『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

こんにちは。毎度毎度、お世話になっております。

本日は、本の収納時の防虫剤について教えていただきたいのです!

本を大量に収納していると、紙ダニなどが発生しますよね?
それを防ぐシートなどは市販されているのでしょうか?

洋服タンス用などの防虫剤はいっぱい売っているのですが、それって布につく虫を防ぐ防虫剤ですね?
だったら紙につく虫には効かないんじゃないかと・・・

本を入れたダンボールがいっぱいあるのですが、それに入れておく防虫剤などは市販されているのでしょうか?
ダンボールの底に置く様なタイプの防虫シートなどがあれば助かるなーって思っていたのですが・・・。

また、本用の防虫剤が無い場合、皆様、どの様に本の防虫対策されているのでしょうか?

よろしくお願い致します。(* ̄▽ ̄)ノ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは(*゜ー゜*)



検索してみたら色々出てきました。
ナフタリンペーパーっていうのが良いらしいですね。
市販されている防虫シートで代用出来ると思います。

http://www.wul.waseda.ac.jp/faq/faq4-j.html

参考URL:http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/hon_kataru/katud …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

さっそくのご回答、ありがとうございます!

ナフタリンって洋服用と同じものですよね?
そうなんだー!
助かりました!
ありがとうございました!
(*⌒O⌒*)

お礼日時:2003/05/28 11:35

図書館では、古書の保存にナフタリンペーパーというものを使っているはずです。

ですから、ナフタリンのタンス用防虫剤を流用してもよいのではないでしょうか。
下記サイトを見ると、書籍によくつく紙魚(シミ)はナフタリン・樟脳・パラジクロロベンゼンなど、普通の防虫剤で防げるようですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました!

やっぱ、ナフタリンシートで大丈夫なんですねー。
図書館で使用してるなら間違いないですね!
情報、感謝です!m(__)m

お礼日時:2003/05/28 11:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本の防虫剤ありますか?

先ほど、1ヶ月前に購入した書籍を初めて開いたのですが、本の間に白い小
さな虫らしきものがいました。
以前から、本の間に小さな白い虫がいるような事が多々ありました。
しかも比較的新しい本です。

虫が嫌いというわけではないのですが、長くとっておこうと思っている本
なので虫食いが気になります。それに他人に貸すこともあるので、本の間
から虫が出てくるのもちょっと・・・。その白い奴が虫食いの原因となる
虫なのかはわかりませんが。

衣類の防虫はよく聞くのですが、本の防虫剤というのはあるのでしょう
か?オススメがあればご紹介下さい。

Aベストアンサー

本も、衣類と同じく繊維からできています。

また、私の経験から防虫剤は繊維をだべる虫だけでなく殆どの虫(アリなど)に効果があります。
衣類用の防虫剤でも効果があると思いますよ。

Q紙ダニがいる本、どうすればいい?

資格試験の勉強をするのが趣味で、1年前落ちた資格の再受験、合格を目指し勉強し始めたのですが、テキストに紙ダニがいるようです・・・・
最初は気のせいかな?と思いぽりぽりしながら勉強していましたが、その本を図書館に持っていって、机上に置いたときから隣の人もぽりぽりし始めてしまいました^^;

正直、こうもかゆいと勉強ところではないため、困っております。
数千円の市販テキストなら新しいのを買えば・・・・と思うのですが、通信教育のテキストのため、それもできません。(数万かかる・・・)

有効な紙ダニ駆除の方法、アイテム等ありましたら教えてもらえますでしょうか??

Aベストアンサー

思い当たるのは、

窒息させる。
1,真空パックして置いておく。
2,ビニール袋にエタノールを入れて気化させておいて、そこに本を入れて半日置いておく。刀の柄の殺菌・殺虫に使った方法。気化したエタノールが漏れないように、しっかりと閉じておく。ちなみにエタノールは酒税のかからない種類のものを使用。袋のなかで水滴があったり、できたりすると、本が汚れる可能性があります。
3,立てて頁を細かく開いた状態の本、火をつけた蚊取り線香を出来るだけ離しながら大き目のゴミ箱などでふたをする。隙間からダニが逃げる可能性があるので、外でやる。本が汚れる可能性が高いです。

熱処理。
1,電子レンジで加熱。材質によっては色が飛んだりします。傷みます。
2,黒い紙を上に乗せて、日干し (虫干し) にする。おすすめ。

Q本の手入れについて

最近本棚の本にシミと思われる虫がついていて困っています。それも奥の本でなくて手前に並べている本にだけなんです。ここの過去の投稿を参考にできるだけ風通しをよくしたり、扇風機の風を本棚に向けたりしているのですが、なかなか消えてくれません。しかたなく本棚の本を全部取り出して虫を手で払っています。

そこで、本に虫がつかないのに適している湿度、手入れ方法など、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

箪笥にいれておく衣類用のナフタリンでOKのようです。本用の防虫剤(ナフタリン・ペーパー)というものも販売されていますが、一冊ずつはさむ本格的なものですし、一般の防虫シートで充分ではないかと。http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/hon_kataru/katudou/021.html

あと、高価ですがお香も売られています。
http://www.kaorimiyabi.jp/kake-koh/insecticide/index.html

少量であればレンジでチン。ただしナフタリン・ペーパーを入れたままやると、紙魚は死んでも染みがつくことになるようです^^; ←神話なので定かではありません

Q古本を開くと手や腕がかゆくなる

古本をネット書店から購入しました。
見た目は想像通り色あせていて、相当古く、多少痛んでいましたが、
安かったし読むには問題ないので良しとしました。
でも、本を開いて読み始めると、手や腕が微妙にむずがゆくなるのです。
ダニのようなものがついてしまっているのでしょうか?
目に見えないカビの可能性ってあるのでしょうか?
この場合、何か対処法はありますか?

Aベストアンサー

ダニですね
レンジでチンするとか天日で干してください

黒い袋に入れて日に当てるといいですよ、そのごバサバサと開いて死骸を落とします。

カビも死にます

Q本の中にいる小さな虫

本を開くと時々ダニみたいな小さな虫がいます。
あの虫は何なんでしょう?
また、予防法とか退治法とかありますか?
教えてください。

Aベストアンサー

チャタテムシでしょうか。
詳細はこちらをご覧下さい。

http://www.kenkou.metro.tokyo.jp/kankyo/k_mushi/m2.html

http://www.shigakan.co.jp/reference/ref_chatate.html

参考URL:http://www.kenkou.metro.tokyo.jp/kankyo/k_mushi/m2.html

Q本に沸く虫の駆除及び予防

本に小さな白い・薄茶っぽい色の虫が付いていたりするのですが・・・駆除の具体的な方法と注意点を教えて頂きたいです。

1匹ぐらいなら対して気にしないのですが・・・
大量にうごめかれると・・・非常に気持ち悪いだろうなと思いまして。


虫干しとかかな?と思うのですが・・・本が日に焼けたり、頁の開き部分に型が付いたりとかしますか?(開いたままおく場合)

時期的にはどの時期が良いか・・・とか

その他注意すべき点がありましたら教えて頂きたいです

虫干し以外にも対処方法があるのであればぞれも是非お願いします

Aベストアンサー

パラゾールを本の上に置いておくと、それだけで結構効果があります。
本は乾燥を嫌うのと、最近作られた本(無線綴じやアジロ綴じの本)は、接着剤でつないでいるので、熱にも弱いので気をつけてくださいね。
また、紫外線で酸性紙は一気に黄ばむので、日に当てるのはNGです。(照明豊かな古本屋さんって、ブックオフくらいでしょう? 神田の古本街に行かれたことあります? 本を大切にする類のお店は全部北向きに店を構えています)
虫干しとは、風を通して文字通り「干す」ことなので、要注意です。

一番シンプルな方法は、真空パックですが。図書館が大事に本を保管する際は、空気以外の気体に置き換えることもあるらしいですよ。
そうそう、この手の虫さんは、意外とちょっとした高温に弱いので、60度くらいに温めてしまうのは手かもしれません。

Q虫干しとは?

こんにちは。
虫干しについて教えてください。

私は、普段クローゼットの中に本を保管しているのですが、たまーに白い小さな虫が本から出てきます。
これって、本を喰ってしまったりするんですよね?

検索をしてみた結果、虫干しが効果的だ!と皆さんおっしゃられるんですが・・・・虫干しとは具体的にどうすればいいのでしょうか?
ただ単に、日なたに本を並べるだけでいいのでしょうか?

ぜひとも、具体的な方法を教えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

白い小さい虫ですが、コナチャタテという虫でカビなどを食べています。本には害はありません。しかし、カビは本に害を与えるので、カビないように湿気には気をつけたほうがいいでしょう。虫干しする時は最近の表紙がカラーの本は日光で褪色するので、日陰で干した方がよいでしょう。
虫干しが有効なのは昔の和本(紐で綴じたもの)で、墨なので日光に当てても変色しませんし、紐をほどいてバラバラにして干して、あとで元通りに結わえることができます。
最近の本は保存場所が湿気ていなければ、干さなくてもよいと思います。

本を食害する虫は紙魚(しみ)という団子虫を平べったくしたような、小さいゴキブリを銀色にしたような虫がよく知られています。紙の表面を削るように食べるので、早く対処すれば大きな被害にあいません。

紙の元は木ですので、キクイムシやシロアリなど木を食べる虫に食われる事もあります。放置しておくと大きな被害がでます。
また、革の表紙の立派な本はヒョウホン虫やカツオブシムシなどの死骸を食べる虫の被害にあうこともあります。
こういった虫がいたら、すぐに薬剤で殺虫するべきでしょう。

私の経験からいうと一番うけやすい被害はネズミによるものです。本棚にある本は滅多に被害にあいませんが、床に山積みにして放置しておくと被害にあうことがあります。

白い小さい虫ですが、コナチャタテという虫でカビなどを食べています。本には害はありません。しかし、カビは本に害を与えるので、カビないように湿気には気をつけたほうがいいでしょう。虫干しする時は最近の表紙がカラーの本は日光で褪色するので、日陰で干した方がよいでしょう。
虫干しが有効なのは昔の和本(紐で綴じたもの)で、墨なので日光に当てても変色しませんし、紐をほどいてバラバラにして干して、あとで元通りに結わえることができます。
最近の本は保存場所が湿気ていなければ、干さなくてもよい...続きを読む

Q古本の殺菌の仕方を教えてください。

古本の殺菌の仕方を教えてください。

よく古本のネット通販で「殺菌をしてから発送いたします」と書かれていますが
どのようなものを使用しているのでしょう?
除菌ではなくて殺菌の仕方が知りたいです。

Aベストアンサー

表紙だけならアルコールをしみこませたウェットティッシュで拭くとか、市販のアルコールを薄めてティッシュなどにしみこませて拭くとか、古本屋ではそういうことをしていると聞いています。
これだと、表紙だけしか除菌できませんし(100%殺菌はできていないでしょう)、目的は除菌よりも汚れを取ることだと思います(アルコールで拭くと、汚れがよく取れ、乾きも早い)。

「殺菌してから」と書いてあるのが事実だとしたら、先の回答にあるように天日干しにしているか、あるいは紫外線をあてているか、どちらかだと思います。
散髪屋や美容院などではハサミの類を、電子レンジのような紫外線照射できる機械に入れて殺菌しています。開業医などでもスリッパを青い光の出る靴箱に入れて殺菌している所があります。
書籍専用の機械があるかどうかは知りませんが、もしかするとそういう類のもので殺菌しているのではないでしょうか。

ただ、実際に古本屋がそこまでしているとは、小生には思えません。せいぜいアルコールで拭くという程度だと思います。

「殺菌」する一番の方法は、天日干しなどで本全体に紫外線をあてることでしょう。
ちなみに、黒いビニール袋に入れて天日干しすると、日焼けも多少防げますし、中の温度が高くなって害虫もある程度駆除できますので、一石二鳥です。

表紙だけならアルコールをしみこませたウェットティッシュで拭くとか、市販のアルコールを薄めてティッシュなどにしみこませて拭くとか、古本屋ではそういうことをしていると聞いています。
これだと、表紙だけしか除菌できませんし(100%殺菌はできていないでしょう)、目的は除菌よりも汚れを取ることだと思います(アルコールで拭くと、汚れがよく取れ、乾きも早い)。

「殺菌してから」と書いてあるのが事実だとしたら、先の回答にあるように天日干しにしているか、あるいは紫外線をあてているか、どちらか...続きを読む

Q本のベストな保存方法。

本が大量にあって、どう保存すればいいか迷っています。

今は、売っている段ボール箱に入れて、畳の上に置いておいたのですが、ダニのような虫がくっついてしまっていました。
ガラス戸付きの本棚を買おうと思っていたんですが、本が日焼けして茶色くなりそうで…。

日焼けもしなくて、ダニみたいなのもつかないように本をきれいな状態で保つにはどのように保存しておくのがベストなんですか?(一般家庭での場合)

あと、本の日に焼けた部分を白に戻すにはどうすれば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

ダニはやっぱり防虫剤が最適だと思いますが、密閉した場所(通気性の悪い所)でもまずいっなって思います。特に雨期。
湿気でカビそしてダニ。

本棚の後ろは支える棒か板で、たまに移動できるような(掃除のときとか)キャスターがあるといいと思います。
押し入れに収納できるタイプの本棚は通販で売ってます。
日焼けもしないし、傷めないですみます。
押し入れには湿気とりを入れればほぼ大丈夫です。

本の日焼けは古本屋さんで焼けた所を紙やすりでけずってるのをよく見ます。コツとして平らな板(適度な大きさ)に紙やすりを巻き付けると上手にできます。

Q本にわく虫

うちには結構な数の本があります。中にはかなり古いものもあって、虫がわいているようです。
小さくて白いホコリのような虫です。一見ホコリです。動いてはじめて分かります。

どなたか良い対処法を教えてください。

密閉された本の除湿の仕方、なにか防虫剤で効果があるもの、虫干しの仕方(虫干しって本には悪いのでしょうか?)等、知っている方、同じように困っている方、いろいろ教えてください。

Aベストアンサー

書籍に湧く虫は紙魚(シミ)と言われています。一般にはナフタリンペーパーが良いとされます。詳しくは、教えて!gooの過去のQ&Aでやりとりがあります。↓(他にもあり)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1592451
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=559574

また、固い内容としては↓こんなのもあります。
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/hon_kataru/katudou/021.html#6

これらをご覧いただき、書籍の天の部分や、書籍置き場の裏側のホコリをこまめに清掃いたしましょう。


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較