酵母(ビール酵母)を好気・嫌気下で培養し、利用されたブドウ糖量、エタノール生成量、菌体生成量を測定しました。
ブドウ糖量、エタノール生成量は理解済みですが、菌体生成量の実験データからなにが読みとれるのかわかりません。ヒントを教えて下さい。

菌体生成量の測定
操作>
遠心管の風袋(A,B)の重量を測定
遠心管に好気培養(A)、嫌気培養(B)それぞれ一定量を入れる
遠心分離機にかける
沈殿物と上澄みに分離され、その上澄みを捨てる
残った沈殿物が入った遠心管を凍結乾燥させる
乾燥後の遠心管の重量を測定

その結果、乾燥後の重量-風袋の重量(g)が
好気下A…10.9g
嫌気下B… 1.52g
となりました。※Bは完全な嫌気下ではありません

残った沈殿物は酵母ですか?確信がもてません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一般的に炭素源等が水溶性であるなら、遠沈物は


酵母であると考えて問題は無いと思います。
最終的には、エタノールおよび二酸化炭素・水になるんですから・・・

補足ですが、
呼吸では、グルコース1分子が完全に燃焼すると、高エネルギー化合物であるATPが38分子生成します。
一方、発酵では、グルコース1分子から2分子のATPが生成します。
グルコースあたりの量からみると、発酵によるエネルギーの獲得は呼吸よりはるかに劣ります。
なので同じエネルギーを得るためには、酵母は嫌気的条件の方が好気的条件よりグルコースを多量に消費することになります。
好気下の方でグルコース消費量が少なかったかと思いますが?これは、パストゥール効果といいます。

以上のことから、多くのエネルギーが作られる好気培養の時は、増殖速度も大きくなり結果、菌体重量となって現われたということでは、ないでしょうか?

答えになっていなかったらゴメンナサイ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
なんとなくですが、わかりました。
本当に助かりましたっ!

お礼日時:2003/06/04 22:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酵母の培養について教えてください。

酵母の培養について教えてください。

現在、自宅での天然酵母の育て方について調べています。
ネットで調べたところ、ガラス瓶にレーズンや果物などと水を入れて、数日かけて培養するということが分かりました。
さらに、上記の材料に加えて、既に完成した酵母液を入れると発酵が早くなるという記述を多く見かけました。

そこで疑問に思ったのですが、完成した酵母液を入れた場合に、培養される酵母(の種類)というのは、材料として入れた果物に付着している酵母ではなく、発酵を早くするために追加する酵母液に入っている酵母なのでしょうか?
例えば、りんご酵母を培養する場合に、レーズン酵母液を追加したとすると、培養される酵母はりんごに付着していたものではなく、レーズン酵母液内の酵母なのでしょうか?

おかしなことを聞いていたら申し訳ありませんが、回答をいただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

まず質問事項の答えを先にいえば、果実に付着していた酵母と、酵母液中の酵母が足算として加算された状態です。
ではどちらの方が数が多いのか。これもそれぞれに入っていた酵母の数で決まるだけの話です。でもその後の発酵で、その環境に適合して勢力が旺盛な酵母が主体として育って行くのだと思います。

酵母とはSaccharomyces cerevisiaeですが、単一なものではなく、様々な酵母の総称です。ですから果実に付着している酵母には、酵母と言っても様々な酵母が混じり合っていると思って下さい。
パン酵母に使われるイーストは、そう言った天然界から分離した酵母の中から、それぞれのパンに一番適したものを純水培養しています。
ですがいわゆる天然酵母は、様々なものが混じっています。そして培養環境に応じて、育ちやすいものが育つと思って下さい。

最近天然酵母の話が良くここの質問に出ます。でもこの作り方で本当に安全な天然酵母液が作れるのか。正直な話、心配な所もあります。

本来の天然酵母は、実際の製パンで使います。フランスパンに使う液体酵母のルバン、またドイツのライ麦パンに使うザワータイグがそうです。
でも作り方が違います。本当の作り方は小麦粉、ライ麦粉に水を加えて自然発酵させ、この一部を取って新たな粉を混ぜて発酵させる。これを5段階繰り返して、ようやく天然酵母になります。そしてその3段階目にほとんど腐敗状態となっている事も事実です。

果実には、酵母だけでなく様々な微生物が多数付着しています。乳酸菌もいますし、俗に腐敗菌と呼ばれている一般細菌もおります。病原菌もいないとは限りません。それらが一斉に活動を始めます。
最初は酵母が主として活動しますが、後追いで一般的な腐敗菌が増えます。やがて乳酸菌などの活動で発酵液が酸性になると、腐敗菌が淘汰されて酵母と乳酸菌、そして生き残ったそれ以外の細菌類が混じり合って安定な環境を作ります。そして天然酵母が完成します。
その後は、粉と水を足して、天然酵母を維持して行きます。スタータとしてレーズンなどを使う場合もあるとは思いますが、最初だけなのでしょうね。
フランスのとあるパン工房で液体酵母を嘗めさせて貰ったことがあります。小麦粉の香りはしましたけど、果実の香りはなかったです。

一般の方々が作っている方法で本当に安全な天然酵母ができるのかどうか、やや気になります。
実の所、、プロ向けの様々な製パン技術書、あるいはパン学校のテキストには、その様な方法は書かれていません。
でもその方法で事故が起きていない様なので、それなりにできているのでしょうね。
推測になりますけど、果実からの酸味で腐敗性の雑菌を抑えているのでしょうか。果実フレーバーも利用しながら、有害細菌の活動を抑え、酵母の増殖を手伝っているのだろうとも思ってもいます。

まず質問事項の答えを先にいえば、果実に付着していた酵母と、酵母液中の酵母が足算として加算された状態です。
ではどちらの方が数が多いのか。これもそれぞれに入っていた酵母の数で決まるだけの話です。でもその後の発酵で、その環境に適合して勢力が旺盛な酵母が主体として育って行くのだと思います。

酵母とはSaccharomyces cerevisiaeですが、単一なものではなく、様々な酵母の総称です。ですから果実に付着している酵母には、酵母と言っても様々な酵母が混じり合っていると思って下さい。
パン酵母に使わ...続きを読む

Q酵母が生成する化合物の量を増やす

酵母の研究をしています。
培地に酵母を生育し、培地中に酵母が作り出したある化合物の量を増やす為にはどのような方法が考えられるでしょうか。

ある化合物をAとし、
酵母が代謝経路中で化合物BをAに変えるとしたら、培地中の化合物Bの量を増やせば、
Aの量も増える、と考えられますが、他に方法はありますでしょうか。

Aベストアンサー

大学で新しい抗生物質のスクリーニングをしていました。
基本的な事なのでもう、やっておられるかもしれませんが 有用株の生産性をあげるためには窒素源、炭素源の検討から始めました。
また、酵母と言う事なので培養温度、pHは決まって来てしまうのかもしれませんがその検討もされた方がいいかと思います。
本当に基本的な事で、すみません。

Q天然酵母について教えてください

今、本を見ながら、初めて天然酵母を作っている最中なのですが、(「初心者でも簡単に天然酵母作りの楽しさとおいしさを味わうのに、りんごが最良の素材」と書いてあったので、りんご酵母作りに挑戦してます)酵母エキスが使えるようになるのは、作り始めてからどのくらい経ったころ~なのでしょうか?
使ったりんごが、無農薬・低農薬栽培のものかハッキリ分からなかったので、本にあったアドバイス通り、流水で洗って皮をむいて使ったところ、作り始めて6~7日経ったころから、発酵が盛んになり、シュワシュワ泡がでてきました!(喜)
が、本には皮ごと使って作った場合の過程しか載ってないので(皮ごと使った場合、泡が出るのは3日後~、と載っていました。)、皮をむいて作ったため発酵の勢いが落ちた私の場合、どのくらいでエキスがつかえるようになるのか「?」で、困っています。
必要ならば補足など、なんでもしますので、アドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

皮を使わなかったのですね。天然酵母は空中に存在していて
果実の表面に付着します。そこで、天然酵母が入手できるわけです。
皮を剥いて使った場合、醗酵してもりんご起源の酵母でない可能性が高いのです。
醗酵開始が遅かったことからもそう推定できます。この場合
そこらへんの空中にある酵母を捕まえたと思われます。ここで問題なのは
酵母が圧倒的に優位な環境で醗酵開始したかなのです。そうでないと
その他の雑菌も繁殖している可能性があります。香りに変なものがなければ
問題はないでしょうし、パン作りならとりあえず使えるでしょう。
使いまわしや、ワインの醗酵には使わないほうがよさそうですが。

Q嫌気性菌の培養

嫌気性菌の培養法のひとつにキャンドルジャー法(ロウソク培養)というものがあります。
この培養に使うジャー(ガラス)が欲しいのですが、どこで買えますか?
また、正式名称がわかれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

簡単に嫌気培養するために考案されたものですから、難しくてはいけません。
こちらのサイトに写真があります。
http://www.mc.maricopa.edu/~johnson/labtools/Dbiochem/oxy.html

これぐらい簡単ならば、誰でもできそうですね。
火が消えるまでは目を離してはいけません。

Q酵母は糖分を餌にして生きると聞きましたが、その酵母液のカロリーは混ぜた糖分と同じなのでしょうか

酵母液を作っています。
りんごジュースを使うと美味しいです。
時間が経つと元々のりんごジュースの甘さは感じなくなりますが、糖質が分解されて減っているのでしょうか。
それとも炭酸が強くなって甘さを感じにくくなっているだけでしょうか。
糖分が減っているのなら、糖尿病の人はかなり時間がたって甘くなくなった状態のものを飲む方がさらに体に良いような気がします。
酵母液の糖質について教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

糖質を分解します。 なので、糖分は減ります。
リンゴジュースを飲むよりは糖分の摂取は少なくなりますが、お茶を飲むよりは多いです。

酵母が究極まで分解したものはお酒やお酢です。 
アルコール度や酸がある程度以上に上がってくると酵母はだんだん死んでいきます。
その段階で分解されずに残っている糖分はそのまま残ります。
実際のお酒や、みりんなどは丁度良い糖質が残っているところで、加熱殺菌とかしてしまいますので、
糖質が多いものもあります。

Q嫌気性細菌の培養法について

嫌気性細菌の培養法で空気遮断法と穿刺法について教えてください。

Aベストアンサー

お答えします。よろしければBESTアンサーにお願いします。

穿刺法
固形培地の深層部に菌を穿刺する方法。
具体例としては、適当な寒天培地を綿栓した試験管に入れ、殺菌後直立させて放冷凝固させる。白金線の先端に種菌をとり、管口を斜め下に向けて培地の中央の管底近くまで穿刺する(管底まで穿刺してはいけない)。


空気遮断法
培地中の溶存酸素を追い出し再び酸素が溶けないように気相から酸素を除き大気との接触を断つ目的のための方法。
具体例としては、真空ポンプで排気しボンベからの他のガスと置換する。


参考資料です。
http://funguys-since2006.blog.so-net.ne.jp/

http://shutoku.fc2web.com/special_subjects/2nd_grade/G2a/bacteriology/tests/7answer.html

Q自家製天然酵母についてです。

知人から天然酵母を分けてもらいました。
簡単なレシピと酵母の増やし方が乗っているコピーをいただいたのですが、これは何と言う酵母なのかわかりません。どなたかご存知の方がいらしたらおしえてください。

酵母の増やし方が変わっていて、
・人参、じゃが芋、りんご、ご飯をすりつぶしたものと酵母菌を混ぜて3時間くらい室温に置いておく。
・それがすべて膨らんだらパンに使用できる。
・パンの作り方は2次発酵時間が2時間。
・焼く温度は160~170℃、時間は20分~30分。

コピーに書かれているのは大体以上のことです。
ついでに、その酵母にあうレシピもご存知だったら教えてください。

Aベストアンサー

見た感じ、ホップス種と酒種をミックスしたような種つぎですね。
じゃが芋---ホップス種において、酵母の基質となり、すりつぶす際に抱き込んだ酸素を種に供給する役割。
りんご-----ホップス種において、酵母の増殖を促進させる役割。
ご飯-------酒種において、麹菌により分解され、その代謝物は酵母の基質である糖や各種フレーバーになる。
人参はちょっとわからないなぁ。
何の菌を増殖させてるかもわかりません。
おそらくいただいた方のオリジナルでしょう。
ただ、ある意味天然酵母種はすべてその作った人のオリジナルであるということはいえますが・・・
パンに使うには、とりあえず食パンにしてみて、その香りや発酵力をたしかめてから色々なパンに使うといいと思います。
それと、発酵と腐敗は紙一重であることは知っておいてください。
それでは、いいパンが焼けますように・・・(/・o・)/~※

Q菌体外酵素の発現量について質問です。

大学で微生物の研究を行っているものです。

私の研究は、
「不溶性の多糖を分解する菌体から分解酵素を抽出する。」
というものです。

分解菌自体は見つけたのですが酵素の抽出がうまくいきません。
どなたかアドバイスをお願いします。

以下は研究の現状です。
・多糖分解酵素は菌体外酵素である。
・寒天培地には不溶性多糖の粒子が存在し、コロニー周辺の透明化(粒子の消失)により分解を確認している。
・液体培養により菌体の増加は確認できている。
・しかし液体培養による酵素の生産量が少ないようである。(液体培地中の不溶性多糖が分解されない。)
・培養条件も色々と工夫したがお手上げ状態である。

Aベストアンサー

もし私なら、ですが、やはり遺伝子を探します。

トランズポゾンのライブラリを作り、その多糖顆粒入り培地にまき、ハロー形成がなくなったもの、弱くなったものを探します。
遺伝子(群?)が決定すれば大腸菌でリコンビナントがつくれるかもしれないので。
推察するに新規酵素の可能性があるようですので、遺伝子決定だけでも重要な知見になるかと思いますが、いかがでしょうか。

Q天然酵母の保存

りんごで天然酵母を作ってみました。で、常温でどのくらい保存できますか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

質問文の意味がわかりかねるのですが、
リンゴから天然酵母そのものを”作った”んですか?
だとしたらすごいですが、(錬金術師です)
リンゴ由来の酵母をリンゴ果汁で培養したということでしょうか?
いまはどういう状態でおいているのでしょうか?
液状ですか?
それとも乾燥させましたか?

パン作りに使うんですか?

常温においておいたら、どんどん発酵して、
糖分がなくなれば死滅します。
ですから液中の糖分の量によってどのくらいもつかが変わると思います。
またアルコールが出すぎると酵母のアルコール耐性(アルコール濃度が何%くらいまでは大丈夫か、ということ)の能力を超えた時にも酵母は死んでいきます。

Q嫌気培養におけるレサズリンの役割

クロストリジウムの嫌気培養を初めて行おうとしているのですが、使おうとしている培養液(チオグリコレート培地)にレサズリンという試薬が入っています。少し調べたところ、これは酸化還元試薬で、嫌気培養で菌が生育していたら、その菌の生産する酸化還元酵素によって還元されてピンク色に呈色するとのことでした。つまり、培養がうまく行っているかどうかの指示薬として添加されているようですが、「私の解釈」は正しいでしょうか?また、私がこれから行おうとしている培養については、何もこのような試薬を用いなくても培養液の濁度で菌の生育を見られると思うのですが、いかがでしょうか。まあ、菌の「検出」を行うために使うのであれば、役立ちそうですが、、、。というわけで、詳しい方がおられましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

レサズリンは、酸化還元の指示薬です。酸化状態ではピンクで、還元状態では無色となります。無色となる酸化還元電位がどれくらいだったか忘れてしまいましたが、レサズリンが着色していなければ、その培地は十分に嫌気状態が保たれており、嫌気性微生物を培養するのに適した環境だと判断できます。逆に、還元剤が加えてあるのに培地が着色してしまう場合は、気密状態が保たれておらず、酸素が混入していることがわかります。
 嫌気性微生物の培養は、好気性微生物の培養にくらべ、気を遣わないといけない点がたくさんあって、慣れるまではたいへんですが、頑張ってください。


おすすめ情報