神武天皇は、「東方に美し地がある」と聞いて、東征(東遷)を開始します。でも、どうして、東征(東遷)の地が大和(現在の奈良県)なのでしょうか。奈良ってそんなに魅力的な土地だったのでしょうか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 学生を卒業してかなりになりますので、細かな点はご容赦ください。


 「美し」という表現がポイントになります。記紀その他の記録によると、「ウマシ」は「可美」と書かれ、代表的な名に「可美真手(ウマシマテ・ウマシマチ)」がいます。ウマシマチは、神武東征(一応、このように表現しておきます)前にヤマトに君臨したニギハヤヒ王の子とされます。
 「可美」は、素直に読めば「カミ」すなわち、朝鮮語で「剣」・「神」。
 「真手」は、「マチ」すなわち、朝鮮語で「槌」・「椎」。
 つまりは、鍛冶神を意味する言葉です。ニギハヤヒ自体が朝鮮語では鍛冶神を意味する言葉になるそうです。
 と、すれば「東方に鍛冶神を祭祀する国がある。豊富な資源と技術の国がある。ぜひとも手に入れたい。」ということでしょうか。
 実際に、九州から四国、紀伊半島へと鉱脈が走っているのです。神武の不可思議な熊野迂回もこの鉱脈と深い関係があったようです。
    • good
    • 0

神話に対する観点が違うようなので、補足質問に対し下記の回答を最終とさせて頂きます。



現代の感覚、常識で神話を解釈すべきではありません。全ての神話は現代感覚では理解しがたい事や矛盾に満ちています。特に神の属性、距離感覚、年代のずれなどが気になったら読み進めなくなります。

1.だまし討ち
だまし討ちかどうかは相手をどう見ているかによって決まるでしょう。例えば19世紀の米軍のインディアン討伐はだまし討ちの連続です。対等な戦いでは一度も米軍に負けなかったインディアン部族は多数います。また我々が狩をするときは如何に
騙すかに専念します。だまし討ちは文化が異なる集団を制圧するときの常套手段です。(同じ文化の場合は非難される)
2.何故神武は日向出身か
専門家ではありませんので私見になりますが、神武神話は征服した日向に伝わる伝承を取り入れたものと考えられます。九州は朝鮮半島や南洋諸島からの移住者がもたらした伝承説話が多いので、大和朝廷の歴史編纂担当者は他の征服地の神話より
優遇したのでしょう。出雲地方も文化先進の地として魅力があったでしょうが・・
3.政権の正当性
正当性は神武天皇が如何に戦ったかではなく、天孫降臨の直系である神武天皇以来続く今上天皇が治める大和朝廷は・・・にあり他の話はそれを納得させるために補足したものでしょう。

神話を読む場合は、専門家は別として、素直に神話として受け止め当時の時代背景、文化レベル、交通の発達度合い、武器、集団の関係などを読み取って楽しめればよいと考えています。
    • good
    • 0

美々津をご存知とは相当の歴史ファンですね。

伝統行事が残っているものの戦後は
天孫降臨の地という神話そのものが否定、無視されたので戦前の美々津とは異なります。

さて、神武天皇の東征はなかった、大和朝廷が権威づけのため、征服した各地に伝わる伝承を巧みに編纂したものであるという観点から大和を見れば、何故特に征服の意欲もわかないところにという疑問が消滅します。むしろ何故大和のような地方の豪族が朝廷を樹立するような力を持ったのかという疑問に変わりませんか。勇み足を恐れず想像すれば、大和ー河内ー難波を制したものが朝鮮半島の渡来人と結びつき、優れた武器、兵制、稲作技術等で他の豪族を服従させていったと
考えられないでしょうか。一豪族が他を征服、服従させるとき、政権の正当性を
(武力が優れていた以外に何もない大和の豪族で終わらせないため)示すために
神話(非征服民の神話も取り入れて)が生み出されたと思われます。

食料事情まで説く根拠は持ち合わせていませんが、稲作到来後、湿地が多い大和
では、渡来人も多く十分な食料生産の技術があったと考えられないでしょうか。

この回答への補足

 またまた、新たな疑問が生じます。
 大和朝廷樹立者たちにとって、始祖神話ともいえる「神武」をなぜ九州の高千穂出身にしなければならなかったのか。しかも、大和入りに際して、「神武」という名をもつ天皇とは思えないほど、長髄彦に散々にやられています。とても、すぐれた武器・兵力を持った集団とは思えません。大和朝廷側の勝利の法則は、「だまし討ち」が多いように思います。この神話で政権の正当性を示すことができるのでしょうか。

補足日時:2001/03/30 00:20
    • good
    • 0

何故大和か?といえばmartinbuhoさんのお答えでしょう。



神武天皇は実際には2~3世紀ころ(魏志倭人伝に卑弥呼が登場する時代とそれほど代わらない時代)の天皇だろうと考えられているようです。ではなぜ、紀元前660年などと数百年も鯖を読んだかといえば、推古天皇の時代に聖徳太子&蘇我馬子が天皇記を編纂するに当たり、讖緯説に基づき推古天皇9年(西暦601年)の1260年前(紀元前660年)に神武天皇が即位したと解釈されたことによるようです。そのため古代の天皇は異様に長命として記録されていますが、ごまかした数百年を何代かの天皇に負担(?)させたためでしょう。逆にこのことから居なかった天皇を捏造してはいない(=登場する天皇は年代はともかく実在はした)だろうと考える人もいるようです。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwhp7108/iroiro.ht …
    • good
    • 0

神武天皇は日本書紀と古事記に書かれた古代天皇の一人で、日向の国(宮崎県)の高千穂の峰に天下った天孫のひ孫にあたるといわれます。

後に東征して大和を征服し政権を築くわけですが、この時を明治政府は紀元前660年の2月11日と定め、建国の日としました。
何故大和が舞台になったかという疑問は次のように考えれば理解できます。
記紀では日向を起点としていますが、本当は大和政権を作った人々が政権維持,強化の必要性から、当時既に交通路の確立していた奈良ー大阪ー瀬戸内海ー九州を舞台にして、各地の豪族や国に伝わっていた伝説、説話の類を引用、編集して作り上げた当時なりの歴史書だと思います。書かれてある一つ一つは事実や又聞きかも知れませんが、大和朝廷に都合よくかつ支配下の豪族や国のメンツも考慮しながら
大和朝廷に都合よく編集したものと考えられます。どこの国の建国神話も似たようなものだと思います。(例。ローマやギリシャ)
政権のあるところは当然理想の地であるべきで、2,700年後の今日の目で見る大和とは異なるでしょう。神武東征は神話と理解しながらも、今日でも東征の艦隊(?)が出発したときの故事を守り、祭りを行っている町が宮崎にあり、記念碑もたっています。(日向市美々津町)訪ねて見ませんか。

この回答への補足

 美々津は、何年か前に訪問しました。「何なんだ?これは・・・」状態になってしまいました。(笑)
 今だ納得できないものがあります。高い文化水準になるためには、それを支える食料基盤がしっかりしていなければならないと思うのです。大和盆地は、弥生時代には、湖沼であったと聞きます。そのような土地で食料確保はできたのでしょうか。
 もしかすると、大和の地にあった都市は、martinbuhoさんのおっしゃる「理想の地」あるいは「宗教国家」のようなもので、この地を征する(欲する)目的は、別の所にあったのでしょうか。

補足日時:2001/03/26 18:31
    • good
    • 0

私も非常に興味が有ります。

HPを検索してみたら下記のURLが見つかりました。ここでは奈良地方に台頭していた銅鐸文明を滅ぼし、日本統一を目指したと書いて有ります。奈良に魅力が有ったと言うより、滅ぼさざるをえなかったということでしょうね。でも古いことですので、本当のところは???

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/Washizaki/03.htm
    • good
    • 0

 神武天皇が実在したら、卑弥呼より古いはずです。

邪馬台国がどこにあるかわかっていないのに、どこからどこに、なんて解るはずないですが、まあ、日本書紀がかかれた時代には魅力的な場所だったからでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神武天皇の東征の理由は?

神武天皇が実在し、東征を行ったかどうかは不確定です。
ここでは何者かによって九州から大和への東征が行われたと仮定します。
東征の理由は何だったと想像できますか?
九州から大和へは長い遠征です。
何故一気に遠い大和の地をめざしたのでしょうか?
記紀にはさしたる理由も書いていなかったと記憶しています。
戦国時代の大名は天下統一をめざしていました。
それと同じような野心が動機でしょうか?

また東征が行われたとしたら、いつの時代でしょうか?
弥生時代でしょうか?古墳時代でしょうか?
想像をめぐらしていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

大和政権を打ち立てた人々が、地方の豪族を納得させるために自分たちのルーツに権威を持たせるため、又征伐した地方豪族を服従させるために国家統一のシンボルとして建国神話を必要としたのでしょう。大和政権のルーツは渡来人の可能性が強いので、非征服民(原住民)や敵対する(した)同族への優位性を示すために神話を作ったのではないでしょうか。日本に限らず古代の征服王朝は非征服民の神話を採用して懐柔策を講じています。それを繰り返した結果、神話に矛盾が生じたり、ひとつの神が多くの神性を持つことがあります。

神武天皇東征がいつ行われたか、その神話の場所がどこだったかは謎で、残された文献を信じるしかないと思います。しかし、恐らく大和政権が経験したことではなく、九州あたりの豪族が周辺諸国を征服する過程で生まれた既存の神話を自らの神話に採用し地名、時代、等の辻褄を合わせたとも考えられます。もしそうであれば
元の神話の成立は縄文時代から弥生時代の移行期あたりかも知れません。つまり、大和政権が神話として採用した元の神話は相当古い時代の話だったということになります。

日本が大陸の影響を受ける前は、シュメール王国の影響を受けたという説を唱える人々もいます。古語にシュメール語の痕跡が認められ、航海術に長けたシュメール人はインド、中国南部を経て日本列島に到着し、その末裔が大和政権にも参画しているという説です。仮にそのような人物が大和朝廷に影響力を持っていたとすれば、日向から関西への航海などは日常茶飯事のこととなります。

日本は戦後神話を否定し、考古学一辺倒の物証主義の国となったので、神話は神話としてロマンを語り、想像を広げる、シュリマンのような自由な発想は殺され、発掘で遺物が発見されるまでは、すべては存在しなかったことになっています。

大和政権を打ち立てた人々が、地方の豪族を納得させるために自分たちのルーツに権威を持たせるため、又征伐した地方豪族を服従させるために国家統一のシンボルとして建国神話を必要としたのでしょう。大和政権のルーツは渡来人の可能性が強いので、非征服民(原住民)や敵対する(した)同族への優位性を示すために神話を作ったのではないでしょうか。日本に限らず古代の征服王朝は非征服民の神話を採用して懐柔策を講じています。それを繰り返した結果、神話に矛盾が生じたり、ひとつの神が多くの神性を持つこと...続きを読む

Q神武東征は史実でない?

津田左右吉氏は、神武東征は史実ではない、とし
その根拠として次のような点をあげておられます。

(1)日向は熊襲と呼ばれる逆賊の占拠地であり、皇室の発祥地ではありえない。
(2)天皇は日神の子孫であるとされているために、その故郷は日の出づる方に向う国、日向でなくてはならないと考えられた。
(3)神代史の最初の構想では、ホノニニギの尊がヒムカに降り、ホホデミの命がヤマトに遷った、という形であったのを、ホホデミの命の東征の物語を分離して、新しく神武天皇の東征の説話を作り、ヒムカ三代の物語を中間に置くことによって、神代と人代との限界を和らげた。
(4)仲哀天皇以前の記紀の記事には、天皇の系譜をふくめて、客観的な史実の記録から出たと認められるものがない。

質問
a.現在でも津田氏の説が有力視されているのでしょうか。
b.みなさんは津田氏の説をどう思われますか。

※根拠のない回答は御遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

>津田左右吉氏は、神武東征は史実ではない、とし
>(1)日向は熊襲と呼ばれる逆賊の占拠地であり、皇室の発祥地ではありえない。
(2)天皇は日神の子孫であるとされているために、その故郷は日の出づる方に向う国、日向でなくてはならないと考えられた。

津田説に対する反論として私の仮説を提起します。

先ず、天皇家の祖先のうち、後世になって神武天皇の称号を諡られた人の在世時期は、紀元前660年頃という日本書紀の記述は、確かにウソであり、西暦180年~220年頃に在世したというのが私の仮説です。第10代崇神天皇から33代推古天皇までの皇位平均在位年数から、初代神武天皇の在位年代は西暦180年~220年頃と割り出しました。

津田氏は「日向は熊襲と呼ばれる逆賊の占拠地であり、皇室の発祥地ではありえない。」というが、「初代天皇が在世した西暦200年頃の日向は熊襲と呼ばれる逆賊の占拠地」だった証拠があるのでしょうか。津田氏の単なる想像ではないのでしょうか。

さて中国大陸は、前漢および後漢の時代は、皇帝の支配力が安定して中国国内は平和で、皇帝の支配力は周辺国にも及び倭国(日本)も漢朝の支配下にありました。ですから日本も平和でした。

しかし後漢朝の末期、184年の黄巾の乱以後、大陸が乱れると共に皇帝の日本への支配力も低下し、日本は内戦の時代になりました(⇒桓霊の間、倭国で大乱あり。後漢書)。殊に九州では、中国東北に地盤を持つ公孫氏(漢朝の将軍)の武力南下の影響を受け、激しい内戦が繰り広げられたと推測されます。

天皇家の祖先も戦争をした氏族の一つで、この内戦期に各氏族が土地を巡って争い、北から南へ、西から東へと大規模な民族移動が起きたとしても不思議ではありません。

ですから、この時期に天皇家の祖先が九州から近畿へ移ったという記述は信憑性が高いと思いますね。


>(4)仲哀天皇以前の記紀の記事には、天皇の系譜をふくめて、客観的な史実の記録から出たと認められるものがない。

有力な反証を一つ、挙げておきます。

埼玉県の稲荷山古墳から出土した鉄剣の銘文に、次のように書いてあります。
<表>辛亥年七月中記乎獲居臣上祖名意富比【土へん+危】其児多加利足尼其児名弖已加利獲居其児名多加披次獲居其児名多沙鬼獲居其児名半弖比
<裏>其児名加差披余其児名乎獲居臣世々為杖刀人首奉事来至今獲加多支鹵大王寺在斯鬼宮時吾左治天下令作此百練利刀記吾奉事根原也
※辛亥の年:西暦471年
※意富比【土へん+危】(おおひこ):第8代孝元天皇の皇子の大彦命、第9代開化天皇の兄。
※獲加多支鹵大王(わかたけるのおおきみ):第21代雄略天皇。

現代語に訳すと、
「辛亥の年七月に記す。私ヲワケの臣である。私の最初の祖先はオホヒコ、その子はタカリノスクネ、その子はテヨカリワケ、その子はタサキワケ、その子はハテヒ、その子はカサヒヨ、その子が私ヲワケの臣である。」とある。
そして、さらに次のように続く。
「乎獲居臣(おわけのおみ)の一族は代々、杖刀人(じょうとうじんの)首(かしら)(武官の長)として奉事(ほうじ)してきた。獲加多支鹵(わかたける)大王の御所が斯鬼(しき)の宮にあるいま、吾(われ)は大王の天下統治を輔佐している。よってこの百練の利刀を作らせ、わが奉事の根源を記す」
大彦命は第9代開化天皇の異母兄です。大彦の一族は代々、武官の長として天皇に仕えたことが分かります。またこの事実は、欠史八代と言われる初期天皇世代(第2代綏靖天皇から第9代開化天皇まで)と第21代雄略天皇までの皇統譜が、記紀が記述する通り、実在したことの(確証とまでは言えないとしても)有力な傍証になるのではないでしょうか。


稲荷山の鉄剣は、第14代仲哀天皇以前の天皇の系譜に重大な疑問を投げかけた津田説を、ものの見事に切り捨てたのです。^^;

>津田左右吉氏は、神武東征は史実ではない、とし
>(1)日向は熊襲と呼ばれる逆賊の占拠地であり、皇室の発祥地ではありえない。
(2)天皇は日神の子孫であるとされているために、その故郷は日の出づる方に向う国、日向でなくてはならないと考えられた。

津田説に対する反論として私の仮説を提起します。

先ず、天皇家の祖先のうち、後世になって神武天皇の称号を諡られた人の在世時期は、紀元前660年頃という日本書紀の記述は、確かにウソであり、西暦180年~220年頃に在世したというのが私の仮説です。第...続きを読む

Q神武東征「浪速の渡」の比定地は?

古事記によりますと

東征の旅に出た初代神武は
「浪速の渡」を経て「白肩の津」に停泊したとあります。

後の文に、東大阪市北部の地名である現在の盾津や日下が出てくるので

「白肩の津」は東大阪や大東市、寝屋川市あたりだろうと考えられているようです。

それでは「浪速の渡」とはどのあたりと考えられているのでしょうか。

Aベストアンサー

大阪天満宮の境内には、神武天皇が上陸した地とされる「難波之崎」の碑が建っていますが、これではないのですか?

違っていたらすみません。

Q神武天皇って・・?

架空の人物とあります・・9代天皇まで。
なぜこのような架空の天皇を位置づける必要があったのでしょうか?
どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

支配者・天皇家を「天照大御神の血を引く天津神の子孫」とするためには、神様から人の子になった血統を示す必要があったからです。

古代日本各地でその土地の有力者が「王」として国を築いていた頃、天皇家の祖先を中心とした大きな一族(後の大和朝廷)が現れて彼らを制圧し始めました。
しかし広い地域を一つの勢力だけで制御するのは難し上、戦ばかりではこちらの体力も落ちるし、力で押さえつけた者はいつ寝返るか判りません。
そこで、出雲に侵攻した時期からはどうしても従わない王以外は滅ぼしてしまわず、各地で民に影響力のある王をそのまま傘下に従える方向に転換しました。

まだ神の見えない力が食料や物にすら影響していると信じられていた時代のこと。
自分たち朝廷がこの国を支配する「正当性」を示すため、「お前達の土地神(つまり彼らの先祖)より我々は偉い神の子孫なのだ、このように神から直系の血を引くことが家系として伝わっている」と推し立てれば、反逆は土地神の親に刃を向けるのも同然となり、従わざるを得ません。
また、征服される側でも人死にを出すくらいなら自治権を得て傘下に入る方がマシです。
それには民を納得させる「従う正当な理由」があった方が都合が良かったというのもあります。
(大国主を王とする出雲族がその典型です)

そのために、様々な国津神天津神を組み込み、土地々々で少しづつ違っているような複雑な日本神話が成立し、本来は存在しない空白を埋める9代の天皇が生まれた、というわけです。

支配者・天皇家を「天照大御神の血を引く天津神の子孫」とするためには、神様から人の子になった血統を示す必要があったからです。

古代日本各地でその土地の有力者が「王」として国を築いていた頃、天皇家の祖先を中心とした大きな一族(後の大和朝廷)が現れて彼らを制圧し始めました。
しかし広い地域を一つの勢力だけで制御するのは難し上、戦ばかりではこちらの体力も落ちるし、力で押さえつけた者はいつ寝返るか判りません。
そこで、出雲に侵攻した時期からはどうしても従わない王以外は滅ぼしてしまわ...続きを読む

Q誰が神武天皇即位年「辛酉年」を紀元前660年と特定したのか?

日本書紀にある神武天皇即位日(辛酉年春正月庚辰朔⇒辛酉年1月1日)の「辛酉年」を紀元前660年と割り出した(解釈した?)最初の人(学者?)は誰でしょうか。どのように計算したら紀元前660年になったのかを調べたいので。

辛酉年なら紀元前600年でも、紀元前360年でも、紀元前60年でも良いのです。つまり、候補が沢山あって決められないはずだと思うのです。

Aベストアンサー

日本書紀では、各記事の日付をそのときの天皇の在位年数で表示し、崩御の年月日の記述もあり、また即位の年にはその年の干支を記述しているようです(ちゃんと読んだわけではないのですが)。
だとすれば、単純に逆算できるのではないかと思います。

wikipediaの「神武天皇即位紀元」の記事によれば、1840~1860年代(江戸時代後期)に藤田東湖など国学者が神武天皇即位紀元を用いはじめたようです。
遅くともそのころには、神武天皇即位年が算出されていたのでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報