【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

(1)「地球」は「ちきゅう」なのに「地面」はなんで「ぢめん」でなく「じめん」なのでしょうか。

古代語では「ぢ」と「じ」は発音上でも使い分けがあって,今でも日本の一部ではあるというのは知っています。「づ」「ず」もだいたい同じく。

私の想像では,「地面」自体新しい言葉で,だれか偉い人(文豪等)が,なんとなく,または歴史的仮名遣いからの脱却を図り「じめん」と書いたとか。
「地面」「じめん」のお初はいつなんでしょう?手元に時代別の事典がないのでさっぱりわかりません。

なお,ちょっと調べたところ,「ぢ」と読む漢字は血(例;鼻血)千(千千)散(散り散り)乳(添え乳)のみのようです。
(茅もまれに「ぢ」と読むらしい。)
(初めて知ったのですが,痔って「じ」なんですね。)

(2)「地」のように,もともと「ち」なのに濁点がつくと「じ」になる言葉はほかにもありますか?
もともと「し」なのに「ぢ」,「つ」なのに「ず」,「す」なのに「づ」,のパターンについても,ありましたらお教えください。

A 回答 (4件)

>「地」のように,もともと「ち」なのに濁点がつくと「じ」になる言葉はほかにもありますか?



いえ、「地」はもともと「ジ」と読みます。ほかに「チ」という読み方もあります。だから「チ球」「ジ面」なのです。

漢和辞典をご覧いただければ一発なのですが、実は「地」という漢字に「ヂ」という読み方はありません。だから「ヂ」は使えないのです。。

「地」には「チ」と「ジ」、それに常用外で「つち」という読み方しかないため、「ヂ」と書きたいお気持ちは大変よく分かるのですが、書けないのです。

※ちなみに、「地」を「つち」と読むのは、「天(あめ)と地(つち)」、「故郷の地(つち)を踏む」くらいの使い方しかないと思います。

なお、「鼻血」の「血」を「ぢ」と発音するのは、「連濁」と呼ばれる現象です。これは、複合語の後部要素の初頭にある(この場合「血」で一音ですが)清音が濁音に変化する現象であって、「地震」「地獄」「地面」「地代」のように、単独でも初頭が濁るのは連濁とは言いません。

つまり、「地震」の「地」を「ジ」と読むのは、「チ」が濁って「ヂ」になったのではなく、元々持っている「ジ」という読み方を適用しているということです。

しかしながら、苗字の振り仮名で「地」を「ヂ」と読ませている人はいます。これは、固有名詞ですので仕方ありません。
http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp14506
    • good
    • 4

これは『現代仮名遣い』の中に、その理由と類例が明示されています。



【引用】
次のような語の中の「じ」「ず」は,漢字の音読みでもともと濁っているものであって,上記(1) ,(2)のいずれにもあたらず,「じ」「ず」を用いて書く。
  例  じめん(地面) ぬのじ(布地)

http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20100 …

日本語について詳しくは、主務官庁である文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/
    • good
    • 2

国が内閣告示・訓令で「現代仮名遣い」を定めたから。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2527327.htmlRT
    • good
    • 2

地は音読みで漢音が「ち」、呉音が「じ」なので違ってもおかしくないのでは?


血は訓読みなのでたんに濁って「ぢ」となっているだけです。
(自信はない)
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング