4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

フライトスケジュール +1, 1dayとは何?

フライトスケジュールで、+1や1dayとあるものを見かけます。
飛行時間や時差が関係しているように思うのですが、明確に
わかりません。

例えばSQの例で教えていただけますか。
他に説明しやすい例があればそれでも構いません。

SQ221 SIN 20:40 -> SYD 07:35 +1Day

gooドクター

A 回答 (2件)

 こんにちは。


 +1ということは、現地到着時間が翌日になるということです。
 ご質問の場合は、シンガポールを現地時間の20:40に出発されて、シドニー着が現地時間の翌日朝の7:35ということです。
 ちなみに、飛行時間は7時間55分になります。
 また、現在運航されているかわかりませんが、まれにアメリカ深夜発ソウル翌々日朝着(+2)とか、グアム朝発ホノルル前日夜着(-1)とかという便も存在します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な説明ありがとうございます。
明確に理解できました。

アメリカ発~の件、面白いですね。
旅のプランニングが一層楽しくなりました。

お礼日時:2010/01/17 09:29

到着地との時差で、日付が途中で午前0時を越えるか、日付変更線を越えるかで、1日プラス(翌日)になりますね。


ご質問の例や、東南アジアの日本向けの夜間便(午前0時前発)などは、午前0時を越えて翌朝の到着になる例です。

日本人旅行者でなじみの深い北米路線では、ニューヨークからの帰国便があります。
JL005 NYC 12:00 -> TYO 16:20 +1Day
(JFK) (NRT)
ニューヨークをお昼に出ると、ずっと昼間(北極圏が夜になる冬季などを除く)のまま、太陽を追いかけて夕方に日本に着きます。
その間に日付変更線を越えるので、日付を1日進めます。
(飛行時間は14時間20分)

ニューヨーク便の場合、逆に
JL006 TYO 11:20 -> NYC 10:00
(NRT) (JFK)
と、同じ日付で時計を戻すことになります。
(飛行時間は12時間40分)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明ありがとうございます。

0時を超える、日付変更線を超えるというのがポイントですね。
ニューヨークは行きたいですがいつになるかわかりません。
その時まで今回のことを覚えていたいと思います。

勉強になりました。

お礼日時:2010/01/18 21:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング