【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

採血に行った時の話なんですが…

1:整形外科のお薬使ってたので血管がつぶれてしまった

2:採血針に負けて血管がつぶれちゃったからやり直し

とかって話してるのを聞きました。
整形外科のお薬と採血と関係するんですか?つぶれた、と聞くと、そこから先は血液が流れて行かないのでは?!と勝手な心配をしてしまうのですが、一般的なつぶれるとは違う意味なのでしょうか?
つぶれるという表現にちょっとびっくりしました…。

専門職の方にお答え頂くと嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

つぶれるというのは比喩表現ですから、実際につぶれてしまうわけではありません。


ちょっと傷ついても、ちゃんと血管は修復されますから心配要りません。

整形外科の薬で血管が「つぶれて」しまうことなんてありません。
針に負けてつぶれることもありません。
実際には、注射をした人の技術不足なのですが、なんだかんだ言い訳をして自分のせいではない、血管が悪いんだという医療関係者がほとんどです。
ちゃんとした知識を持って、しっかりとした技術で針を刺せば、そうそう失敗しません。
つぶれるという表現も、医学的な知識が不足しているから出てくる言葉なのです。

うちのクリニックでは、絶対にそういう言い訳をせず、自分が失敗したからだと説明するように指導しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自信を持ったご回答を頂いて、安心しました。
医学知識なない以上、身を任せるしかないので、可能な限り安心して医療を受けられたらと思います。
まぁ人間なので失敗しても仕方ないんですけどね…。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/28 19:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q献血をしすぎると血管がボロボロになる??

以前、看護学校の教師をしている友人に
「あまり献血すると、血管がボロボロになるよ」と云われました。

今は、授乳中で献血はしていませんが
自分の健康のバロメーター(献血できるほどの体調か)としても、できる機会があればやりたいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うーん・・・
私は専門家でも在るのですが、ワーファリンと言うお薬を飲んでいる患者でもあります。
ワーファリンと言うお薬は、飲んでいる人は分かると思いますが、定期的に(私は環境に恵まれている事もあり、たいていは2週間に1度、コントロールがうまく行ってないときは毎週)採血をして効き目を確認しています。

右利きなもので、ほぼ毎回左から採ってもらうのですが、かれこれ25年以上そうしてきましたが今でもきちんと採血できますよ。
手術前の貯血(手術に備えて自分の血液を溜めて、いざ必要となったらそれを使うという、感染に備えての処置)もそうでしたし。

変化がないかといわれると、あります。
それは、堅くなっていわゆる『タコ』と呼ばれる状態になって、刺す時に『あれ、タコになってますね、堅いですよ』って言われますが、それは針を刺した部分が治る、刺す、治る、を繰り返すためにその部分が厚くなって堅くなるだけで、ボロボロにはなりません。

私も看護学校の教師をやってきた事がありますが・・・
ちょっとそれは・・・

血管が溶けるようなとんでもない薬を打てばそうなるかもしれませんが、ボロボロになるなんて事はない、と言い切れますよ。

うーん・・・
私は専門家でも在るのですが、ワーファリンと言うお薬を飲んでいる患者でもあります。
ワーファリンと言うお薬は、飲んでいる人は分かると思いますが、定期的に(私は環境に恵まれている事もあり、たいていは2週間に1度、コントロールがうまく行ってないときは毎週)採血をして効き目を確認しています。

右利きなもので、ほぼ毎回左から採ってもらうのですが、かれこれ25年以上そうしてきましたが今でもきちんと採血できますよ。
手術前の貯血(手術に備えて自分の血液を溜めて、いざ必要とな...続きを読む

Q同じ位置に注射して血管はどれぐらい大丈夫?

同じ位置に注射すると血管が硬くなる?
もろくなりますよね
病院って検査のためだったり点滴のためだったりで
何度も針を入れるので最初のうちは右手・左手や
多少位置も変えたりするのですが
まだ前注射したところの穴がふさがってない
血管が痛いうちに同じような位置に注射したりする事に
なりますよね
血管は同じ位置に針を刺し続けても何日(何回分)ぐらいは大丈夫な
ものなんでしょうか?
高齢者になると血管ももろくなりませんか?
高齢者で長期間入院してる人の血管は毎日針さして
大丈夫なのでしょうか?
病院いった時に検査やら点滴やらで何度も注射されて
血管が痛くなるのでこれで長期間入院したら
血管大丈夫なのかなと怖くなったので
質問してみました

Aベストアンサー

私は病院に入院しているときは、40日入院していてけど、
点滴の針は、毎日刺しかえるけど、血管は劣化しませんでした。
注射のあとは、大量に出来ました。
逆の手は、注射専用にしていて、血管が硬くなり、タコみたいに
膨らみました。でも看護婦さんはタコの部分のほうが、注射しやすいので毎日2回同じところに打たれます。

参考までに、老人になると、血管はボロボロになるため、点滴が
難航します。腕を動かすと切れてしまい、液漏れします。
その為、注射針をプラスチック製に変更。 点滴の間、腕を押さえて
動かないようにしてました。
私を含め、家族は自宅で点滴でする際は、疲れました。
点滴も自宅でしてるので、常時監視監視です。

Q血管に注射針を入れる方法

看護士さんが練習する時に自分で注射針を刺すとしたらどこの場所の血管が一番刺しやすいですか?
一般の採血ではよく腕に刺すと思いますが、自分を刺す場合は違うと思うのですが、腕とか足とかあると思うのですが、一番刺しやすい血管はどこでしょう?
くけつ帯を使わず血管を刺すコツとかあるのでしょうか?
また、血管に針が入ったことを確認するのはどうやるのでしょうか?
あと、練習は主に静脈だと思いますが、動脈の血管に針を入れる場合だと場所はどこがやりやすいですか?
これも入ったことを確認するにはどうしたらよいでしょうか?
静脈・動脈とも、針が入ったとどうやって感じるのでしょうか?

Aベストアンサー

 獣医師です。自己採血は学生時代はよくやりましたし、今でもたまにします。自分で自分に点滴を打ったこともあります。

 結局、普通に看護師さんに採血してもらう際と同じ、腕の静脈がベストです。駆血帯は必須ですが。

 自分で刺す場合も他人に刺す場合も同じですが、"体表に浮いている血管"は実は刺しにくいです。血管が逃げますから。
 採血や静脈注射時に最も利用される腕の静脈は、体表近くにあって目視できるのに筋肉に挟まれていて逃げにくい貴重な血管です。さらに自分で刺せる位置にある血管と言うことになると、ここ以外にはほとんど考えられません。

 血管に針が入ったことを確認するには、普通は少しポンプを引いてみます。血管に入っていれば血液が注射器内に入ってきます。
 この方法は真空採血管とホルダーを使って採血する際には使えません。血管壁を針が破る感触を感知するのみです。"ぷちっ"って感触がします。
 静脈に綺麗に入り、綺麗に抜けば出血もほとんどないので、抜いてからゆっくりアルコール綿を押し当てて止血すれば十分です。馴れれば自己採血はなんでもない作業です。

 ただ、他人の採血をする時とは全てが逆向きになるので、あまり良い練習になるとは思えません。

 動脈は難しいですよ。そけい部の大腿動脈が最も入れやすいですかね。それでも自分でやるのは至難の業だと思いますが。
 そもそも動脈に針を入れると止血が大変です。たいていは出血が止まらず大流血騒ぎになると思います。下手すると(綺麗に入って綺麗に抜くと)針を抜いた途端に噴水のように勢いよく出血します。
 ま、やめた方が良いですね。

 自分の腕から自己採血する時は、ポンプを引いて針が静脈に入ったことを確認できるので、普通の注射器の方が良さそうに思えるのですが、実はポンプを引いたりする動作によって針先が動き、血管を破ってしまいやすいです。当然内出血して痛い目に遭います。
 他人を採血する時は上手く針先を動かさないようにポンプを引けても、自分に刺している時は無理のない注射器の持ち方ができないので、綺麗にポンプを引く動作はかなり難易度が高いです。
 なので真空採血管の方が絶対に楽です。針が血管に入ったら採血管を押し込むだけのアクションで済みますから。
 ただし、針先が血管に入る感触を熟知していないと無理でしょう。

 なので、自己採血は他人の採血を鼻歌混じりでできるスキルを持ってから挑戦する「上級編」ということです。いきなり自己採血はまず無理だと思います。

 獣医師です。自己採血は学生時代はよくやりましたし、今でもたまにします。自分で自分に点滴を打ったこともあります。

 結局、普通に看護師さんに採血してもらう際と同じ、腕の静脈がベストです。駆血帯は必須ですが。

 自分で刺す場合も他人に刺す場合も同じですが、"体表に浮いている血管"は実は刺しにくいです。血管が逃げますから。
 採血や静脈注射時に最も利用される腕の静脈は、体表近くにあって目視できるのに筋肉に挟まれていて逃げにくい貴重な血管です。さらに自分で刺せる位置にある血管...続きを読む

Q点滴が血管以外に打たれたら

主人が大人の水疱瘡にかかり 病院で点滴を打たれていますが点滴がへたくそで 一度は逆流して点滴の管に血がさかのぼっていました。
昨日は点滴が血管に入っていなかったらしく、腕がパンパンに腫れたらしく 今日は逆の腕に点滴をされていました。
点滴は血管意外に入っても大丈夫ですか?
また、間違って打たれた箇所は大きな豆粒大の水ぶくれになっていましたが問題ないでしょうか?
看護士はただ誤っていたそうですが・・・・

Aベストアンサー

こんばんは。

実は私もドクターが間違って変な場所に点滴を打たれた
事があります。

そのときは腕がみるみる腫れ上がり、1.5倍ほどの
太さになりました。
病院に勤めていた友人に後で聞いたところ、下手な人に
あたると、そうなることはよくあることで・・・。

そして、そのあと1日ほどで腫れは引いて、その後
なんともなかったです。
ドクターに会ったときに、そのことを言ったら、平謝りに
謝ってくれました。別にそれで、何か不具合がおきないのなら、いいんです。何か病気になったり、腕に障害が残る
んじゃないかって、素人だから思ってしまって・・・。
ずいぶん怖かったのを覚えてきます。

いろいろと考えってしまうと怖いですよね。
でも、早めにドクターに言うのが一番だと思います。

Qかなり採血がしづらい体質 アドバイスが失礼だった?

とても血管が出にくいです。採血ですら小1時間手間取らせてしまうこともあり、点滴も未経験です。
ごくたまにひじ(まともなところ)で取れます。こちらとしては多忙な病院・他の患者さんを待たせても、と思ってのつもりで
「非常に出にくいらしいので手の甲・手首のつもりでいたほうがいいと思います。痛さは慣れてますので」と申告します。

実際そうなることのほうが多いのですが、本日なにを言っても「そういうことは自分が決めますので」と。
次が待っている風でもない診療所でのことでしたが、もしかして、混んでいてもそうでなくても、失礼な行為だったのでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえず、看護師さんが経験が豊富そうでしたら、一度は看護師さんを信じてお任せした方が良いと思います。

看護師もプロとはいえ人間、患者さんの血管が出にくいというとあせりますし、指示されるとそこに絶対に入れないといけないというプレッシャーがひどくかかったりします。ここは良く出るといわれています。とかなら良いのですが、ここにお願いします。といわれると正直、かなりプレッシャーです。ピッチャーに絶対ストライクにしなければいけないと言っている様なもので、過剰に負担と感じる者もいるかもしれません。
ちなみに私は小児科にいたり、老人、肥満体質の人、女性など様々な人を数多く採血や注射をしてきた経験から、採血、注射だけが唯一、得意という者なのですが、それでも血管が出にくいとか分かると、患者さんに負担をかけまいと緊張します。
私も手の甲などは痛いというのは理解しているつもりなので、負担をかけたくないと最初は必ず肘の内側にある血管が無いか探します。温めてみたり、駆血帯を絞めたら手をグーパー、グーパーとしたり、心臓より下にだらんと腕を下げたりすると出やすくなるので、まずは試みます。
どうしても探せないという方は何度も刺すというのも負担かと思われますので手の甲などから採らせていただいています。
患者さんとしてホッカイロなどてあらかじめ温めておく、水分摂取が少なく、ちょっと脱水気味だと血管に張りが無く、出にくい、採りにくいという場合もあるので、あらかじめ、お茶や白湯(湯をぬるく冷ました物)などの飲み物などあらかじめ採っておくと良いかもしれませんね。

二度失敗した場合、交代できる者がいればするというのは多くの病院などでは暗黙のルールのようになっています。三度目となった場合には失礼ですが、誰か代わってもらえる方いますか?といっても失礼ではありません。人が代わると案外すんなり入るというケースは多いです。

とりあえず、看護師さんが経験が豊富そうでしたら、一度は看護師さんを信じてお任せした方が良いと思います。

看護師もプロとはいえ人間、患者さんの血管が出にくいというとあせりますし、指示されるとそこに絶対に入れないといけないというプレッシャーがひどくかかったりします。ここは良く出るといわれています。とかなら良いのですが、ここにお願いします。といわれると正直、かなりプレッシャーです。ピッチャーに絶対ストライクにしなければいけないと言っている様なもので、過剰に負担と感じる者もいる...続きを読む

Qマッサージと毛細血管

マッサージの圧力が強すぎると毛細血管が切れたり潰れたりしてますます筋肉が凝ると聞きました。私はかなり強いマッサージを受けた結果、かなり凝り固まってしまったのですが、毛細血管が切れたのにマッサージを止めれば凝りは回復するんでしょうか?最近は強いマッサージをしてませんがある時期から治りが非常に遅いです。

Aベストアンサー

筋肉圧迫→筋性防御(外圧・内圧などから身体を守るために筋肉に力が入る現象)→筋中に乳酸がたまり、筋肉が硬くなる→筋肉痛

という仕組みがあります。
これが慢性的に繰り返されると、乳酸の排出が間に合わずにどんどん筋中に乳酸がたまり、結果的に硬い筋肉が出来上がるというわけです。

>毛細血管が切れたのにマッサージを止めれば凝りは回復するんでしょうか?
ある程度血管にも損傷が起こる可能性はありますが、これが原因で筋肉が硬くなるわけではないのです。
ただし、長年強いマッサージを受診し続けた方の筋肉は、触るとすぐわかります。
変に硬いんです。
ですから、ある程度は回復するでしょうが、後遺症(というのでしょうか?)のように後々も筋肉が硬いままの方が多いですよ。

鍼灸師でした。
マッサージに関してはよくわからないので『自信なし』で・・・。

間違いがあったら、どなたか訂正してください(笑)。

Q採血で神経損傷

先日、左肘の内側から採血を行ったのですが、
針をさしてすぐに左前腕部にビリっという痛みが走りました。
「痛い」「しびれる」と看護婦にうったえましたが、
何の説明もないままその日は帰らされました。

翌日の午後くらいから重いものをもったり、左腕を曲げ伸ばししたりすると
採血時に痛んだのと同じ個所に、ビリっという痛みが走るようになりました。

採血を行った医院に説明しにいくと、
「一ヶ月くらいで治る」と言われ、メチコバールというビタミン剤を処方してもらいました。
不安だったので、別の医療機関の神経内科の先生に見てもらったところ
「採血時に正中神経を損傷されたのだろう」と言われ
「治るかどうかはわからない」と言われました。

一週間経った今でも、痛みはあまりかわりません。
あまり動かさないようにしているので、激痛が走る回数は減りましたが、
夕方頃になると、左腕全体に軽く痺れるような感じがあります。

このまま痛みは治るものなのでしょうか?
同じような経験をしたことのある方や、
こういった症状に詳しい方がいたら、
教えていただきたいと思います。

以前にも同じような質問をされていた方がいらしたかと思います。
「注射後、腕がしびれる」という質問です。
読んでみると、まったく同じ状態です。
治ったのかしら・・・?気になります。

よろしくお願いします。

先日、左肘の内側から採血を行ったのですが、
針をさしてすぐに左前腕部にビリっという痛みが走りました。
「痛い」「しびれる」と看護婦にうったえましたが、
何の説明もないままその日は帰らされました。

翌日の午後くらいから重いものをもったり、左腕を曲げ伸ばししたりすると
採血時に痛んだのと同じ個所に、ビリっという痛みが走るようになりました。

採血を行った医院に説明しにいくと、
「一ヶ月くらいで治る」と言われ、メチコバールというビタミン剤を処方してもらいました。
不安だったの...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/11/s1126-18c.html
赤十字の採血基準書では、正中神経など重大な神経を損傷することはないと言い切ってます。 それに正中神経は肘の、ほぼ中心を通ってるから、内側を刺したのなら違う可能性がありますね。
c) 皮神経損傷の場合は2~4週間程度で症状は軽快するが、稀に回復に2ヵ月程度を要することもある。
これなら、重大なことにはならないと推定できるのでメチコバール内服で様子を見て大丈夫です。
正中の場合「猿手」と言って親指と他の指の対面運動ができない状態になるのでこちらが心配です。 自己診断は親指と人差し指で輪(OKサイン)を作って、輪に反対の手の人差し指を入れ、勢い良く輪を切るように引っ張って見ましょう、左右変えてやってみて、両方輪が切れなければ(左右差が無ければ)正中神経麻痺は無さそうです。 差があれば神経内科を探して早く受診してください。

参考↓
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/443387945023463.html

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/11/s1126-18c.html
赤十字の採血基準書では、正中神経など重大な神経を損傷することはないと言い切ってます。 それに正中神経は肘の、ほぼ中心を通ってるから、内側を刺したのなら違う可能性がありますね。
c) 皮神経損傷の場合は2~4週間程度で症状は軽快するが、稀に回復に2ヵ月程度を要することもある。
これなら、重大なことにはならないと推定できるのでメチコバール内服で様子を見て大丈夫です。
正中の場合「猿手」と言って親指と他の指の対面運動ができない状...続きを読む

Q覚せい剤、液漏れで腕が腫れている知人

大切な友達についての質問です。
覚せい剤らしきものを打たれたらしいのですが(本人がおそらく打たれたのは覚せい剤と言っています)、注射の液が漏れて、その部分がこぶのように盛り上がり、熱をもって、腕も腫れています。
本人はすごく痛いらしく、冷シップで冷やしていますが、痛みは増すばかりだそうです。
医者へ行きたいけれど、覚せい剤が漏れましたとも言えないしと躊躇して行ってくれません。
無理矢理でも連れていきたいのですが、外科でしょうか?
覚せい剤がもれましたと説明しなければいけないでしょうか・・・・
悪いことをしたには変わりありませんが、病院からの通報で逮捕になってしまうようなことがあるのでしょうか?
腕が腐って切断ということになるでしょうか?
不安ばかり増して、二人で途方に暮れています。

Aベストアンサー

無理矢理でも連れていきたいのですが、外科でしょうか?
外科になると思います。

覚せい剤がもれましたと説明しなければいけないでしょうか・・・・
説明しようが説明しまいが、結局何かはっきりわからないので検査するだけです。何かわからにが怪しいものを無理やり打たれたといえばよいでしょう。

病院からの通報で逮捕になってしまうようなことがあるのでしょうか?

”医師が,必要な治療又は検査の過程で採取した患者の尿から違法な薬物の成分を検出した場合に,これを捜査機関に通報することは,正当行為として許容されるものであって,医師の守秘義務に違反しないというべきである。

判例ではこうなっているので、医者は通報することもできるが義務ではないようです。よって通報する医者もいるししない医者もいる、といったところでしょう。医者しだいです。

腕が腐って切断ということになるでしょうか?
破傷風とかおかしなものが入っていれば、無いともいえません。
エイズとかもっと最悪のケースもあるでしょう。

病院にいけば命までとられるわけではないですから、病院にいきましょう。

無理矢理でも連れていきたいのですが、外科でしょうか?
外科になると思います。

覚せい剤がもれましたと説明しなければいけないでしょうか・・・・
説明しようが説明しまいが、結局何かはっきりわからないので検査するだけです。何かわからにが怪しいものを無理やり打たれたといえばよいでしょう。

病院からの通報で逮捕になってしまうようなことがあるのでしょうか?

”医師が,必要な治療又は検査の過程で採取した患者の尿から違法な薬物の成分を検出した場合に,これを捜査機関に通報することは,正...続きを読む

Q採血:逆血後、血液がひけてこないです

採血について、質問です。

翼状針(その後ろにホルダーまたはシリンジ)で採血しているのですが
静脈刺入後、逆血確認できたため、スピッツつけるのですが、引けてこないのです。
シリンジに付け替えても、陰圧かかり引けてきません。

針先が血管壁についてるかも、と針を動かすのですが、改善されません。

新人看護師の私としては、先輩に何度か見てもらったのですが
慣れだから、脱水かもしれないから、とのアドバイスで具体的な指導もらえてません。
一向に、上達しないのです。
あまり、採血機会の無い現場なので、慣れる機会も、少ないのです。

正中静脈のみ、確実にできるのですが、神経損傷のリスクがあるから
できるだけ、避けるように、と先輩から指示されているので
他の静脈で、きちんと、患者さんの負担にならないよう、採血したいのです。

そして「血管に刺さった感覚」が、まだ習得できていない状態です。

なにか、よい改善方法をご存じでしたら、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

恐らく針が血管を突き抜けていると思います。
逆血を確認した瞬間は、もちろん血管内に針はありますが、その後の操作(針を固定して、シリンジを引く動作)がキチンと出来ていないため、針先が動いているのでしょう。
特に翼状針は針そのものですから、少し動かすだけですぐに血管外へ針先が飛び出ます。

次に、採血する時シリンジを引きすぎていませんか。
陰圧をかけすぎると針先が血管内にあっても、針が血管壁を吸い込み、血液は引けてきません。
ゆっくりシリンジを引いてみて下さい。

また逆血を確認した後、駆血帯を外していませんか? 
駆血帯を外すと、静脈内の圧力が下がって血を引きにくくなりますよ。
採血が終わるまでは、駆血帯はつけたままにしておきましょう。

→そして「血管に刺さった感覚」が、まだ習得できていない状態です。

これは練習して感覚をつかむしかないです。友達と一緒に練習しましょう。
新人と言えども、免許を持っている以上あなたはプロです。
一回一回の穿刺にプロ意識を持って臨んで、良い看護師になって下さい。

QFFPやMAPとは?

 輸血の用語でFFPとかMAPってありますよね?あれっていったい何のことなのですか? 用語としてどこにも載っていないので…またこうした医療用語、略語の用語集、辞書の類でおすすめのものはありますか?

Aベストアンサー

下記URLの貼り付けで申し訳ありませんが・・・

◆新鮮凍結血漿(Fresh Frozen Plasma:FFP) ・ 採血後6時間以内に血漿を分離して-20℃以下で凍結保存した製剤。有効期間は採血後1年間で使用時は融解して用いられます。血液凝固因子の補給や循環血漿量の減少をきたす疾患などに使われます。

◆赤血球M・A・P(Red Cells M・A・P:RC-M・A・P) ・ 200・400mLの献血血液から遠心操作によって血漿及び白血球層の大部分を除いた後、赤血球を高品質に保存するための溶液(MAP液)を加えた赤血球製剤です。4~6℃で保存され有効期間は採血後21日間です。赤血球製剤の中で最も多く使われている製剤であり、血液中の赤血球の不足や(貧血等)、またはその機能が低下したときなどに使われます。

参考URL:http://www.bc9.org/word/word.html


人気Q&Aランキング