オリオン座の大星雲は?何倍くらいの望遠鏡で?書物に載っているような大きさで見えるのでしょうか?
昨晩?息子とオリオン座大星雲を観ようと意気込んだのですが?点状の星はいくつか見えるものの?スクリーンのように見える星雲は確認できませんでした?
肉眼でも見えることが有名ですので?望遠鏡ならきっと大きき見えると思ったのですが?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>そこにあるのに見えていないということでしょうか?



 はい、そういうことになろうかと思います。

 オリオン座の大星雲が小望遠鏡では見られないのは倍率の問題ではないことに関連することをもうひとつ申し上げます。
 それはオリオン座の大星雲は思いもよらないほど大きな(大きく見えている)星雲であるということです。
 オリオン座の大星雲の見かけの大きさ(実際の大きさではなく見た目の大きさ)は角度にして約60×60分なのだそうです。
 いきなり角度の60分と言われても見当がつかないでしょうが、満月の見かけの大きさが角度の30分なのですから、オリオン座の大星雲は満月の倍の大きさがあるのです。
 ですが残念ながら肉眼でその大きさに見えるほど明るくはなく、そのあたりがなんとなくボーッと光っているぐらいにしか見えないのです。
 ここで、少々話が長くなりますが、天体望遠鏡の倍率と見える天体の明るさとの関係を申し上げます。
 倍率を上げると物が大きく見えるようになりますが、いっぽう望遠鏡に入ってくる光は倍率にかかわらず一定です。
 その一定量の光を使って大きな像をつくるということは、一定量の光を広い面積にばら撒くことになり、像は暗くなります。
 つまり、星雲を見るには倍率は低いほうが良いのです。
 星雲には対物レンズが大きくて倍率が低い望遠鏡が向いているのですが、それに適しているのは7×50などの大型の双眼鏡です。
 いっぽう星座をつくっている星つまり恒星については状況が変わります。
 恒星は非常な遠方にあるために、望遠鏡の倍率を上げても大きく見えてくることはありません。
 したがって倍率を上げても見える恒星の明るさは変わらないのです。
 では倍率を上げると見える恒星の何が変わってみえるのでしょうか。
 恒星と恒星との間隔が広がって見えるのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/12 07:43

公開天文台によっては


初心者でも、こんな写真を撮ることもできます

もちろん、初めて行ってすぐにというわけではなく、
指導してもらうことが必要ですが
「オリオン座の大星雲は?何倍くらいの望遠鏡」の回答画像8
    • good
    • 1

オリオン座の大星雲は大きく明るいので


暗い空なら小型望遠鏡(といっても口径6cm~10cm程度)でも
低倍率(20~40倍程度)で結構綺麗に見ることができます
ただ、先にお答えがあったように書物の写真のようには見えないです

もし都会にお住まいなら、暗い空のあるところへ出かける
遠出が無理なら、できるだけ遅い時間帯
(日付が変わる頃には人間の活動も収まり多少空が暗くなります
 が今の季節だとオリオン座が沈んでしまいますね)
にご覧になることをお勧めします

また、近くの公開天文台へ行ってみることもお勧めします
どちらにお住まいか判れば、親切な方が観望会の案内など
教えてくださるかもしれません
※添付画像が削除されました。
    • good
    • 1

>おそらくこのあたりと、狙いを付けた周辺には、確かに明るい星が見えるのですが、それは星雲の明るい部分が見えているだけということでしょうか?



いえ、それは「トラペジウム」というれっきとした恒星です。
    • good
    • 0

質問者様がどのくらいの口径の望遠鏡で、どこでご覧になったかが分かりませんので一般論でお答えします。



まず星雲は、オリオン座の大星雲に限らず、天体望遠鏡を肉眼でのぞく限り、天体写真のようなはっきりとした形に見えることはまずありません。それはなぜかといえば、天体写真は長時間露出して星雲の淡い光を蓄積しているため、星雲の周辺部の淡い部分も濃く写っているのに対して、肉眼ではそのようなことはできず、星雲の中心部の比較的明るい部分しか見えないためです。また、星雲の淡い光を集めるためには望遠鏡の口径が大きいほど有利ですが、星雲のように見かけの大きさがある天体の場合(恒星のように点像でないという意味です)倍率を上げすぎるとかえって見えにくくなります。

さらに重要なことは、「どこで見るか」ということです。都市部(近郊も含む)では夜空が明るいので星雲の淡い光がバックの明るさに埋もれて極めて見え辛くなります。同じ意味で月が出ている場合も(新月前後の細い月以外は)夜空が明るくなりがちなので避けた方が懸命だと思います。できるだけ夜空の暗い場所で、月のないときに、できるだけ大口径の望遠鏡で、適切な倍率で見れば、それなりに美しく見えます。ご質問のオリオン座の大星雲についていえば、中心部に4つの星が極めて近くにまとまっているのは、都市部で小望遠鏡で見ても見えるはずです(トラペジウムといいます)。これは天体写真では相当アップにしないと分離して写らないので、この大星雲を天体望遠鏡で(肉眼で)見る楽しみはこのあたりかなとも思います。
    • good
    • 0

そこそこ暗い空(4~5等星程度が肉眼で見える程度)で、


10cm径程度以上の望遠鏡で20~30倍程度で見れば
色は判りませんが、鳥の羽をひろげたような感じが
若干見えます。(個人差はありますが・・)

当然、暗い場所で、眼は十分に暗さになれてから見てください。
#照明や街頭などがある場合には隠してください
    • good
    • 0

倍率ではありません


集光力(口径)と光の蓄積です
口径1メートルくらいの望遠鏡で1時間くらい露光すれば見えるでしょう
    • good
    • 0

 それは倍率、つまり大きさではなく、明るさの問題なのです。


 書物に載っている星雲の写真は、写真だからこそあのように明るく大きく写っているのです。
 写真フイルムは光を蓄積するはたらきがあるので、長時間露出をかけると目にはかすかにしか見えない暗い物体でも明るく写せるのです。
 目にはそのようなはたらきはありませんので、暗くて見えないものはいくら長い時間見つめていても明るく見えてくることはありません。
 もうひとつ写真の星雲が明るく写っているわけがあります。
 それは撮影に使われた天体望遠鏡の対物レンズもしくは反射鏡の大きさです。
 星雲からのかすかな光の取り入れ口であるレンズや反射鏡が大きいほど星雲を明るく写すことが出来るのです。
 書物に載っている星雲の写真は、大望遠鏡を使って長時間露出によって写したものですから、
家庭用の小さな望遠鏡を肉眼で見たものとはとても比べ物にはならないのです。

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。
ご説明によれば、そこにあるのに見えていないということでしょうか?

おそらくこのあたりと、狙いを付けた周辺には、確かに明るい星が見えるのですが、それは星雲の明るい部分が見えているだけということでしょうか?

お礼日時:2010/01/25 08:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫の手を借りたらどうする?!

猫の手も借りたいといいますが・・
実際に猫の手を借りたらどんなことが出来るのでしょうか?(笑)

あなたが猫の手でしてみたいことや
こんな事をしたら面白いかも?なんて発想を教えてください。(=^・^=)

Aベストアンサー

“背中を掻いて欲しいです”
爪を出す“加減”を考えながらやって欲しいです。

Q天体望遠鏡で、きれいな星雲や星団は見ることは無理?

10万円くらいのビクセンの自動追尾式望遠鏡を購入しようとおもっています。
それで、メールや電話で質問してみました。
天体望遠鏡 単独では、白い煙のようにしか見えないとこと。人間の目が、色を識別できないからだそうです。他社のどんな高い望遠鏡を購入しても同じと言われました。

けれども、赤道儀で一眼レフカメラで露出を高くすると写真として残せるとのこと。それは、後になって確認できることだそうです。

自分がイメージしていたのは、ある程度の望遠鏡を購入して集光率を高いものを買えば、レンズを通して見えるものだと思ってました。写真のような銀河を・・・。
けれど、ガッカリです。やっぱり、性能の良い値段の高い望遠鏡を買っても見れないということなのでしょうか。
回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>人間の目が、色を識別できないからだそうです。

この表現はイマイチ不親切っつーか正確では無いね。

【要因1】
・人間の視細胞には2種類ある
 →色の違いに敏感だが絶対感度が低い細胞(通常はこちらがメイン)
 →色には鈍感だが絶対感度が高い細胞(周囲が暗い場合こちらを使う)

ま、天体見る時にどっちで見てるかなんてのは自明の理だわな。

【要因2】
・人間が視認出来る電磁波は可視光線だけw
 →天体が放つ電磁波が可視光線の範囲だけとは限らんゾ。
 →カメラのセンサーが感知可能な範囲も可視光線だけとは限らんゾ。

ざっくり言うと「バラ星雲」なんかは実はバラ色では無いという真実(笑)
「色」という言葉を「可視光線を任意の波長範囲毎に分割した区分の名称」と定義した場合はね。そもそも人間の目に見えない波長は何色でもありはしないよ。

>他社のどんな高い望遠鏡を購入しても同じと言われました。

これもちょっと不正確。
口径数十センチクラスの大口径になれば一部の明るい星雲の色はうっすらだが見えるんだぜ?
但し、上記理屈により「そもそも視認不可能な波長は見えない」んだがね。

>やっぱり、性能の良い値段の高い望遠鏡を買っても見れないということなのでしょうか。

「波長」の概念をさえ理解すればそれは自明の理として納得出来る筈ですよ。

あと、写真撮りたいんなら最低ラインはミラーレス一眼だぜ?
コンデジで撮れる限界は月・惑星くらい。一般論的にはね。

>人間の目が、色を識別できないからだそうです。

この表現はイマイチ不親切っつーか正確では無いね。

【要因1】
・人間の視細胞には2種類ある
 →色の違いに敏感だが絶対感度が低い細胞(通常はこちらがメイン)
 →色には鈍感だが絶対感度が高い細胞(周囲が暗い場合こちらを使う)

ま、天体見る時にどっちで見てるかなんてのは自明の理だわな。

【要因2】
・人間が視認出来る電磁波は可視光線だけw
 →天体が放つ電磁波が可視光線の範囲だけとは限らんゾ。
 →カメラのセンサーが感知可能な範囲も可視光...続きを読む

Q猫の手も借りたいですよね・・・。

この言葉も忙しい時期などで言いますが

どんな事で、今「猫の手も借りたい」ですか ?

Aベストアンサー

今捨て猫を6匹飼っていますので、トイレの世話、食事の用意、爪とぎの監視などを手伝ってもらいたいです。

Q星雲や木星を両立して見られる望遠鏡を探しています。

タイトルの通りです。

ポルタII R130SfかポルタII R80Mf の購入を考えているのですがどちらが適しているか教えていただきたいのです。
もしくは値段6万程度で適しているものがあれば教えてほしいです。

ちなみに天体望遠鏡を一度も触ったことはありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通だと星雲なら反射式、木星なら屈折式を選びますが、どちらの望遠鏡を選べと言われたら、私なら屈折望遠鏡のほうを選びます。
屈折でも口径が8cmありますから、有名どころの星雲は問題なく楽しむことが出来ると思いますよ。
それより淡い(暗い)天体を見るには場所を選ぶべきです。
どちらにお住まいか知りませんが、手軽な屈折望遠鏡をなるべく周囲の暗い場所に移動してご覧になれば、星雲などの見え方は格段によくなります。

それに初めて望遠鏡を使うのですから、使いやすいほうを選ぶべきです。
その点、R130Sfは筒の横から覗く格好になり、対象に望遠鏡を向けるだけでも苦労することになると思います。
ファインダーがついていても…です。

その他にも屈折と反射それぞれの得失については、例えば「天体望遠鏡の選び方」などの適当な検索オプションでネットを探せば、いくらでも詳しい説明が受けられると思いますので、そちらを読まれるといいでしょう。
例:
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%A4%A9%E4%BD%93%E6%9C%9B%E9%81%A0%E9%8F%A1%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

普通だと星雲なら反射式、木星なら屈折式を選びますが、どちらの望遠鏡を選べと言われたら、私なら屈折望遠鏡のほうを選びます。
屈折でも口径が8cmありますから、有名どころの星雲は問題なく楽しむことが出来ると思いますよ。
それより淡い(暗い)天体を見るには場所を選ぶべきです。
どちらにお住まいか知りませんが、手軽な屈折望遠鏡をなるべく周囲の暗い場所に移動してご覧になれば、星雲などの見え方は格段によくなります。

それに初めて望遠鏡を使うのですから、使いやすいほうを選ぶべきです。
...続きを読む

Q車に触ると静電気の感触バチッ!猫の手を使うと

車に触ると静電気の放電感触バチッ!
では
猫の手を使うと猫も放電感触バチッ!
になるのですか?

Aベストアンサー

自動車に近づく前にネコと人間が合体した状況で帯電していたらパチっとなるとおもいます。
しかし、そのときに帯電しているかどうかはわかりません。

冬場、ネコを毛布の中に入れてネコが動くとネコの体中で光ります。
科学繊維とネコの毛皮で静電気が溜まり放電するようです。
ネコ+ 毛布(化学繊維)- です。

Qハッブル望遠鏡とすばる望遠鏡の画像の比較

いつもよくわからないのですが同一の星の世界をハッブル望遠鏡とすばる望遠鏡で画像の比較したものが見当たらないのです。これは故意に比較しないのでしょうか?
得意な分野が違うためなのか費用を比べてもハッブルのほうが数段優れているからなのかいつもよくわかりません。
同一の対象を撮影した結果について教えてください。

Aベストアンサー

すばるの最も優れているのは、主焦点カメラで、他の同クラスの
20倍以上、HSTの200倍以上の面積を一度に撮影できることです。

主焦点で10時間露出を行うことで、遠方銀河の観測では他を寄せ付けません。

(際遠10位までの8位以外はすばるが発見)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/technology/science/CK2008111102000171.html

http://www.mitsubishielectric.co.jp/dspace/column/c0402_2_b.html

Q“猫の手も借りたい”位の忙しさなら、犬の手ではダメですか?

よく、“猫の手も借りたい位の忙しさ”みたいなことを言いますね。
じゃあ、犬の手ではダメなんでしょうか?
どうして、犬ではなく猫なんでしょうか?

皆さんなりの独創的な発想で、回答をお願い致します。

Aベストアンサー

犬は人間に従い、人間をサポートして生存していくことを選んだ動物です。
猫は人間と共生しますが、人間の暮らしをサポートするつもりはないでしょう。

協力的ではないと判っている者にも協力を要請しないといけないほどの忙しさ。

ということではないでしょうか。

Q地上望遠鏡と衛星望遠鏡の違いについて・・・。

こんばんわ。質問します。

地上望遠鏡と衛星望遠鏡の建設の容易性や、予算等の関係、またその必要性、また観測効率についての違いを教えてください。

また、地上望遠鏡と衛星望遠鏡の違いについて書いてあるサイトなどがあったら教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単に言いますと、
建設の容易性や予算などは、
地上望遠鏡より、衛星(宇宙)望遠鏡の方が、宇宙に運ぶコストやら、
一度打ち上げたら、修理などが困難。
しかし、地球の大気に邪魔をされないで、観測ができたり、
正確な観測ができると言う点では宇宙望遠鏡の方が期待が持てます。

詳しくはウィキペディアで、

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%9C%9B%E9%81%A0%E9%8F%A1

Q猫の手も・・・

猫の手も借りたいほど忙しい。

知能指数は人間並みで、言葉も話せるが<外見は猫そのもの>の「ニャン太」クンが回答者様を手伝ってくれるそうです。

みなさんなら「ニャン太」くん(♂4歳・独身)に何をしてもらいたいですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

言葉が話せるのであれば、お風呂をおすすめして
お風呂に入ってもらって、湯上りに乾燥させて使い捨ての
ブラシで梳いてあげます。粘着テープで抜け毛を取りつつ
飲みたいものをリクエストしてもらって、飲ませてあげます。

きれいになったところで、爪で家具や床に傷つけないように
ネイルを整えて、手を洗ってきれいにしてベッドの中で
『猫であること』と『人間であること』について、
ぼんやりと、話をしたいです。

猫を触ったことがないので、手などを触らせてほしいです。
写真も撮りたいです。

Qビクセン製 天体望遠鏡 VOYAGER T-80M てどんな望遠鏡かご存知ですか?

ビクセン製 天体望遠鏡 VOYAGER T-80M てどんな望遠鏡かご存知ですか?
使えそうでしょうか?

Aベストアンサー

Voyager T-80Mはかなり以前にビクセンが売り出した製品ですよね。
対物レンズは2枚のアクロマート、口径80ミリの簡易経緯台と思います。
中古の製品でも対物レンズに「カビ」が発生していなければ、また「光軸」が正常なら、まだまだ十分に使えるでしょう。
月、木星、土星、金星の形は捉える事が出来るはずです。
明るいメシエ天体の観察も可能でしょう。アンドロメダ銀河、オリオン星雲、すばる、といった明るい天体です。
観測する土地(場所)にもよりますが…町の中だったら、最近は夜空が明るいですから、星雲の観察は難しい。

接眼レンズにK(ケルナー)やMH(ミッテンゼー・ハイゲン)あるいはOr(オルソ)の25-40ミリを使って低倍率で夜空の天体を楽しむ使い方が可能でしょう。
最近は高額ですが、広視野を得ることができる接眼レンズも入手できます。

天体写真撮影といった本格的に使うのには不適当な機器です。
しっかりした赤道儀に搭載して利用するなら、まだまだ十分に使えると思います。


人気Q&Aランキング