知人の個人事業(副業)の経理をすることになりました。経理初心者です。本当に無知で変な質問かもしれませんが、わからないので教えて下さい。

取引先Aから、売上の振込がありました。売掛金として計上しているお金より10万円多いので、事業主に聞いた所、B社にその10万円を渡さないといけないので(マージン?)おろしてくるよう言われたのですが、これは
経理上どう処理したら良いのでしょうか?
売掛金と金額が違う為、入金があった時に、売上と10万円は預り金として別に書くのでしょうか?(振込は1回なんですが)
そして、B社には現金で支払うなら領収証など何か残るものを書いてもらう必要がありますか?
仕訳と、必要書類等全くわかりません。

そもそも、こういうお金のやりとりは税法上問題ないのでしょうか?

説明不足な点がありましたら、補足しますので、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

売掛金の金額を何に基づいて計上したかが問題です。


10万円が販売手数料のようなものと考えると、それを
自社の売上に含めて費用と両立てにするのなら「売掛金」、
スルーならば「預り金」になるでしょう。どちらの場合も、
現金で支払うなら領収証を書いてもらうのは当然です。
筋がとおっていれば、税法上は問題ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2010/01/27 19:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕訳 預り金(源泉所得、社会保険等について)

預り金(今回は例として社会保険料)を納付した際の仕訳について教えて下さい。

【前提】3人社員がいたとして、7/25給与支払日に下記仕訳を3人分行っていた場合。

7/25(給与支払日)
給与 20 / 普通預金 18
     / 預り金(社会保険)1
     / 預り金(源泉所得)1


貸方に / 預り金(社会保険)1 が3伝票分あるので、それぞれに対応するように★1または★2のように仕訳をするべきでしょうか?

それとも、

最終的に金額さえ合っていれば良いというのであれば、★3のように3人分まとめても良いのでしょうか?

★1
8/10(納付日)
預り金(社会保険)  1 / 普通預金 6
預り金(社会保険)  1 /
預り金(社会保険)  1 /
法定福利費(社会保険)3 /

★2
8/10(納付日)
預り金(社会保険)  1 / 普通預金 6
預り金(社会保険)  1 /
預り金(社会保険)  1 /
法定福利費(社会保険)1 /
法定福利費(社会保険)1 /
法定福利費(社会保険)1 /

★3
8/10(納付日)
預り金(社会保険)  3 / 普通預金 6
法定福利費(社会保険)3 /

よろしくお願い致します。

預り金(今回は例として社会保険料)を納付した際の仕訳について教えて下さい。

【前提】3人社員がいたとして、7/25給与支払日に下記仕訳を3人分行っていた場合。

7/25(給与支払日)
給与 20 / 普通預金 18
     / 預り金(社会保険)1
     / 預り金(源泉所得)1


貸方に / 預り金(社会保険)1 が3伝票分あるので、それぞれに対応するように★1または★2のように仕訳をするべきでしょうか?

それとも、

最終的に金額さえ合っていれば良いというのであれば、★3のように...続きを読む

Aベストアンサー

(1)6月20締めの6月25日支払の場合。5月21日~6月20日分を締めて6月25日に6月分給与支払いとします。

(2)もっと云うと6月1日入社の人は6月1日~6月20日締めで6月25日6月分支払いになります。
>どうして5/21~6/20分の給与を6/25に支払っているのに6月分というか?それは6月に支払ったからです。

(3)どうして未払い費用に計上するか?
>未払費用とは未払い賃金他諸々あるが,未払費用は継続して役務の提供を受ける契約「義務」に基づいて代金の支払いが遅れる場合に生じる科目です。

(4)給料「費用科目」から預り金「負債科目」振替計上と直接現預金「資産科目」での支払いについて説明します。

(Dr)給料/(Cr)社会保険料預り金・・・翌月末納付
             住民税預り金・・・翌月10日納付
             所得税預り金・・・翌月10日納付
             給与現預金・・・・当月25日支払。

このように給料「費用科目」から預り金「負債科目」へ振替計上又現預金「資産科目」で支払ってしまった場合1円でも間違いがあってもB/S「バランス」をしていないから分からない訂正に時間を要する。残業をして会社の費用を無駄にする会社のP/Lは損失が多くなるのです。

ところが未払い費用「負債科目」へ振替計上すれば(Dr)給料「費用科目」/(Cr)未払費用「負債科目」このようになり,(Dr)未払費用/預り金「負債科目」へ振り替え計上・現預金「資産科目」で支払いの場合。未払費用が相殺されるから1円でも違えば絶対相殺は出来ません。つまり間違いがないのです。

5月21日~5月31日分は5月分と言いたい気持ちは分かります。確に計算する方法はあります。個々の月別の給与明細で計算する方法もありますが,これは大変です。

※込み入ってきましたが,読解してください。

(1)6月20締めの6月25日支払の場合。5月21日~6月20日分を締めて6月25日に6月分給与支払いとします。

(2)もっと云うと6月1日入社の人は6月1日~6月20日締めで6月25日6月分支払いになります。
>どうして5/21~6/20分の給与を6/25に支払っているのに6月分というか?それは6月に支払ったからです。

(3)どうして未払い費用に計上するか?
>未払費用とは未払い賃金他諸々あるが,未払費用は継続して役務の提供を受ける契約「義務」に基づいて代金の支払いが遅れる場...続きを読む

Q経理仕分 仮受け金から売上金に。

お世話になります。
以下仕分けで困っています。わかる方ご回答お願い致します。

・不動産管理
・借主から賃料を弊社あてに送金
・管理手数料1万円を引いて大家へ送金

100万円 仮受金 / 普通預金 100万円

1万円 仮受金/売上金 1万円
1万円 現金/普通預金 1万円

通帳に振り込まれた(家賃)仮受金から弊社売上金にして、
通帳から現金取り出しという流れですが、上記の感じであってるのか間違ってるのかわからなくなりました。

Aベストアンサー

店子から入金された家賃から管理手数料を受け取った差額を大家さんに渡すわけです。

入金時

普通預金  9999  / 借受金  9999

管理手数料(売上)の計上時

仮受金    999 / 売上  999

大家さんに受け取った家賃の支払いをするとき

仮受金   9000 / 現金 9000

Q預り金

現金/預り金
をたてる場合はどうゆう場合が考えられますか?


(給 料)100/(預り金)30
         (現 金)70

というパターンはよく見ますが
現金/預り金の意味がわかりません。


また預り金は決算に残っても問題ないですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(給 料)100 / (預り金)30
          (現 金)70

としなければならないところを、間違って

(給 料)100 / (預り金)20
          (現 金)80

と支払ってしまったので

間違って支給した分を現金で回収した  とか

Q個人事業主が廃業する時の売掛金と未払金の処理について

青色申告の個人事業主が廃業する場合の仕訳について教えてください。

例えば、今年12月に廃業して翌1月から専業主婦になる場合の話です。
来年以降は収入がなく、確定申告は今年分が最後とお考えください。

12月の売掛金の回収が翌1月、12月の経費の未払金の支払いも翌1月になった場合、
1月まで帳簿付けすることになるのでしょうか?
でも、1月まで帳簿付けしても、申告書や青色決算書には反映されませんよね。

かといって、12月までしか帳簿付けをしないとなると、
記録上は売掛未回収、経費未払いの状態で終わりますよね。
それでいいのでしょうか。

Aベストアンサー

>来年以降は収入がなく、確定申告は今年分が最後…

大晦日付で、廃業届
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
と青色申告取りやめ書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/23200008.htm
を提出するという意味ですね。

>1月まで帳簿付けすることになるのでしょうか…

確定申告のため、ということなら必要ありません。

自分の覚えのためなら、入金も出金もすべて完了するまできちんと記帳しておかないと、取りはぐれて損したり、払い忘れで何ヶ月も過ぎてから催促されたりしますのでね。

>記録上は売掛未回収、経費未払いの状態で終わりますよね…

青色申告の帳簿とは、実態をありのままに記録することです。
廃業届の日現在で、負債が残ったままなら残ったように、資産についても同じく正直に記帳しておきます。

Q預り金を預れなかった場合未収計上は必要ですか?

業務の都合で毎月預り金を計上し翌月に支払処理をしています。
会計期間が4/1~3/31で
3月中に
現金/預り金
と計上する予定だったが
事務処理の都合で計上できない場合(請求書を発行できなかった場合)
未収金/預り金
の仕訳は必要ですか?
そもそも預り金は費用でも収益でもなく、負債なので必要ないですか?
でもそんなこと言ったら買掛金は負債なのに計上しなければならないですよね?
毎月○月分の預り金は○円と個別管理していますが、帳簿上計上しないと決算漏れになりますか?

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

契約書で定められているなどの理由により3月末日までに預ることが法的に確定しているのであれば、「未収金/預り金」の仕訳が必要です。そうでなければ、不要であり、むしろ切るべきではありません。

Qプリペイドカード 経理 預り金

国際電話プリペイドカードを販売した際の経理処理と利益金額の計算方法を知ってる方は教えてください

カードの額面金額 \1,000 を \100,000分(100枚)販売するときに\50,000分(50枚)をサービスしています。
経理処理は→ 預り金 \150,000
前払い費用 \ 50,000
売掛金   \100,000
上記のように計上しています。
国際電話の利用が発生すると、通話料金を預り金から売上に振替えます。また通話料に対する仕入れ価格分が通信会社から請求されます。
この場合、利益金額はどのように計算したらよいのでしょうか

Aベストアンサー

私の理解
  ◯10万円の通信使用権購入者に5万円通信使用権サービス
    ※15万円の通信使用権を10万円で販売
  ◯15万円の通信使用権の仕入原価(通信キャリアからの請求額)は10万円以下
  ◯10万円と仕入原価(通信キャリアからの請求額)の差額が御社の利益

このような場合の仕訳
  計算例として、1万円の通信使用権(1万円の売上)の原価は6千円とします。
   ※15万円の通信使用権で9万円の原価

10万円でカード販売時
  現金 10万円 / 前受金 10万円
国際電話の利用時
  前受金 10千円 / 売上 15千円
  値引き  5千円 /
通信キャリアからの請求時
  仕入 9千円 / 買掛金 9千円
通信キャリアへの支払い時
  買掛金 9千円/ 預金 9千円

売上  15万円
値引き 5万円
<売上高合計 10万円>
仕入  9万円
<売上総利益 1万円>

となります。

>預り金 \150,000
>前払い費用 \ 50,000
>売掛金   \100,000

このような仕訳がご希望であれば
  
10万円でカード販売時
  売掛金 10万円 / 預り金 15万円
  前払費用 5万円
  現金  10万円 / 売掛金 10万円
国際電話の利用時
  預り金 15千円 / 売上 15千円
  値引き  5千円 /前払費用 5千円
通信キャリアからの請求時
  仕入 9千円 / 買掛金 9千円
通信キャリアへの支払い時
  買掛金 9千円/ 預金 9千円

私の理解
  ◯10万円の通信使用権購入者に5万円通信使用権サービス
    ※15万円の通信使用権を10万円で販売
  ◯15万円の通信使用権の仕入原価(通信キャリアからの請求額)は10万円以下
  ◯10万円と仕入原価(通信キャリアからの請求額)の差額が御社の利益

このような場合の仕訳
  計算例として、1万円の通信使用権(1万円の売上)の原価は6千円とします。
   ※15万円の通信使用権で9万円の原価

10万円でカード販売時
  現金 10万円 / 前受金 10万円
国際電話の利用時
  ...続きを読む

Q預り金と法定福利費の仕訳について

前任者の仕訳で正しいのかわからないので教えてください。(金額は仮です)
4/25 給料       100000    現金           80000
                    預り金(厚生年金保険料)20000
                
5/1 預り金(厚生年金保険料)  20000  普通預金      40000 
  法定福利費(厚生年金保険料)20000
5/1 預り金(厚生年金保険料)  19800  普通預金      39600
  法定福利費(厚生年金保険料)19800
と金額が合わない月もあります。
9/30 法定福利費(厚生年金保険料)  1000      預り金(厚生年金保険料) 1000  
摘要欄には預り金残高調整仕訳となっています。
おそらく預り金と納付金に差があっての仕訳なのでしょうがこの仕訳は正しいんでしょうか?預り金の勘定科目はきれいに消されますか?
教えてください。

Aベストアンサー

E 4/25の仕訳で、あなたは、住民税と所得税の金額を書いていますか?書いていませんね?だから、貸方、住民税XXXXX所得税DDDDDについては英文字にしたのです。ですからか借方の100,000円とは貸借は一致しないのです。給料の仕訳はこのようにすると言う雛形です。給料80,000円と社会保料80,000円とで貸借が取れるように書いてあります。

F 内容説明。
   借 方             貸 方
(1)基本給+変動給100,000/ 未払費用(給よ)80,000
               /(2)前払費用(社保)20,000
               /(3)預り金(住民税)XX,XXX
               /(4)預り金(所得税)DD,DDD
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
貸借合計 100,000   /        100,000

G もしかして(3)住民税も(4)所得税も計算を、し忘れていると思いました?それで(3)と(4)を暫定に付け加えました。

H この人の給料は月100,000円ですから単純に12ヶ月掛けても年間所得1、2000,000円ですよ、年間所得1,030,000円以上は税金の対象になるはずです。調べてください。

I あなたには個別仕訳で説明して方がよさそうですね。賃金計算の方法と言葉は分りましたね?

J 例)仕訳計上処理。
※費用(経費)科目を一旦負債勘定へ振り替えます。なぜか?会社のお金ではないからです。
(1)基本給と変動給100,000/未払い費用100,000

K 負債科目に計上したものを資産・負債勘定へ振り替えます。なぜか?社会保険料は先払いの形になります。(例えば健康保険被保険者証は先払いの形でなければ交付されない)だから社会保険料は前払い費用へ振替するのです。税金は対価の報酬に対してのものだから後払いでよい。

L 資産・負債科目に振替計上します。
(1)未払い費用80,000  / 現預金80,000(個人口座へ振り込んだ等)

(2)未払い費用20,000   /前払い費用へ振替20,000
                 (社会保険料)
(3)未払い費用XX,XXX   /預り金XX,XXX
                 (住民税)
(4)未払い費用DD,DDD   /預り金DD,DDD
                 (所得税)
________________________________
 借 方 100,000    貸 方 100,000
これでJの未払い費用は貸借相殺されましたね(^・^)

M 支払日や納付日にこのように仕訳起票します。
(1)給与は即支払いできますね?既に上のL欄で支払い済みです。

※Lの(2)からは支払い期日が給与支払い日の翌月の大体10日頃と決まっている。
(2)前払い費用20,000 / 預金20,000
(3)預り金  XX,XXX / 預金XX,XXX
(4)預り金  DD,DDD / 預金DD、DDD

※(3)と(4)は暫定だからそのつもりで、このように行う事を理解してください。(3)と(4)はどうして預り金か?従業員から天引きで預っているからです。

N あなたは、簿記で厚生年金保険料の科目振替を預り金と習いましたか?

O それから貸借を計上する時費用・資産・負債を混ぜてもよいと習いましたか?私のように費用から負債に振替て更に用途別の科目に振替て最終的には現預金又は相殺と言うように習いませんか?

P 理屈から言うと貸方は仮払金でも預り金でも未払い金でもよいのです。でもB/Sを作成のとき支障はありませんかと言うことなのです。

E 4/25の仕訳で、あなたは、住民税と所得税の金額を書いていますか?書いていませんね?だから、貸方、住民税XXXXX所得税DDDDDについては英文字にしたのです。ですからか借方の100,000円とは貸借は一致しないのです。給料の仕訳はこのようにすると言う雛形です。給料80,000円と社会保料80,000円とで貸借が取れるように書いてあります。

F 内容説明。
   借 方             貸 方
(1)基本給+変動給100,000/ 未払費用(給よ)80,000
...続きを読む

Q売上/売掛帳と売上帳なんですが・・・・・・・

売掛で売上たものは、とりあえず売上/売掛帳に記入するのはわかりますが、現金で売り上げたものは、なにに記入するのですか?現金出納帳簿に勘定科目「売上」でいいですか?それとも売上帳と、売上/売掛帳簿の二つをつねに持っていて現金の場合は売上帳に記入するのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。

>借方 売上高1000/貸方 売掛金1000 でしょうか?

いいえ。

1000円で掛売りした場合、仕訳は

〔借方〕売掛金1000/〔貸方〕売上高1000

ですから、

・売掛帳(売掛金元帳)の〔借方〕に「1000」と記入します。相手科目は「売上高」です。

・また売上帳(売上高元帳)の〔貸方〕「1000」と記入します。相手科目は「売掛金」です。

Q預り金の扱い

会社で従業員の給料から所得税を源泉徴収した際、
仕訳では「預り金」で計上すると聞きました。

この場合、預り金はどのように仕訳されるのでしょうか?
これでいいのでしょうか?(なんか違うような気がします)

給料 XXXX 普通預金 XXXX
給料  ZZZ 預り金 ZZZ

Aベストアンサー

借方  給料
貸方  普通預金
    預り金

支払い時に

借方  預り金
貸方  普通預金

Q売上?売掛金?

ネット通販である商品を販売しております。
お客様がネットで商品を購入すると、数日の間に商品代と送料を合計した金額が私の銀行口座に振り込まれます。
その振込を確認した後に商品をお客様へ発送する仕組みですが、簿記上の取引ではどのようになるのでしょうか?
お金が振り込まれた時点で「売上高」という勘定科目にするのか?それとも売った時点で「売掛金」とし、お金が振り込まれてから再度、仕訳をするのか?
一般的にはどのようにするのでしょうか?

Aベストアンサー

在庫と売掛金の管理はどうなっていますか?
商品の発送時に、売掛金を立て、入金時に売掛金を消す仕訳の方が、後に管理(売掛金の把握)には有効だと思います。
確かに、シンプルな経理処理は楽ですが、現金商売でない以上売掛金計上が必要と思われます。売掛金の計上を省くことが、シンプルだとは思えません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報