質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

正統派の書家は固形墨で磨った墨を使うもの?
販売店で売っている化学薬品がはいってる墨汁は、ただの黒インクと同じであり
そのニセモノの墨汁を使って「私は書道家だ」と言い張っている人が
かなりいるといわれました。書で必要な 「筆 硯 紙 墨」をまともに使えない書家は
本当の書家ではないと言ってました。
練習用として使われる墨汁で書き多額の値段で売りさばく書家もいるとも聞きました。
素人には墨の判断は出来ないからとの事。
はたしてそうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

おやおや・・・


どうもこの手の質問は
関連者は質問者に対して攻撃的で見下す言い方しか出来ないですなw
まあ
お怒りはわかりますが、もうすこしソフトに行きましょう。
あくまでも質問なんですから。
ケツの穴とかwww どっちが?って思うよw


それじゃあ簡単に回答でもしましょうか。


● Gペンで墨汁使って字書いたら 書道と言ったら書道なんだよ!

● カツラ付けたまま書を書いても 書道と言ったら書道なんだよ!

● 絵の具使って書を書いても 書道と言ったら書道なんだよ!

● 近代アート作家と呼ぶな 書道家と言ったら書道家なんじゃ!

● 伝統ある代々受け継いでいる書道家なんだ 指で書いても書道なんだよ!

● 白と黒でしか表現できないんだ! どんな道具使っても別にいいだろ!

● 「書家」と名乗れば なんでも有りなんだよ!

● 自己満の集団なんだ! 書道家と名乗ってるからいいだろう!

ちなみに 茶道でいうなら

☆ コーヒーカップにお茶入れて飲ませても 茶道と言ったら茶道だ!


つまり「書家だ」と名乗れば何でも良いそうです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なんとなくイメージで分かりました

お礼日時:2010/01/19 16:04

>・・・書で必要な 「筆 硯 紙 墨」をまともに使えない書家は


本当の書家ではないと言ってました・・・

ってどなたが仰ってたんでしょうか。
ま、その方が正統派の書家なら、言ってることは本当なんでしょう。

そもそも正統派の書家ってどんな方を指していうのですか?
流派で正統派とか邪道派(そんな呼び名じゃないですかね、笑)っていうのが決まってるんですか?

十数年書をやってきて、正統派とかってくくりで書家を聞いたのが初めてだったので、見識の狭い私にはすっごい興味があります!!

ちなみに練習用の墨汁、、、学校とかで習字用に使うような墨汁なら表装したら判るんじゃないですかね、書をやっている人なら。

素人さんだと、練習用とか作品用とか墨汁か固形墨かなんてことは判りづらいかもしれませんが、

そもそも、墨がどんなであれ、道具がどんなであれ、硯がどんなであれ、

才能があれば、
その作品が良ければ、
その作品が欲しいって言う人がいるなら、

売っても買ってもそれはそれでいいのではないですかねぇ。
ダメですかぁ?

ちなみにウチの師匠もそのまた師匠も
すばらしい書道の師匠でしたが(ひいき目なしで見ても)、
墨汁も必要に応じて使ってましたし、、、
正統派じゃなかったんでしょうかねぇ。笑。
    • good
    • 0

正統派を自認する方はプロも素人も貴方の仰せのようでしょうね。


私も幾らか書を嗜みますが、全く拘りません。それこそ臨機応変で、ゆっくり墨を摺ってから筆を持つときもあれば、墨汁の中にどっぷりと浸す場合もあります。
書道家と言われる方に師事したことは一度もありませんが、書展で佳作を何度か戴いてる作品は、全部墨汁を使用しています。
看板に屋号を書くのもペンキでデカデカと自作です。気にする方がおかしいです。
日本は、何につけても権威主義者が居て、自分の都合のいいようにルールを作り、家元なんてふんぞり返っていますが、この書道もこの亜流ですね。
鑑賞に足る作品であれば、文句をつけるほうは尻の穴の小さい人物なんでしょう。
    • good
    • 0

私は書家ではありませんが、小さい頃書道塾に通ってそれなりの段位までいったものです。


塾では墨汁は禁止でした。正式にはどうか知りませんが、書道というのは硯に水を入れ、固形墨を擦ることにより、その香りを楽しみながら心を落ち着けて、やがて擦り上がった墨を使う、という手順が必要なものだと子供心に理解していました。
>素人には墨の判断は出来ない・・・・。
そんなことはありません。墨汁は真っ黒で薄墨の良さがまったく現れず、素人目にも擦った墨との区別は歴然と解ります。
以上から、「書家」でなくとも多少とも書道をたしなむ者なら墨汁は使わないだろう、と思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q磨った墨の保存はどうしていますか

たくさん墨が要る場合、磨った墨の保存はどうしていますか?
前日に用意したのでは間に合わないので、
毎日少しずつ磨ってストックしておこうと思ったのですが、
夏場は特に、折角磨った墨を腐らせてしまったり、
腐る対応策に冷蔵庫に入れておいたところ
ゼリー状に固まらせてしまったり、いろいろやらかしてます・・・。

もっとスマートに墨を用意する方法はないのかと思い、質問しました。
初歩的なことかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大量に必要なら墨汁をつかいます。

すらないですね。

あと、基本わたしは、すった墨はそのつどすてていました。

Qお勧めの墨液知りたいです。

墨液や固形の墨で、良いと思われるものを教えてください。書道用品店には沢山ありすぎて、どれがいいのか分かりません…。現在は「玄宗」という濃墨を薄めて使用しています。
半紙~全紙サイズの作品を書くときにお勧めのものを探しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 墨汁は開明を勧めます。外はどれも大差ありません。

 固形墨は油煙墨と藁などの煙から出来たものがあります。

 半紙等は油煙墨がいいでしょう。草仮名・変体仮名は別です。

 半切~連落ち~全紙は文字にもよりますが、散らし書きなら油煙墨以外の墨も趣があります。

 有名な書道用具を扱っている店は安心できると思います。墨色(青黒墨・灰色墨)等を余り気にしなければ大差はありません。

 余計な事ですが、筆を使用後は水で洗うと、次に使用するするときに墨汁が容易に筆になじみます。

Q羊毛の筆が使えない

通信教育で楷書のみを練習していました。

昨年から、先生について行書と草書を習っていますが、筆が思うように動かなくて悩んでいます。

穂先が利かない。穂先がすぐに弓なりになってしまう。墨をたっぷりつけても、一画目でにじみ、二画目でかすれるといった具合にすぐ墨が無くなってしまいます。

先生に聞いても首をひねるばかりです。

書き続けていれば、そのうちわかるだろうかとも思うのですが、なにに注意して書いたらよいのか分からず困っています。

どなたか、良いアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

筆の軸が垂直に立っていますか?

羊毛は毛が柔らかいですが、弾力があることに変わりありません。
手や指に力が入っていると、微妙な毛の弾力を感じることができずに、無理に紙に押し付けてしまっているのかもしれません。
書いている途中に、背後から筆を取ろうと引っ張られると、指から筆が抜けるぐらいで良いそうです。たぶん、肩の後ろまで、手がついていくまで握っている人が多いでしょう。

あくまでも、神経は穂先に。太く書くときも、神経は穂先です。
穂の根元に気持ちが行くと、弓なりのままになるのでは?

楷書でやられたと思いますが、縦、横、どこを穂先が通るか守ってください。行書、草書のように動きのあるものになっても、基本は同じです。

墨は、しっかり穂に含ませ、穂の外側だけ落とします。
表現が難しいですね。先生がかかれるとき、見て盗みましょう。
一筆で、最低でも一文字書きたいですよね。
紙の種類や、墨の濃さ、文字と筆の大きさの関係にもよりますが・・・

>先生に聞いても首をひねるばかりです。
・・・・・・私が首をひねります。大丈夫ですか?その先生・・・・・

筆の軸が垂直に立っていますか?

羊毛は毛が柔らかいですが、弾力があることに変わりありません。
手や指に力が入っていると、微妙な毛の弾力を感じることができずに、無理に紙に押し付けてしまっているのかもしれません。
書いている途中に、背後から筆を取ろうと引っ張られると、指から筆が抜けるぐらいで良いそうです。たぶん、肩の後ろまで、手がついていくまで握っている人が多いでしょう。

あくまでも、神経は穂先に。太く書くときも、神経は穂先です。
穂の根元に気持ちが行くと、弓なりのままに...続きを読む

Q筆の手入れについて

書道をはじめて5年くらいになりますが、1年ほどで筆の毛先が割れてしまい、すぐに筆をダメにしてしまいます。おそらく、墨をきちんと落とせていないことが原因だとは思うのですが、みなさんは毎回どのように、どれくらい時間をかけて筆を洗っていますか。特に小筆の場合は、根元まで筆を下ろしてしまわないように、気をつけなければいけませんよね?いい方法があればおしえて下さい。また、毛先の割れた筆を復活させる方法もご存知でしたらおしえて下さい。

Aベストアンサー

筆は大きく分類して
・「さばき筆」(買った時に穂がバラバラになっている筆)と
・「固め筆」(買った時に穂が固めてある筆)の2種類があります。
それぞれ手入れの方法は違いますが、ご質問内容から判断すると
「固め筆」の手入れについてのようですから、
「固め筆」の手入れについてのみ回答させていただきます。
1年程で穂先が割れる原因は、粗悪な筆か 
もしくは手入れに問題があるかのどちらかだろうと思います。
いろんな筆を買っても同様に穂先が割れるようでしたら
多分、手入れに問題がある可能性大です・・・。

一般的な手入れ方法 & 私なりの考えは次のようになりますので、
何かの参考にして下さい。

1、皿に水をため、筆の墨がついている部分だけ
水につけるようにしながら軽く洗います。
水がきれいになるまで繰り返します。
2、指で穂先に向かって形を整える。
3、反古紙(書き損じた半紙など)に穂の腹をかるくあてながら水分を拭き取る。
4、穂先を下に吊るして保管する。
(注、1の水洗いが不十分だと墨が穂先に降りてきて穂先が固まります。)

1年ぐらいで穂先が割れるのは、
多分 洗っている時に穂の内部の毛が乱れた状態のまま、
おりている部分とおりていない部分の境目で
墨が固めてしまっているからだと思います。
(一見してもよく分からない程度です)この状態から復活させる場合は、
境目以上までぬるま湯(40度~50度程度)に半日ぐらい漬けておいておくと、
固まった部分の墨が溶け出すので、その部分以上に余分に洗った後に
手順2、~4、のようにして一旦乾燥させます。

その後、穂に糊を付けて櫛で穂をすいて形を整えた後に吊るして
買って来た頃のような状態に仕上げて乾燥させます。
後は、新品の筆をおろすやり方で使えばいいです。
糊は、フノリ(海草のフノリ)を使用しますが、
大和糊(昔ながらの文具糊)でもかまいません。

蛇足ですが、私は筆洗いには水だけで
シャンプー及びリンスは使用しません。
筆は動物の毛を使用していますが、
筆の毛は死んでいますので油脂や汗などが付着することはありません。
髪の手入れとはまた別だと考えます。
ですから、シャンプーに含まれている界面活性剤などで
墨と油分を必要以上に落とす必要がないし、
洗剤で油分などを無理やり取ってパサパサになるから
次にリンスでグリコール等の油脂分を補うというやり方は
どうでしょう? 確かに穂の毛はサラサラにはなりますが、
しかし、その状態で墨をつけて書こうとすると
穂の吸墨量が若干少なくなるので
作品の味わいが微妙に違ってきます。(ごく僅かですが・・・)
逆に“かすれ”は出やすくはなりますが、
その“かすれ“を良しと判断するのかどうかの問題になる気がします・・・。
ご参考まで。

筆は大きく分類して
・「さばき筆」(買った時に穂がバラバラになっている筆)と
・「固め筆」(買った時に穂が固めてある筆)の2種類があります。
それぞれ手入れの方法は違いますが、ご質問内容から判断すると
「固め筆」の手入れについてのようですから、
「固め筆」の手入れについてのみ回答させていただきます。
1年程で穂先が割れる原因は、粗悪な筆か 
もしくは手入れに問題があるかのどちらかだろうと思います。
いろんな筆を買っても同様に穂先が割れるようでしたら
多分、手入れに問題があ...続きを読む

Q書道の雅号について

書道の雅号を頂く事になりました。先生より 好きな漢字があるかと聞かれたのですが 好きな漢字というよりも 書道の雅号で良く使われる漢字を知りたいのです。素人が 好きな漢字を 先生にお伝えして 書道の雅号らしくなくなるのも 本意ではありません。皆さんのお知恵をお借りできませんでしょうか? よろしくお願い致します。 女性に向いている 漢字も知りたいです よろしくお願い致します

Aベストアンサー

取っている機関誌の上段者の蘭を見れば、大抵雅号なので良く使われる字がわかると思います。
先生の一文字と自分の本名の一文字を並べるパターンも多いですね。
季節なら春、秋。色なら紅、翠、桃、紫、白… 花、葉、華、香、美、苑、琴、芳、麗、光、風等が多いですね。
音の響きより字面の美しさを重要視された方が良いと思います。

因みに本名を気安く呼べるのは親くらい。他人が気安く本名を呼ぶものではないので雅号で呼んだ。本名より雅号の方が軽いのだ、と聞いたことがあります。気楽に考えてよいのでは。
因みに知人は先生に雅号をいただき「由来は?」と尋ねると、「近所の喫茶店の名前」と言われたそうです。

Q篆書体が見れるサイト

学校の美術で、ハンコを作るのですが、篆書体の字がどんなものだかわかりません。
篆書体が調べられるサイト、またはフリー配布をしているフォントなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

篆書体チェック
http://www.is-hanko.co.jp/shachi/tensho_check.html

和文フォント大図鑑 [篆書体]
http://ohkadesign.cool.ne.jp/wabunfont/category/tensho.html

Q書道。お稽古以外にどのように練習していますか?その他

小学生の頃親に習字を習わせてもらったのですが、先生になぜか級を取っている子と同じお手本を書くことを何度も拒否され(たぶん親が級を受けることを断っていた??)それでひねくれ挫折、30代になってから心機一転、子供と一緒に再び習字のお稽古を始めましたが、先生が女性(私も女性です)で気分にとてもむらのある方で、精神的に疲れてしまい挫折。

今回はとてもノンビリした優しいおじいさん先生で、先生ともとても気が合い、ペン習字、実用書道から入りましたが、書道をこれからの生涯学習としてずっと続けて行きたいと思うようになりました。

今までは仕事や他の資格試験の学習に忙しく、週に1度のお稽古に2時間集中して書くだけだったのですが、やはりそれではあまり上達はしないと思います。先生曰く、ある昔の偉人が中国にわたったときに、たった一年の間にものすごく上達したということ。その人は暇さえあれば筆を手に何か書いていたのじゃないか?と想像します。私に同じことはできませんが、何でも極めようと思ったら始終それに時間を費やし集中する時期が必要だと思います。

書道をかなり真剣にされている方は、週のお稽古以外に、どのように練習をされているのかとても興味があります。普段家でどのくらい練習をするか、いろいろな方からのやり方を教えていただきたいです。

上手になるために必要なことも、合わせて教えてください。

宜しくお願い致します。

小学生の頃親に習字を習わせてもらったのですが、先生になぜか級を取っている子と同じお手本を書くことを何度も拒否され(たぶん親が級を受けることを断っていた??)それでひねくれ挫折、30代になってから心機一転、子供と一緒に再び習字のお稽古を始めましたが、先生が女性(私も女性です)で気分にとてもむらのある方で、精神的に疲れてしまい挫折。

今回はとてもノンビリした優しいおじいさん先生で、先生ともとても気が合い、ペン習字、実用書道から入りましたが、書道をこれからの生涯学習としてずっ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。ふたたび書き込ませていただきます。
NO.2では何やら偉そうなことを言ってすみませんでした・・・。
「級や段を取ることに意味は無い」ようなニュアンスで書いてしまいましたが、
決して意味のないことではありません。
ただ、「位が上がったこと」と「自分の腕が上がったということ」を混同してしまうと、
本当に書を極めるということはできないだろうなということを言いたかったのです。
そのことをよく師匠に言い聞かせられていましたので^^;
私も今現在進行形でがむしゃらになっているところです。


私が書道を始めたのは小学3年生のころでしたが、
無理やり親に習わされたのもあり、いやいや通っていました。
上手く書くことができなくて泣いたり、怒られたり・・・
でもどんどん続けていくうちに筆で書くということが楽しくなっていました。
それから10年ぐらい続けていくあいだ、同じ頃に通った子たちはみんなやめていきました。

私は24歳ですが、現在も同じ師に教わっています。
これまでどうして私は書道をやめなかったかと考えると、
やっぱり好きだという気持ちが強いからだと思うんです。
好きだからこそ、学ぶことに貪欲になっていきます。
でもこの気持ちはもちろん最初からあったわけではなく、
ずっと続けていくうちに芽生えてきたものです。
minnnanouta33さんもこれから書き続けていく中で、どんどんそういう気持ちが強くなって
書に対する意識も変わっていくと思います。
だから今から無理に気負ったりせずに、せっかく気の合う先生に出会えたんですから、
「書く」ということを夢中になって楽しんだらいいと思いますよ!



さて、長くなりましたがご質問にあった「好きな句や短歌などを書く」についてですが、
これは誰かが書いたものを真似るということではなく、活字印刷されたものを自分の字で書くということです。
書店などに普通の小説などと一緒に文庫でよく置いてありますよ。
例えば石川啄木や北原白秋など。なんでもいいんです。
自分の好きな言葉や好きなセリフだっていいですし。

それを手本も何も見ずに、真っ白な紙の上に書き出すことはやってみると結構難しいんですよー。
普段は先生の書いたお手本というものがあるので、字の形や配置、バランスなどがわかりやすいのですが、
自分で一から書くとなると綺麗に書くことはなかなか困難です。
でもとても勉強になるし、楽しいと思うのでぜひ試してみてくださいね。

こんばんは。ふたたび書き込ませていただきます。
NO.2では何やら偉そうなことを言ってすみませんでした・・・。
「級や段を取ることに意味は無い」ようなニュアンスで書いてしまいましたが、
決して意味のないことではありません。
ただ、「位が上がったこと」と「自分の腕が上がったということ」を混同してしまうと、
本当に書を極めるということはできないだろうなということを言いたかったのです。
そのことをよく師匠に言い聞かせられていましたので^^;
私も今現在進行形でがむしゃらになって...続きを読む

Q硯が欲しいのですが

サラリーマンで転勤もあるため、書道教室に通うのも出来ず、通信教育も長続きしないので、生徒の頃の習字をしていた頃を思い出しつつ、家で手本を見ながら練習しています。

今まで使っていた硯は、15cm×10cm位の3000円くらいの国産(おそらく雄勝硯?)の、すこし大き目の極ありふれた硯です。

硯と言うものは硬いものだから、ずっと使える物と思っていましたが、大体、週5日ペースで硯で墨を降ろして使っていたところ、乱暴に使ったわけでも無いのに、だんだん丘の部分の面がすり減り、ここ7、8年の間に2個ほど使えなくしてしまいました。いずれの硯も、普通の書店を通して修理を出来るか聞いてみたところ、新たに買い直したほうが良いと言われています。

そこで新たに買い換えようとは思っていますが、今いける範囲には書道の専門店がなく、普通の書店で取り寄せるしかありませんが、カタログを見せてもらっても国産、中国産、値段も色々ありますが、どの硯が良いか解かりません。(安かろうと言っても、さすがにセラミックや学童用は厳しいです)

作品を人に見せるわけでもなく、楷書、行書、仮名が書ければ十分、封筒や葉書やイベントの覚書がそこそこ書けるようになれば良いと思っています。

どのような硯を買ったら良いでしょうか?

サラリーマンで転勤もあるため、書道教室に通うのも出来ず、通信教育も長続きしないので、生徒の頃の習字をしていた頃を思い出しつつ、家で手本を見ながら練習しています。

今まで使っていた硯は、15cm×10cm位の3000円くらいの国産(おそらく雄勝硯?)の、すこし大き目の極ありふれた硯です。

硯と言うものは硬いものだから、ずっと使える物と思っていましたが、大体、週5日ペースで硯で墨を降ろして使っていたところ、乱暴に使ったわけでも無いのに、だんだん丘の部分の面がすり減り、ここ7、8年の間に2個...続きを読む

Aベストアンサー

それは大変よいことです。最近筆文字を書けず困っている人が多いのです。どのように,パソコン・ワープロが進んでも冠婚葬祭の表書きは機械ではできません。練習して下さい。よかったらペンジも挑戦してください。何故なら,署名を頼まれた時,立派な大人が子供のような署名をしています。

私は雨畑「やや小型の硯で,お経,冠婚葬祭の表書き,百人一首,変体仮名書体」に使用。こちらは3,000円から8,000円位と手頃です。

新端渓「中国産。やや大きめの硯で,扁額,半切,連落,等の文字の揮毫」に使用しています。こちらは少々高額ですが,やはり各と云うかよい物なので大切にします。1万円代~数十万円まであります。この上が端渓と云って中国でも採掘できなく高額です。  雅号 翆 峰  参考まで。