dポイントを20倍にするたった2つの方法

昨年2月に交通事故に遭い、暮れの12月に症状固定となりました。
症状固定時に書いてもらった「後遺症診断書」によると、傷病名は「右膝蓋骨開放骨折」「右膝蓋骨骨折後変形性関節症」となっています。

自覚症状には「右膝関節に常時疼痛あり・筋力の低下によると思われるが右膝の膝崩れが時々起こる・正座不可・和式トイレ不可・階段昇降に手すりを要し、平地歩行にも装具(膝)杖を要す」と書いてあります。

他覚症状欄には太股周径 右/47.0cm 左/46.5cm 下腿周径 右/41.5cm 左/41.0cm と記載され、自覚症状と同じ様な内容が書いてあります。

関節機能の可動域については、
他動 右(患側)伸展-15度 屈曲95度 左(健側)伸展0度 屈曲150度
自動 右 伸展-20度 屈曲95度 左 伸展0度 屈曲150度
と記載されております。

このような後遺症診断書で、被害者請求による後遺症認定申請を自賠責保険会社に申請しようと考えております。

膝の機能障害については可動域の記載により証明することは可能かと思いますが、変形性膝関節症に起因する膝の痛みや装具の必要性などはどのように証明したら良いのでしょうか?
受傷時から症状固定までのレントゲンやMRI画像の添付で事足りるのでしょうか?

事故受傷時からの主治医が転院してしまい、傷病名に関する詳しい説明を聞く事もできず、また、提出すべき資料なども良くわからず困っております。

知識をお持ちの方のご回答をお待ちしております。
また、上記後遺症診断書の内容によると、後遺症の等級はどれくらいになりそうでしょうか?
あわせてお教えいただければ嬉しく思います。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

回答が無いようなので詳しくないけど回答させてもらいます。


後遺障害認定には、その診断書が使われます。それって相手の保険会社に出すのですか?それなら、言われたものを提出すれば良いのではないかと思います。
「資料不足で低い認定になったらどうるの??」って心配がお有りなんだと思うのですが、あなたがどの等級に値するのだろうと調べてみたのですが、恐らく私の素人判断では10級か12級になると思います。「10級11号;1下足にの3大関節の中の1関節の機能に著しい傷害を残すもの」「12号7号;1下足にの3大関節の中の1関節の機能に傷害を残すもの」に合致するのではないかと思います。これより更に高くなると「8級7号;1下足にの3大関節の中の1関節の用を廃したもの」となります。これらの判断に、その診断書以外にも何か必要なのだろうか?と思います。言われるもを提出すればそれで良いのだと思います。
一度決定したからといって動かないものでは有りません。納得いかなければ異議申し立てをして再検討する事も出来ますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なにぶん初めての事故ということでわからないことだらけなのでここで質問させていただきました。

後遺症の等級については先方の保険会社さんが決める事なので、今ここで推測する事は難しいし無駄な事なのかもしれませんが、これまでの過失割合の交渉や治療打ち切りに際しての先方からの話しに、こちらがあらかじめ知識を付けておかなければ「やられっぱなし」になってしまうこともあり、「敵を知り己を知らば百戦危うからず・・・」ってな感じで自分の後遺症の妥当な等級やその申請のために必要な資料は何なのかを知っておこうと思いました。

事故当初からの状態を知っている主治医も転出してしまい、医学的に相談できる相手がいなくなってしまったのはとても痛いです。
とりあえず、申請時はレントゲンやMRIなど全部の画像資料を添付してみようと思っています。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/22 19:59

○後遺障害等級


後遺症の等級については先方の保険会社さんが決める事ではありません。
○無料相談
やられっぱなしとの事、無料の弁護士相談など交通事故に関しての相談所は充実していますよ。
○後遺障害等級
今後出される後遺障害等級が妥当なものか?。もっと高い等級が取れるのか?これは有料の事故を専門に扱う弁護士や行政書士が無料で見てくれる場合も多いです。その代わり、「もっと高い等級がとれそうなら有料で自分の所で異議申し立てさせて下さい」という事になるかと思います。その場合の料金は異議申し立てした事による増額分の10~20%の料金設定が多いと思います。
その際の資料としてMRI・レントゲン等のコピー又はスキャンして残しておければ大変役に役に立つのではないかと思います。
○賠償額
これから後遺障害等級が決まって、相手保険会社からの賠償額の提示があります。それに納得すれば示談書にサインして終わりですが、その前に提示された賠償額が妥当なものなのか?これも無料相談で見てもらう事が出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
レントゲンやMRIなどの画像を借り出したときにスキャンして手元に置いておくというのもひとつの方法ですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/01/23 21:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング