SIDNEY SHELDON 著 ゲームの達人 
TOEIC 700 台ですらすら 評判どおり 読めました、満足しています
次は? NETで探しても わかりません、
どなたか ご教示いただきたく お願いします。
’真夜中は別の顔’でしょうか? 愛読者様へ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Sidney Sheldon は、数冊読みましたが、やはり売れ筋トップの


Master of the Game が内容的には秀逸だと思いました。
女流作家ですが、
Sandra Brown の Mirror Image などは、
ハラハラドキドキ感が楽しめます。
http://www.amazon.co.jp/Mirror-Image-Sandra-Brow …

参考までね。
    • good
    • 0

こういう場合は英語版Wikipediaです。

作品一覧が載っています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Sidney_Sheldon

私は彼の作品は全部読みました。個人的には'Windmills of the Gods' (1987)がよく出来ていると思いますが、それ以前の作品もみな読ませます。"page turner"という感じです。これ以降は、彼が歳取ったせいか、やや構成力が弱まっているような気がします(作品の特徴も覚えていないほどです)。

しかし、辞書無しで読める点で、いい教材ですよね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q’all (the) 複数名詞’ と ’all of the 複数名詞’ではどちらが先?

英語史に詳しい方にお尋ねします。

(1)
’all (the) 複数名詞’ と ’all of the 複数名詞’ の2つの表現形式では派生上どちらが親でどちらが子の関係なのでしょうか?

次の(あ)説と(い)説のどちらが正しいのでしょうか?
(これはこのカテの質問(No.2058657)の ’all (the) 複数名詞’ に関して調べる中で、いくつかの学習文法書をみていて湧いた疑問です。)

(あ)
『総合英語フォレスト』(第4版、桐原書店、p.463)は、「[all the booksは]もともと、all of the booksという表現で、ofが脱落したものである」、と書かれています。私自身も今までずっとこのように理解していました。

つまり、’all of the 複数名詞’ が親という説。

(い)
ところが、中・上級者用の代表的文法参考書『ロイヤル英文法』(旺文社、p.223)はallの形容詞用法の説明で、「allは元来形容詞で…代名詞用法のAll of the villagers ~の形はsome of ~などの形にならってできたもの」、と書いてありました。同様のことは小西友七編『英語基本形容詞・副詞辞典』(研究社出版、1989年、p.86)にも、「’all of …’ はnone [some, any] of などの表現の類推によってできた比較的新しい言い方」、とあります。

つまり、’all (the) 複数名詞’ が親という説。


(2)
bothについても同じことがいえるのでしょうか?

(3)
ついでにと言っては何ですが、そもそもsomeについてはどうなのでしょうか?’some複数名詞’ と ’some of the 複数名詞’ の2つの表現形式にも派生上の親子関係があるのでしょうか?もしあるとするなら、どちらが親でどちらが子の関係なのでしょうか?


(1)、(2)、(3)どれか一つだけでも結構です。ご教示ください。

英語史に詳しい方にお尋ねします。

(1)
’all (the) 複数名詞’ と ’all of the 複数名詞’ の2つの表現形式では派生上どちらが親でどちらが子の関係なのでしょうか?

次の(あ)説と(い)説のどちらが正しいのでしょうか?
(これはこのカテの質問(No.2058657)の ’all (the) 複数名詞’ に関して調べる中で、いくつかの学習文法書をみていて湧いた疑問です。)

(あ)
『総合英語フォレスト』(第4版、桐原書店、p.463)は、「[all the booksは]もともと、all of the booksという表現で、ofが脱落...続きを読む

Aベストアンサー

all, some, each/every には,古英語の時代から形容詞用法と不定代名詞用法がありました。古英語の eall (現代語の all)の例を挙げます(綴りは微妙に変えてあります)。

1.形容詞的用法
ealne daeg (all day)
ealle menn (all men)

2.不定代名詞用法
hit eall (it all)
all thas thing (all these things)
eall Godes getheaht (all the counsel of God)

3.名詞的用法
alle butan anum (all except one)
eal moncynnes (all the males)


また数詞も部分属格をとっておりました。
twentig wintra (twenty winters)

というわけで,
(1) 「of ~」は(部分)属格から生まれたもの
(2) all のもともとの品詞はともかく,古英語の不定代名詞用法の子孫には当たる。

ただし,これが形容詞ではない,とまでは実は(個人的には)言いたくない。数量詞のいくつかの用法の一つにすぎない,と考えているので。でもこれは余談。

all, some, each/every には,古英語の時代から形容詞用法と不定代名詞用法がありました。古英語の eall (現代語の all)の例を挙げます(綴りは微妙に変えてあります)。

1.形容詞的用法
ealne daeg (all day)
ealle menn (all men)

2.不定代名詞用法
hit eall (it all)
all thas thing (all these things)
eall Godes getheaht (all the counsel of God)

3.名詞的用法
alle butan anum (all except one)
eal moncynnes (all the males)


また数詞も部分属格をとっておりました...続きを読む

QI'm 5'2'',and by no means do I hav

I'm 5'2'',and by no means do I have a perfect body.

なんでdoを付けてるんですか?
あとby no meansってby no wayと同じ意味でしょうか?

できれば全訳もお願いします><

Aベストアンサー

by no means (決して~ではない)のような
否定の言葉が、文頭にきて文を強調する場合は、
その後の文の主語・動詞に倒置がおきます。
「私は身長5フィート2インチで、決して完ぺきなスタイルではありません」

例:
Not until we lose our health do we realize its value.
(健康は失ってみて初めてその価値がわかる)

Q語学センスなしでもTOEIC700点目指したい

現在TOEICの実力500点の社会人ですが、
何とか頑張って700点を目指してみようかと思っています。

なるべく手間とお金をかけず効率よく勉強して
700点を目指すには、どんな勉強法が良いでしょうか?

ちなみに私は大学受験では某有名私大(理系ですが)に合格していますので
受験英語の基礎はある程度できていると思うのですが、リスニングなどの
こと英会話に関してはさっぱりです。会社で海外のエンジニアとの
コミュニケーションのために英語を使うことがあるのですが、同じ職場
で同じような仕事をしていながら、後輩に英語力で引けを取っているような
状態なので、もともとの語学のセンスが無いのかもしれません。

語学センスのない私でもTOEICで700点取れるような良い勉強法がありましたら
どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

No.3ですが、書き忘れました。
600点台~700点台前半は、個人差はもちろんあるでしょうが、語学センスというほどのものがなくても努力で取れるのではないかと思います。少なくとも600点ぐらいは。
でも、英語が大嫌いで見たくもない人だと無理だと思いますが。

TOEICは長文を読まなきゃいけないから、英語が嫌いだとそれがもう苦痛だろうと思います。
(海外旅行で片言で話して楽しい♪ぐらいなら英語嫌いでも可能でしょう)


以下、長いおまけ。

No.1さんの出題は私も分かりません。自分は800点台半ば~後半ぐらい取れるんですけど、ある種の語学センスが欠落しているように思います。皮肉でも冗談でもなく、「センスのある人はこれが出来る」と言われることが分からない場合がしばしばあるんです。こういうのとか。
英語が苦手な人は関係代名詞が分からないし、英語が得意なら間違わない。
http://juken.alc.co.jp/mouthbird/archives/2008/07/post_494.html
http://juken.alc.co.jp/mouthbird/archives/2008/07/post_496.html
この伝で行くと私は英語センスや才能がありませんし、英語が得意ではありません。
ただ、「違和感」である程度分かる部分もあります。
センス「ゼロ」ではないにしても「たいした才能がない」と言うことなのかもしれません。

800点、860点、900点、950点以上、このくらいになると少しずつセンスが関係してくるかもしれませんが(860点と950点は違います)、勉強、練習、努力もかなり関係すると思います。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/mutuno/04_dissect/04_dissect.html

No.3ですが、書き忘れました。
600点台~700点台前半は、個人差はもちろんあるでしょうが、語学センスというほどのものがなくても努力で取れるのではないかと思います。少なくとも600点ぐらいは。
でも、英語が大嫌いで見たくもない人だと無理だと思いますが。

TOEICは長文を読まなきゃいけないから、英語が嫌いだとそれがもう苦痛だろうと思います。
(海外旅行で片言で話して楽しい♪ぐらいなら英語嫌いでも可能でしょう)


以下、長いおまけ。

No.1さんの出題は私も分かりません。自分は800点台半ば~後半ぐ...続きを読む

QTOEIC700点・英検準1級は?

こんばんは。
現在、TOEIC460点で英検2級を持っているんですが1年後にTOEIC700点以上または英検準1級をとりたいと考えています。
個人差はあるかもしれませんが、1日2~3時間一生懸命集中して頑張ればとれるものでしょうか?
また、よい勉強法・オススメの教材・体験談がありましたらアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

僕は大学3年でこの間初めてTOEICを受けて725点でしたが、Duo3.0という単語帳以外何もやったことありませんよ。TOEICレベルで必要な単語は全て収録されていると思います。CDも付属してるので、リスニング対策にもなるでしょう。これを一日20分やれば、十分700点以上とれると思います。

QTOEICで700点取りたいです!

12/9に行われるTOEICを受けることになりました。約2年前に初めてTOEICを受験した時のスコアは630点でした。それ以来、英語の勉強はまともにやっていないのでかなり英語力が衰えていると思うのですが、今回は700点を越えたいです。
TOEIC対策の本を1冊買って勉強しようと考えているのですが、1日1~2時間、1か月程度勉強すれば達成可能でしょうか?個人差はあると思いますが、どれくらい勉強したらよいのか目安をお聞きしたいです。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あと2か月弱ですね。
1日1~2時間で いけると思いますが、「1か月だけ勉強しよう」ではなく、今から始められてはいかがですか? 

ただ、1冊だけの参考書とかではなく、実戦的な問題集もやっていただきたいです。

まずは、前回のスコアの内容をよく見て、どういう問題ジャンルが不得意だったかを認識することから始めるとよいのではないでしょうか?
もしもReading問題を最後まで全部落ち着いてできなかったようならば、長文問題くらいの分量の英文を毎日読むような練習も必要かもしれません。

私はTOEICは900以上のスコアをとりましたが、その時は、受験申込はしたものの、モチベーションがあがらず、直前の水曜日からリスニング専用の問題集を2冊、1回ずつだけやりました。(本当は3回くらいやりたかったのですが) 結果、なぜかMaxの495がとれたのはびっくり。
Readingのほうでは以前に使っていた問題集で、不正解が多かった問題のみを一通り復習して精一杯でした。
(できた問題にはチェックを付けていく方式、かつ10分とか時間を決めてスピード回答を何度も繰り返します。会社の昼食を終えた残りの時間にやっていました。)

参考書は書店で自分で手に取って、できるだけ新しいものを選ぶのが良いと思います。
決定した参考書・問題集を1冊ずつ1か月以内にやり終えて、またこの質問コーナーにてその時点の疑問点や不安点を投稿されてはいかがでしょうか?

がんばってください。
You can do it!!

あと2か月弱ですね。
1日1~2時間で いけると思いますが、「1か月だけ勉強しよう」ではなく、今から始められてはいかがですか? 

ただ、1冊だけの参考書とかではなく、実戦的な問題集もやっていただきたいです。

まずは、前回のスコアの内容をよく見て、どういう問題ジャンルが不得意だったかを認識することから始めるとよいのではないでしょうか?
もしもReading問題を最後まで全部落ち着いてできなかったようならば、長文問題くらいの分量の英文を毎日読むような練習も必要かもしれません。

私はTOEI...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報