痔になりやすい生活習慣とは?

設計事務所が「含む」と言っていた項目が工務店との契約に含まれていなかった場合、設計事務所に責任を問えますでしょうか?

次のような状況で弱っています。
確かに契約相手(工務店)との直接の詰めが甘かったという落ち度が私にあるとは思いますが、道義的にも設計事務所が許せませんし、なんとか費用も負担してもらいたいと思っているのですが、よいアドバイスをいただけないでしょうか。
(1)設計事務所の説明にもとづいて、設計事務所が選んだ工務店と契約。
(2)工事が進むにつれ、契約前に設計事務所が「見積もりには含まれている」と説明していた項目のいくつかが含まれていなかったことが判明。
(3)心配になり、ほかの項目についても途中で設計事務所に確認をするが、大丈夫といわれる。
しかし「やっぱり含まれていませんでした」というものがポロポロと出続けている。
(4)明示的にこちらから「含まれているか?」と問い「含まれている」というやり取りがあったもの以外は、しょうがないのでグレードダウンして追加費用を支払うことに。
(5)明示的に「含まれている」と言われたり、あきらかに含まれていないのがおかしいもの(たとえばベランダの手摺など)は、どうしてもこちらが支払うことが納得できないので設計事務所に負担をさせたいが、全額は無理と言われる。
(6)挙句の果てには、設計事務所自体の責任ではなく、その打ち合わせをしていた担当者個人がいい加減だった(担当者が社内報告もちゃんとやっていなかったので、会社として把握できていなかった)のが原因と説明される。
(7)担当者個人に支払わせるつもりと案内され、さらにその担当者との打ち合わせをセッティングされる。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

ダイワハウスや積水ハウスは設計事務所ではありません。


一級建築士事務所登録と混同されているのでしょうね。
まあ、世間の認識なんてそんなものなんですね、、、
    • good
    • 2

工務店と設計事務所とのやりとりの設計図にも記載漏れが多く、途中まで進んだ時点で話が違っていたので、指摘したところ発覚してところもあります。

それらは3者で話した結果、設計図への記載漏れということになりました。ですので、ほかの部分(たとえば手すり)も工務店のミスというよりも、設計事務所のミスだと思います。
工務店も別に言われたままに契約したわけではありません。数社コンペで決めています。設計事務所との細かい打ち合わせ(議事録も録音テープもあり)をもとにした設計図(これはまだ簡単なものしかないのですが)を完成させるための費用として提示された金額で契約しました。設計事務所からも「すべてこの金額で、これまでの打ち合わせの仕様は入っています」と聞いていました。>>>>>


>>>>設計コンペまでしていて設計事務所の説明にもとづいて、設計事務所が選んだ工務店と契約してみえるので、当然、設計見積もり用の詳細図があり、見積もり要項書があり、入札前の設計図書の記載もれ部分の説明会もあり、談合できないように、設計図書配布日と返却日も、変えて、入札メンバー社には、設計事務所推薦以外に、金融機関の推薦、だれにも教えていない、自分の気に入った工務店、時には、県外の工務店など、入れてみえるはずでしょうから、(普通に数社見積もり入札する)工事発注の段階で実施設計図がないなんて、ありえないでしょう。

一般的に、工事の1週間前には、A1サイズの施工図承認がありますし、すべての設計図書には、設計士の名前と、大臣番号が記載してあり、承認印欄があるのが、普通ですので、手すりの記載漏れなど、すぐ打ち合わせ会で、わかりますよね。当然、施工前に、そういう手すりなど、見本品提出で、承認をもらう。議事録がありますよね。大体、1週間送れで、議事録の承認印を施主が、押すはず。。。

設計監理契約をして、上記の行動がないなんて、ありえません。

当然、設計者と施主は、工事設計依頼契約書で、縛られてなすから。。

当然、ややこやしい部分は、原寸図も書くとおもいますし。。現場事務所にドラフタをおいて、せっせと、施工図を書いているのが、現場監督の仕事でもあり、録音を取るって、あまり聞きませんね~。すべて、施工図が出てくるので、普通、録音なんてしませんし。。

大きな設計事務所でも、住宅建設しますよ~。セキOスイとか、ダイワOウスとかね~。ただ、SRCやRCが得意なので、木造在来工法は、ほとんど知らないでしょうがね。。(図面承認くらいはするでしょうし、
見積もり精査表もくれるでしょ。。)

設計事務所からも「すべてこの金額で、これまでの打ち合わせの仕様は入っています」と聞いていました。
>>>>>>当然、図面に反映されているので、質問者のおっしゃる意味が、理解不能です。設計士=図面書きって言う意味もありますし。。

すべて、着工前の施工図承認で、始まるので、記載もれは、打ち合わせ時点で、打ち合わせに参加した、職人さんが、質問してきますでしょ???大臣免許を持っていて、初めて設計士なので。。

不思議ですね~。
    • good
    • 0

回答9の者です。



推測するしかありませんが、、
恐らく詳細設計図(実施設計図)を描いていないのではないでしょうか。
詳細設計図を渡さないというより渡せないのでは?
一般図(平面図や立面図など)で工事を発注したために、つまり詳細図がない状態で工務店に見積もりを依頼したため、手摺などが落ちている可能性があります。

詳細図があるのに手摺が図面から抜けているとは考えにくいです。
設計図の不足が現在の事態を引き起こしている可能性が高いと思います。
このあたりを追求してみてはいかがでしょうか。

工事発注の段階で実施設計図がないというのは、考えられませんし、施主に実施設計図を提出していなければ、設計業務は完了していないと言えます。

設計契約はいつごろでしょうか?
正確な時期は忘れましたが、、、昨年から設計契約に先立ち、業務内容を文書及び口頭で説明することが法律で定められています。そこには作図する設計図も含みます。(法改正の時期や内容は国土交通省に問い合せれば教えてくれるかもしれません。部署がわからなければ代表番号で要件を言えば案内してくれるはずです)

工務店選定については文面から誤解していました。すみません。
    • good
    • 0

回答9の者です。



推測するしかありませんが、、
恐らく詳細設計図(実施設計図)を描いていないのではないでしょうか。
詳細設計図を渡さないというより渡せないのでは?
一般図(平面図や立面図など)で工事を発注したために、つまり詳細図がない状態で工務店に見積もりを依頼したため、手摺などが落ちている可能性があります。

詳細図があるのに手摺が図面から抜けているとは考えにくいです。
設計図の不足が現在の事態を引き起こしている可能性が高いと思います。
このあたりを追求してみてはいかがでしょうか。

工事発注の段階で実施設計図がないというのは、考えられませんし、施主に実施設計図を提出していなければ、設計業務は完了していないと言えます。

設計契約はいつごろでしょうか?
正確な時期は忘れましたが、、、昨年から設計契約に先立ち、業務内容を文書及び口頭で説明することが法律で定められています。そこには作図する設計図も含みます。(法改正の時期や内容は国土交通省に問い合せれば教えてくれるかもしれません。部署がわからなければ代表番号で要件を言えば案内してくれるはずです)

工務店選定については文面から誤解していました。すみません。
    • good
    • 0

設計事務所勤務の者です。

回答のなかに、あまりにも事実誤認や素人イメージ(失礼)が多いので書かせていただきます。

1.大きな設計事務所だと、想像します
断言しますが、大きな設計事務所ではありません。大手は、住宅など絶対やりません。儲からないからです。3~400万程度の設計料では会社が維持できません。

2.文面からすると、大手プレハブメーカーの設計部門の営業さんとの話し合いと想像します。
設計事務所とハウスメーカーの違いが分かっておらず、知識が圧倒的に不足しているので、回答も支離滅裂です。

3.雑誌などで、宣伝して、知識のない個人を相手に商売するなんて、悪質ですね。
悪質の意味がわかりません。雑誌で宣伝したらいけない理由はなんですか?住宅設計なら相手は普通知識のない個人でしょう。

4.これは、打ち合わせ確認の文書を作成させ、書名、捺印をもらってください。担当者、責任者とも。
それをしてないから問題になってるんでしょ。今から不可能なアドバイスです。

まず、工事契約に本当に入っていないのか確認すべきです。そこのジャッジが正確でない可能性が高いですよ。
一般的な工事契約では民間連合の契約書を使うと思いますが、図面契約ですので、図面にあるかないかで、工事契約に含まれるかを判定することになります。見積もりにないとしても単なる積算ミスですので、工務店の都合を言っているに過ぎません。

図面になければ、2F以上のベランダに手摺がないのは建築基準法に違反しますので、確実に設計ミスですね。ただ、要求出来るのは、設計料の減額もしくは設計委託契約の解除です。手摺の金を払わせるのは、あなたに実害がないので難しいでしょう。賠償が発生するのは手摺が無くて落っこちてケガをしたとか、実害が発生した場合です。その場合もPL法により工務店にも賠償責任が発生します。

要望したものが設計図にいくつも落ちているのは設計委託契約に違反するので同様に設計料の減額の可能性があります。

しかし、何千万もする買い物をするのに、言われたままの業者に特命で発注するってのは。。。工事契約の主体はあくまで、施主(質問者)と工務店です。そこをお忘れなく。設計者が行うのは「助言」です。

設計者とはすでに信頼関係が失われているので、他の信頼できる専門家に相談してください。専門知識のない正体不明の方からの回答を、ご自身に都合の良いところだけピックアップしてもどうにもなりせん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
先にほかの方の回答でも述べましたが、9月に着工していますが、いまだに概要設計図しかもらえていません。ちゃんとした詳細の設計図はもらえていません。
工務店と設計事務所とのやりとりの設計図にも記載漏れが多く、途中まで進んだ時点で話が違っていたので、指摘したところ発覚してところもあります。それらは3者で話した結果、設計図への記載漏れということになりました。ですので、ほかの部分(たとえば手すり)も工務店のミスというよりも、設計事務所のミスだと思います。
工務店も別に言われたままに契約したわけではありません。数社コンペで決めています。設計事務所との細かい打ち合わせ(議事録も録音テープもあり)をもとにした設計図(これはまだ簡単なものしかないのですが)を完成させるための費用として提示された金額で契約しました。設計事務所からも「すべてこの金額で、これまでの打ち合わせの仕様は入っています」と聞いていました。

いずれにしろ仰る通りで、私共が甘かったんだと思っています。

お礼日時:2010/02/15 09:48

設計事務所に頼んで都内に建築予定です。


既に契約を前提に話を始めてしまっています。
怖いので自分が契約しようとしているところかどうか教えていただけないでしょうか。
sekkeijimusyo_sagashitemasu
上記に「@ホットメール.co.jp」にお教えいただけないでしょうか。
ご相談のために掲示板に投稿されているにもかかわらず、逆にこのようなお願いをしてしまいまことに申し訳ございません。
    • good
    • 0

追加です。


一般的に設計事務所は、施主の代理として、工務店と折衝するものなのです。今回の質問によると、信頼関係のあるはずの設計士と施主の関係より、施主と工務店の関係の方が正常にみえてしまいます。

雑誌などで、宣伝して、知識のない個人を相手に商売するなんて、悪質ですね。

別な設計士や弁護士に相談することが、必要かもしれませんが、あなたの物件では、もはや、うまく修正できないかも、知れませんが、他の被害者が、これ以上でない方向には、できるかも知れません。

建築設計士のモラルも、落ちましたね。ちょっと前までは、そんな設計士は、あまり見ませんでしたが。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
建築士事務所協会とかに相談してみようと思います。

お礼日時:2010/01/18 23:32

というよりも実は9月下旬に着工しているにもかかわらず、1月も中旬を過ぎている今になっても製本された図面をもらえていません。

。。
もらえているのはけっこうアバウトな図面だけです。これって普通のことなのでしょうか?>>>>まったく普通ではありません。個別の契約につき、設計図面と付属図書がついた、設計監理契約書を交わすのが、普通です。

http://homepage3.nifty.com/takahashi-net/hbpdesi …
で、これで、できた図面にもとづき、工務店と下記のような契約を交わします。
http://www.gcccc.jp/contract/21-5.html

設計監理が、図面なしでできることはありえません。

施主をなめきっています。

消費者庁に相談されたらどうでしょうか?

私の付き合った、1級建築士で、そんな人は、一人も居ませんでした。
20人くらいしか、存じ上げてませんが。。
    • good
    • 0

その建築設計事務所はどちらでしょうか?


都内で家を建てようと思っていまして・・・ぼやかして教えていただけないでしょうか?

この回答への補足

うーん。ごめんなさい!
企業名を挙げるのは、この掲示板の禁止事項に抵触しそうですので、どうしても必要でしたら、この掲示板経由ではなくお伝えしますね。

これから契約する方へ向けての、私なりにできるアドバイスとしては・・・。
ほとんどの打ち合わせは録音していたので、工事請負契約に「これまでの打ち合わせ内で約束されたこと(録音データ参照)はすべて行う」とかいう一文を入れておけばよかったです。そんなことができるかどうかはわかりませんし、そもそもその一文が入っていなくても、当たり前な気もするのですけど。。。

補足日時:2010/01/18 18:43
    • good
    • 0

大きな設計事務所だと、想像します。

一般住宅の設計付随書類には、まだ、少ないですが、普通、それくらい大きい設計事務所ですと、見積もり要項書、入札要項書、施工業者質問表、施工指示回答書、標準施工一覧表などの書面があるはずです。

基本的に、現状の設計士は、設計図書に記載もれやミスがあっても、施工業者に、尻拭いさせるだけで、設計事務所が弁済したと言うのは、あまり聞きませんが、本来の流れですと、設計図書が施工業者に渡り、そこから、見積もり提出期限までに、質問書が来て、それに設計士が回答して、見積もり書が出来上がります。また、設計士は、すべてのことを、設計図書に記載することは、ありません。特記仕様書に記載のない部分は、国土交通省の入札規定によるとか、ナショナルOO-OOO相当の器具とするとか、配金とか、溶接とか、技術的なことは、設計事務所の評価する標準施工法を基準とするなど、書いてあります。

文面からすると、大手プレハブメーカーの設計部門の営業さんとの話し合いと想像します。「実際は、損失は出ていない」のでなく、明示的に含まれていると説明があったのですから、たとえば、ベランダの手すりが、オプション対応であったとしても、営業さんが、含まれていると説明して、総額を妥結したので、手すりは、サービス工事ってことで、設計事務所の責任で、施工業者と交渉してもらうべきでしょう。施工業者は、悪くなければ、設計士が負担してもです。

一般的に、設計図書を見ただけで、ここの配金がおかしいとか、ここの施工図は、この絵では、描けないとか、指摘できる施主は居ません。

よって、設計士が、施工監理料をもらって説明したことは、設計図書に記載があるなしにかかわらず、プロとして責任を持つべきです。

そうでなければ、監理料など、不要です。

ほとんどの建物は、週1回ほど、打ち合わせしていかないと、施主の思うものは、できません。設計図を作成時に、そこまで細部まで、決められないのが普通です。よって、設計士は、特記事項の注記がない場合は、標準施工リストによると記載して、そのリストを施主に渡すのが、普通です。

大手設計事務所=きちんとしているってことは、ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
住宅建築の雑誌に毎回大きな広告を出している設計事務所です。ですので大手かというとそうでもないですし、かといって個人でやっているところかというと、そうでもない、という規模の事務所です。

例として挙げさせていただいたベランダ手摺は3階のものです。そもそも「つけないで完成」というのは法令上NGじゃないの???という気もします。このままでは普通に落っこちます。ばかばかしいですが、図面には書いてあるのですが、見積もりには含まれていないそうです。
他にも造作家具や引き戸が図面には書いてはあって、「見積もりに含まれてますよ」と聞いていたにもかかわらず、あとから「含まれていません。よく見ると図面上も点線ですね」とか。。。
私もプロとして責任を持つべきだと思いますし、そう訴えています。もしもこの設計事務所がいうことがまかり通ってしまうなら、怖くて誰も発注できなくなってしまうと思います。
週一回以上打ち合わせは続けています。毎回3時間以上です。長いときは10時間もやりました。

お礼日時:2010/01/18 18:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築会社の見積りミスで追加費用を請求されました。

この度、実家で新築を建てることになったのですが

既に基礎工事が始まっている最中に突然、
生コン車に予想より多く費用がかかってしまったため
追加で25万円出してほしいと建築会社の担当さんに言われました。
もう、基礎も半分できあがっています。

もし、ここで出し渋って後々どこかで手を抜かれないか
心配なので素直に応じたほうが良いのか悩んでいます。

これは、建築会社の見積りミスだと思うのですが
どのように対処するのが適切でしょうか。

お知恵をお貸しください。。

Aベストアンサー

再びNo.1です。しつこくてすみません。
契約内容から変更したり追加する事になった場合、その増減金額が、契約内容と照らし合わせて妥当であるかどうかの精査をする事も、工事監理者の仕事です。金額が妥当かどうか、海千山千の建築会社の巧妙な計算方法にメスを入れての精査が、素人にできますか?
工事監理者の居ない工事は有り得ないですから、監理者に守ってもらって下さい。もし施工会社側の人が監理者になっていたら、施主の代理人を務める第三者に即入れ替えをしないといけませんよ。
これだけ建築トラブル続きの昨今に、何のために国が救済措置として、「第三者による工事監理」を法制化して呼びかけているか、無視する方が実に多すぎますね。
そういう方達は、自分で対策する事を選択したのでしょうが、実は自ら無防備な状態を選択しているのですよね。プロでも高度な業務なのに、そりゃ素人には無理ですよ。痛い目に遭ってる事すら気付かない人が殆ど。気付くよりは幸せかもしれませんが。
でもね、お金が大事なら、無駄に払わない対策を取るべきですよ。施工会社の言うなりになるよりか、1割でもコスト削減出来たほうが得でしょう?
施工会社に何かサービスしてもらって得することなど有り得ません。必ずそれでも儲かるように吹っかけて有ります。
第三者的立場の工事監理者がつくと、施工会社は「活かさず殺さず」の金額で仕事させられる羽目になります。
私は別に施工会社を敵視しているのではなく、私も建設会社でそのからくりの有能者でしたし優秀な後輩を沢山育てたからキッパリ言えるのです。

再びNo.1です。しつこくてすみません。
契約内容から変更したり追加する事になった場合、その増減金額が、契約内容と照らし合わせて妥当であるかどうかの精査をする事も、工事監理者の仕事です。金額が妥当かどうか、海千山千の建築会社の巧妙な計算方法にメスを入れての精査が、素人にできますか?
工事監理者の居ない工事は有り得ないですから、監理者に守ってもらって下さい。もし施工会社側の人が監理者になっていたら、施主の代理人を務める第三者に即入れ替えをしないといけませんよ。
これだけ建築トラ...続きを読む


人気Q&Aランキング