(273) その2
But do you at any rate, always remembering my charge, work, high-born Perses, that Hunger may hate you, and venerable Demeter richly crowned may love you and fill your barn with food; for Hunger is altogether a meet comrade for the sluggard. Both gods and men are angry with a man who lives idle, for in nature he is like the stingless drones who waste the labour of the bees, eating without working; but let it be your care to order your work properly, that in the right season your barns may be full of victual.
試し訳
しかし、兎に角、お前は常に私の話(説示)、仕事のこと、高貴な生まれのペルセースよ、飢餓の神ハンガーがお前を憎むかも知れないということ、また、豪華な王冠を身につけた尊いデーメーテールがお前を愛してくれて、(お前の)納屋が食糧で一杯になるかもしれないということをいつも忘れるな。
というのも、飢餓の神ハンガーは怠け者のために、全員、互いに会う仲間だからだ。
両方の神と人々は怠けて暮らす者に腹を立てる。(というのも、)そういう者は、本質的に、働かずに食いながら、ミツバチの働きを無駄にする刺さない雄バチのようなものだ。しかし、きちんと自分の仕事をするように配慮しようではないか。そうすれば、収穫期に、お前の納屋は食糧で一杯になるだろう。

質問
(1)do you at any rate ,always remembering my chargeについて
  rememberについて、「兎に角、お前は常に私の云う事を忘れるな」
  でよいでしょうか。<覚えておけ、心に留めおけ>が考えられる。

(2)altogether a meat comradeについて
  「全員、互いに会う仲間なのだ」でよいでしょうか。
  <接触する・一緒になる・(仲の良い;辞書にはない)>が考えられる。

(3)Both gods について
  DemeterとHungerの二人という意味でしょうか

(4)let it be your care to order your workについて
  「きちんと自分の仕事をするように配慮しよう」

(5)that ……may……について
   この用法は二か所で使われています。
  (a) that Hunger may hate you  
    このthat mayは「そうすれば、かも知れない」でよいと思う。
  (b) that in the right season your barns may be full of victual.
    このthat mayは「そうすれば、一杯に出来るかもしれない」としたが
    <出来る(可能だ)、出来るかもしれない、出来るだろう>が考えれ    る。どれが正しいでしょうか。

(6)in the right seasonについて
 「収穫期に」でよいでしょうか

(7)may be full of victualについて
  「食糧で一杯になるだろう」でよいでしょうか。
  victualは「穀物」、may be full は「一杯に出来る」が考えられる。

(8)Hungerについて
   「飢餓の神ハンガー」としたが、神名としては確認できなかった。
   <飢饉の神、空腹の神>が考えられる

A 回答 (1件)

(1) do you at any rate, always ...



冒頭の文の中の

 always remembering my charge

という部分は挿入句で、その部分の訳としては、お示しになられている

 兎に角、お前は常に私の云う事を忘れるな

で間違いないと思います。

その挿入句を外すと

 But do you at any rate ... work, high-born Perses ...

という文になります。意味は、

 しかし(But)とにかく(at any rate)働け(work)、高貴な生まれのペルセースよ(high-born Perses)

となります。But の後の do you は、you do を倒置させたもので、「働け(work)」という命令を強めている。


(2) a meet comrade

この meet には驚きました。動詞以外の用法なんて、初めて見ました。
辞書を引くと、古い用法で「ふさわしい」という意味があるようです。
すると

 飢餓の神ハンガーは怠け者にはふさわしい友だ

とでもあるでしょうか。


(3) Both gods and men

私は、この gods は一般的な意味での(人間を越えた存在としての)「神々」のことではないかと考えます。


(4) let it be your care to order your work

care は「気をつけること」。つまり、そのことに怠りがないようにすること。
order は「整える」「処理する」という意味があります。
むつかしい表現で訳せば「試し訳」のようになりますが、要は

 抜かりなく仕事をしなさい

という意味だと思います。


(5) may

a) that Hunger may hate you

 これは、「結果」「可能性・推量」の表現と読むこともできそうに思います。

 そうすれば、飢餓の神ハンガーはお前を嫌うだろう

b) your barns may be ...

この may も「可能性・推量」だと思います。

 お前の納屋は食糧で一杯になるだろう(= 一杯になることが可能である)


(6) right season

「正しい季節」とは、農業においては「収穫期」のことです。


(7) victual

それでいいと思います。ここの may も「推量・可能」だと思います。
辞書によると、victual は古い語で、普通は victuals の形で用いるそうですね(また、vic- の c- の音は発音しないのだとか)。


(8) Hunger

Limos という spirit がいて、彼は Demeter の対極の存在みたいです。
http://www.theoi.com/Daimon/Limos.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を読んで。
動詞、助動詞について分かったと思います。
注目した点があります。
(1)But do you at any rate ... work, high-born Perses
  この文から、ヘーシオドス一家は名門の出身であったようです。
  そして、彼自身、これを意識して、弟に説教していると思われます。
  これは、少し前に、ヘーシオドスに名門意識があるのかどうか、
  分からなかったのですが、これで、明らかになったと思います。
(2)Hungerについて
  これが、いままで、分かりませんでした。
    もう少し、こうしたcomが読めるといいのですが、
       まだ、ちょっと、手ごわい相手です。
(3)別件ですが、(274)でnakanonanakoさんが回答をお寄せ下さいました。
  今、質問者は文字通りに読もうとしているのですが、意味はかなり
  深遠なようです。ここで感じることは、ヘーシオドスは何を言おうと
  しているのか、どういう考え方をもって述べているのかという
  点に着目しておられることです。
  表現が素直でないなと思いながらも、本当に言いたいことを表現しよう
  とするとこういう書き方になるのかも知れません。
    あまりにも難しい問題ですが、こんな感じを受けました。
いろいろありがとうございました。   
  

お礼日時:2010/01/19 20:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカッコに入る単語をおしえてください! Another reason may be that the

カッコに入る単語をおしえてください!

Another reason may be that the older one gets, the closer he draws to the time ( ) he will eventually die.

できれば訳もお願いします(ó﹏ò。)

Aベストアンサー

Another reason may be that older one gets, the closer he draws to the time when he will eventually die.
もう一つの理由は、人は歳をとればとるほど、やがて死ぬときに近づいていくということかもしれない。

Qbe full of be filled with

どうしてbe full with でも be filled ofでもないのでしょうか?of とwithのちがいはここでは何ですか?

Aベストアンサー

>This box is full of flowers.
>という文はまちがいということになりませんか?箱が花という箱とは異なった物質で満たされているのですから、A is filled with B. のみが正しいということになりませんか?

「つまり、with B という言い方は、Aとは異なっているという意味合い」という書き方がまずかったようですね。ここでは、of とwith の比較ですから、「異なっている」とか「同じ」と言っても、比較の問題なのです。ofが持つ感覚に比べて、withが持つ感覚は、例えば、The box
was broken with a hammer.の文と同じで、主語とwith の後に来る語は異なることをニュアンスとして持つわけです。つまり、明らかに例外なく「異なる」と言う意味ではありません。

また、A is full of B. となるのは、AとBが同じものという意味ではありません。もし、容器とその中身が同じものなら、満たすという意味自体が成立しません。
自分は最初の回答で「 ある意味、AがBをもともと備えるのが自然であり、自然に、または、たまたまBでいっぱいになっている」と述べましたが、まさに、問題にされている文は、「AがBをもともと備えるのが自然」な場合になります。
つまり、this box に 花がいっぱい咲くという感覚が特に第三者の行為と意識されず、その箱と花がある意味、一体となったものと意識されれば、自然な表現です。

それから、補足ですが、be filled with は、受身ですから、「誰かの行為を受けて」という感覚がある程度あります。

>This box is full of flowers.
>という文はまちがいということになりませんか?箱が花という箱とは異なった物質で満たされているのですから、A is filled with B. のみが正しいということになりませんか?

「つまり、with B という言い方は、Aとは異なっているという意味合い」という書き方がまずかったようですね。ここでは、of とwith の比較ですから、「異なっている」とか「同じ」と言っても、比較の問題なのです。ofが持つ感覚に比べて、withが持つ感覚は、例えば、The box
was broken with a hamm...続きを読む

Qbe filled with と be full of

be filled with と be full ofをどのように使い分ければ良いのですか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 この2つを「~が水で満ちている」等と使う場合はほぼ同じように使えますよ。
 そんなに大きな違いは無いように思いますが、fullの方が少し守備範囲が広いと感じます。
 「あの人はユーモアに満ちている」とか「彼は不満でいっぱいだ」等の時はfullがいいですね。
 
 根本的には、fullは形容詞でbe filled withは受動態ですから、fullは状態的、filledは動作的です。
 よって、上記の例文の「ユーモアに満ちている」などはfullでは書けますが、filledではしっくりきませんね。
 形容詞のほうが守備範囲が広いですね。
 
 ただ、ある知らせを聞いて喜びに満ちたというような場合はどちらも使えると思います。
 動作・状態どちらでもあてはまりますので。
 
 説明がヘタクソでごめんなさい。
 

Qso that使用の訳について→soの前にコンマが付いていませんが、thatの後にwill、can、mayもありません。

こんにちは、みなさん!!

【質問】下記の文章での、so that構文の直訳がうまくできないので教えて頂けないでしょうか。

I would appreciate your looking into this matter in a timely manner so that my good credit standing is not damaged.

私の信用状態が損害を受けないよう、この件について早く、調査していただければ幸いです。

【質問の背景】
so that構文には下記の2種類があると思います。

1 so that S will(can,may)・・・ Sが・・・するために
2 ~,so that・・・        ~なので、結果・・・

しかし、質問文章は、上記の構文のどちらにも該当しないと思い
訳に困ったのが背景です。

Aベストアンサー

>しかし、質問文章は、上記の構文のどちらにも該当しないと思い訳に困ったのが背景です。

○ ある英々辞典の「so (that)」についての説明と例文です。

a) in order to make something happen, make something possible etc:

 (1) He lowered his voice so Doris couldn't hear.
 (2) Why don't you start out early so that you don't have to hurry?

○ 「目的」を表す場合でも「don't」を使ったり、「so」だけになったりもします。「may」を使うのはかなり格式ばった場合のみという説もあります。

b) used to say that something happens or is true as a result of the situation you have just stated:

 (1) There are no buses, so you'll have to walk.
 (2) The gravestones were covered with moss so that it was impossible to read the names on them.

○ 「結果」を表す場合でも「will」がついたり、「so」だけになったりもします。また、「,」がない場合もありますね。会話の場合には、ほとんど「, so」になってしまいます。

○ 確かに「目的」と「結果」の見分け方の最も簡単な基準は、「,」の有無や「助動詞」の有無です。そして、たいていの場合にはその基準(原則)が有効だと考えて良いでしょう。

○ しかし、略式か正式かだとか、主節の時制だとか、様々な理由で原則が崩れることが、上記の説明以外にもあります。それらをすべて覚えることは現実的ではありません。文脈で判断することが必要なことがあることを頭の中に入れておくと良いでしょう。

○ お尋ねの英文の場合には、「目的」と判断して良さそうです。

>しかし、質問文章は、上記の構文のどちらにも該当しないと思い訳に困ったのが背景です。

○ ある英々辞典の「so (that)」についての説明と例文です。

a) in order to make something happen, make something possible etc:

 (1) He lowered his voice so Doris couldn't hear.
 (2) Why don't you start out early so that you don't have to hurry?

○ 「目的」を表す場合でも「don't」を使ったり、「so」だけになったりもします。「may」を使うのはかなり格式ばった場合のみという説もありま...続きを読む

QI hate it when that happens.

I hate it when that happens.
NHKラジオ英会話講座より
Ouch! I twisted my ankle. I hate it when that happens. I'd better rest for a minute. If it's serious, I don't want to make it worse. Oh good--it's starting to feel better.
質問:I hate it when that happens.のitとthatの使い方でお尋ねします。
(1)itはankleを指す代名詞で、thatはI twisted my ankle(足首をひねったこと)を指す指示代名詞で間違いありませんか?
(2)無理に直訳すると「私は足首を捻挫する状況が起こる時の足首が嫌いだ」というのが文の流れでしょうか?
 itとthatの違いをしっかり理解したいです。よろしくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

that は足首をひねることだと思います。it は when that happens をあらかじめ受けておくもので、hate は when 節を直接、目的語にできない(直接目的格という意味ではありません)ためです。
漠然と「嫌だ」と言っておいて、それが何なのか、どんな時なのかを when で具体的に言う、という構造になっています。
「漠然と」というのは it は that と違って指し示すものではなく、話者の心中にある何かを受けるのであって「それ」というほどの意味を持たないことが多いからです。日本語の「嫌だ」と違って hate は後に何かを続けないといけないので(これを文法的に hate は他動詞だから、と言いますが、使い手からすると hate も目的語がないのは何か気持ちが悪いということです)it を置いています。
では、it を受け、hate の真の目的語になるなら when 節は名詞節かと言うと、別にそれはどうでもいいことなのです。「そういうことが起きる時」が嫌なのであって、「時」を言い表すには when というある意味当たり前の発想です。
hate it that にすることも可能かと思いますが、that は「~すること」そのものが嫌、という違いがあるかもしれません。
hate it when はどうやらよく使われる言い回しらしく、質問の文全体を検索しても使用例がたくさん見つかり、I hate it when it is hot.「暑いのは嫌」というような言い方も見つかります。

that は足首をひねることだと思います。it は when that happens をあらかじめ受けておくもので、hate は when 節を直接、目的語にできない(直接目的格という意味ではありません)ためです。
漠然と「嫌だ」と言っておいて、それが何なのか、どんな時なのかを when で具体的に言う、という構造になっています。
「漠然と」というのは it は that と違って指し示すものではなく、話者の心中にある何かを受けるのであって「それ」というほどの意味を持たないことが多いからです。日本語の「嫌だ」と違って hate は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報