I-693(予防接種も済)、I-485、I-325A、I-131、I-765、I864、ほか納税証明など)
とはいえ、念のため12月の帰路のエアチケットのキャンセルはしておらず、また最悪はESTAのリミットギリギリで帰国することも考えています。

いろいろ書きましたが、日本で婚姻後グリーンカード取得された方、もしくはそういう方をご存知の方よりアドバイスいただけると助かります。
特にI-130認可後の日本での手続きについて、また在米のまま手続きを進めることについて、ご助言いただきたく思います。
よろしくお願いいたします。

長文になります。

仕事で日本に在住していたアメリカ人と4月に日本で入籍しました。
彼はその後帰国、私は仕事の都合もあり10月にアメリカ移住の予定で配偶者ビザの申請に取り掛かりました。今月初めにI-130は認可(USCISのサイトで確認)、I-797がアメリカの自宅に送付されてきています。

私は現在、ESTAでアメリカに来ています。アメリカの夫に会いに来たと言って、難なく入国できました。12月半ばに一旦帰国し、その後日本で健康診断と大使館面接を受け、再渡米する予定でした。I-130が認可された後の手...続きを読む

Aベストアンサー

>夫の友人の勧めで、こちらで移民をサポートしている事務所に今後の手続きや書類について相談に行ったところ、
>日本に帰らずしてこちらで手続きができると言われました。(たしかにそれはできるようです。日本の移民専門の法律事務所
>に確認したところ、うちの事務所ではそのやり方について何もお話できないけれど、ということでしたが違法なのでしょうか?)
ESTA(VisaWaiver)では、ステイタス変更はできませんが、米国市民との結婚により永住権を申請する場合に限りI485を申請して出国することなくグリーンカードを取得できることになっています。じゃあそれが認められているから大っぴらにやっていいのかというと、ESTAの性格上本来はそのような手段はとるべきではないという素性のものです。この規則はあなたのためにあるものではなく、米国市民である配偶者の便宜のためにやむなく認められているというもので、認められていても堂々と胸を張ってするような手続きではないということをまず覚えておいてください。

>さらに上記の1、2について聞いたところ、I-130認可されているから厳密にはオーバーステイにはならない(厳密にはって???)、
これは間違いです。まずI-130は滞在ステイタスを保証しません。そもそもESTAで入国した以上滞在ステイタスはESTAに準じますから、I-130が認められていること自体は滞在ステイタスとしては何の効果もありません。合法的な滞在ステイタスが発生するのは、I-485を申請した後です。ですから、ESTAの期限が切れる前にI-485を申請できれば、オーバーステイにはなりませんし、仮にオーバーステイになったとしても、米国市民の配偶者としてI-485を申請する場合はオーバーステイをしていてもそれを理由にI-485が却下されることはありませんから、手続き上はなんの問題もありません。

問題があるとすると、倫理的なものです。一つは本来帰国することを前提としてESTAで入国したのに、やむにやまれぬ理由がないのにもかかわらずそのままI-485を申請してしまうことですが、本来そういうやりかたをすべきでないとは言え法律で認められていることなのでまあいいでしょう。
もう一つはESTAに関することです。アメリカ政府は、旅行者のオーバーステイについて国ごとに記録を取っています。ビザなしで渡米できる国の国民は、統計的にオーバーステイをする可能性が低いとして、ESTAのようなビザなし渡米が認められているわけですが、ESTAからI-485を申請すれば、日本人はESTAで入国しても帰国しない、つまりESTAで入国させるにはリスクのある国民だということなってしまいます。今回の一件で、どうこうなるとは思いませんが、こういうことが続くと日米間のビザなし渡航が認められなくなることもあり得るので、そういうことに加担してしまうかもしれないということは覚えておいてください。

>夫の友人の勧めで、こちらで移民をサポートしている事務所に今後の手続きや書類について相談に行ったところ、
>日本に帰らずしてこちらで手続きができると言われました。(たしかにそれはできるようです。日本の移民専門の法律事務所
>に確認したところ、うちの事務所ではそのやり方について何もお話できないけれど、ということでしたが違法なのでしょうか?)
ESTA(VisaWaiver)では、ステイタス変更はできませんが、米国市民との結婚により永住権を申請する場合に限りI485を申請して出国することなくグリーン...続きを読む

Qアメリカ人と日本で結婚

私は、現在ビザなしでアメリカ人の彼に会いに、アメリカにきています。
彼とアメリカで結婚を考えていましたが、弁護士に相談したところ、ビザなしで滞在できる期間が
あと10日間しかないため、難しいとのことでした。できないことはないが、健康診断を受けるのに
すぐに予約できるかが鍵とのこと。これでオーバーステイとなれば、アメリカに当分戻れないと思い
今回は見送りに。

ということで、現在彼と話し合っているのは、彼に日本にきてもらって日本で、結婚手続きし、
移民ビザを申請し、最終的にはアメリカに滞在するという計画。

そこでいくつか分からない点があります。

1、アメリカ人の彼は、日本に絶対来ないと手続きはできないのでしょうか。来日しないといけないのあれば、最低どのくらい滞在する必要があるのですか。

2、残り1週間、私は、アメリカに滞在予定です。その間、アメリカ国内で出来る手続きはあるのでしょうか。

3、K-1ビザと比べ、費用、期間、合わせてどちらの方がメリットがあるのか。

まだまだ分からないことだらけですが、上記3点をクリアにしたいです。
経験済みの方、共有して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いします。

私は、現在ビザなしでアメリカ人の彼に会いに、アメリカにきています。
彼とアメリカで結婚を考えていましたが、弁護士に相談したところ、ビザなしで滞在できる期間が
あと10日間しかないため、難しいとのことでした。できないことはないが、健康診断を受けるのに
すぐに予約できるかが鍵とのこと。これでオーバーステイとなれば、アメリカに当分戻れないと思い
今回は見送りに。

ということで、現在彼と話し合っているのは、彼に日本にきてもらって日本で、結婚手続きし、
移民ビザを申請し、最終的にはアメリ...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカ国内にいても、できないことはありませんが、来日してもらったほうが結婚手続きが簡単です。

それは、アメリカ人の婚姻要件具備証明書が必要となるのですが、この手続きは、日本でやったほうが簡単です。
理由は、アメリカ大使館か領事館で手続きをするので、あなたの戸籍謄本などを翻訳するような手間が省けるし、原則日本の地方自治体が出したものなどは、アメリカ政府には、真正な書類か判断できないので、英訳文も含めて、日本外務省の公証が必要です。

また、婚姻要件具備証明書も、日本のアメリカ大使館や領事館でもらう場合は、日本語訳もついています。 と、いうか、たいていの国が、日本の在外公館でだす婚姻要件具備証明書は、日本語で発行します。(この場合は英訳もつけてくれます) 


日本方式の結婚は、日本の役所に結婚届を出すことになりますが、婚約者と同伴でいった場合に省略できるものがあります。国籍証明書です。 パスポートの提示でそれが国籍証明と判断されます。 ただし、事前にパスポートも日本語に翻訳しておいてください。 あなたが翻訳してかまいません。 翻訳者の居所氏名を明記する必要があります。

それと、結婚届には本人の署名捺印が必要となります。 日本にこないでやろうとすると、それをアメリカまで郵送して、署名してもらう必要がでてきます。 (外国人の場合は捺印は省略できます) 日本大使館や領事館にも日本の結婚届はあるかもしれませんが(確認していません)、書き損じをした場合にも、こまると思います。

日本にくる場合は、来日前に、アメリカ人の出生証明書をもらっておくとよいです。 日本の市町村役場によりますが、それが要求されることがあります。 

日本の結婚届は、たぶん世界一シンプルなので、普通に来日されたらよいのではないですか。 パスポートだけで90日間を限度に滞在できます。 結婚されるなら、ご両親へのあいさつなど、一定期間は日本にいてもらい、日本をよく知ってもらうのも、よいと思います。 一生同伴するわけですから、相手の文化や家族親せきなども、紹介しておくのが自然です。

帰国前一週間でできることはほとんどないと思います。 時間的に無理です。

アメリカ国内にいても、できないことはありませんが、来日してもらったほうが結婚手続きが簡単です。

それは、アメリカ人の婚姻要件具備証明書が必要となるのですが、この手続きは、日本でやったほうが簡単です。
理由は、アメリカ大使館か領事館で手続きをするので、あなたの戸籍謄本などを翻訳するような手間が省けるし、原則日本の地方自治体が出したものなどは、アメリカ政府には、真正な書類か判断できないので、英訳文も含めて、日本外務省の公証が必要です。

また、婚姻要件具備証明書も、日本のアメリカ...続きを読む

Q2度目の米国渡航時のESTA申請

2回目のアメリカ行きのときのESTA申請はどうすればよいのか
教えてください。

1回目は、2009年12月に渡航し、
その際は、2009年11月にESTA申請しましたので
有効期限は2011年11月になっています。

有効期限内に2回目の渡航をする場合、
申請不要?
変更申請?
再申請?
のいずれでしょうか?

なお、パスポートには変更ありません。

Aベストアンサー

私も今年、春と夏の2回アメリカに行きました。

1、2回目それぞれ航空会社も宿泊先も違いましたが特にESTAの更新はしませんでした、でも普通に入国できましたし2回目のほうが指のスキャンが簡単になるので楽でした。

ESTA申請は有料($14)ですが、項目の更新は無料ですし義務ではありませんので2年間の有効期間内であればご自由にどうぞ。ただし必須項目(名前、生年月日、性別など)は更新できません。

>ESTAの有効期限内なら何度でも渡航可能です。

何度でも渡航が可能とは限りません、アメリカに入国出来るかどうかは入国審査官の審査によります。たとえESTAがあっても入国が保障されるものではありません。

たとえば最大90日間の滞在を繰り返せば入国目的を疑われますので、正当な理由が無いかぎり入国拒否になる可能性があります。

ちなみに次回入国時は、入国審査で出入国カードI-94wの提出は必要ありません。

Q学生ビザでアメリカ滞在中の結婚・永住権申請について

私は、今年の5月から学生ビザでアメリカの語学学校へ留学する予定です。その上、7月にアメリカ人の婚約者と結婚することとなりました。今から婚約者ビザを取得するには9か月程度かかってしまうため、学生ビザでアメリカに滞在中に結婚して永住権を申請することを考えています?しかし、婚約者は、学生ビザてアメリカ滞在中に結婚・永住権申請をすると偽装結婚を疑われてしまうから婚約者ビザを早急に申請してそれで入国したほうがいいと言います。しかし、私としては5月に渡米して学校に通い始めたいと考えています。学生ビザでアメリカ滞在中に結婚・永住権申請をすることは難しいのでしょうか?もし難しい場合、学生ビザでアメリカ滞在中に婚約者ビザを申請して取得してから結婚・永住権申請するということはできるのでしょうか?どのような形が良いのか混乱しています。わかる方、教えてください!!

Aベストアンサー

他の方から回答がないようなので、ご参考までに。

アメリカ人と結婚してアメリカ在住の主婦です。まずはご婚約おめでとうございます。

学生ビザで入国、滞在中にアメリカ人と結婚する事は全く合法なので心配はありませんよ。婚約者の方が「偽装結婚を疑われる」とご心配のようですが。。まあ、実際に東ヨーロッパや日本以外のアジアからの留学生の場合疑われる事はあるいみたいです。(実際に偽装結婚も多いらしい。)でも、日本人の場合あんまり疑われる心配ないんじゃないかなぁ~、ってのが私の意見。

ただし、結婚後ちゃんと一緒に住む事。これは不可欠。絶対に疑われないためにはすべき事がいくつかあります。
    1) 最寄の日本領事館へ行って日本の婚姻届を提出する。
    2) もし、家やアパートを借りて住むのなら契約書に必ず2人の名前を記入する。
    3) 家を購入するのならオーナーの名前を2人の連名にする。
    4) ご主人(あなたを女性と想定)の銀行口座のJoint Ownerとしてあなたの名前を載せる。
    5) 2人の運転免許証の住所を同じにする。
    6) 車の購入の際、オーナーの名前を2人の連名でDMVに登録する。

ここまですれば絶対に偽装結婚とは思われませんよ。結構自信ありです。特に1)は必要不可欠なので絶対に忘れない事。3)と4)はご主人がもし拒絶したら。。。私だったら離婚するかも。。

くよくよせずに、新しい人生の門出に向けて胸を膨らませて、どきどきしましょう。では。少しでもお役ぬ立てたら幸いです。

  P.S. 日本からアメリカへ行く時に「戸籍抄本」を数通持参して行きましょう。後に必要になります。アメリカで学校通学中、勉強のつもりで「戸籍抄本」の翻訳を作成しておく事。がんばれ。

他の方から回答がないようなので、ご参考までに。

アメリカ人と結婚してアメリカ在住の主婦です。まずはご婚約おめでとうございます。

学生ビザで入国、滞在中にアメリカ人と結婚する事は全く合法なので心配はありませんよ。婚約者の方が「偽装結婚を疑われる」とご心配のようですが。。まあ、実際に東ヨーロッパや日本以外のアジアからの留学生の場合疑われる事はあるいみたいです。(実際に偽装結婚も多いらしい。)でも、日本人の場合あんまり疑われる心配ないんじゃないかなぁ~、ってのが私の意見。

ただ...続きを読む

Q無犯罪証明書の犯罪歴について

私は、はずかしながら、21歳の時、共同危険行為で捕まり、留置所に入り罰金を払い出てきました・・
もう10年ほど経つのであまり覚えていませんが、たしか前科が、つくと言われ出て来たきがします。
このたび、アメリカのリゾート地での就労ビザを取得したいのですが、無犯罪証明の申請は無事降りるのでしょうか?
お判りの方教えてください

Aベストアンサー

誰かがチャチャを入れて居る様だから、そ
の方に謂うけれども、刑法にちんと規定さ
れてるでショ。

質問者様は道交法違反で摘発されたと思い
ますが、その刑罰に関して、道交法に規定
されていない部分は刑法が適用されます。

何々をした者、1年以上の懲役と道交法に
規定されて居れば、1年以上且つ(刑法で
規定された)20年以下の範囲で刑罰が科
せられ、幾ら犯人が憎いからと懲役40年
を科す事は出来ません。21年以上の刑罰
は刑法で認めて居りません。

で、道交法には犯した罪が何時、法的にチ
ャラになるのかが規定されて居りませんが
それは刑法を見れくれ、と謂う意味で、道
交法で改めて規定して居ないだけです。


刑法第三十四条の二 (刑の消滅)

禁錮以上の刑の執行を終わり、又はその執
行の免除を得た者が罰金以上の刑に処せら
れないで十年を経過したときは、刑の言渡
しは、効力を失う。罰金以下の刑の執行を
終わり、又はその執行の免除を得た者が罰
金以上の刑に処せられないで五年を経過し
たときも、同様とする。

2 刑の免除の言渡しを受けた者が、その
言渡しが確定した後、罰金以上の刑に処せ
られないで二年を経過したときは、刑の免
除の言渡しは、効力を失う。


最悪でも10年経過して居れば、罪は法的
に無かった事になります。司直に保管の記
録も抹消されますから、誰が問い合わせて
も犯罪の事実無しと回答が返るだけ。

無犯罪者だから、犯罪の経歴は書けないで
しょ。刑法の「刑の消滅」とは、こう謂う
意味ですよ。

つまり、悪さをした事実を書かなくとも構
わないと謂う事です。日本国民が自国の法
に従っているのだから、何も問題は無し。

當然、虚偽申告にも該当しません。

誰かがチャチャを入れて居る様だから、そ
の方に謂うけれども、刑法にちんと規定さ
れてるでショ。

質問者様は道交法違反で摘発されたと思い
ますが、その刑罰に関して、道交法に規定
されていない部分は刑法が適用されます。

何々をした者、1年以上の懲役と道交法に
規定されて居れば、1年以上且つ(刑法で
規定された)20年以下の範囲で刑罰が科
せられ、幾ら犯人が憎いからと懲役40年
を科す事は出来ません。21年以上の刑罰
は刑法で認めて居りません。

で、道交法には犯した罪が何...続きを読む

QIUD(避妊リング)を装着されている方に質問です

やはり、IUDを入れていても
コンドームで避妊していますか?
現在、IUD装着を考えていて
装着が不安定な最初2ヶ月ほどはコンドームを併用して
確実に装着できたことが確認できた後は
コンドーム無しでもよいかなぁと考えています。
出産経験ありですので、IUD装着は可能ですし
副作用なども理解しているつもりですが
理解しそこねている部分や問題などはあるでしょうか?
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

IUD装着4年になる主婦です。
他の避妊方法は併用してません。
どの避妊方法についても100%はないのを理解した上です。

2年に一度入れ替えをするだけで、間で特に検査などは行ってません。
副作用は、本当に生理が10日ほどに延び、量も驚くほど増えましたが。。。

我が家では「明るい家族計画」の為であるのと、ピルをキチンと飲む自信がないのと、私がコンドームが苦手だからです。
今の所は避妊に成功していると言えますね。

Qアメリカ人(彼)と日本で結婚する予定です

日本とアメリカのビザについて、教えてください。

1.彼は、ビザなし(3ヶ月滞在できる)で来日し、すぐ結婚して、もっと長く滞在できるように変更できますか?

2.結婚生活を6ヶ月日本で続ければ、アメリカに住むための移民ビザを申請できますか?

3.ビザがとれたら2人で一緒にアメリカに住みたいのですが、それまでどのくらいの期間がかかりそうですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.不可能ではありません。

アメリカ人のビザ免除の上陸許可は大抵90日間がもらえます。日本には婚約者ビザがないので、知人(婚約者)訪問目的の短期滞在目的で入国し、結婚することも可能です。ただ入国時点では90日以内に出国することにしとかないといけません。

尚、アメリカには婚約者ビザがありますがこれは結婚してそのままアメリカに移住するためのビザで、婚姻して90日以内に帰国するのならばビザ免除でも決してアメリカでも違法ではありません。但し、結婚した後確実に90日以内に帰国するかどうかをあなたが証明しなければならないので、それが難しいのです。予約済み帰国航空券はもちろんのこと、在職証明書とか在学証明書とか不動産の権利書などまで出してもアウトだったりします。

日本はそこまで厳しくありません。90日以内に帰国する、と主張すれば大丈夫です。日本滞在費用や帰国航空券を買うだけの所持金があれば、予約済み帰国航空券も必要ありません。

そして90日以内に外国人登録して結婚して「短期滞在から日本人の配偶者等への在留資格変更許可申請」をして許可されればそのまま日本に住めます。「上陸当初は90日以内に出国する予定だったが、入国してから事情が変わり、そのまま滞在することになった」というスタンスが必要不可欠です。上陸当初から在留資格変更するつもりだったとなると、不法入国を認めることになってしまうため、そこは方便と言えど大切なのです。日本入国前に入国管理局へ問い合わせても、「3ヶ月以内に出国しなければならず、変更はできない」と言われるのはそのためです。

ただやっぱり在留資格変更許可がおりないケースもあります。そのときは一旦帰国し在留資格認定証明書交付申請に切り替えるしか仕方ありません。在留資格変更許可申請が拒否されたことで、在留資格認定証明書交付に悪影響はほぼありませんからご心配なく。

2.移民ビザ申請に結婚生活6ヶ月以上などという条件があるわけじゃありません。移民ビザ申請自体は結婚すればすぐに出来ます。

「日本人の配偶者等」の在留資格に変更してから6ヵ月日本で居住すれば、彼の移民ビザ請願書(I-130)を、東京または那覇の領事館の移民ビザ課に提出する事が出来るという意味です。それ以外の場合は、米国内の最寄のUSCISサービスセンターに彼が請願書を提出しなければなりません。I-130請願場所が日本か米国内かの違いであって、どちらにしろビザ申請者が日本に住んでいればビザ申請自体は日本で出来ます。

3.1年は覚悟してください。

1.不可能ではありません。

アメリカ人のビザ免除の上陸許可は大抵90日間がもらえます。日本には婚約者ビザがないので、知人(婚約者)訪問目的の短期滞在目的で入国し、結婚することも可能です。ただ入国時点では90日以内に出国することにしとかないといけません。

尚、アメリカには婚約者ビザがありますがこれは結婚してそのままアメリカに移住するためのビザで、婚姻して90日以内に帰国するのならばビザ免除でも決してアメリカでも違法ではありません。但し、結婚した後確実に90日以内に帰国するか...続きを読む

Qビザなしでアメリカへ入国、結婚後、日本へ帰国

現在、私は日本に、婚約者はアメリカに滞在中です。
8月に婚約者と結婚式をアメリカであげる事になり、現在、結婚の手続きを進めております。
彼は軍におり、手続きは軍のリーガルオフィスで行っています。
結婚式後は、私は日本に戻り、彼はアメリカ、私は日本で1年半ほど別々にくらし、彼の契約終了後、彼が来日、一緒に暮らす事になります。
よって、結婚式で私がアメリカに入国する際は、フィアンセビザの取得は必要ないと確認しました。
アメリカ大使館のHPを確認し、入国時は、結婚後日本に戻ると証明できる住民票と職場からの就労証明書の英語訳をもっていくつもりでいました。
しかし、先日彼より、弁護士さんから、私が入国する際は結婚とは言わず観光として入国しないと拘束されてしまうと言われたので入国目的を聞かれたらかならず
結婚後、私がアメリカに住む予定は今のところないので、8月の段階で観光と言っても入国、出国
はできる思うのですが、11月にも再度アメリカへ5日ほど滞在する予定でいます。
(結婚式用のドレスなどすべて彼のもとへ送る事になると思います)
8月が大丈夫でもその際、観光と言って入国し結婚した事で、11月の入国を拒否されたりするのではないかと心配しています。
問題無く結婚式をおえ、11月にも入国するにはどのようにするのが一番良いでしょうか。

わかりづらい説明で申し訳ないですがよろしくお願い致します。

現在、私は日本に、婚約者はアメリカに滞在中です。
8月に婚約者と結婚式をアメリカであげる事になり、現在、結婚の手続きを進めております。
彼は軍におり、手続きは軍のリーガルオフィスで行っています。
結婚式後は、私は日本に戻り、彼はアメリカ、私は日本で1年半ほど別々にくらし、彼の契約終了後、彼が来日、一緒に暮らす事になります。
よって、結婚式で私がアメリカに入国する際は、フィアンセビザの取得は必要ないと確認しました。
アメリカ大使館のHPを確認し、入国時は、結婚後日本に戻ると証明でき...続きを読む

Aベストアンサー

「フィアンセビザの取得は必要ない」のに、「観光として入国しないと拘束されてしまう」とはおかしな話ですね。フィアンセビザがないと基本的にアメリカで結婚(Marriage certificateにサイン)してはいけないと思います。

軍の方のことはよくわかりませんが、私は結婚後日本に在住する予定でしたので、面倒なフィアンセビザは取らず「アメリカの婚約者の家族に会いに行く」という理由で入国し、marriage certificateにサインはせず、形ばかりの結婚式と披露宴をアメリカで開き、日本で入籍しました。主人は当時就労ビザで日本に入国していました。日本で入籍しておけば、グリーンカード取得の必要性が出てきても問題ないですし、多大な労力をかけ、わざわざ再入国できなくなるかもしれない危険を冒してまでアメリカで入籍(?)する必要はないと思いますよ。フィアンセビザって結局、アメリカに住む予定の人が頑張って取得するものだと思います。

「サインをしなかった」というだけで結婚式も披露宴もやりたかった事を全部やって、友達と最高に盛り上がった結婚式になりましたよ。

QESTAで今年3度目のアメリカ入国について

今年すでに2回渡米しています。
1回目は6月から9月まで82日間滞在、その3週間後の2回目の渡米で88日間滞在して2日前にロスから帰ってきました。
そして帰国日から4日後に日前にロスからアメリカ再入国しようと思っています。ロスからの往復チケットだったので、まだアメリカから日本に帰国するためのチケットは用意していません。
入国拒否される可能性が高いかもと周りからいわれています。
今回の再入国はアメリカに住んでいる姉2人、前回の滞在で知り合った彼氏と一緒に新年を祝うための一週間前後の滞在を予定していますぅ。
(1) やはり入国拒否される可能性は高いでしょうか?
(2) どのような理由なら少しでも入国できる可能性が高くなるでしょうか?
(3) 姉の体調が悪く助けるためと言えば彼に言われたのですが、これで大丈夫でしょうか?

いろいろと教えてください、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ESTAがどうのこうのは関係ありません。
ビザなしで長期滞在、しかも3回というのが問題です。
基本的にはビザなしで90日未満の滞在が可能ですが、一旦アメリカを離れれば年間に何回でもOKというものではありません。

アメリカは年間を通して180日未満(要するに最高で90日未満が2回まで。もちろん1週間くらいの観光は常識ある程度なら何度でも大丈夫ですが)しか滞在できません。

それは確定申告などと関係しているもので、本国(質問者さんの場合は祖国の日本)に年間の半分以上いなくてはならないという観点からのようです。きちんとビザを取っての滞在、その上で確定申告もすれば別ですが、ビザ免除では無理だと思います。

入国拒否の可能性が高いと言われたとのことですが、高いどころかほぼ間違えないと思います。そして一度入国拒否にあうと、今後の入国も難しくなることも覚悟の上なのでしょうか?

お姉さんの体調が悪いのと質問者さんが入国できるかは入国審査官には全く関心のないことで、それを言うことが更に苦しくなりそうな気がします。

まあ絶対にダメかどうかは試してみなくては誰も100%ダメとは言い切れません。

が、99%不可能だと思います。

こんにちは。

ESTAがどうのこうのは関係ありません。
ビザなしで長期滞在、しかも3回というのが問題です。
基本的にはビザなしで90日未満の滞在が可能ですが、一旦アメリカを離れれば年間に何回でもOKというものではありません。

アメリカは年間を通して180日未満(要するに最高で90日未満が2回まで。もちろん1週間くらいの観光は常識ある程度なら何度でも大丈夫ですが)しか滞在できません。

それは確定申告などと関係しているもので、本国(質問者さんの場合は祖国の日本)に年間の半分以上いなく...続きを読む


人気Q&Aランキング