義理の妹の離婚で、相手側が和解契約書を作成し、署名、捺印するように
言ってきました。応じるつもりはありませんが、その中に「子供に対する
扶養料請求権を放棄する」という項目がありました。養育費と似たような言葉ですが、どのように違うのですか?今後、こちらの要望も入れて契約書でなく、
公正証書を作りたいと考えています。もちろんその中には養育費の支払いについて
の項目も入れるつもりですが、そのとき、養育費として明記するのと扶養料
として明記するのとどちらがいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

扶養とは非常に幅の広い言葉ですね。

つまり、
未成熟や高齢、障害、病気、失業などで、自分の力だけで生活維持ができない人に対して経済的に援助することとされています。(公的なものも含まれます。)

それに対して、養育とは未成熟子に対する扶養ということになります。
したがって、ご質問のような「子どもに対する扶養料」という言葉は通常「養育費」と解釈して差し支えないと思われます。
(厳密には、成人しても障害等で扶養を必要とする場合には養育費とはいわず、扶養料というようですが。)

一般に裁判所などでの調停や審判では、未成熟子に対しては、扶養料と言わずに、養育料とか養育費と言っています。
ですから、公正証書などで条項を入れられるのであれば、成人するまで、ないし就職するまでの費用ということでしょうから「養育費」でよいと思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とてもわかりやすい説明で、うれしかったです。追加していただいた内容も
親切なお心が伝わってきました。なにしろ法律に関してまるで素人ですし、
困っていたところにこのようなわかりやすい回答をくださって、本当に
感謝しております。有難うございました。

お礼日時:2001/03/29 00:47

追加です。



「子どもに対する扶養料請求権を放棄する」という項目ですが、
未成熟子に対する扶養料すなわち養育費は、監護親の権利ではなく、子ども自身の権利とされています。

したがって、法的には親がその権利を放棄しても、子は請求できるものとされています。

しかし、子どもは単独では請求できず、親権者が代理することになるものの、その親権者が放棄することに同意してしまっておれば、迫力がなく、やはりまずいですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養枠103万円と130万円の違いについて

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収税額は返還されない
・会社の健康保険、年金には加入できる
(会社によるのでしょうか?私の知っている範囲ではOKのようですが。)

そこで私がはっきりと理解できないのが、この103万円と130万円の差で何が違うのかという損得の部分です。
例えば、103万円と130万円の27万円の差で、保険や年金の加入ができなければ、年間数十万円違ってきますので、かえってマイナスになります。
でも、保険や年金は130万円まで加入できるようですので、その他上記に書いた通り、年末調整での控除と税金の還付以外にどのようなデメリットがあるのでしょうか?
例えば
・住民税(130万円まで働くと、翌年いくらかかるのでしょうか?)
・その他の収支の差額

上記の条件で130万円までの枠の方が得なのでしょうか、損なのでしょうか?
おわかりになる方いらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願いいたします。

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収...続きを読む

Aベストアンサー

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安くなります。

又、配偶者や親が会社で家族手当を支給されている場合、扶養家族の年収が103万円を超えて、所得税の扶養家族に認定されないと家族手当の支給を停止される場合があります(会社の規定によって違います)

又、配偶者の場合は、年収の額によっては配偶者特別控除(最高38万円)を適用されます。
この制度は今年一杯で、来年から廃止されます。

所得税の場合、高額所得者以外は、勤務先で年末調整を受けるのが原則で、年末調整でも確定申告でも、所得税の額に違いがありません。

つまり、所得税は、毎月の給料から所得税の概算を源泉徴収という制度で控除して、その年の最後の給料や賞与の支払時に、年末調整という手続きをして1年間の所得税の精算を行なうのです。

ただし、年末調整で控除出来ない医療費控除などがある場合に、確定申告をすることになり、年末調整での税金から医療費控除の分が還付されます。

社会保険(健康保険・厚生年金)。
勤務先が社会保険の適用事業所であれば、勤務先で社会保険に加入するのが基本で、この場合、親や配偶者の扶養者にはなりません。
ただし、パートなどで一週間の勤務時間や出勤日数が、正社員の4分の3以下であれば、勤務先で社会保険に加入できません。

勤務先で社会保険に加入出来ない場合は次のようになります。
社会保険の扶養(健康保険の被扶養者と、配偶者の場合の年金の3号被保険者)になれるのは、判定するとき以降の12ケ月間の収入見込額が130万円(月収で約108千円)以下の場合です。
親や配偶者の扶養になっても、親や配偶者の社会保険料が増えることは有りません。

収入見込額が130万円を超えると、ご自分で市の国保に加入し、国民年金に切り替える必要があります。

103万円を超えて130万円以下の場合、社会保険料の負担には変化がありません。
所得税や住民税では、親や配偶者と本人の所得税の負担が増えることになりますが、本人の手取額も増えますからそれ程の影響がありません。

ただし、先に書いたように、親や配偶者の勤務先からの家族手当が停止になると、その金額によっては影響が大きくなります。
家族手当が月額15000円として、それかが無くなると年間18万円になります。
年収が103万円から130万円まで27万円増えても、税金の増える分と家族手当の減少分で、27万円は消えてしまいます。

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安...続きを読む

Q調停で養育費が決まるまでの養育費の請求

ややこしいタイトルになってしまってすみません

今年のはじめより、元旦那の元で暮らしていた子供を引き取って暮らしています
その後、親権の変更と養育費の請求の調停を申し立てましたが
親権の変更はほぼ決定しましたが
養育費をできるだけ払いたくない元夫は、
調停では本人が払うと言わない以上 養育費は決まった時点からの請求しかできないと知って
くだらない話をおおげさに持ち出しては調停を長引かせています

金額が自分の思った以上に大きくなることを知り、できるだけ払わずにすまそうと考えているようです

あまりの無責任で自分勝手な発言の数々に私も子供もあきれ果て
出来る限りの責任をとってもらおうと思っています

詳しく書くことはできないので誤解を受けるかもしれませんが・・

調停では、今後の養育費のみ決まると思います
私が引き取った時点から、調停で養育費が決定するまでの間の養育費を
請求したいと思っているのですが

どのような手続きを踏めばよいのでしょうか
請求できるのはわかっているのですが、裁判なのか、新たな調停なのか・・どこへ申請すればよいのか
どなたかご存知の方、教えてください

ややこしいタイトルになってしまってすみません

今年のはじめより、元旦那の元で暮らしていた子供を引き取って暮らしています
その後、親権の変更と養育費の請求の調停を申し立てましたが
親権の変更はほぼ決定しましたが
養育費をできるだけ払いたくない元夫は、
調停では本人が払うと言わない以上 養育費は決まった時点からの請求しかできないと知って
くだらない話をおおげさに持ち出しては調停を長引かせています

金額が自分の思った以上に大きくなることを知り、できるだけ払わずにすまそうと考...続きを読む

Aベストアンサー

>少なくとも調停を申し立てた時点からの養育費は認めてもらえるのですね

 家庭裁判所の調停ではそうです。また、審判移行して裁判官の判断として質問者に「求償権」(実際に引き取って生育するための費用を立て替えて支払っていたことによる請求)を行使できると認定してもらえれば(本来これは訴訟事項ですが)、調停申し立て時からさらに遡って相手方の支払い義務を認めてもらえる可能性もあります。

>子供の貯金の返済(祖父母や叔父叔母にもらったお年玉やお祝いを子供達が貯めていたもの)なども要求しているのですが、審判にすれば養育費のみの決定になってしまうのでしょうか

 養育費について渋っている相手が、話し合いで親権だけをあなたに与えることに易々同意するとは思えません。親権をやるから、過去の養育費はチャラにしろと交換条件を提示してくることが予想されます。
 しかし、その場合は親権者の変更についても審判にしてもらえばよいと思います。そして、親権者となる者には、子供の財産管理権が法上認められますから、その管理権に基づいて相手方に対して引渡請求できます。もし、応じなければ訴訟にできます。ただ、この場合の問題は、親権者変更の審判で、あなたの方に親権を認めるに足りる合理的理由、事情があるかどうかです。

 但し、相手方が、親権をあなたに与えることについては争わないとしたら、その点だけ先に調停成立させてしまい、親権に基づいて子供名義の預貯金の引渡請求をすればよろしいです。

>少なくとも調停を申し立てた時点からの養育費は認めてもらえるのですね

 家庭裁判所の調停ではそうです。また、審判移行して裁判官の判断として質問者に「求償権」(実際に引き取って生育するための費用を立て替えて支払っていたことによる請求)を行使できると認定してもらえれば(本来これは訴訟事項ですが)、調停申し立て時からさらに遡って相手方の支払い義務を認めてもらえる可能性もあります。

>子供の貯金の返済(祖父母や叔父叔母にもらったお年玉やお祝いを子供達が貯めていたもの)なども要求...続きを読む

Q扶養103万円~130万円の差額

扶養でいる場合、103万円と130万円と2種類の金額があるかと思います。

130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、

103万円~130万までの金額だと、どのくらいの差額が発生するのでしょうか?

この間だと損はしないのでしょうか?


また、103万まででも何かしらの税金はかかりますか?

98万?かぐらいから住民税がかかるように聞いたのですが…?

所得税?住民税?

子供なしでの意見をお願いします。

Aベストアンサー

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、貴方が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

>130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、
そのとおりです。
通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

>103万まででも何かしらの税金はかかりますか?
住民税がかかります。
住民税は93万円~100万円(市町村によって違います)を超えればかかります。

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3...続きを読む

Q養育費って…… その2

 疑問が解消されないと気持ち悪いので、もう1つお答えください。

 「q=309723」において、俺はこの質問と回答のやりとりを見たとき、「どうして自分の子供の養育費を他人に払わなきゃいけないんだ。自分の子供を育てるんだから、自分の子供のために使うのが正当じゃないか」と思いました。
 離婚のときの話であると知らなかったからです。

 ところが回答者の方々は、離婚の話であることを理解し、正確に答えてらっしゃいます。
 一般に「養育費」というと、離婚のときの話であることが常識なんでしょうか。
 普通に考えれば「子供を育てるためにかかった費用」すべてを養育費というのが、国語的に正しいと思うんですが(というより、俺は彼女と話をするときそういう前提でいるんですが、特に問題なく会話は通じてます)。

Aベストアンサー

 おっしゃるとおりですが、離婚をしていない状態では、自分の子供にかかる経費について、「養育費」として支払ったりすることはありません。日常の生活費の中から、養育費として支出をしていますので、あえて「養育費」としう感覚はありません。

 しかし、離婚をした場合にはあえて「養育費」を負担しなければなりません。

 国語的な意味としては、子供の生活に必要な経費、ですので離婚に限定はしていないでしょうが、一般的には上記のような理由から、離婚をした際には明確に「養育費」として負担をすることから、離婚による子供の「養育費」という使い方をしていると思われます。

Q103万で家族手当。迷ってます。 今年から扶養に入ります。 最初は130万で働こうと思ってましたが

103万で家族手当。迷ってます。

今年から扶養に入ります。
最初は130万で働こうと思ってましたが
103万までなら旦那の家族手当が1万出るみたいで今迷ってます。

手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の税金)
120000円-15000円=102000円(手当の手取り)

130万円の場合(ご主人の所得税の税率5%とした場合)
130000円-1030000円=270000円(貴方の年収の増)
270000円×15%=40500円(貴方にかかる所得税・住民税)
11000円(所得税)+17000円(住民税)=28000円(ご主人が配偶者控除を受けられないことによる所得税・住民税の増税)
270000円-(40500円+28000円)=201500円(貴方の収入増分から税金を引いた額)

復興特別所得税もかかりますが大した額ではないので省きます。

103万円で働くより、130万円ぎりぎりで働くほうが、約10万円世帯の手取り収入は増えます。
これをどう考えるかでしょう。
なお、ご主人の所得が多いと、ご主人の所得税の増税分が変わって(増える)きます。

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の...続きを読む

Q契約書の署名・捺印について

初歩的な間違いをしてしまいました。
こんな時はどうしたら良いか、アドバイスをお願いします。

契約書の署名欄の2枚の内、1枚目の署名を間違えてしまいました。
1、ゴム印が二重になってしまった。
2、住所→会社名→代表名となるところを会社名→住所→電話番号→代表名と押してしまった。

2枚の内、1枚だけは間違いないのですが、契約書を取り交わす際に
郵送で送られてきたものは、1枚は自社で保管して1枚のみ返送すればよいのでしょうか?
この場合、誤った方の契約書を手元に保管してしまうのでは
いけない事なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

*見栄えの問題ですので
 規約書事態の効力等は何ら問題ありません
 
 しかし、見栄えが悪いので間違えた部分を
 二重線か×点で消し(上から訂正印)
 余白にもう一度押しなおす
 私もやったことがありますよ

Q扶養についての質問です。 学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万

扶養についての質問です。


学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万1000円程)
親の年収が1100万ほどならどのようなデメリットがありますか?

Aベストアンサー

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

>正確には103万1000円程…

去年 1~12月の給与合計という意味なら、「扶養が外れる」のではなく、【親は去年分所得税および今年分住民税において扶養控除を取れない】です。

>親の年収が1100万ほど…

年収で税金は決まりません。
「課税所得」はいくらほどですか。

>どのようなデメリットがありますか…

メリット、デメリットの話ではありません。
税法の定めにしたがった粛々と納税するだけです。

もし親がサラリーマン等で去年の年末調整で扶養控除を“先取り”していたのなら、取らぬ狸の皮算用が皮算用どおりに狸は捕れなかったということです。
親は狩りの成果に合うよう 3/15 までに確定申告をして扶養控除の返納をしないといけません。

扶養控除の返納による追納額は、あなたが去年の大晦日現在で 19歳以上23歳未満だとして、
・親の課税所得が 695万以下なら 63万 × 20.42% = 128,600円
・親の課税所得が 695万超過なら 63万 × 23.783% = 149,800円
です。
3/15 までに親が確定申告をして扶養控除を取り消す限り、脱税にはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

親が自営業等なら確定申告はこれからですので何も問題ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということ...続きを読む

Q児童扶養手当と養育費について

現在、元妻へ月当り9万円の養育費を支払っています。これにプラスして、子供が受取人とする生命保険料の2万円も私がかけ続けています。児童扶養手当では、養育費も所得の一部とみなされるようになりました。この生命保険料は養育費として、児童扶養手当で規定されるところの、所得の一部となるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

税法上は子に対する贈与ですから、児童扶養手当上の所得とはみなされないでしょう。
お子さんの入院保険や学資保険の負担なら養育費の一部と認められるかもしれません。

Q今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでし

今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでしょうか?

自分でも調べてみたのですが混乱してきたので、どなたかご回答お願いします。

Aベストアンサー

年金のカテゴリで質問されていますが、年金と扶養が関係あるのは、結婚して配偶者の扶養に入る人だけです。

フリーターになるに当たって、親が会社等で加入している健保から保険証をもらう(=親の社会保険の被扶養者になる)なら、130万円は関係あります。
親が国保の場合や、親が会社で健保に加入していても自分で国保に加入するつもりなら、130万円は関係ありません。

103万円については、あなたの今年の収入がそれ以下の場合に親(=あなたの扶養者)の税金がちょっと安くなるというものなので、必要かどうかは親と相談してください。
昨年まであなたの年収が103万円以上だったのなら、親としては昨年と変わりないだけなので、稼げるなら103万円を無視して稼いでも構わないと思いますが。

Q養育費と児童扶養手当の計算について

養育費と、児童扶養手当の計算をしたいと思っております。
だいたいこのくらいなんだ・・・という目安として、
知りたいと思っています。

養育費については、いくつか自動計算のサイトを見つけました。
どれで試しても同条件のもとでは同じ額になるので、
定められた計算方法にのっとって作られている自動計算プログラムだと認識しています。

また、児童扶養手当については、
以下のような計算方法だと認識しています。
小学生の子供が2人の場合、
児童扶養手当の額=41,710円+5000円-0.0184162×(所得額-子2人の場合95万円)
(1)所得の額=就労等による所得の額+養育費の80%
(2)所得の額より控除されるもの(定額控除一律8万円、医療費控除、老人扶養親族、等々の控除)
(1)-(2)を所得額とする。

ここで、ご質問なのですが、
養育費と児童扶養手当の計算に使う「給与所得」は、
なにを用いるのでしょうか?
源泉徴収票の「支払い金額」?
「給与所得控除後の金額」?
それとも、「実際に支給された金額」でしょうか?

お詳しい方、教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

養育費と、児童扶養手当の計算をしたいと思っております。
だいたいこのくらいなんだ・・・という目安として、
知りたいと思っています。

養育費については、いくつか自動計算のサイトを見つけました。
どれで試しても同条件のもとでは同じ額になるので、
定められた計算方法にのっとって作られている自動計算プログラムだと認識しています。

また、児童扶養手当については、
以下のような計算方法だと認識しています。
小学生の子供が2人の場合、
児童扶養手当の額=41,710円+5000円-0.0184162×(...続きを読む

Aベストアンサー

「給与所得控除後」の金額です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報