大学卒業後に海外の大学に編入することについて。

私は色々事情があって実質一浪で日本の大学に進学する予定の者です。
子供のころからイギリスかアメリカの大学で勉強するという
憧れがあります。
大学留学するといっても、実現できるのはきっと4年くらい先のことなのですが。
ちなみに、海外留学経験はまだありませんが、
海外旅行経験ならあります。

両親に高校卒業後に留学したいと相談したところ、話し合いの末、
日本の大学を卒業してからならOKだと言っていただけました。

大学に進学したら、
編入の際に認められやすい科目を出来るだけ選択してみる予定です。
また、英語力の面でもTOEFLで良いスコアが取れるように頑張りたいです。
更に、課外活動の面でも充実できたら良いなと思います。

ただ、今から少し考えることがあります。
?日本の大学で学位を取得後に、
再び、海外の大学で学位を取り直すことは就職において
悪い影響を及ぼすのでしょうか?

?私は現在19歳ですが、
順調に卒業できても、日本の大学卒業時で23歳、
更に海外の大学卒業時は25~26歳くらいです。
就職をする際に年齢はかなり重要視されるのでしょうか?

?大学卒業後に社会経験を積んでから留学するのと
社会経験なしに留学するのでしたら、一般的に、
どちらが良いのでしょうか?

補足。
留学するのに必要な学校の成績やTOEFLの成績、推薦書などの
知識はあります。
出来れば、留学準備・出願などは自分自身でやってみたいと思ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

海外 大学」に関するQ&A: 海外大学進学 将来オーストラリアなどに住みたいと思っています。 大学は海外大学に通いたく、日本で働く

A 回答 (4件)

大学、大学院までアメリカで出ました。

一般的に言うと第二学士をとっても年を取った分、就職に不利に働くと思います。まあ、昨今の場合、日本の会社に就職する場合には昔と違ってそれ程留学経験が就職に有利に働かず、逆に不利に働く場合が多いと思います。私の場合も、一部の会社を除いては、門戸すら開かれていませんでした。時期が会わないので新卒にならない、職務経験がないので中途にもならないと言われた事もありました。でも信念を持って頑張れば道は開かれる物ですし、留学はそういう強さを身に着ける機会でもあります。情報を集めて頑張ってみたらよいと思います。

私があなたの立場でしたら、これから進学する大学の交換留学プログラムを調べてみます。私が行っていた大学にも日本のいろんな大学から交換留学で1年来ている人が多くいました。これですと、アメリカの大学で取った単位も日本の大学で単位として認められるので、ちゃんと4年で卒業できるようです。そこで気に入れば、院への留学を検討したらいいのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございました。
どのアドバイスも非常に分かりやすく、
今後の人生にとても参考になりました。

これから通う大学を途中でやめて、編入したりはしたくない気持ちがあり、
交換留学プログラムを勧めてくださった、yuranyanさんを
ベストアンサーにさせていただきました。

皆さんの回答を見て、
私は自分自身が社会のことを全く知らずに、
少し軽い気持ちで留学を考えていることに気づけました。
もっと、これから勉強をしたり、色々な経験を積んでいって、
留学について改めて考えてみようと思います。

本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/29 17:14

No.2です。



経済学を元々学びたいのに、心理学専攻になるという点を見落としていたので、補足します。

今も心理学より経済学が学びたいと思っていらっしゃるのであれば、1年次修了時、もしくは2年次修了時に日本国内で大学編入学、という手段があります。
経済学は編入が多い学部のひとつです。
国公立であれば、小樽商科大学の商学部、神戸大学の経済学部などがあります。
他にもたくさんあるので、検索サイトで確認を。
これであれば、大学卒業後に経済学で大学院留学が可能です。

また、英語で学びたいと考えているのであれば、秋田県にある国際教養大学(公立)のグローバルビジネスもお勧めです。
ここは英語のみで授業をしていますので、英語力も鍛えられますし、卒業にはアメリカやカナダなどの提携大学へ1年間の留学が義務付けられています。
就職率ランキングで日本一になった大学ですので、就職サポートもしっかりしていると思います。
この大学も2年次編入学試験を実施しています。

「できるだけ認められやすい科目を履修する」という点についてですが、日本の大学の単位は通常1授業2単位、アメリカでは1授業3単位ですので、授業時間が足りないとされる可能性があります。
あまり認定は期待しないほうがいいかもしれません。
私の場合は、3単位から2単位へと圧縮されたので、科目数は変わらず、単位数が減っただけでした。(ちなみに認定単位は38単位です。)
これは大学の裁量もあると思いますので、より単位認定が多い大学を探す必要があると思います。
もし認定単位数が減ってしまった場合、卒業が遅くなる可能性が高いです。
アメリカの情報だけで申し訳ないのですが、あちらではFull time studentになるためには半期12単位の履修が必要です。
留学生の多くは12単位、もしくは15単位を履修します。
日本と違い、1つの科目で週に2回もしくは3回の授業があることが多く、これ以上は難しいです。
(仮に週3回授業のある科目を5科目取ると、1日平均3授業出ることになります。)
夏休み期間中の集中講義で6単位程度取ったとしても、1年間で30単位から36単位しか取れません。
認定される単位数によっては卒業時27歳以上になっている可能性を考えておいたほうがいいと思います。

なんにせよ、選択肢はたくさんありますので、あせらず、なにが一番いいの考えてみてください。
    • good
    • 1

私はアメリカの短大→日本の4年制に編入学→日本の大学院卒です。



アメリカかイギリスの大学で学ぶことに憧れを持ってきた、と言っておられますが、それだけだと現地でがんばり続けられるか心配になりました。
私は現地の短大(州立コミュニティーカレッジ)しか卒業していないので4年制大学のことは聞いた話しかできませんが、勉強は相当きついようです。
日本では勉強できない何かを学びに行く、という決意が必要だと思います。

就職に関しては、すでにグリーンカードや就労ビザを持っていることを条件とする会社が多いため、一般の留学生が現地で就職するのは至難の業です。
日本で就職するのであれば、多くの企業では中途採用扱いになりますので、「大学生に混ざって就活」のイメージは捨てた方がいいと思います。
年齢ももちろん考慮対象です。
日本は文系であれば新卒学士が一番就職の間口が広のも事実です。

また、私の留学仲間はみんな就職に苦労しています。
昨今の不況もありますが、中途で職務経験がないのですから当然といえば当然の流れです。

それでも絶対に留学はしたい、と考えておられるのであれば一度就職してキャリアを積みつつ、通信制や大学の2部で経済学学士を取り、大学院留学し、MBA取得を考えてみてはいかがでしょうか?
(通信制で取得した学位を認めてくれるかどうかは事前確認が必要だと思います。ご注意を)

ここまで否定的なことばかり書いてきましたが、私は留学そのものを否定する気はありません。
得るものも多いです。
ただ、人とは違う道に進むということはそれ相応のリスクを背負うことでもあります。

まだ時間はあると思いますので、しっかり計画を立てて後悔のない選択をしてください。
    • good
    • 1

>日本の大学を卒業してからならOK



上記から判断するとおそらく大学院留学が一番適していると思います。
日本の大学で学位をとってから、海外の学部に留学する場合は、第二学士という扱いになります。日本の大学学部と同じ分野を専攻するのであれば、なおさらです。でなければほとんど意味をなさず、時間の無駄になるだけです。

>大学卒業後に社会経験を積んでから留学するのと社会経験なしに留学するのでしたら、一般的に、どちらが良いのでしょうか

留学先で何を学び、その後どうしたいのかによります。アカデミックな分野に進む人で、すでに何をしたいか大枠で方向性が固まっている(例えば研究者を目指すなど)のであれば、学部卒業後、院に進むことをお勧めしますが、3-5年社会経験を積んでから院留学する人も少なくありません。

この回答への補足

アドバイス、ありがとうございます。
少し補足を…。
私は日本の大学では心理学を専攻する予定です。
けれども、高校時代の第一志望は経済学を学びたいと思ってました。
なので、大学卒業後、
海外の学部留学又は編入留学をする際は経済学を専攻したいと考えています。
日本の大学卒業後に、海外の大学に留学し経済学を学ぶのは
時間とお金の無駄なんでしょうか?
就職活動の際、悪い評価を受けることなんでしょうか?

また、将来研究者になりたいという目標はなく、
留学し、英語で学問を学びたいと思ってます。
そして、将来的に語学力を生かして就職できるように努力したいです。

補足日時:2010/01/25 15:53
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験の偏差値を高校受験の偏差値に変換するとどのようになりますか?

大学は、高等学校に比べ比較的頭の良い人たちが受験するため、偏差値は全体的に底上げされています。
日本の大学で最も偏差値の高い大学(学科別)は「東京大学・理科III類」で、偏差値は81だそうです。
僕の志望する高校の偏差値は66と低いので驚いてしまいました。

大学の偏差値を高等学校の偏差値に変換するとどれぐらいの数値になるのでしょうか。
参考までに、大学の偏差値でいう50、60、70、80は高校の偏差値でいういくらぐらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

この手の話題では詳しい方がたくさんいらっしゃいますので
私のは、あくまで一般論として参考にして頂けたら光栄です。

その高校で、のらりくらりしていると
高校偏差値-(5~10)の大学が志望校になりやすいと言われています。

66ということで、学校の試験前適度に勉強していれば
関東圏ならばMARCHレベル、赤点組みは日東駒専レベルでしょう。

その高校のトップの生徒は
東大などの難関国公立を狙えるレベルだと推測されます。
現役MARCH蹴り、浪人して早慶という人が多そうなイメージです。


偏差値は目安なのでそこまで気にする必要はありません。
大学入試は偏差値ではなく、点数で合否が決まりますので。

進学校なのでこれから模試を何度も、受けられると思います。
その結果で高校偏差値を下回ってしまったら、勉強が足りないと
自覚し勉強に励むと良い刺激になると思われます。

Qアメリカへ高卒後大学からの留学か、日本の大学卒業後大学院からの留学か

私はアメリカの大学留学を目指しつつ日本の大学も受験しようと考えました。高校のコース分けで”文系”を選択したのですが、後から生物学を専攻したいと考え、文系でも受験が出来、尚且つ生物についても学べる慶応大環境情報学部を受験し合格しました。

しかし現在の心境としては生物学を深く専門的に学び、最終的には研究職に就きたいと強く思っています。(環境情報学部では浅く生物学を学ぶだけです)
渡米すれば勿論、生物学を専攻できますが、様々な情報を見ると研究職を目指す場合、日本の大卒→アメリカの大学院という進路が無難で適切であり、また学部生として学ぶのであればアメリカの研究重視の大学は学費が平均して高いので日本で十分(メリットなし)と書かれていました。
日本大卒→アメリカ大学院。アメリカ大卒→アメリカ大学院。どちらが良いでしょうか? 何かアドバイスをください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、直接高卒後に入学する場合ですが、願書締切が1月なので、来年の1月に願書をだして、入学は2010年9月(1年半後)になりますね。SATの試験が10,11月なので今から7ヶ月でネイティブなみの英語を身につけることも大変だと思います。せっかく慶応に合格したのですから、1年半受かるかどうか分からない大学の多目に無駄にするのはもったいないと思います。

次に編入。これは合格率は低いですが、難関のSATを必要としない分、ずいぶん楽です。入った後に、大学院に必要な生物の必修科目もとれますし、さらに、大学院に入る際にアメリカの大学からの推薦などももらえるので大学院への合格率もあがります。

そして、大学院から。大学院の合否に一番関係するのは実は研究。大学の卒業論文とか、何かの教授の元で研究をしているのならその成果など。日本の大学の制度がよくわからないのですけど、もし大学のうちに生物学の教授といっしょに何か研究などできたなら、編入よりかはかなり合格率が高かったりします。

さらに、無難なオプションが交換留学。慶応大学はけっこうアメリカの大学と提携がありますから、1年留学して、その大学の教授と仲良くなって、あらかじめ推薦状を書いてもらう。さらに交換留学中に生物の単位もとれますので便利だと思います。学費もかからないですし。

そうそう、学費のことですが、
最終目標は研究職、ということはポスドクをめざすってことになると思います。
普通に考えると、大学4年+マスター2年+PhD2年=8年後です。
留学するかどうかの前に8年分の海外学費が払えるか?って壁にもぶつかるかもしれません。
ただ、マスター以上の場合、TAや研究をすると学費がほぼ免除になります。
ですから、もし節約して留学したいのなら、大学卒業してから、の方がオススメです。

長くなってすみません。
私のオススメのオプションとしては、慶応入学→交換留学/編入→大学院です。
編入とか受からなくてもApplyするだけする価値はありますよね。

がんばれ!!

まず、直接高卒後に入学する場合ですが、願書締切が1月なので、来年の1月に願書をだして、入学は2010年9月(1年半後)になりますね。SATの試験が10,11月なので今から7ヶ月でネイティブなみの英語を身につけることも大変だと思います。せっかく慶応に合格したのですから、1年半受かるかどうか分からない大学の多目に無駄にするのはもったいないと思います。

次に編入。これは合格率は低いですが、難関のSATを必要としない分、ずいぶん楽です。入った後に、大学院に必要な生物の必修科目もとれま...続きを読む

Q大学の偏差値って・・・

付属高校の進学コースに入る者です。
それで将来は上の大学に進みたいと思うのですが、色々そのことで調べてみて偏差値についての疑問があるので質問させていただきました。
僕が入るこの高校は偏差値55より上です。
このコースは同じ学校の大学の合格を目指して勉強していくコースです。
で、その大学について調べたら、偏差値が、大体45ぐらいなんです。一番偏差値が高い学部でも約50ぐらいです。
高校に入るには偏差値55以上の学力が必要なのに、大学に入るには一番偏差値が高い学部でも50ぐらいの学力があれば入れるということですか?
それとも、高校の偏差値の50と大学の偏差値の50は同じ50でもぜんぜん違うということですか?
そうだとしたら、大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?
高校と大学の偏差値の基準(違い)を教えてください。
上の文章でよくわからなかったら指摘していただけたらと思います。
回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値というのは、大学受験しようとする層だけを集めた偏差値であるからです。

仮に、高校入試で55の実力だとして、「これから3年間、すべての生徒が同じように勉強を頑張る」という仮定をすると、
3年後の大学受験時の偏差値は45ぐらいです。
ですから、ほかの人を追い越すためには、ほかの人の勉強量や質を上回る猛勉強が必要になります。

もっとも、
現時点で重要なデータは、高校の偏差値(55)ではなく、質問者さん自身の偏差値です。
その偏差値から10を引けば、(これから3年間の勉強量と質が、ほかの人と同じであるとして)大学受験時の偏差値になります。


ちなみに、
知人で、偏差値50ぐらいの高校から早稲田大学に合格した人がいます。
私の知っている範囲では、ほかに同様のケースを知らないので、まれなケースですけど、
頑張り次第で難関に合格するのは、必ずしも不可能ではないということでしょうね。

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値という...続きを読む

Q海外の大学卒業後、日本の大学に留学する際

現在、私はオーストラリアの大学に入学手続きをしています。
私は現在、薬学部かレントゲン医学部の二択の内どちらかを選択する事を迫られています。
例えどちらの大学に入学し卒業したとしても、将来日本の大学に入学し、そこで卒業した後に日本で一生を過ごしたいと思っています。
そこで質問なんですが、
仮に薬学部かレントゲン医学部をこちらで卒業し、日本で同じ分野の大学に入学し、卒業したとして、【薬剤師】と【レントゲン医学者】どちらの方が定職に就きやすいでしょうか?

あと、もし可能であればもう一つだけ御願いします。
仮にどちらかの大学を卒業した後で日本の大学に入学しようと試みた場合、センター試験等受けなければならないのでしょうか?
薬学部の場合「日本国では、大学で6年制の薬学科を修了すると薬剤師国家試験の受験資格が与えられる。」(wikipedia参照)とありますが。海外で既に薬学の基礎を学んでいると証明された場合、この6年は短縮されるのでしょうか?それとも6年間薬学を学ぶというのは変わらないのでしょうか?

今の段階では私の国語や英語等の言語能力は留学するレベルに至っていないと思ってます。なので、こちらの大学で勉強しながら国語等の言語分野に精通する塾に通ってから日本に移住・・・と思っております。

もし、【海外の大学に入部】→【卒業】→【日本の大学に入学】→【日本の大学を卒業】→【定職に就きたい】というのが遠回りだと感じた場合、他の近道が無いかお教え頂けないでしょうか?

凄まじい量の質問、申し訳御座いません。
出来れば皆様の知恵をお貸し下さい。

現在、私はオーストラリアの大学に入学手続きをしています。
私は現在、薬学部かレントゲン医学部の二択の内どちらかを選択する事を迫られています。
例えどちらの大学に入学し卒業したとしても、将来日本の大学に入学し、そこで卒業した後に日本で一生を過ごしたいと思っています。
そこで質問なんですが、
仮に薬学部かレントゲン医学部をこちらで卒業し、日本で同じ分野の大学に入学し、卒業したとして、【薬剤師】と【レントゲン医学者】どちらの方が定職に就きやすいでしょうか?

あと、もし可能であればも...続きを読む

Aベストアンサー

薬剤師国家試験の受験資格は下記のようになっています。
認定されるかどうか直接、厚生労働省に問い合せると良いと思います。

受験資格次のいずれかに該当する者
(1)学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学(短期大学を除く。)において、薬学の正規の課程を修めて卒業した者(平成23年3月25日までに卒業する見込みの者を含む。)

(2)外国の薬学校を卒業し、又は外国の薬剤師免許を受けた者で、厚生労働大臣が(1)に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認定したもの。

海外の大学を卒業して認定されれば日本の大学の学士入学(2年次、3年次編入)と言う方法もあります。単位認定もしてもらえるかもしれません。詳しくは個々の大学に問い合わせて確認された方がよいと思います。

苦労するのは日本で国家試験を受験する時、問題文が日本語で出題されていることだと思います。

将来、日本で働くのでしたら日本の大学を卒業して海外の大学、大学院に留学した方が良いのでは?と思います。
海外の大学の日本分校で教養を勉強して専門は海外でという広告をみかけますが卒業するのはかなり大変なようです。

薬剤師国家試験の受験資格は下記のようになっています。
認定されるかどうか直接、厚生労働省に問い合せると良いと思います。

受験資格次のいずれかに該当する者
(1)学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学(短期大学を除く。)において、薬学の正規の課程を修めて卒業した者(平成23年3月25日までに卒業する見込みの者を含む。)

(2)外国の薬学校を卒業し、又は外国の薬剤師免許を受けた者で、厚生労働大臣が(1)に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認定したもの。

海外の大学を卒業して認定...続きを読む

Q大学の偏差値の算出方法について

タイトル通りですが、大学の偏差値はどのようにして計算されているのでしょうか?

恐らく、大手予備校の模試の結果から算出していると思うのですが、その模試の結果から"各大学の偏差値"をどうやって求めているのかがわかりません。

模試の結果の、平均点と個々人の得点および対象者の総数などから、"個々人の学力偏差値"が計算できることはわかります。

そこからどのようにして、"各大学の偏差値"を出しているのでしょうか?

もしかして、個々人の学力偏差値とその人の第一志望校から、大学の偏差値を計算しているのでしょうか?要するに、例えば、「模試の時にA大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が70であった場合、A大学の偏差値は70になり、B大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が40であった場合、B大学の偏差値は40になる」ということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値には予想偏差値と結果偏差値があります。
結果偏差値は、模試を受けた生徒に大学受験結果をアンケートして
「どの模試でどのくらいの偏差値であった生徒がどのくらいの大学に合格している」かを統計的
に処理し、(一定の職人的調整も入るようですが)、80%合格値(その偏差値だった生徒の8割
が合格した)、60%合格値などを求めるものです。
意図的に誤った結果をアンケート結果として報告する生徒なども一部いるようですが、
大多数の生徒が正確な結果を回答していると見られ信頼できるものとなっています。


予想偏差値は、その模試を受けた生徒たちの希望(第1、第2、etc)をもとに、
その大学の定員やその試験の受験者のゾーン、その他もろもろの情報
(試験日はじめ、校舎移転計画、OB動向、教授陣の異動etc)を総合的に
判断し数値化するものです。
例えば、ある中堅大学を、成績上位の生徒が皆で第1希望としたら
その試験結果から算出されるその大学の予想偏差値は上昇します。
逆に模試を受けただれもが希望していない大学の偏差値は下降します。
その予想偏差値の作成には、各予備校の英知が結集しており単純に、
これとこれを掛けてこれを足したら出来上がりっ、なんてものではありません。
まさに職人芸的な算出をしています。

このように、数学の統計分野で語られる狭い意味の「偏差値」とは別に、
社会的に意味を与えられ有効に活用されている「偏差値」が存在します。

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値に...続きを読む

Q海外への留学、進学経験者のかたに質問です。 私は今高校一年生です。 海外の大学へ高校からの直接の進

海外への留学、進学経験者のかたに質問です。

私は今高校一年生です。
海外の大学へ高校からの直接の進学を考えています。
入学試験に、エッセイがあるようなのですが、エッセイでは何を書くのですか?

今日、高校の先生に軽く話を聞いたら、自分のやってきたこと、とか言われました。

エッセイとは何を書くのですか?
その他、やっておいた方がいいことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

アメリカの大学に留学経験あります。
エッセイは、どういったことについて書くのか通常相手から大まかな指示があります。

大学への進学に当たって書くEssayの多くは、
1)なぜこの大学を希望したのか
2)大学でどういうことを学びたいか、そのためにどういう準備をしてきたのか
3)この大学で学ぶことによってどういう良い影響をほかの学生や大学に与えられるか
といったことが多いです。それを決められた文字制限の中で書くのです。
ですから、下準備としては、上記のような項目について時系列に書く練習をなさるといいと考えます。

Q大学の偏差値ってよくわかりません。 高校1年です。 大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。

大学の偏差値ってよくわかりません。
高校1年です。


大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。
偏差値50が普通なんでしょうか…?

Aベストアンサー

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人たちは大学受験をしない人も多くなります。つまり大学受験はざっくり言って高校入学時の偏差値50から70以上の人が対象になるわけです。

ということは、偏差値50が中間地点ですから、高校入試時の偏差値60ぐらいが真ん中になるといっていいでしょう。質問者様の地域が分かりませんが、偏差値60ぐらいで入れる高校の生徒は大学入試偏差値50ぐらいがちょうどよく入れる大学が固まっているはずです。

たとえば、日大の付属高校はだいたいどこでも高校偏差値55から65ぐらいだと思いますので、日大が大学偏差値50ぐらいから(学部による)になっているはずです。

ということで偏差値は50が平均値です。平均値よりも低いと50より下、高いと50よりうえの偏差値になります。
大学の偏差値は高校入試と違って偏差値の低い人が少ないので、元々高校入試時に偏差値60ぐらいだった学力の人たちが50になる、ということです。

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人...続きを読む

Q海外の大学院について質問です。 今自分は関西学院大学の国際学部に通っています。 1年間の留学も経験し

海外の大学院について質問です。
今自分は関西学院大学の国際学部に通っています。
1年間の留学も経験しました。
海外の大学院でジャーナリズムについて学びたいと考えています。そこで質問なのですが、ジャーナリズムを学ぶに当たって評判のいい大学院はあるでしょうか?
また、海外の大学院に進む条件?のようなものはあるのでしょうか。
費用はどのくらいか要するのでしょうか。
無知なので質問ばかりで申し訳ありませんが回答お待ちしております。

Aベストアンサー

少々古いデータですが2013年の世界トップ10の大学院(ジャーナリズム学)をご覧ください。この英語がわからないのであれば、大学院への入学は無理ですから。
http://topyaps.com/top-10-journalism-schools-world

そして、自分が興味をもった大学(国でもいいので)にしぼって、個別に
・留学生を受け入れるかいなか
・留学生を受け入れるならば、どういう条件や提出書類が必要か、TOEFLのスコアや最低GPAはいくら必要かなどを調べます。その大学のHPから、international students admissionなどのページに入ればきちんと書かれてあるはずです。

費用に関しては、アメリカが一番かかります。フィンランドなど北欧が一番かかりません。しかしそれもあなたがどういう生活環境を必要とするかでものすごく幅がありますので、留学するのであればまず自分でどういう留学生活を送りたいのか、考えをまとめた上でネットや書籍などで調べてください。

Q同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部 立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部 関西学

同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部

立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部

関西学院高等部(偏差値69)→関西学院大学国際学部

関西大学高等部(偏差値68)→関西大学法学部


上記の高校から大学へ内部進学するのと


山城高校(偏差値62)→同志社大学法学部、立命館大学法学部

大阪国際大和田高校(偏差値59)→関西大学法学部、関西学院大学国際学部

上記の高校から一般入試で大学に進学するのでは、入学者の学力はどちらが上になるのでしょうか?


よく内部進学者は外部受験者より劣るなどと言われますが、有名大学附属高校はどこもかなりの高偏差値です。上記の例で見ても高校受験時の偏差値では10以上の差があります。

大学受験の勉強を一切していないと偏差値10は埋まると思いますか?附属高校は受験勉強をしないだけで英語や一般教養レベルの勉強はその分やっています。

高偏差値の附属高校からの内部進学者と偏差値が中レベルの高校からの一般入学者、学力が高いのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

大学入学時の学力で言えば、(一般入試の)外部入学者の方が圧倒的に上です。
内部進学は高校時代、受験勉強せずに、受験勉強以外に重点を置いて、学校教育がなされているからです。

例えば、山城から関関同立に現役合格するとすれば、それはかなり受験勉強しているという証です。

この問題、中学や小学校ではいかがでしょうか?
関学の小学校はかなりの高偏差値超難関校です。
しかし、12年間にわたって、一切受験勉強をしません。同志社もそうです。
但し、立命館小学校は、小学校入学者のみで12年間、ひたすら受験勉強を行い、決して立命館大学ごときへの進学が許されません。

Qアメリカ大学、大学院留学についてですが、出願条件のうちTOEFL がま

アメリカ大学、大学院留学についてですが、出願条件のうちTOEFL がまだ要求スコアに足りなくて苦労しています。
大学だと条件付き合格が有り、大学入学までに要求スコアをクリアする、という方法もありますが、条件付き合格で大学に受かるという場合は、語学コースでTOEFL がクリアできれば次の学期から大学に入学出来ますか?
条件付き合格をもらうということは、TOEFL 以外は既に合格していて、実際に入学する前に語学コースで補習して、英語力強化しなさい! という解釈でよいのでしょうか?
語学コースに入る前に、大学編入自体は既に合格しているという解釈で合っているでしょうか?

Aベストアンサー

文系特にhumanities,liberal arts系以外であれば、条件付合格は結構あります。中には、文系でも例外的に条件付合格を出しているところは稀にあるようですが、ほとんどの総合系の大学(Research One)では余り望めないと思います。総合的に英語力を求められる分野なら即却下でしょう。GREのVerbalで500-550以上は求められますからね。

これに対して、理工系又は職業訓練的分野ならば、むしろ専門的な知識やスキルが求められるので、TOEFLが一定の得点に達していない場合でも、条件付で入学を許可するケースはよくあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング