グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

自分の映像を他人に勝手にyoutubeにアップされてしまいました

昨年、「マツケンサンバ」的なダンスを10人くらいのチームで行い、
所属しているサークルのみんなの前で披露しました。
このダンスの様子をチームの一人がビデオで撮影しており、
youtubeに勝手にアップロードしてしまいました。
(僕は彼に対し、youtubeには載せないでと頼んでいたのですが、
それを無視して勝手にアップロードされてしまいました。)
これって法的に何か問題にならないのでしょうか。
たとえば肖像権とか、そういう権利は僕に認められないのでしょうか。

A 回答 (3件)

http://soulwarden.exblog.jp/5390091/

質問者さんをはじめ映っている人の許可がない以上、肖像権侵害です。
上のサイトにありますが、YOUTUBEはこうした事が日常茶飯事なので、通報してくれと情報を求めています。
それで削除されます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
youtubeに削除依頼しました。
ただ、今回は削除できましたが、またいつアップされるかわからないので正直不安です。。。
相手に罰が与えられるような法構成になっていないのが不思議です。

お礼日時:2010/01/25 20:29

訂正です、、、



誤った情報を書き込んでしまいました。

肖像権は、権利は認められるのですが、それによる被害が無い場合、法的には効果が無い様です。

本当にすみませんでした。


ちなみに、法的な問題が無くても、YouTubeに言ったら消して貰えた、、、ハズです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
どういう状態だと被害があるのでしょうか。。。
実際、私は見られたくない姿を勝手にアップされ
不快な思いをしてますがこれは法的な被害とは違うのでしょうか。

お礼日時:2010/01/25 20:24

肖像権は映っている人全員にあります。



従って、許可がなければ、upする事は出来ないはずです。(法律上)

この回答への補足

早速ご回答いただきありがとうございました。
肖像権があると、どんな主張できるのかもう少し詳しく教えていただけますか。
裁判を起こす気とかはサラサラ無いのですが、
もし裁判を起こしたとしたら、どのようなことが言えるのかが知りたいです。

補足日時:2010/01/21 19:37
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/25 20:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QYOUTUBEで他人が撮った動画に自分が映っていたら著作権法で慰謝料をとれますか?

鉄道の動画とかよくみますが、駅にいる客や車内にいる客もうつっているのが山ほどありますよね。
撮影してアップしている方にうつしてよいと同意している物はほぼ皆無だと思うのですが、
もし自分が他人の動画にうつっていた場合に、民事でいえば慰謝料は請求できるのでしょうか?

動画アップした方は再生回数によって利益をえられても、自分とかが少しうつっていても何一つメリットがありませんし。

Aベストアンサー

その手はでは、過去にも裁判がありましたが「肖像権侵害」にはならないということです。
慰謝料請求には、「違法行為」「不法行為」という証明が必要です。
単に映っていたというだけでは、違法行為や不法行為とはなりません。
精々、削除する位が関の山です。

Qyoutubeで自分の動画が再アップされてる

youtubeでゲームのプレイ動画をアップロードしています。
最近、自分がアップロードした動画を他人が再アップロードしているのを発見しました。
おそらく、何らかのツールを利用して一度ローカルに落としてきたものをyoutube上にアップしており、似ているではなく、私の動画と全く同じものです。
ブラジル人の方の様で、とりあえず英語で、その人のチャンネルのところに文句を言ってみたものの、私のコメントを消去、完全に無視を決めこまれてしまいました。
パクってる私の動画は1つだけではないので、この場合、youtube側のどこかに報告すればアカウントごと削除させることはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

>しかし、コンテンツの核心に抵触するか否かという争点から、現状では後者の事例では何も言ってこないのです。

いいえ、例えば発売されたばかりのゲームのプレイ動画などは立派に削除対象です。
権利者削除は結構ありますよ。
それでも多くのプレイ動画が権利者削除にならない場合は、それはゲーム制作会社が、
ファンによる広告費無料の宣伝行為として「大目にみている」
だけのことです。
質問者様がやっていることは立派に著作権侵害の告発対象グレーゾーンであることは肝に銘じて下さい。
勘違いしないように。

Q他人の顔写真を勝手に掲示板などに貼ったら・・・

ブログやネット上に落ちている他人の顔を自分のPCに保存し、「転載禁止」や「悪用禁止」などと書かれていなくても掲示板や不特定多数の人が閲覧する場所に無断で貼ったら違法になりますか?

Aベストアンサー

肖像権の侵害になります。
写真などの転載は写っているご本人全員の許可が必要です。

QYouTubeでコメントを報告すると、 本名が特定され、通報された側にわかってしまいますか?

YouTubeでコメントを報告すると、
本名が特定され、通報された側にわかってしまいますか?

Aベストアンサー

同姓同名はよほど、少ないみよじと名前の組み合わせ以外はたくさんいます。基本、わからないようになっています。

Qビデオ撮影と肖像権について

先日、街角で町並みをビデオカメラで撮影していたところ、やめさせれられました。
理由は、映っている人の肖像権を侵害するからだ、とのこと。
警察の方に質問したところ、最近はうるさいからやめた方がいい、とのことでした。

しかし、その人を映すのが目的ではなく、偶然入ってしまう、またその可能性がある、というだけで撮影を禁止されてしまうものなんでしょうか?

また、それに関連して質問ですが、そうすると、観光地や運動会などでビデオや写真撮影をしているのはごく当たり前ですが、肖像権を舘にやめさせることも可能なのでしょうか?

また、テレビなどの、たとえば台風などが近づいてくると、町の映像を流しますが、その際放送されてしまったという事で、テレビ局に対し損害賠償請求などをすることも可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

肖像権という権利は最高裁判所も正面からそう呼んではいませんが、憲法13条から導き出す新しい人権の一つで、「個人の私生活上の自由の一つとして、何人も、その承諾なしに、みだりにその容貌姿態を撮影されない自由を有する」(京都府学連事件/S.44.12.24)としています。
憲法は国民が国家権力に歯止めをかける法律ですから、国民対国民の争いでは適用されず、国民(私人)対私人の争いは民法が適用されます。
そこで、民法に憲法の精神を反映させて、違法な権利(人権含む)侵害があった場合は損害賠償請等の私法上の救済をうけることができるとする憲法の間接適用説が通説・判例です。
したがって、肖像権についても、人が自己の肖像をみだりに他人に撮影されたり使用されたりしない権利として私法上保護に値する利益なのです。

質問者さんの場合、撮影された人からやめさせられたのでしょうか?いやだといわれても撮影するのは違法でしょう。あくまで「みだりに」なので。
観光地においてもおなじことが言えるでしょう。運動会などは、お互いがあらかじめ撮られることを認めているともいえなくはありません。承諾が推定できそうです。
私人が私人に対して「禁止」という不作為を要求できる場合は、主に契約内容やルールになっている場合であって、それ以外でいきなり撮影が禁止されるということはないでしょう。これはあくまでも法律上ですがね…。

肖像権という権利は最高裁判所も正面からそう呼んではいませんが、憲法13条から導き出す新しい人権の一つで、「個人の私生活上の自由の一つとして、何人も、その承諾なしに、みだりにその容貌姿態を撮影されない自由を有する」(京都府学連事件/S.44.12.24)としています。
憲法は国民が国家権力に歯止めをかける法律ですから、国民対国民の争いでは適用されず、国民(私人)対私人の争いは民法が適用されます。
そこで、民法に憲法の精神を反映させて、違法な権利(人権含む)侵害があった場合は損害賠償請等の...続きを読む

Q相手の承諾のない録音等について

相手方の違法性等の証拠書類として、相手方の了解なし(知らない)で、録音ないし録画を行うことは、何か法律に引っかかるものはあるのでしょうか。電話での盗聴などと混同しているのかもしれませんが、確認の意味でお教えください。

Aベストアンサー

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しました。

これらの判例を鑑みると、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限ったうえ、通信の秘密の侵害などの反社会的手段でなければ、証拠能力があります。

これらの判例を熟知した悪者は、裁判官に、録音前に「芝居をするよう求められた」とか、録音後に「これまでの話しはなかったことにします」という話しがありましたと、陳述するかもしれませんね。
もしかして、録音前後の遣取りをでっち上げられて、録音の証拠能力が失う可能性も少なくないかも......。

http://www1.odn.ne.jp/tops/01/0102.htm#061
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kaiwarokuonnsaikousaihannketu.htm
http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/tokusimanijikai.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/furansu.htm

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しま...続きを読む

QFacebook メッセンジャー

メッセンジャーで、ウェーブが届きました。と来たのですが、これは何の意味でしょうか?
私を選択して送られてるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

Poke機能というのはわかりますか? 肩をちょっちょっとつついて「元気?」みたいに簡単な挨拶をする機能です。
Wave(ウエーブ)とは、このpokeと携帯のGPS機能の合わせ技で、時間的に近い距離にいる友達に対して「近くだよ。元気?」みたいな挨拶をする機能です。Waveが来ることで、じゃあ、今から合おうかみたいなこともできるのではと言われています。

>私を選択して送られてるものなのでしょうか?
個人ではなく、物理的な距離の近さによって出てくるようです。どのぐらいの距離の近さに設定しているか詳細はわかりませんが。

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む


人気Q&Aランキング