わがままな質問ですみません。趣味のアンケートです。

以下にわたしの好きな作家・著者をあげます。
1.田辺聖子    2.シャーロット・マクラウド
3.有栖川有栖   4.北村薫
5.高橋克彦    6.林望
7.井波律子    8.井辻朱美
9.若桑みどり   10.藤森照信
11.田中芳樹    12.磯淵猛
13.赤瀬川源平   14.白洲正子
15.森雅裕     16.塩野七生
17.夏目漱石    18.ドロシー・ギルマン
19.三好達治    20.中原中也
21.与謝野晶子   22.梅原猛

本好きの皆様、この中で「好き」な作家さんは何人くらいいますか?
好き、というのもだいたいのところで結構です。一冊しか読んでなくても、その一冊が気に入っていたら含めて下さい。
ちなみに、この中にあがっていない名前で他に一人お好きな作家さんを上げていただけると更に嬉しいです。

先日友人に本をプレゼントしまして、その過程で「自分の趣味は王道からどのくらいの位置にいるんだろう?」と興味を持ったのです。
こんな質問ですので、どうぞ時間のある折にお答え下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (24件中1~10件)

 再び失礼します、No.6です。



 アルスラーン戦記は、イラストレーター及び出版社を変えて再発売されています。順次過去の分を発売していき、約1年後に新刊が出るらしいです。(私は天野さんのイラストが好きだったのですが、天野さんは最近イラストの仕事をあまり受けなくなっていますから、仕方がないのかもしれません。)

 太田忠司さんに興味がおありで、表紙のイラストを気になさるのであれば、「霞田兄妹」のシリーズはいかがですか?こちらのシリーズは、本格っぽい感じですので、表紙やイラストもかっこいいです。参考までに表紙のわかるサイトをのせておきます。

http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=18617021

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

むう~、今更出版社、よう変えんわ。嫌いなのにも関わらず角川を買ってあげたというのに!(ここで愚痴をいっても始まらないですが。)新刊、出ますか。一年後でもとりあえずユルす。完結する方向にさえ動いてくれれば。

のせていただいたところに行ってみたら、#24さまが選んだ本は偶然でしょうが、激しく食指が動く題名でした。「上海」「香炉」なんて、読まなきゃという気分にさせられます。

再度のご登場ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/04 21:42

どうも、#21のUDUKI4です。


私が言った、ようやく完結したといったものは、田中芳樹先生の「夏の魔術」シリーズです。
全4巻かなり長かったですが、ようやく完結しました。
10年以上待ったかいがあったものです。
去年確か最終巻が出ているので、かなり長期にわたってしまいましたが、作者も言っていますが、「これは私にとっても大変気に入っている作品だから、きちんと完結させたかった・・・。」といっていますから、本人としても喜んでいるのではないでしょうか。
私もお気に入りのシリーズ物だったし、ホラーがちらちらと出てきますが、完全に大学生の主人公と、小学生の少女のラブコメと、彼女の叔父であり、有る図書館の館長のおじいさんも活躍しまっす。
アクションありのラブコメ+ホラー物です。
面白いですよ。
と言うことで完全に解説になってしまいましたが、これで失礼いたします。
では。

この回答への補足

この場を借りて参加してくださったみなさんにお礼を申し上げます。こんなわがままな質問をして、答えてくれる方はいるのだろうか?と思っていましたが、多数の方に答えていただけて嬉しかったです。
もう少し趣味が重なる人っているもんかなーと予想していたのですが、やはり十人十色という言い回しは正しいのですね。みなさまのご回答、全て興味深く読ませて頂きました。どうもありがとうございました。

補足日時:2003/06/06 22:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああっ、勘違いをしてました。お勧めの方のことだったのですね。しかし……たった4冊に10年もかけるな!いや、田中さんの執筆スタイルだとシリーズ物をずっと書いているわけにはいかないでしょうが。前は対談などで「完結することが小説の必要条件だと思っている」と言ってたのに、現状は……と考えるとウラミ言もいいたくなるというものです。
ご紹介いただいたものはそのうち読んでみます。……しかし大学生と小学生のラブコメというところで微妙にひきます(^_^;)。……ロリコン……。いや、でも12歳と18歳だったら6歳しか違わないか。図書館長のおじいさんは好きですね~。でもホラーの部分もちょっと自信ないけど。怖いの苦手なので。まあ田中さんですから、心配することもないかなー。

再度のご登場ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/04 21:51

17.夏目漱石 


19.三好達治
14.白洲正子
20.中原中也
ですね。
きれいなものに偏りすぎでしょうか。
最近私が好きな作家は「金輪際」とか書いている車谷長吉です。
この人はマジでおすすめなんで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>きれいなものに偏りすぎでしょうか。
この言い方、なんか好きでした。
#23さまとわたしは、きれいな部分で一致する……っと。

白州さんが車谷さんを強力に推してるんですよね~。
でもイメージが「情念」という感じなので、ちょっとコワくて手が出ません。違うのかな~。小説で読むのがミステリと歴史もんとファンタジーなのは、どろどろの部分が少ない分野だからじゃないかと常々自己分析しているのですが。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/04 21:37

好きな作家さんで、新刊が出る度に購入するのは、


3.有栖川有栖(一位は双頭の悪魔かな・・)
4.北村薫(一位は秋の花かな・・)
うわ、二人だけでした。
ただ、読んで好きだな、って思ったり、手元にあったら開くだろうな、っていう作家さんは、
17.夏目漱石(自分では購入しないけれど、父の全集から引き出した、「虞美人草」と、教科書に一部だけ載ってて気になって読んだ「こころ」どちらも好きでした。)
16.塩野七生(「イタリアからの手紙」旅行に持っていきました)
20.中原中也
後の方は、偶然一冊読んでそれだけ・興味が無い・名前も知らないのいずれかです(汗)

そして、好きな作家さん一人だけって悩みますけど、
宮部みゆきさん。
なのですが、「理由」までの、現代物、短編集に限ります。今も新刊でたらやはり読んで見ますけど、私の中で傑作はない・・。
それまでは出るたびにこれが一番!って感じでした。
私の「魔術はささやく」は人に勧めまくって、もうボロボロです・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり並びましたね、有栖川さんと北村さん。わたしは「孤島パズル」かなあ。「双頭の悪魔」も好きですけれど。北村薫の一番は難しい。全部まとめて、ですね。

わたしの中で宮部さんというのは、自分では読まないけれど信頼できそうな作家さんなのですが、やはり移ろいますか(良くも悪くも)。
蒲生邸、図書館で貸し出し中に付き借りられませんでした。残念。人気作家だし、なかなかあかないかも。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/03 23:13

どうも、UDUKI4です。


私は、
「11.田中芳樹」・・・1
「17.夏目漱石」・・・2
ですね。
それぞれの作家で好きな作品は、

田中芳樹さんが、「夏の魔術」シリーズです。
あの独特の世界、最高です。
1X年前以上からの作品がようやく完結しましたね。
本当にほっとしています。

夏目漱石さんは、かなり屈折していますけど、「こころ」が大好きです。
あの屈折した考えかた。
・・・・
とにかく良い作品です。

で私の好きな作家は、
「庄司卓」です。
好きな作品は、
「それゆけ宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」シリーズです。
大変壮大なストーリーと、人が死なない宇宙戦争なんて、大変面白いのでは・・・・。
「トゥインクル☆スターシップ」シリーズです。
スペースラブコメだそうです。
内容も面白いのでどうでしょう・・・。

と言うところでよろしいでしょうか。
私もかなり一般とはかけ離れていますが、参考程度に、では、すいません。
下に「庄司卓さんのホームページ」を載せておきます。

参考URL:http://www.dango.ne.jp/syoji-sc/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

田中芳樹さんの「夏の魔術」……うーん、読んでないかも。わたしは図書館派なので、おおよそは読んでいるはずですが、初期の物にちょっと抜けがあります。「夏の魔術」は……表紙の絵が原因かも(^_^;)。
余談ですが太田忠司さんの本に手が出ないのも表紙の絵が原因かも……。(そのわりに創竜伝は文庫で買っていますが。←安い)
え、何が完結したんだろう?アルか創ですよね?どっちも買っているんですが、買う本は文庫になるまで我慢するので読めるのはいつのことやら(^_^;)。唯一薬師寺涼子は我慢できずにノベルズで持ってます。これも買う前かなり悩んだりして。

夏目漱石はまず「三四郎」で気に入り、一番好きなのは「倫敦塔」ですねえ。「夢十夜」とか。漱石の書く女の人が好きなようです。「それから」と「虞美人草」も好きです。ひねくれ具合がポイントでしょうね。

>「それゆけ宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」
なんかいけそうなニオイがします。チェックしてみます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/03 23:05

私は、この中の作家では田中芳樹さんの本をよく読みます。


好きなものから順に。

・銀河英雄伝説
・アップファルラント物語
・風よ万里を駈けよ
・アルスラーン戦記
・七都市物語
・マヴァール年代記
    • good
    • 0
この回答へのお礼

田中芳樹で一番好きなのは「薬師寺涼子シリーズ」です。あの破壊的なところがね(^_^;)。
おや?創竜伝出ませんか?……七都市物語は食い足りない感じがしましたねー。あれ、文庫一冊のネタじゃないですよねえ。
アルスラーンも早いとこ話を進めて欲しいんですけど。すでに話の収拾がつかなくなっている気も気も気も……。

ちなみに#20さまはピーター・ラビットのお姉さまですか?(^o^)。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/01 23:13

はじめまして、



好きな作家
>塩野七生さん
 エッセイー男の人と女の人が出会う瞬間って、こんな感じ・・・

>若桑みどりさん
 美術のお話がとてもわかりやすくて・・・


●尾崎翠さん
 ぼんやり霧の中にたたずんでいるような小説が好きです。

好きな作家って、いろいろ変化していきます。
これからどんな作家の人を好きになっていくのだろうかって考えると、
人生長く生きていくのもいいかな?って思います。

 

 



 
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おおっ、出るはずないと思っていた若桑みどりさん、出ましたね~。嬉しいです。
数年前NHKに出演した時にご本人を初めて見たのですが、「いかにも」というようなてきぱきした方でかっこよかったです。もっと文庫本を出して欲しい。(本棚の関係上、字の本は新書サイズまで……)
尾崎翠さんは未知の人です。

自分の趣味の狭さに自信があるわたしは、見知らぬ作家との出会いに期待が持てるような、持ちたいような、持てないような……。微妙なところです。お互いに良い出会いを(^^)/~~~。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/01 23:06

1.田辺聖子 4.北村薫 20.中原中也


ですね!
田辺聖子は特に古典の本が好きでよく読んでいます。
北村薫は、先輩から薦められてはまりました!
中原中也は私が唯一読む詩人でしょうか…

私の一番好きな作者は山田詠美です!!くせががあるので、好みが別れるところだと思いますが、小説、エッセイともに私は大好きです!

 後、自分で買って読むほど好き(読書量がハンパじゃないので読む本全ては買えません…)なのは小川洋子、小林恭三、山口雅也、山口椿、でしょうか。

 う~ん、こうしてみるとかなり王道から外れているような気がします…

(敬称省略)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたしの初北村は「冬のオペラ」だったのですが、人生で数えるほどしかない衝撃の出会いでした。なんて美しいんだろう!
しかし、第二作品が「覆面作家シリーズ」だったんですよう(T_T)。今ではこの作品も好きですが、冬のオペラの繊細さを期待した状態で読んだので、とてもとてもショックでした(しかも御丁寧にも夢の家を最初に読んだ)。……次の「円紫さんシリーズ」で持ち直しました。
癖があるのが苦手なので、多分山田詠美は読めないだろうなあ……。

山口雅也、他の作品には手を伸ばすことはないような気がしますが、偶然今日図書館に行って「垂里冴子」借りて読みました。面白かったです。こういう穏やかなのなら付いていけるのですが……

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/01 23:00

3.有栖川有栖 さん>大好きです!


以下のお三方は、まあ好きかな~?程度。
 17.夏目漱石
 11.田中芳樹
 5.高橋克彦

お一人…と言われるとかなーり悩みますが、
 若木未生 さんですかね。

#他には、
茅田砂胡、前田珠子、梶原にき、
西沢保彦、綾辻行人、森博嗣、島田荘司、鯨統一郎、我孫子武丸、…あたりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もっとありそうに思った高橋克彦さん、初登場ですかね?
あげていただいた中で、ファンタジー系の作家は未読ですが、ミステリの方は数冊ずつ読んでます。あ、西沢さんだけ「麦酒」一冊かな?
……ふっふっふ。言わなくてもいいことですが、ミステリ6人の中で一人だけ、大キライな作家さんが混じっています(~o~)。最初に読んだ一冊は非常に面白かったのですが、あと数冊(←こんなハズはない!と思ってがまんして5,6冊読んだ)は全部ダメでした。さて、誰でしょう?……問題を出してどうする。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/01 22:50

田辺聖子さんです。


あと夏目漱石、三好達治、与謝野晶子、塩野七生、中原中也
中也は詩人なのだと思っていましたが…

彼女はかる~い恋物語を書く作家のように思われているけど、古典の教養はなかなかのものです。
彼女の「文車日記」を愛読していますが、感性がなかなかで尊敬します。
本はかなり読みますが全く知らない名前があるのにびっくりでした。
女性作家がすきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたしも文車日記は愛読しています。友達におくる本の中に含めました。特に江戸あたりのものは全然読んでないので、概要はこの本に負うところが大きいですねー。
「我が愛の磐之媛」なんかが特に好きな部分です。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/01 22:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説家、漫画家志望

小説家、漫画家志望を志望しています。もの凄く短くて、簡単に読めるストーリーをたくさん読み勉強をしたいと思っております。お勧めのものがあればおしえてください。よろしくお願いいたします。(同人誌とか何でも構いません。よろしくお願いします。)

Aベストアンサー

 SFだったら星新一さんが数ページで終わるような超短編・ショートショートを1000編ほど書いてます。あと落語なんかも分かりやすい展開の例としてはいい見本かと。

Qこんな趣味の人におすすめの作家は?

似たような質問は多いのですが、なかなか自分と同じような趣味を持つ人が見つけられないので、新規で質問させていただきます。

下記に挙げる作家・作品が好きな方にお聞きしたいです。
私が挙げている以外でおすすめの作家はいませんか?
特に現在日本で活躍中の作家が読みたくて、いろんな人の作品を読んでみてはいるのですが、なかなか引っかかるものがないのです。
これからも新作を楽しみしている作家さんがいたら教えてください。

好きな作家
安陪公房/村上春樹/伊坂幸太郎/田辺聖子/いしいしんじ/栗田有起 など

ちなみに
・恋愛ものの女性作家
・ミステリー系
は、あまり触手がのびません。

Aベストアンサー

現代文学といえばやっぱり、
島田雅彦、町田康、星野智幸、笙野頼子あたりがお薦めです。

島田雅彦は「優しいサヨクのための喜遊曲」「彼岸先生」
町田康は「くっすん大黒」
星野智幸は「目覚めよと人魚は歌う」
笙野頼子は「なにもしてない」
辺りから入ると、なじみやすいと思います。

ご参考までに。

Q小説家が先か小説が先か

小説家が先か小説が先か

以前、村上龍さんがインタビューで、小説家と言うのは小説家になるしかないんですと、言っていましたが、話の分かりやすい村上さんにしては、よくわからない発言でした(少なくとも私には)。
小説家というのは、まず、小説家になりたいという気持ちが先にあるのでしょうか?それとも、自分の中にどうしても表現したいことがあって、それを小説という形で表現して行くうちに、小説家が誕生するのでしょうか?村上さんは後者である事を示唆したようにも聞こえるのですが。

Aベストアンサー

No.6ですけど。
「もともと才能のある人がなる」というのではなくて「その道しかない」人がなる(べきだ)という風に読めます。
そこで必死になるから才能とか技能が生じるという考え方でしょう。

だから推論後者の表現主義の方に近い考えと思います。
ですが必ずしもそれが酬われるとは限らない(優れた芸術に結実するとは限らない)というような諦観・客観があるから自嘲とも取れるような表現をしているのだと思います。
事実村上龍さんの作品にも苦闘のみが伝わってくるような失敗作らしき物はあります。

Q同じような趣味の方!おすすめの作家さんと代表作を教えて下さい。

タイトルのとうりです。
他の回答を見ていると、自分の好みの押し付けだったりがおおいので…。
わがままを言いますが、読書は、相性があるので、私と同じ趣味の方で回答願います。

大好きな作家は、東野圭吾、林真理子、オースティン。
好きな作家は、宮尾登美子、有吉佐和子、群ようこ、藤本ひとみ、氷室冴子、宮部みゆき、中村うさぎ、唯川恵、篠田節子、五木寛之など

苦手作家は、赤川次郎、西村京太郎、浅田次郎、山崎豊子、宮本輝、渡辺淳一、瀬戸内晴海など、他にはワンパターンもの、勧善懲悪オンリーものは嫌いです。

ドラマは、「ER」「ダークエンジェル」「アリー」「ビバヒル」など好きです。
漫画は、「いたKISS」「なにわ金融道」「世界で一番…」「動物の…」が好きです。

全て、一致する人はいないと思うます。けれど、なんとなく、感性が同じっぽいと思ったかた!!作家さんと作品をおすすめしてください。

Aベストアンサー

好きな作家の何人かが同じなのと、好きな外国ドラマが同じなので(←今は、「CSI」にはまってます。)私のお薦めな本を紹介したいと思います。
外国人作家なのですが、ジェフリー・アーチャという作家です。
長編も面白いのですが、お薦めは短編集。
「十二の意外な結末」
「十二本の毒矢」
「十二枚のだまし絵」(3作品共新潮社発行)
です。外国作家特有(私の偏見でしょうけど)のくどい風景描写が少なく、結構簡潔な文章だと思います。
内容は、痛快なもの、心温まるようなもの、大どんでん返しなものと様々ですが、私はかなり引き込まれました。
是非お試しあれ☆

もうすでに読んでいたらごめんなさい★

Q【小説家】会話の吹き出しだらけの英語の小説家を教えてください。 会話だらけで鉤括弧「」だらけの英語の

【小説家】会話の吹き出しだらけの英語の小説家を教えてください。

会話だらけで鉤括弧「」だらけの英語の小説です。

日本人の鉤括弧だらけの小説家より外国人の英語の鉤括弧だらけの小説家が知りたいです。

日本人でもアメリカ人でも良いので鉤括弧だらけで有名な小説家と小説を教えてください。

Aベストアンサー

英語では鉤括弧は使わない。
会話を示すのは、"Yes,I do."←ダブルコーテーションな。

Qこれらの作家に、似ているような作家はいますか?

タイトルでは表現しきれなかったのですが、似ている作家というより、似た感じの雰囲気の本を書く、と捉えてもらうといいと思います。
・浅田次郎さん
・恩田陸さん
・原田宗典さん
・村上龍さん
・重松清さん
・宗田理さん
これらの人たちの本は、ほとんど読みました。
基本、僕はミステリーとか推理小説といったようなジャンルは全く読みません。(すっごくオススメされるとたまに読みます^^;
これらの人たちに似ているような本を書く作家を教えてください。
もしよろしければ、その作家の本も教えてください。


(ついでに、分かれば、これらの作家たちの共通点など、あれば教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。宗田理さん以外は読んだ事あるのですが、共通項としては現代モノ(浅田さんは歴史小説ありますが)を書くという事ぐらいしか、思い浮かびませんでした(^_^;)。
 ただ原田宗典さんは高校時代に志賀直哉に傾倒して、短編小説に重点を置いていたし、浅田次郎さんは対談で「短編は小説力を養うので短編小説を書くべきだ」みたいな事を言われていたので、2人の共通項としては、そういう事が挙げられると思います。またエッセイが面白いのも共通していると思います。
 重松清さんと恩田陸さんは高校生を主人公にした小説を数多く書いているといった点が同じでしょうか。
 共通していないかもしれませんが、同じ高校生を主人公としても重松さんのように青春小説!っていう感じではない、金城一紀さんの「GO」や山田詠美さんの「風味絶佳」「ぼくは勉強ができない」、宮本輝さんの川三部作などはいかがですか?
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31889822
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31534011
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19698812
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03715945
 村上龍さんは数冊しか読んでないので、ピッタリと言えるか分かりませんが、藤田宣永さんなんてどうでしょう?短編集はとっつきやすくておススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30870940
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31688714
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31145943
 浅田次郎さんのように短編で泣ける!という本はあまりないですが、宮部みゆきさんの推理モノじゃない「堪忍箱」なんかはいかがですか?他にも中場利一さんの「ノーサラリーマン・ノークライ」や「リョーコ」もちょっと面白くて、切ない感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30880112
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31089823
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31354888
 ご参考までに。

 こんにちは。宗田理さん以外は読んだ事あるのですが、共通項としては現代モノ(浅田さんは歴史小説ありますが)を書くという事ぐらいしか、思い浮かびませんでした(^_^;)。
 ただ原田宗典さんは高校時代に志賀直哉に傾倒して、短編小説に重点を置いていたし、浅田次郎さんは対談で「短編は小説力を養うので短編小説を書くべきだ」みたいな事を言われていたので、2人の共通項としては、そういう事が挙げられると思います。またエッセイが面白いのも共通していると思います。
 重松清さんと恩田陸さんは高校...続きを読む

Q小説家志望です!

上に書きました通り、小説家志望です。
そこで、皆さんに聞きたいのですが、今まで読んだ本の中で一番かっこよかった(可愛かった)キャラクターってありますか?

好きなキャラクター設定を教えてください。ジャンルは問いません。

可能であれば、年齢と性別もお願いします。

Aベストアンサー

私も小説化希望です!!
なので、キャラクター設定は考えものだということは十分に理解できています。
そんなこんなで、名前を載せずに設定だけ書こうと思います。
でも、一番格好いいキャラというのは決めずらいので男女2個ずつ書いておきます!!
<箇条書きっす!!>
女子

・天然お嬢様
・メガネっ子

男子
・クールキャラ
・俺様キャラ

こんな感じですW
参考になりましたか……?
長々となってすみませんデシタ

Q作家の乙一好きな私にオススメの本を教えてください!

 私は「ZOO」を読んでから乙一さんの本にすっかりはまってしまい、それ以来乙一さんの本を読みあさってます(笑)ZOOの映画化もかなり楽しみです!!
 
 それで質問ですが・・乙一さん好きな私に何かオススメの本はありませんか?乙一さんっぽい雰囲気の小説がよいです(笑) おねがいしま~す!

Aベストアンサー

乙一氏の作品は私も大好きです。

乙一さんっぽい小説…といわれてすぐに浮かんだのは恩田陸さんですね。どこがどう、似ているのかといわれると困るのですが、なんとなく連想しました。個人的に、ミステリィの分野では乙一さんと恩田さんがぴか一で好きだからかもしれません;
恩田陸さんの作品としては、「六番目の小夜子」、「ネバーランド」、「麦の海に沈む果実」、「Q&A」など沢山あります。読みやすいのは先にあげた二つでしょうか。コメディタッチのものならば「ドミノ」、冒険っぽいものなら「上と外」をオススメします。

 それから、オンライン小説でもよければ、ひとつ心当たりが。ただしかし、此方はなんというのでしょう、乙一さんの作品の中でもグロいというか読んでいて心が痛くなるような話ってありますよね?面白いのだけれど、描写は淡々としているのだけれど、どこか読んでいて痛々しさを感じるような…というものと同系統であるという意味で似ている作品です。オススメさせていただく小説「ゆりか」は結構描写がきつく、読んでいて痛々しさを感じることもあります。最終的には感動できると思うのですが…それでも受け入れルことが出来るかは人次第だという代物だと思うので声高にオススメもしませんがURLを貼っておきますね。

…何だか無意味に長文で私論を述べてしまいました。すみません;

参考URL:http://jun.oops.jp/i/yurika/index.html

乙一氏の作品は私も大好きです。

乙一さんっぽい小説…といわれてすぐに浮かんだのは恩田陸さんですね。どこがどう、似ているのかといわれると困るのですが、なんとなく連想しました。個人的に、ミステリィの分野では乙一さんと恩田さんがぴか一で好きだからかもしれません;
恩田陸さんの作品としては、「六番目の小夜子」、「ネバーランド」、「麦の海に沈む果実」、「Q&A」など沢山あります。読みやすいのは先にあげた二つでしょうか。コメディタッチのものならば「ドミノ」、冒険っぽいものなら「上と外」...続きを読む

Q小説家になれるサイトと方法を教えて下さい。

小説家目指してます。
(1)小説サイトで小説家になれますか?
(2)あれば、そのサイトと小説家になれる方法を教えて下さい。
(3)どういうふうに工夫すれば小説家になれますか?書く際のアドバイスを教えて下 さい。ファンタジーものです。

Aベストアンサー

『小説家』って、小説を創作する人のコトです。
小説を沢山書いて、「自分の作品」を持っていれば、誰でも「小説家」ですよ。

質問者さんが「質問文で投稿してる意味」の「小説家」とは、「本が売れてる・プロ小説家」の事なのでしょうか?。
もし「YES」なら、「サイト」や「方法」など「無い」と思った方が無難です。
★『作品が売れて食べて行けないと、プロ小説家じゃ無い』訳ですからネ。
作品が「売れる・売れない」は、試験の「合格・不合格」とは、まるで意味合いが違います。
「プロ小説家」の「免許」や「証明書」が有る訳でも有りません。

>どういうふうに工夫すれば小説家になれますか?

「どっかで読んだような小説だな・・・」
「ダレソレの書いた小説と、少し似てるな・・・」
「元ネタは、★★の小説じゃ無いのか?」
「つまらない、面白くない・・・」
などと思われる小説なら、先ず「駄目」でしょうネ。
つまり、上記の逆を行くのが「工夫」です。

要するに、「独創性」です。
全て、自分で工夫しなきゃイケナイ。
しかし、どんな小説を書いても、
>「つまらない、面白くない・・・」
と受け取る読者は「います」。
肝心な事は、「面白い」と思ってくれる読者を、どれだけ確保出来るかって事ですね。

その為には、先ず自分で読んでも「面白い!」と思うような「ファンタジー小説」を書いてみる事です。
(^^)

むしろ、これから数々の「賞」に応募して、自分の力を試して見るべきでしょうネ。

http://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/

http://syousetuka.com/en5.html

『小説家』って、小説を創作する人のコトです。
小説を沢山書いて、「自分の作品」を持っていれば、誰でも「小説家」ですよ。

質問者さんが「質問文で投稿してる意味」の「小説家」とは、「本が売れてる・プロ小説家」の事なのでしょうか?。
もし「YES」なら、「サイト」や「方法」など「無い」と思った方が無難です。
★『作品が売れて食べて行けないと、プロ小説家じゃ無い』訳ですからネ。
作品が「売れる・売れない」は、試験の「合格・不合格」とは、まるで意味合いが違います。
「プロ小説家」の「免許」や...続きを読む

Q読書好きなんですが、どうも趣味が偏りすぎてしまいます。

読書好きなんですが、どうも趣味が偏りすぎてしまいます。
1.じっくりと真剣に読む。
2.忙しく読む。
3.ぺらぺら読む。
4.見出しだけ読む。
5.数ページで嫌になって止める。

極端というか、期待したのに面白くなかったりするとものすごく不真面目です。
1ヶ月に30冊は読むのですが、真剣に読む本は5冊程度です。
読書好きとすれば、なんとも良くない傾向なんですが、嫌と思えば読む気もしません。
他の人どうなんでしょう?

Aベストアンサー

実に不思議なご質問だと思いました。

> 読書好きとすれば、なんとも良くない傾向なんですが、
ご質問を読む限り、質問者さんの理想の「読書好き」というのは、内容の好き嫌いは関係なしにとにかく「読書する行為=活字を読む行為」自体が好きな人、を意味されているようですね。
そういう意味でなら私も「読書好き」とは言えませんが……。

> 読書好きなんですが、どうも趣味が偏りすぎてしまいます。
いや普通は、偏らなかったら「趣味」とは言えませんよね。
私も質問者さんと同じかそれ以上に「趣味が偏りすぎて」いまして、自分の好みにあった本を選んで読むようにしてます。

> 嫌と思えば読む気もしません。
それは誰だって同じだと思いますよ。
必要があって読まなければならない物を除いては、好みでない本は私も初めから目もくれませんが、当然でしょう。
4~5に該当するような本は、例え図書館で無料で借りられるとしても読まないし、ましてや買いません。
もっとも、たまには見誤って買ってしまうこともあり、そう言うときはお金を払って時間を割いて、わざわざ嫌な思いをして気分良くないですね。

> 他の人どうなんでしょう?
私の場合、本当に待ち望んで読みたかった本に限っては、
0.ゆっくりと、行きつ戻りつ味わって読む
という読み方をすることがあります。

実に不思議なご質問だと思いました。

> 読書好きとすれば、なんとも良くない傾向なんですが、
ご質問を読む限り、質問者さんの理想の「読書好き」というのは、内容の好き嫌いは関係なしにとにかく「読書する行為=活字を読む行為」自体が好きな人、を意味されているようですね。
そういう意味でなら私も「読書好き」とは言えませんが……。

> 読書好きなんですが、どうも趣味が偏りすぎてしまいます。
いや普通は、偏らなかったら「趣味」とは言えませんよね。
私も質問者さんと同じかそれ以上に「趣味が偏りすぎ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング