芥川賞をとりやすい公募の小説賞がありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「この賞を取っていたら芥川賞が取れる(取りやすい)」というのはないんじゃないでしょうか。


公募で賞を取るのも至難の業なのに、そこからまたハードルの高い芥川賞を取るには、それ相応の実力が必要で、逆に言えば、芥川賞を取れる実力があれば、どの賞を取っていても大丈夫なのではないか、と。

昔のことは分かりませんが、小生が興味を持つようになったここ20~30年くらいは、基本、純文学系の雑誌の公募で賞を取ってデビューした方が取っている場合がほとんどですので、敢えて言うなら「純文学系の雑誌の公募で賞を取り、その後もしっかりとした作品が書き続けられる」ということくらいでしょうか。

とはいえ、芥川賞は文藝春秋社内の日本文学振興会が運営(?)しているようですから、特に近年では、文藝春秋社の純文学系雑誌の受賞者が比較的、多い気がします。
だからといって、必ず取れる(取りやすい)というものでもないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/01 18:24

やはり、この雑誌、ということは言えないと思いますよ。



昔だと、「文学界」とか「群像」の新人賞を取った作品、もしくはその後の受賞第一作目で、芥川賞を取った人が多かったような気もしますが、今はどうでしょう・・・?
と、書いてはみたものの、統計を取ったわけではないので、なんとも言えない、というのが正解じゃないでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/01 18:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q覆面作家の私が芥川賞にノミネートされたら

私は、会社勤めしている覆面作家です(単に写真撮ってもらえるレベルの作家じゃないだけですが。)
もし、芥川賞を受賞したら、新聞に写真が載り気付く人がいると思うのですが、ノミネートされた時点で上司に報告するべきでしょうか。

全然、芥川賞をとれるようなレベルじゃないのですが、妄想していたら、どうすればいいか気になって夜も寝れなくなってしまいました。
だれか教えてください。

Aベストアンサー

大丈夫です。

覆面なら、発表する相手が芥川賞を受賞します。

Q芥川賞と直木賞を両方受賞した人っていませんでしたか?

文学がお好きな方にお訊ねしたいのですが、芥川賞と直木賞の両方を受賞した作家って、いなかったでしょうか?
私の記憶では、直木賞はもらったけど芥川賞がほしかった、これでやっと胸を張って作家と言える、と喜んでいた作家がいたと思うのですが。
検索しても見つからず、あれは私の妄想か、直木賞じゃなくてほかの賞だったか、自信がありません。
ご存知の方がいらしたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 芥川賞、直木賞のどちらかを受賞すると、以後は両賞ともその人を候補から外しますので、両方を受賞するという事は不可能です。現在までに一人もいません。
 ただし、かつてはこの二つの賞は別々の日に選考していたため、直木賞候補として上げられた松本清張の「或る『小倉日記』伝」が、これはむしろ芥川賞だろうということでそちらに回されて、見事そのまま受賞してしまったというケースがあります。

Q芥川賞、直木賞のノミネート

芥川賞、直木賞のノミネートは、誰が(どういう機関が)しているのですか?

北村薫さんが好きなのですが、直木賞にノミネートされては落選し…、が続いているので、「こうも落とすくらいだったらそもそもノミネートしなきゃいいじゃないか。」と思ったことからでてきた疑問です。

Aベストアンサー

最近まで関わっていた方がブログに選考方法を書いています。
http://blogs.yahoo.co.jp/julianpublishing/13554776.html

Q公募の小説賞で「未発表」とは

ネットの小説投稿板に掲載した掌編小説に、大幅に(元が原稿用紙5枚程度だったものを、加筆修正して30枚ほどに増やしました)変更を加えた短編作品を、公募の小説賞に送りたいのですが、これは「未発表」の作品であると捉えて良いのでしょうか?
募集要項には「未発表の作品に限る」とだけあり、詳しい事項が記入されていません。
判断しかねているので、お教えいただきたいです。

Aベストアンサー

「公募ガイド」誌で色々な新人賞の募集要項を見てみると、たいていのライトノベルの賞では非商業サイトに掲載された作品の応募を認めていますが、逆に純文学やエンターテインメントの主だった賞ではそのような記述はありません。

募集要綱に「未発表の作品に限る」とだけ書かれている場合は、ネットだろうが紙媒体であろうが、あらゆる意味での未発表と解釈するべきだと思います。

書き直した作品に関しては、別作品になっているのなら未発表といえるかもしれませんが、微妙なところです。自己責任で判断するしかないと思います。

Q芥川賞をとるには???

毎年、芥川賞作品が出ていますが、
芥川賞にノミネートしてもらうためには、具体的に、
どこにいつ、どのようにして作品を送ったらいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般的にはまず文芸誌「文学界」「群像」「文藝」などの新人賞狙うのがいいです。
受賞作はだいたい候補作になりますから、うまくいけば一発で芥川賞受賞ということもあります。
 そのほか同人誌に発表したり、直接文芸誌編集部に持ち込んでもいいです。
まあそんなに芥川賞にこだわることもないでしょう。いずれにせよ作品がよければ必ず世に出ます。

Q公募の文学賞について

 公募ガイドなんかを読むと、文学賞は「著作権は出版社に帰属」的なことが書かれていることが多いかと思います。
 そこで、あるA賞に応募した作品が落選した場合、一部書き直してB賞に送るといったことは可能でしょうか?題名は同名、あるいは酷似していても別に問題はないのでしょうか?

どなたかよろしくお願いします!

Aベストアンサー

著作権が出版社に帰属するのは、入賞してその出版社から出版するなどした場合ですので、落選したものを他の公募に応募することは自由です。
ただ落選作にいつまでもこだわって、使い回しのように応募するのは感心出来ません。落選する作品は別のトコロでも落選すると考えて、新しい作品を書くのがあるべき姿勢である、とある作家先生に教わりました。
もちろん作品傾向により、別の公募では入選することもあるかも知れませんが、希なケースだと思います。
文学賞などの場合、下読みをする編集者や駆け出し作家が同じ顔ぶれであることも多いので、「またこの人は性懲りもなく同じ作品を・・・」と思われるくらいなら、新しい作品を書いた方がよいのではないかと存じます。

Q芥川賞側を理解する人

 完全に不特定の10人がいた時、芥川賞側の小説の味わいを知っている人って何人くらいだと思いますか?
 10人だと想像しづらかったら100人中でも構いません。不特定のあらゆる職業の男女とします。大人とします。20歳以上。学生含む。文学と所縁のなさそうな人も入れて考えてください。魚屋さんとか(すみません偏見ですかね。これは)。とにかくあらゆる職業を含めて考えてください。
 芥川賞を理解するといっても、選考委員のレベルで理解してなくてもいいです(あたりまえだが)。受けてとしてのレベルでいいので読むのが好きな人ってどれくらいいるでしょう?金原ひとみと綿谷リサの時だけ読んだ人はダメです。芥川賞が発表されるのを毎回気にかけている。発表されて作品を本屋で見かけたら手にしてみる。そのうち何冊かは買う。受賞していなくても、芥川賞ノミネート作品の中から次に買う本を探すのが好きだ。昔の本も芥川賞受賞かノミネートから探すのが好きだ。というような人でお願いします。全部読んでなくていいけど、芥川賞も阿部和重から川上弘美までいろいろいるので、自分に合った人を読んでるだけでもいいけど、芥川賞の選考対象となる作品の雰囲気をなんとなく分かってる。そして好きだって人。芥川賞も好きだけど直木賞側も好きだって人も、もちろんOKです。

 完全に不特定の10人がいた時、芥川賞側の小説の味わいを知っている人って何人くらいだと思いますか?
 10人だと想像しづらかったら100人中でも構いません。不特定のあらゆる職業の男女とします。大人とします。20歳以上。学生含む。文学と所縁のなさそうな人も入れて考えてください。魚屋さんとか(すみません偏見ですかね。これは)。とにかくあらゆる職業を含めて考えてください。
 芥川賞を理解するといっても、選考委員のレベルで理解してなくてもいいです(あたりまえだが)。受けてとしての...続きを読む

Aベストアンサー

100人中一人もいないと思います。
日本の人口を20歳以上を1億人とし、100人に一人が読むとすると100万部いかなくてはいけません。賞を受賞しただけではそこまでいきません。
芥川賞を意識するのは、読書好きだけです。読書好きでもそういうジャンルは興味が無い人もいます。
全作読まないとしても、100万部いくには、普段読まない人も巻き込まないと無理。全作読まなくても良いとしても、100人に1人もいないのは明らかだと思います。

ちなみに綿谷りささんのは芥川賞作品28年ぶりに100万部達成したようです。

私も芥川賞のものを読むこともあるけど、読むものがないなーと思ったら手にとるくらいです。あらすじ読んで少し文章を読んで興味がわかなければ買わないですし。受賞作の発表時期がいつかも知りません。手に取るきっかけぐらいです。手に取る理由は誰か(下読み・審査委員)は面白いと思ったからこそ、賞を取ったんだろう、ぐらいです。

Q短編文学賞の公募について

20枚程度の短編をいくつか書いている者です。
何かの文学賞等に応募したいと思っています。
10篇ほどの作品あわせると200枚ほどになるのですが、文学賞に応募する場合、一篇しかだめでしょうか?

どなたかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

聞いた話ですので、うのみにはしないでください。
この話を書いたら反論とか出ないかな~?とも思っていますw

短編がつながって一つの話になっていればOKだと思います。
文学ではないんですが、日本ファンタジーノベル大賞を受賞した「ショートストーリーズ」という作品がありますが、非常に短い話をバラバラにして並べてあるんです。私には理解ができなかったのですが(いろんな意味で)、全体を見るといくつかの短編が、関連を持って並んでいるようです。
選評では荒俣先生が絶賛していたと思います。
ラノベですが、電撃文庫の「ブギーポップは笑わない」は、オムニバス形式です。
前回のTBS・講談社ドラマ原作大賞の「よくあるQ&A」にも、短編がつながっていて一つの話になっていればOKとありました。

応募したい文学賞の過去の受賞作を読んでみるのが一番良いと思います。

Q芥川賞受賞の田中さんは天才?

お世話になります。

今回、芥川賞受賞の会見において受賞者の田中氏が
「私がもらって当然だ」
と言い放ちました。

これは
1 「何回もノミネートされて、そのたびに落選したことを根に持って、(おそらく審査員の中で、一般的に最も知名度と発言力が強いと思われる)石原慎太郎氏に対するあてつけ」
でしょうか?

それとも
2 「何回もノミネートされながら受賞できないのは、作風が石原氏の好みに合わないからだ。じゃ、次の作品は芥川賞受賞を目指すべく、” 慎太郎が好みそうな作風 ”に変えてみるか。そうすれば芥川賞も簡単に受賞できるだろう」
という意図でしょうか?

彼は芥川賞の前にもたくさんの受賞歴があります。
とすると、「それぞれの選考委員の顔ぶれに合わせて、ウケがいいように題材や作風を変える」なんてのは朝飯前にできるようにも思えます。

彼の発言の真意が2だとすると、彼は天才ではないでしょうか?

Aベストアンサー

1について。
石原慎太郎氏の発言力はそれほど大きくありません。
長いこと選考委員をしているので重鎮ではありますが。
彼が押した作品でも落選することは多いです。

2について。
やろうと思えばできるかと思います。
芥川賞は構成、文体がきちってしていることを重視する方が多いように思えます。
後は選考委員の好みでしょうが、暗く重苦しい作品が多いようです。
もう少しすかっとした明るい作品が受賞しても面白いと思うのですが。

田中氏は何回も落選していますから、意地になったのかもしれません。
総評を読めばわかりますが、落選作はかなり酷評されたりします。
毎回そのような目に会うとじゃあ取ってやろうと!考えるのも不思議ではないのでは…?
東野圭吾氏でさえ直木賞落選の時は毎回選考委員の愚痴を言ったり、やけ酒を飲んだりしていたようですから…。

田中氏は芥川賞や直木賞ばかり注目されるのが嫌だったのかもしれませんね。
多くの文学賞がありますが、メディア取材が殺到するのは芥川賞と直木賞くらいです。

彼を今回の事で初めて知った人も多いはずです。
それなら余計注目されるようなことを言ってやろうと思ったのかもしれません。

真意はわかりませんが、取りたかったのは事実でしょう。

1について。
石原慎太郎氏の発言力はそれほど大きくありません。
長いこと選考委員をしているので重鎮ではありますが。
彼が押した作品でも落選することは多いです。

2について。
やろうと思えばできるかと思います。
芥川賞は構成、文体がきちってしていることを重視する方が多いように思えます。
後は選考委員の好みでしょうが、暗く重苦しい作品が多いようです。
もう少しすかっとした明るい作品が受賞しても面白いと思うのですが。

田中氏は何回も落選していますから、意地になったのかもしれま...続きを読む

Q公募新人賞への応募について

公募新人賞への応募について


こんにちは。
文学雑誌などで募集されている公募新人賞等についての質問なのですが、
小説家としてデビューする意思の全くない者が、賞を貰えるかは別として、応募してもよいのでしょうか?

趣味として小説を書くことがある程度なのですが、
せっかくなので専門家の評価をいただきたいという気持ちがあります。
表彰されない場合はコメントはいただけないでしょうが…それはそれで構いません。

それともこのような考えのもとで小説を投稿してみようというのが間違いなのでしょうか?

カテゴリーがよくわからないので、こちらで質問させていただきます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

応募規定に受賞した場合は作家としてデビューする事が条件になっているのではないでしょうか。
もしそのような規定がなかったとしてもモラルの問題というのはあります。

選考に落ちればコメントもお咎めも何もありません。

最終選考まで残ったとして、受賞を決定するに当たり候補者本人に何らかの連絡はあるかと思います。
本当に未発表の作品であるかの確認とか、いくつかの確認事項の中でデビューの意志があるか。
もしあるとしても2~3作の次作の準備ができていなければデビューさせられないのでそれがあるか。

その時点で「デビューの意志はありません」と答えれば、あっさり候補から外されるだけでしょう。
そこで作品についてのコメントだけ求めると言うのは厚かましいと言わざるを得ないのでは。
優しい編集者なら答えてくれるかも知れませんが、真剣に答えてもらう事を期待するのはどうかと思いますね。

出版社主催の新人賞に応募するという事自体が作家デビューの意志ありとみなされるものでしょう。
まあその意志のない人の作品を選ぶような失態を出版社の人間が演じるとも思えませんが。
あちらはプロですからね。

応募規定に受賞した場合は作家としてデビューする事が条件になっているのではないでしょうか。
もしそのような規定がなかったとしてもモラルの問題というのはあります。

選考に落ちればコメントもお咎めも何もありません。

最終選考まで残ったとして、受賞を決定するに当たり候補者本人に何らかの連絡はあるかと思います。
本当に未発表の作品であるかの確認とか、いくつかの確認事項の中でデビューの意志があるか。
もしあるとしても2~3作の次作の準備ができていなければデビューさせられないのでそれがある...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報