神武天皇は、架空の天皇だ。~代までの天皇は、架空だ。と、言われますが、確実に実在したと言える天皇は、どの天皇からなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

はっきりとは謎ですが、第10代の崇神(すじん)天皇からではと云われています。

神武も崇神も共にハツクニシラススメラミコトで生存年数や即位年数が、この頃より、常識的な年数になります。
    • good
    • 0

「不確実の理由」というのはなにについても難しい(旧石器人が「いた」証明は旧石器を見つければいいけれど、「いない」証明はどうする・・)ものです。

署名された木簡がのこっているとか、そういう物証がなければ、理系の人間は納得しませんね。
記紀(に限らず)にしか登場していない場合は(リアルタイムで書かれたもので、複数の裏付けがあるもの以外の記録は、記録者・編集者の意図と思ったほうがいい)、眉唾で考えるほうが正しい。(マルコポーロの「ジパング」は記紀より新しいけれど、どこに黄金の国がある!)

確実なのはどこからか、といわれると、私も調べたことがないですが、そもそも「天皇」がどういう存在か、という定義にかかわりますね。聖徳太子以前は、支配地域として他の豪族とたいしてちがわない力しか持っていなかったのではないでしょうか。
    • good
    • 1

1.崇神天皇は「確実に実在した」という命題。


 これは記紀を内在的に批判することによって得られる結論です。すなわち、まさかイザナギ・イザナミは実在していないだろう。だとしたら、人代の天皇も最初のほうは怪しいのでないだろうか。そこで、記紀の記述を詳細に検討することにより、名前、在位年、事跡の記述量などの観点から、崇神天皇が大和朝廷の始祖であろう、という結論に至るわけです。。
 しかし、崇神以降が実在したからといって、それ以降の記紀の記述が全て真実であるわけではないように、崇神以前の記述も寿命や事跡に虚飾を交えながらも何らかの真実を反映している可能性は否定できません。実際、崇神天皇も「人の子」である以上、親父がいたはずであり、それを開化天皇と呼ぶか否かは、現在のところ、趣味の問題でしょう。
 そもそも、欠史八代説は、戦前の皇国史観に対する反動として喧伝された面があり、言葉遊び的なテクスト分析以上に考古学的な確証を得ているわけではありません。その仮説としてのエレガントさはともかく、むしろ記紀のここの記述について、ほぼ真実なのか、いかなる虚飾が施された真実なのか、いかなる真実を反映した虚偽なのか、いかなる事情で作られた虚偽なのか、といったことを実証的に検証することが重要だと思われます。

2.応神天皇は「確実に実在した」という命題。
 それに対し、これは記紀の外在的な批判により得られる結論です。すなわち、『宋書』によれば当時の日本には「倭の五王」による中央権力が存在したことになる、そして、記紀によれば当時の日本には、応神・仁徳という天皇が存在した。だとすると、応神・仁徳あたりの天皇が「倭の五王」として実在した蓋然性は高い。さらに、それを支持するその他の考古学的な状況証拠も多い。ということです。
 したがって、この説は、前記、崇神天皇始祖説とはことなり新史料の発見によりそれ以前の天皇にさかのぼる余地を残しています。

3.仲哀天皇は「確実に実在」していないという命題。
 ここら辺になると「天皇」の定義の問題になるでしょう。神功皇后は天皇か?中天皇は天皇か?践祚が天皇の必要条件?・・・など手におえません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 崇神と応神は、実在性がかなり高いのですね。崇神と応神。語呂合わせのようですが神がつく天皇には何か意味がありそうに思われます。と、すると神武、神功にも意味深な感じが・・・。
 

お礼日時:2001/03/30 00:14

どのくらいの資料があると「実在した」と納得するものなのでしょう?


「自分が見たものしか信じない」とするなら(私の場合)「昭和天皇から」です。
    • good
    • 0

一般に「欠史八代」と言われ、二代のスイゼイ天皇から九代の


開化天皇までは存在しなかったと言われています。
また、14代の仲哀天皇も存在に疑問が残ります。
さてnozomi500さんの回答は正しいと思います。満点です。
しかし、ロマンを求めるなら初代の神武天皇と十五代の応神天皇も
(十代の崇神天皇も)日本を建国した天皇がいたと思いたい。
回答になっていませんが..。
    • good
    • 0

「仁徳天皇」から前は不確実でしょう。

大阪にある「仁徳陵」も、何の物証もなく、「ここ」ときめたもののようです。それ以後は・・・

この回答への補足

 nozomi500さんが「仁徳天皇」から前は不確実とされる理由を教えてください。
 単に、(そんな理由では、ないですよね)「記紀に登場するから」というだけなら、神武もそうですし・・・。

補足日時:2001/03/26 02:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む

Q天皇という存在はいつ発生した?

お世話になります。
天皇についていくつか疑問があるのでよろしければお答え下さい。

○今上天皇は初代神武天皇から数えて125代目になられるということですが
現実的に考えて有り得ませんよね?
本当の所、実在する可能性が極めて高い天皇のみをカウントすると、現在の天皇陛下は何代目にあたるんでしょうか?

○江戸時代の天皇は今のように庶民から持てはやされる存在では無かったと聞いたことがあります。
これは本当のことなのでしょうか?
天皇が直接政治に関与していた飛鳥~平安、明治~昭和以外の歴史の中で、
天皇が庶民の崇拝対象だった時代はあるのでしょうか?

○天皇という制度はいつから誕生したのでしょうか?
神武天皇はもちろん神話の中だけの存在ですし、
どういった経緯でそのような制度が完成したのでしょう?
かなり間違っているとは思いますが、私が今まで思っていたのは、

卑弥呼の死後、日本のそこかしこで豪族が発生

豪族同士で争い、領土を広げる

様々な豪族を倒し、勢力をグングン伸ばしていく豪族が誕生

結果的にその豪族がほとんどの豪族を倒し、奈良に都を作る

飛鳥時代の始まり(事実上初代天皇の誕生)

というような感じなんですが、
詳しい方、よろしければご回答願います。

お世話になります。
天皇についていくつか疑問があるのでよろしければお答え下さい。

○今上天皇は初代神武天皇から数えて125代目になられるということですが
現実的に考えて有り得ませんよね?
本当の所、実在する可能性が極めて高い天皇のみをカウントすると、現在の天皇陛下は何代目にあたるんでしょうか?

○江戸時代の天皇は今のように庶民から持てはやされる存在では無かったと聞いたことがあります。
これは本当のことなのでしょうか?
天皇が直接政治に関与していた飛鳥~平安、明治~昭和以...続きを読む

Aベストアンサー

最初の疑問は、私も解りません。私も知りたいです。
もっとも、下記に記したように、神話から続いているので、神武天皇の存在の証明が難しいです。

次の江戸時代ですが、その通りです。
家康から天皇より幕府を重んじるように仕組んだ政策の表れです。
軍隊を持たない、領地もない、ただ金持ちの布施から生活していたそうです。
 崇拝対象は、主に地元の京都の庶民がしていたそうで、他の地は明治になるまで、崇拝対象になっていません。

最後のは、仮説ですが、最も有力視されている説です。
宮崎の豪族が近畿まで移動したともありますが、確証となる遺跡や古文書は見つかっていません。

あまり回答になっていませんが、駄文をお読みくださりありがとうございました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報