村上龍の「ラブアンドポップ」実写版の映画ですが30秒CMで主人公の女の子が走りながら日記を読んでいるというやつに使われた曲を教えて下さい。たしかバッハのなんとかロンドだったような・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

自分もずっと探してました。

これじゃないですか?

バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番 ホ長調 BWV1006」

ここで聞けます。


参考URL:http://www.02.246.ne.jp/~uzura/caille/Alm1065/bw …
    • good
    • 0

日記を読んでいるCMのバックに流れている曲は、サティ作曲のジムノペディ第1番です。

参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0

うっわ~、思い出せない!!


もう一度見れば思い出す気がするのですが。
エヴァンゲリオンの監督でしたよね。何でしたっけ??
村上龍で検索しても出てこなそう。。。
    • good
    • 0

 そうでしたか。

申し訳ないお役に立てなくて。そういう風にCMで使われていてサントラに入っていないことは時々ありますよね。私も「ガメラ3」のCMの曲がCDに入っていなくて憤慨したことがあります。
    • good
    • 0

 すいません。

古い話なので覚えていないのですが、サントラが出ているのでそれを聴いてみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もちろんサントラも持っていますがなぜか入っていませんでした。

お礼日時:2001/03/25 19:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上龍「KYOKO」サントラ探してるのですが…

サントラについてのQってここのカテゴリで合ってるか迷いました。違ったらすいません。

1995年公開 村上龍原作・監督作品 高岡早紀主演の「KYOKO」(キョウコ)という映画の
サントラを探しています。どうしても、欲しくてほしくて…探しているのですが 足で探すには
ちょっと限界があり、地元の大半のCDショップは探したのですが 見つける事が出来ませんでした。

買いに行ったあるお店では「既に廃盤の作品ですね」とのこと。ショックです・・・。

そこで、このサントラをネット通販で買うことの出来るwebをご存知の方いらっしゃいませんか?
新品でも中古でもいいのです。ぜひ、情報のご提供をお願い致します。

Aベストアンサー

 下記のサイトに登録するか、在庫を見てください。意外に良く見ますよ。

参考URL:http://www.easyseek.net/r_tree.php3?c_no=264

Q村上龍原作。SixtyNine(69)の曲。

このあいだ村上龍原作の『69』の映画を見たのですが質問させてください。映画のなかで主人公たちがフェスティバルを開くのですが、そこで主人公率いるバンドが演奏していた曲がすごく印象に残ったので教えてください。

そのほかにも映画に出ていた曲や、1969年当時のおすすめのアーティストがいれば教えていただけるとうれしいです!

Aベストアンサー

映画の中でバンドが歌っていたのはエリッククラプトンギターを担当した伝説のバンド、クリームの「Sunshine of your love」だと思います。あとオープニングはWhite Roomという曲らしいです。69年当時は自分が生まれる十数年前なので分かりません。

Qたしか市川崑監督の映画で「題名」が知りたいです。

お世話になります。

今(2012年)から20~30年ぐらい前に、
たしか市川崑監督の映画で、
一場面としておぼえているのは、
「障害を持つ子供が、足の指先で、
 ころがってきた硬貨を、
 器用に挟んで、まるで手のようにつかむ」
というところだけなのですが、
この映画の「題名」が知りたいです。

上記しましたように情報が少ないのですが、
もしご存じの方がいらっしゃいましたら、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「典子は、今」
制作・監督は松山善三

ではないかと

Qキャッツアイ実写版のコスチュームについて

どっちでも良いことなのですが、急に思いついたので質問します。
キャッツアイの実写版が昔、製作されましたが、なぜ、キャッツアイ3人のコスチュームをあんな変なの(キャットウーマンみたいなレザー調にマスク)にしたのでしょうか?
原作(アニメ)の通り、レオタードに素顔とした方が、良かった(ヒットした)と私は思います。
真実は分からないと思うので、憶測で構わないので教えて下さい。

Aベストアンサー

バットマンの映画公開が89年、92年、95年です。
キャットウーマンが登場するのは92年版です。
キャッツアイは97年の映画です。

バットマンもテレビシリーズではタイツ姿でしたが、
映画版ではレザーでハードな印象です。

どう考えても、それに倣ったとしか思えませんね。


ちなみに05年の劇場版「仮面ライダー THE FIRST」では初代ライダーを
リニューアルさせて描いてましたが、
こちらもジャージではなくレザースーツになってました。

Qゴルゴ13の実写版について

ゴルゴ13の実写映画は「ゴルゴ13」(1973)「ゴルゴ13 九竜の首」(1977)の2作あります。現在(2014)の目で見れば、全体的に粗暴で貧相な面が拭えませんが、当時の邦画アクションにおいては両作品と十分に及第点だった思います。「ゴルゴ13」を描いた映画として満点を上げられる作品はアニメーションですらなしいのですから、「こんなのゴルゴじゃない」と言い出したらきりがありません。アニメやコミックの実写化作品が作られるたびに批判され続けている邦画界ですが、元々映画は小説やコミックの原作ありきで作られることが多いわけですから、スタッフの試みも無碍に批判していては仕方がないと思います。(まぁ、批判するのも楽しみのうちなわけなんですけど・・・)

 さて、原作者のさいとうたかをは映画「ゴルゴ13」(1973)に不満だったようです。その理由は「オール海外ロケ・高倉健主演という条件を東映が飲んだので、製作の許可したのに現場で自分の書いた脚本を変えられてしまった」ためのようです。 しかし、その4年後には「ゴルゴ13 九竜の首」(1977)の製作を許可していますが、この映画に対するコメントとも特に伝わっていません。オール海外ロケではなく、高倉健主演でもなく、自身では脚本も書いていません。この違いは何なのでしょう。一作目に比べて、二作目がスケールダウンしていることは間違いないのですが、極めて駄作であったとも思われません。この扱いの違いは何によって生じたのでしょう。

ゴルゴ13の実写映画は「ゴルゴ13」(1973)「ゴルゴ13 九竜の首」(1977)の2作あります。現在(2014)の目で見れば、全体的に粗暴で貧相な面が拭えませんが、当時の邦画アクションにおいては両作品と十分に及第点だった思います。「ゴルゴ13」を描いた映画として満点を上げられる作品はアニメーションですらなしいのですから、「こんなのゴルゴじゃない」と言い出したらきりがありません。アニメやコミックの実写化作品が作られるたびに批判され続けている邦画界ですが、元々映画は小説やコミックの原作ありきで作ら...続きを読む

Aベストアンサー

>>しかし、その4年後には「ゴルゴ13 九竜の首」(1977)の製作を許可していますが、この映画に対するコメントとも特に伝わっていません。

えええっー、さいとうたかを氏は、この「ゴルゴ13 九竜の首」を見て激怒し、以後、ゴルゴ13の実写化を許可しなくなった、というのは有名な話ですが?

「映画化されれば原作から離れるのは致し方ないが、これは酷すぎる」って、どっかでコメントしてたはずですよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報