現在、バイク輸送を考えて軽の1BOX(箱バン)を購入検討中です。予算は、30万以内(車検2年付)を検討中ですが、この価格では、走行距離10万キロ近くで、平成4年前後の車になるようです。年式、走行距離を考えると購入してからの整備費用に疑問があります。一般論として、10万キロを走行した軽バンは、どのくらいまで、もつものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

国産の自動車で無茶な運転でなければ、10万キロを境界にすることはあまり重視しなくて良いと思います。

ただ、マニュアル車のほうがメンテ・維持費用を考えると無難でしょ。あと、タイミングベルトはほかの方がおっしゃってるから。キャブ仕様だと、購入時にお掃除されてはいかがでしょう。
    • good
    • 0

軽のバンですか・・。



私の友人でアトレイに乗っている人がいますが、その友人は軽バンばかりを乗り継いでいます。現在自己最高の15万キロを突破して本人はしきりに感心していました。彼は前の車もアトレイでしたが、15万キロにぎりぎり届かず廃車の運命をたどっているようです。

運送(赤帽)の仕事をしている友人もいますが、仲間の中でも18万キロくらい走った人が最高レベルくらいだと言っていました。

二人の経験を総合すると、基本的な整備(オイルやエレメントなど)をしてある車の場合、距離で言うと15万キロ以上20万キロ以下あたりが一般的な限界のような感じがします。

tanupon323さんがおっしゃるように、タイミングベルトの交換がしてあるものを選んだ方が絶対良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な、回答ありがとうございます。
ポイントは、タイミングベルトの交換みたいですね・・・
参考に中古車選びします。

お礼日時:2001/03/27 12:05

 バンに限らず軽の中古で程度の良いものは少ないようです。

どうかすると、普通車の最も小さい排気量のクルマより相場価格が高いくらいで、新車との差別化ができていません。維持費が安いこともあって、使い切るユーザーが多く、中古車市場に出てくる絶対数が少ないのです。

 10万キロ超えたクルマはタイミングベルトの交換が済んでいるか否かが決め手ですね。ただしかし、それだけではなく貨物車は過酷な使用をされている可能性も高く、オイルやエアクリーナーの交換履歴も確認すべき項目の一つです。

 ウチの会社にも軽バンがありますが、それはもう酷使されまくっていますよ。どこの会社でも同じだと思いますね。中古車屋さんに並んでいるものは綺麗に掃除されているのでしょうが、表からは容易に見えない裏の部分はきっと凄まじいのでしょうね。先日はカーブでオイル警告灯が点滅するので、オイルの点検をしたら空っぽ寸前でした。カーブの遠心力でオイルパンの中のオイルが偏り、油面が下がったとセンサーが勘違いしたようです。オイルフィラキャップの裏側が乾燥していましたから、これはもう相当の期間こんな状況で使われていたのだと思うとゾッとしました。日本製のクルマのエンジンって、つくづく丈夫なんだなって感心しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ほんと、軽の中古は、以上に高いですね~~。
私の周辺は、田舎なので車が無いと生活出来ないので
中古車のタマ数は沢山あります・・
参考に中古車選びします。

お礼日時:2001/03/27 12:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中古車情報などに出ている

中古車情報などに出ている車で、「新車未登録」というのがあって
走行距離も1.0kになっているのに
普通の新車価格より格段に安いのは何故でしょうか?
ちなみにアルミやナビ、他いろいろ付いているのに安いのはおかしいような・・・
デモカーと書いてあるのもありました。
普通にディーラーから買うより凄く値段が安い!
現在新車購入予定なんですが、ネットで中古車情報を見たら発見したんで質問させて頂きました、車は2009ヴェルファイアでした。
ヤフー中古車情報です

Aベストアンサー

ディーラーなどの展示用(試乗車ではない)として仕入れたものが、一定期間過ぎて流れてくるのです。
このような車は未登録ではありますが、多くの人の手に触れられていて完璧な新車としては売れないため、新車未登録として中古市場に流すのです。
大抵は製造1年内の車ですが、中には年式は3年前なのに、未登録なので法律上は新車、という車が出てたりもします。

よく新築住宅を安くする代わりに、一定期間モデルルームとして貸し出す…みたいなのに似た感じでしょうか。

Q走行距離が10万キロをこえたら‥

よく、走行距離が10万キロをこえたらかえ時、とききますが、実のところはどうなんでしょうか?
わたしは、いま、フェスティバミニワゴンの1500ccにのっています。室内も広いし、こまわりもきくし、とくに不便は感じていません。ですが、通勤で一日40キロほど走っています。休日もほとんど自分の車で出かけます。燃費はリッター/11~12キロといったところです。
このままのペースでいくと、次の車検のまえに10万キロに届きそうなのです。買い替えの時期なのでしょうか?
また、燃費のよい、おすすめ車種がありましたら教えてください。
希望は4ドア以上であること、こまわりがきくこと、天井が高いこと、荷物がたくさん積めること、ある程度スピードがだせること、ぐらいかな。メーカーは問いません。
この先、子供がうまれたら、チャイルドシートつけなきゃいけなくなるし、悩みどころです。
でも、ミニワゴンもバッテリー交換したばっかりなんです。タイヤも全部新しくしたし、もうしばらくは乗るつもりですが‥
アドバイス、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 10万キロを超えると、たとえばエンジンのタイミングベルトやオルタネータ(発電器)のブラシなどをはじめとして、交換しておくべき部品が増えてくるのは事実です。
 しかしこれらの定期交換部品類はそんなに高価なモノではありませんし、走行距離比例で性能低下する可能性のある足回りのショックアブソーバなどの値段の張る部品は特に交換しないからと言って問題になるようなことはありませんから、10万キロを超えたから替えどきというのは一概には言えないと思います。
 一般的なユーザだと年間1万キロ程度しか走らない人が多いので、10万キロ走行次点で10年を超えることが多く、経年劣化する部分も含めると維持費の上昇(とくにディーラまかせだったりすると)があり得るという意味で、そのように言われるのでしょう。

 ご質問のように毎日通勤などで使い、日々の走行距離が大きいために普通より早く10万キロを迎えたようなケースのクルマはさほど傷んでおらず、実際に傷んだなという感じはお持ちではないでしょう。
 私も1台の車を新車で買ったら10年は乗る(通勤にも使う)ことを原則にしていますので、今までのクルマすべて15万キロから20万キロくらいまで使ってきました。
 その間、走行距離に応じて交換する部品・油脂類をきちんとメンテナンスするだけですが、毎日使っていると異常があっても発見しやすく、走行距離が大きいということはかえって良い方向に働いたとさえ言えます。

 今お乗りのフェスティバが調子よく、お気に入りであるなら、そのまま10年・15万キロ以上を目指されても良いのではないですか?

 どうしても買い換えたいということでしたら
1.ホンダ フィット
2.マツダ デミオ
あたりをクルマとしての出来も含めておすすめしておきます。
  

 10万キロを超えると、たとえばエンジンのタイミングベルトやオルタネータ(発電器)のブラシなどをはじめとして、交換しておくべき部品が増えてくるのは事実です。
 しかしこれらの定期交換部品類はそんなに高価なモノではありませんし、走行距離比例で性能低下する可能性のある足回りのショックアブソーバなどの値段の張る部品は特に交換しないからと言って問題になるようなことはありませんから、10万キロを超えたから替えどきというのは一概には言えないと思います。
 一般的なユーザだと年間1万キ...続きを読む

Q中古車の買い時はいつですか?あとおすすめの車情報誌があれば教えてもらい

中古車の買い時はいつですか?あとおすすめの車情報誌があれば教えてもらいたいです!

Aベストアンサー

中古車の買い時は「欲しい車があった時」です。

というのも、欲しい車は必ずしも次に「ある」とは限らないからで、仮にあったとしても「思った通りの仕様では無い」可能性も大きいからです。それに「待てば出てくる」でも「待てば価値が下がる」んですから結果は同じです。

ちなみに6年落ち以降は「車としての」価値は無く、仮にそれなりの価格になっている場合は一種の「プレミアム」と思った方が良いです。

Q10万キロ走行のタイベルを見ましたが、丸で新品のようです

軽のサンバーが10万キロ走行、10年経過していたのでウオーターポンプと一緒に交換しました。使用済みのタイミングベルトを見ましたが、一見新品のようでどこが劣化しているのか分かりません。折り曲げたりしてみましたが、亀裂のようなものも出ません。山もすり減っている感じはなく、歯車にぴったりフィットしています。普通のVベルトなんかだと使って古くなっている感じが表面に出ているのですが、タイベルというのは外観では判断不能ということなんですか?
それからウオーターポンプも10万キロ走ればベアリングなどに故障の出てくる頃だと聞いたのですが、手で回してみても非常にかっちりしていて寸分のガタも感じられません。10年使ってこれだったら20年でも30年でも行けそうに思いました。
タイベルというのは消費期限と同じくかなり余裕を持って10万キロ交換とメーカーは言ってるのでしょうか?
目視で、使用済みのタイベルとウオーターポンプの劣化箇所を見つける方法を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも交換を「推奨」です。交換を「無駄な予防整備」と思うのも、安心の先取り?
「転ばぬ先の杖」にするのも使用者の自己責任です。
劣化箇所を>点検するにも交換と同等の作業ですから、整備としても困ります。
判断後にとんでもない扱いをして、不具合を誘発させたとしても、その「判断の責任」を
負わされるワケで、点検だけでもかなりな金額を頂く事になりますからね。
判断としては、ベルトの場合「延び率」ウオポンに関しては「目視」と非分解ですが、
シールのリップの磨耗とB/gの転がり抵抗ですけど・・・
まるで新品とは、言い過ぎじゃないですかね?タイベルを3年も使えば硬化してるのが解りますし
ウオポンも新品とは回す抵抗がまるで違います。勿論、使い込んだ使用品でも「ガタ」は無いです。
少しでも「ガタ」が有れば、漏れにつながりますし・・・
自分で作業をしたようですけど?
劣化させる「運転をする方」と、貴方のような「長持ちさせられる方」とを区別は難しいでしょう。
ならば「劣な方」を基準にして「交換推奨」としておくほうが、無難です。
クルマも道具です!「下手が使えば、痛みが早い」それだけの事です。

どちらも交換を「推奨」です。交換を「無駄な予防整備」と思うのも、安心の先取り?
「転ばぬ先の杖」にするのも使用者の自己責任です。
劣化箇所を>点検するにも交換と同等の作業ですから、整備としても困ります。
判断後にとんでもない扱いをして、不具合を誘発させたとしても、その「判断の責任」を
負わされるワケで、点検だけでもかなりな金額を頂く事になりますからね。
判断としては、ベルトの場合「延び率」ウオポンに関しては「目視」と非分解ですが、
シールのリップの磨耗とB/gの転がり抵抗で...続きを読む

Q初めて中古車を買ってビックリ!前オーナーの個人情報が!

初めて中古車を買いました。

納車後、車検証とかの書類の確認をしていてビックリ!自賠責保険証書(?)とかに前オーナーの名前(フルネーム)と住所(番地まで!)が書かれていました。

個人情報がうるさい昨今、こんなのありなのか?考えてみれば、自分が車を売ったら次のオーナーに自分の個人情報が知られる可能性もあるのでは?

と不安になりました。
これってどうなのでしょうか?販売店のミスでしょうか?それとも中古車ってこんなものなのでしょうか?

生まれて初めての車で戸惑っています。
どうかアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

自賠責に前のオーナーの情報が載っているのは変ですね。自賠責の証書には、現時点のオーナー名しか載っていない筈です。販売店のミスで残っていた可能性は考えられますが。
整備記録にオーナー名が代々記載されていrる場合があります。それは、その自動車がどの様にしようされていたかを示す為、販売のデータとして付いている場合です。
もし自動車を手放す時、ご自身の情報が漏れることを厭うのなら、抹消して下取り等に出しましょう。

Q中古車選びは年式重視か走行距離重視か?

中古車購入で迷ってます。
平成8年で走行距離7万5千キロのものと
平成5年で走行距離が4万キロのものがほとんど同価格です。ワゴン車です。
これぞれの長所、短所を教えて下さい。
どちらが長く乗れますか?

Aベストアンサー

一長一短がありますね。既に回答にあるように、メンテナンスがきちんとなされてきたか、記録簿に残っていることが前提ですが、ディーラーによればパーツ交換などは距離数で判断しますから、旧式でも距離数が少ない車は後々のメンテナンスコストがかからないこともあります。例えば、うちの車は、平成3年式で8万5千km走行しています。8万キロを超えたあたりで、やれO2センサーの交換だの、燃料ポンプの交換だのと、維持費がかさみます。
一方で年式のいっている車は、系年劣化が困りものです。ただ、系年劣化によるパーツの交換においては、今の車のパーツは例え旧式でもなくなることはないので、対応が可能です。経年劣化で言うと、外装(色褪せや錆)の劣化や装備の旧式ですね。自分なら後者の距離数の少ない車を選択します。

Qケータイで中古車情報

最近、免許を取りました。車が欲しいのですが、ケータイで中古車の情報を調べるにはどうしたらいいですか?
基本的にケータイしか使えません。。。

Aベストアンサー

他にも、ガリバーやカーチス、または勝手サイトと言われるような中小サイトがたくさんあります。
http://mobile.ecars.co.jp/
http://mobile-used-car.com/toyota/
または、グーグルやヤフーで中古車と検索すると、携帯でもたくさん情報が調べられると思います!

Q走行距離10万km突破

H8年オデッセイ2WDに乗っています。
10万km走ったので、先日タイミングベルトを
交換いました。
まだまだ乗るつもりなのですが、どのようなことに
注意したらいいでしょうか?
それと、交換したほうがいい部品などがあれば
教えてください。

Aベストアンサー

 以前中古のレビンを5万kmで購入し20万kmまで乗った者です。タイミングベルトを交換されたとの事ですが、ウォーターポンプ(クーラントを循環させる部品)も一緒に交換されましたよね?

 ・油脂類(エンジンオイル、ブレーキフルード、ATフ  ルード、パワステフルード、エンジンクーラーント、  各定期交換、にじみや漏れチェック)
 ・電気系(バッテリー、点火プラグ、発電機)
 ・駆動系(ドライブシャフトやトランスファー異音)
 ・その他消耗品(ブレーキパッドやブレーキローター、  シャフトについているブーツゴム類、ベルト、タイ   ヤ、スプリングやショックアブソーバー)

 以上が基本的に長い距離を走っている自動車についてチェックが必要な部分です。私の場合は走行に対してすぐに支障がない部分は後回しにしていました。(例えばエアコンが壊れても走行に支障がない等)反対にタイヤやブレーキといった命に直結する部分はこまめにチェックをして7割使用位で交換をしていました。

 自分である程度のチェックが出きれば十分不具合や磨耗に気がつくと思いますが、あまりチェックをされないようでしたら定期的に点検に出して、その際にどういう車の使い方をされるか(毎日乗るとか長距離乗るとか)を伝えると良いでしょう。(最近はオートバックスなどでも簡単な点検をしています)

 車の部品交換はお金がかかりますが、ある程度軽症で発見することや予防的な部品交換をする事によって出先でのトラブル防止になるので、結果的には安くすむ場合が多いです。

 それ程長距離を乗られないようでしたら、警告灯や普段と違う異音に注意する事が大切だと思います。

 以前中古のレビンを5万kmで購入し20万kmまで乗った者です。タイミングベルトを交換されたとの事ですが、ウォーターポンプ(クーラントを循環させる部品)も一緒に交換されましたよね?

 ・油脂類(エンジンオイル、ブレーキフルード、ATフ  ルード、パワステフルード、エンジンクーラーント、  各定期交換、にじみや漏れチェック)
 ・電気系(バッテリー、点火プラグ、発電機)
 ・駆動系(ドライブシャフトやトランスファー異音)
 ・その他消耗品(ブレーキパッドやブレーキローター、  シ...続きを読む

Qインドタタ自動車のレンジローバイボーグ中古車予算250万円で欲しいのですが情報が無いのでお願いします

インドタタ自動車のレンジローバイボーグ中古車予算250万円で欲しいのですが情報が無いのでお願いします。

Aベストアンサー

お気持ちはわかりますが、機械ものです。壊れたら修理に困ると思いますよ。

Q走行距離が10万KMになるような車のメンテナンスについて

こんにちは。

私が今乗っている車(R32typeMのMT)がそろそろ10万キロになります。
そこで質問です。
そろそろ、消耗品として交換しないといけないような部品が
たくさんあるかと思われますが、
具体的にはどのあたりを注意して
メンテナンスしていけばよいのでしょうか?
ここは交換しておいたほうが良いでしょうというものが
あればぜひ教えください。
かなり抽象的な質問になってしまいますが、
なにか少しでも、アドバイスお願いします。

ディーラーで調べてもらえばというのも
手だと思われましたが、
ディーラーだと余計なところまで治しましょう
といわれそうなので、
皆さんの意見を聞いてから直していきたいと
思っています。

Aベストアンサー

そんなこと気になり出したら、みなさんの回答のように
いっぱい交換しなきゃならないので大変ですよん。
新車買った方が早いってことになったりして(笑)
私の前の車(15万キロ走行)の経験から参考にどうぞ・・・。

まずタイミングベルトは交換しました。
ベルトが切れて、ピストンとバルブが干渉した日にゃ
エンジンぱあで目も当てられませんから、交換しておきましょう。

あとオルタネーター(ブラシ)のオーバーホール。
突然発電不能になって走行できなくなりますので注意。
(旅行先で壊れて半泣きになった)

その他は突発症状があまり無いので、調子が悪くなったり
壊れたらその時に直せばいいでしょう。
以下は順次壊れたもののリストです。
 ウオーターポンプ水漏れ。ポンプ交換
 ラジエターホース破れ。ホース交換
 燃料ポンプ故障。ポンプ・フィルター交換
 点火系統漏電。デスビ・プラグコード交換
 ブレーキキャリパー不調(左前輪固着)。オーバーホール
 パワステオイル漏れ。ホース交換。
 ヘッドカバーオイル漏れ。シール交換
 AT制御コンピュータ故障。で、とうとうご臨終でした。
直らんこともなかったけど修理代20万円に挫折しました。
やはり「こすりもの」と「ゴム類」が劣化しますね。
高齢車はまめな点検と早めの対応に尽きます。人間と一緒。
愛情持って、気長に面倒見てやって下さい。

そんなこと気になり出したら、みなさんの回答のように
いっぱい交換しなきゃならないので大変ですよん。
新車買った方が早いってことになったりして(笑)
私の前の車(15万キロ走行)の経験から参考にどうぞ・・・。

まずタイミングベルトは交換しました。
ベルトが切れて、ピストンとバルブが干渉した日にゃ
エンジンぱあで目も当てられませんから、交換しておきましょう。

あとオルタネーター(ブラシ)のオーバーホール。
突然発電不能になって走行できなくなりますので注意。
(旅行先で壊れて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報