【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

C型肝炎抗体検査を受けたら陽性が出ました。次の検査でウイルスが体内にあるかどうかの検査を受けました。結果は陰性でした。将来、ウイルス検査が陽性になることはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

初めに受けられた抗体検査は感染「歴」があるかどうかを調べるもので、次のウイルスを直接検索する方は「現在も感染しているか否か」を調べる検査です。



後者の検査で「陰性」であったとしても、ウイルスがたまたま検出限界以下の量だった可能性も無いとは言えませんので、少し間を空けてもう一度検査をされた方が確実です。その後は通常の健康診断で肝機能の数値を注視しておけば良いでしょう。

いずれにしても、かかりつけの医師と相談されることをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信遅れまして誠にもうしわけございません。
再検査を受けましたら陰性との事でした。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/15 23:27

>将来、ウイルス検査が陽性になることはあるのでしょうか?



医師ではないのではっきりしたことは申し上げられませんが、
最初の簡易な検査で陽性がでたということで、
さらに精密な検査を受けられたのだと思います。
そこで陰性ということですから、基本的には陰性ということで
間違いないのだと思います。

ただ、今後も期間をおいて検査を続けることにはなると思います。
基本的には心配することはないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信遅れまして誠にもうしわけございません。
再検査を受けましたら陰性との事でした。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/15 23:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC型肝炎検査で陰性だったのに5週間後の検査で陽性(その間、感染経路に覚えはありません)

妊娠12週目のときに血液検査をし、C型肝炎は陰性といわれました(何の抗体を調べたかなどの検査内容は聞いておりません)。その後17週目のときに、転院したためもう一度血液検査をしたのですが、陽性だったと本日聞かされました。

この間5週間で、輸血、性行為はしておりません。初めの検査のあと、つわりで入院し点滴をしておりましたが毎回新しい針を使っていたはずです。つわりで食事があまりできず、肝臓が弱っていた可能性はあるかもしれません。

再検査で内科の予約をしたのですが、まだ先なので結果が出るまで不安で質問させていただきました。どうかご教授下さい。

Aベストアンサー

今までの回答での補足ですが、C型肝炎の感染経路で現在証明されているのは、血液でのルートのみで、性行為は証明されておらず性行為で移る可能性は極めて低いとされています。

HCVの抗体が陰性だったのが、今度は陽性に出たとのことですが、調べるときに抗体が第二世代なのか第三世代かで、結果が異なるときがあります。病院によって測定する検査が違いますので、抗体の量が少ないときは、結果が異なるときもあります。

だから、再検査で、一度採血でHCV-RNA定性(C型肝炎ウイルスの遺伝子)を調べてもらうと、本当に血液中にC型肝炎がいるかどうかわかります。こちらでしたら確実です。一度内科の先生と相談されたらいかがでしょうか?

Q妊娠中の血液検査でC型肝炎が発覚してしまいました。

第3子を妊娠中で現在妊娠25週目の30歳です。
今回の妊娠中、血液検査でC型肝炎が陽性であるとの結果がでてしまいました。
内科で検査を受けたところ「結果は陰性だが、普通の人は持っていないC型肝炎ウイルスの抗体があるので1年に1度は必ず検査を受けるように」との事でした。
私自身は輸血などした事がないので検査の結果に大変驚きましたが、父親が10代の頃受けた輸血によりC型肝炎に感染し、肝硬変を経て、現在肝臓ガンと闘っています。
そこでいくつか質問したいのですが、お答えしていただける事がひとつでもあれば是非ご回答よろしくおねがいいたします。
まず、今の私の状態ですが「抗体はあるけど検査結果は陰性」というのはどういう状況なのでしょうか?
私はC型肝炎ウイルスのキャリアと言う事になるのでしょうか?
正直、C型肝炎の事がよくわからないのです。
いったい私はいつ感染したのでしょうか?
ちなみに2003年5月に出産した第2子妊娠中の血液検査ではギリギリの数値で陰性だったそうです。
一番心配なのはやはり母子感染の事です。
できる事なら普通分娩での出産を望んでいますが、帝王切開で産むことによって赤ちゃんへの感染を避けられるものならば帝王切開で産むべきだと思っています。
C型肝炎の母子感染は少ないようですが、帝王切開で母子感染の確率を少しでも減らす事は可能なのでしょうか?
検診を受けている病院では「C型肝炎の人の場合、産まれてから赤ちゃんに予防の処置をする」とのことなのですが、とても心配です。
母乳育児をしていいものなのかどうかも心配です。
わかりにくい文章で長々とすみません。
どうか良きアドバイス、ご回答をよろしくお願いいたします。

第3子を妊娠中で現在妊娠25週目の30歳です。
今回の妊娠中、血液検査でC型肝炎が陽性であるとの結果がでてしまいました。
内科で検査を受けたところ「結果は陰性だが、普通の人は持っていないC型肝炎ウイルスの抗体があるので1年に1度は必ず検査を受けるように」との事でした。
私自身は輸血などした事がないので検査の結果に大変驚きましたが、父親が10代の頃受けた輸血によりC型肝炎に感染し、肝硬変を経て、現在肝臓ガンと闘っています。
そこでいくつか質問したいのですが、お答えしていただ...続きを読む

Aベストアンサー

現在ウイルスが居るかどうかというのは、ウイルス量の検査(HCV-RNA)ではっきりします。まずはこの検査をされることをお勧めします。
私は第一子妊娠時にHCV抗体陽性と告げられ、内科でウイルス量の検査をしてキャリアと判明しました。子供は2人とも自然分娩、母乳育児で感染はしていません。(新生児の時の検査ではHCV抗体陽性と出ましたが、1歳の時検査すると陰性になりました。移行抗体があったようです。)『産まれてから赤ちゃんに予防の処置』というのは、B型肝炎の場合は聞きますが・・・?
最悪のパターンとして母子感染が起こってしまった場合でも、乳幼児期の感染では30年40年という長い時間をかけて発症すると言われていますので、その頃には良い治療法が確立されていると思われます。
私の場合感染経路は不明で、一番疑わしいのは予防接種の回し打ちと言われました。
非常に不安なお気持ちは良くわかりますが まずは正しい情報を集めて前向きに、出産・育児がんばってくださいね。

QC型肝炎 HCV抗体

いつもお世話になっております。
友人が妊娠発覚時に行った血液検査で、HCV抗体が引っかかってしまったようなのです。

結果は1.29
1.0以下は陰性、異常は陽性だと言われたそうで、これから精密検査をするそうです。

これはC型肝炎陽性という事なのでしょうか?
それとも疑陽性という事はあるのでしょうか?

かなり落ち込んでいて少しでも力になってあげたいのです。
今は発症していなくてもいずれ発症するレベルなのでしょうか?

小さなことでも良いので教えて下さい。
お願いいたします。

Aベストアンサー

病院などには、肝炎ウイルス検診の陽性例に対する2次(精密)検査依頼では、HCV抗体の力価で2次(精密)検査法を変えるようになっています。というのは、低力価だと過去の感染を示し現在感染していない可能性が高いからです。(HPの詳Q6)
検査法が示していないのではっきりはしませんが、おそらく低力価群に入るので、過去の感染を意味し現在はRNAが検出限界以下の可能性が高いと思います。とはいえ、2次(精密)検査を受けて安心された方がいいかと思います。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/02.html

QC型肝炎-普通の血液検査では分からないの?

20歳の弟がC型肝炎にかかっていることが分かりました。なぜ感染したのか?いつから感染しているのか?分かりません。覚醒剤や刺青はしたことがない(と言っています)が、ピアスは友人にあけてもらったそうです。

先月インフルエンザの予防接種を受けに病院(A)に行ったときに、「気胸」にかかっていることが分かり、地元の病院(B)に紹介してもらいそのまま入院、肺に管を通して1週間入院しました。気胸が治ってからはその管を抜き、そのあとを縫いました。先日その抜糸と検査のために病院に行き、血液検査をしたときに「C型肝炎」に感染していることが発覚しました。

親も私も「なぜ?」「いつから?」という気持ちでいっぱいです。先月インフルエンザの予防接種をしたA病院でも血液検査をしたと思うのですが、そのときは肝炎については何も言われなかったのです。母はB病院で気胸の治療をしたときに感染したのでは、と疑っています。

疑問は、
1.普通の血液検査では肝炎にかかってるかどうかは調べないのですか
2.気胸の治療後になって肝炎と分かったと言うことは、治療をしたB病院で感染したということですか
3.先月A病院で行った血液検査の結果を今見せてもらえば、そのとき肝炎だったか分かりますか

急なことで戸惑っています。(弟よりも私と親が)教えていただけるとうれしいです。

20歳の弟がC型肝炎にかかっていることが分かりました。なぜ感染したのか?いつから感染しているのか?分かりません。覚醒剤や刺青はしたことがない(と言っています)が、ピアスは友人にあけてもらったそうです。

先月インフルエンザの予防接種を受けに病院(A)に行ったときに、「気胸」にかかっていることが分かり、地元の病院(B)に紹介してもらいそのまま入院、肺に管を通して1週間入院しました。気胸が治ってからはその管を抜き、そのあとを縫いました。先日その抜糸と検査のために病院に行き、血液検査...続きを読む

Aベストアンサー

まずC型肝炎の検査に付いて説明しましょう。
ネットでも検索すればこの手の内容は沢山出てきますが一応書いておきます。
C型肝炎の検査は血液で調べます。
検査の種類は抗体検査と抗原検査に分かれます。

1.抗体検査
人間の体というのはC型肝炎ウイルスに限らず、病原体に感染すると必ず体内に抗体というタンパク質を形成します。
この抗体というのはひとつの病原体に対して1種類となっています。
ですからC型肝炎ウイルスに感染するとC型肝炎ウイルス用に体が作くった抗体が体内に存在するということになります。
そしてこの抗体というものは1度作られると生涯体内に存在します。
ですからこの抗体の有無を調べることによって、過去から現在までにC型肝炎ウイルスに感染したことがあるかどうかが分かります。
ただし、この抗体検査では現在C型肝炎が発症しているかどうかという確定はできません。
単なる感染の履歴ですから、自然治癒していても陽性(抗体あり)という結果となります。

2.抗原検査
抗原とは病原体そのもののことです。
C型肝炎抗原検査は体内にC型肝炎ウイルスそのものが存在するかどうかを調べます。
C型肝炎ウイルス抗原検査で最近一般的なのはNATといわれるものです。
これはC型肝炎ウイルスの遺伝子(RNA)を特殊な方法で増幅し、その有無を調べるものです。
検査の特徴としては検査感度が非常に高いということです。
早い話が少しの遺伝子があれば分かるということです。
ただ、抗体検査も抗原検査も感染が結果に反映されるまでの期間があります。
個人差はある程度ありますが、普通、抗体検査は感染後約3ヶ月以降。
抗原検査は1~2週間以降です。
その理由はC型肝炎ウイルスに対する抗体ができるまでの期間が約3ヶ月くらいであるのと、
C型肝炎ウイルスがNAT検査で分かるくらいの量まで増殖するまでの期間が1~2週間だからです。
ですからそれ以前にした検査はまず信用性がありません。

では、次に疑問にお答えします。

疑問1
一般的に普通の血液検査は感染症に関する検査はプライバシーの問題があるため、患者のリクエストがなければ行われません。
まぁ、病院によってはやってるところもありますので、前回に検査した病院に問い合わせしてみて下さい。
ちなみに検査項目はHCV抗体、NAT、HCV-RNAというものです。

疑問2
一概には言い切れません。
もし、A病院で肝炎の検査をしていて、陽性だったなら、B病院はシロとなりますし、A病院で検査していなければどちらとも言えません。
現時点では手術後どれくらいの時期に肝炎の検査をしたのかも分かりませんので判定不可能です。
例えば手術後すぐの肝炎検査で、これが抗体検査ならB病院はシロの可能性が高いです。
何故なら前述のとおり、そんな早い時期では抗体はできてないからです。
まずはA病院とB病院で行われた検査の内容を確かめましょう。
請求すれば検査内容が記されたものをくれるはずですから。

疑問3
肝炎の検査をしていれば分ると思います。
まぁ、肝機能の数値(GOTやGPTなど)を参考に推測する方法もひとつですが、必ずしも決め手にはなりません。

これは私個人の意見ですが、抗体価検査をしてみるのも一つの手かも知れません。
抗体価というのは抗体の量を見る検査です。
一般的に抗体の量というのは抗体形成直後が多く、時間の経過と共に少しずつ減っていく傾向にあります。
ですからこの抗体価検査をすればどれくらいの時期に感染したかが大まかに推測できるかも知れません。
ただし、あくまで大まかな目安ですので、この検査で確定させることは難しいです。
感染経路をハッキリさせたいお気持ちは分かりますが、まずは弟さんの現在の体調がどうかということを第一に考えましょう。
もし、C型肝炎が発症していれば早急に治療に入らなければなりません。
そのことも忘れないで下さいね。
では、お大事に。

まずC型肝炎の検査に付いて説明しましょう。
ネットでも検索すればこの手の内容は沢山出てきますが一応書いておきます。
C型肝炎の検査は血液で調べます。
検査の種類は抗体検査と抗原検査に分かれます。

1.抗体検査
人間の体というのはC型肝炎ウイルスに限らず、病原体に感染すると必ず体内に抗体というタンパク質を形成します。
この抗体というのはひとつの病原体に対して1種類となっています。
ですからC型肝炎ウイルスに感染するとC型肝炎ウイルス用に体が作くった抗体が体内に存在するとい...続きを読む

QHCV抗体検査の数値について

毎年、健康診断を受けているのですが、ここ3年間、HCV抗体検査で1.05~1.40の数値になり毎回専門医での経過観察が必要の陽性と出ます。その都度、他の医療機関で再検査をしますが、健康診断とは異なり陰性となって、それ以上の検査はいらないと言われますが、やはり一度、RNA検査をした方がよいのでしょうか?
検診を受けている所の医師に聞いたところ、普通の抗体検査だと陰性か陽性かしかでないが、ここでは数値を細かく出すので陽性と出る場合もあるからあまり気にしなくてもよいと、わけのわからない回答しか返って来なかったものですから、少々不安になり質問させて頂きました。

Aベストアンサー

普通は、抗体価は低力価、中力価、高力価にわけて判定します。低力価なので、現在、C型肝炎に感染していない可能性が極めて高いとなります。
http://www.fujirebio.co.jp/topics/020906.pdf
今のところ、献血者を対象とした検討では低力価群からはHCV RNAが検出された例はない(http://www.kdcnet.ac.jp/hepatology/technique/screening/screening.htm)ので、現在、肝障害がなければHCV-RNAを調べる必要はなさそうですが、安心のためしてもいいのかとは思います。

Q歯医者の治療でC型肝炎にはならないの?

いつも思うことなのですが、歯医者に行くと
ドリルでたまに歯茎を削られて血が出たり、歯槽膿漏のチェックを
する際になぞの針(目隠しをされているので実際に見たことが
ありませんが)で歯茎をちくちくされて血が出たり・・・

さすがに注射針は使い捨てのようですが、
ドリルや、歯石をとる器具って使い回しですよね?
その器具で以前治療された方がC型肝炎や、
何らかの病気の患者だった場合
そこから他の人に感染することってないのでしょうか。

Aベストアンサー

二回目の回答です。
前回の書き方ですと、誤解されてしまったかもしれないので、もう一度書かせて頂きます。
オートクレーブでは、通常すべての器材を滅菌していますが、それだけでは肝炎等の滅菌は十分ではありません。
肝炎、エイズ等に対応した特別な消毒液を使ってから、超音波洗浄、オートクレーブ等の通常の滅菌を行う、という意味だったのですが、言葉が足りずに申し訳ありません。
歯科医師、衛生士、技工師の学校、助手の講習会でも、院内感染予防は徹底するように教わりますので、気を付けている医院がほとんどだと思います。
ニュースでも、歯科医院で肝炎が院内感染したという話はあまり聞かないのはそういう理由だと思います。

Q産婦人科でC型肝炎が陽性だったが、発症の可能性はあるの?

妊娠をし血液検査でC型肝炎が陽性でした。
(子供は6週目で流産しましたが)
産婦人科の先生は特に説明もなく「あなたの血を献血することができないですね」としかありませんでした。しかしネットで調べたかぎりよくないものとわかったんですけど、病院行くべきですよね?

それとお酒もたばこも一切しません。病気も全然したことないし、親戚・家族一人もガンになった人はいません。それでも発症する可能性はあるのですかね?
またそのままでも正常妊娠・出産することはできるのですか?
母子間の感染可能性は少ないとありましたが。。

Aベストアンサー

またか!と思うほどのヤブ医者の登場です。

産婦人科なのにその程度の説明しかないとは情けないばかりです。

◆C型感染はどこからかうつされたわけですが、まず、ご家族(両親、ご主人、お子さん)の検査はいずれ必要です。輸血の経験は無いとは思いますが、性交や針の使いまわしによる予防注射で知らないうちに感染していた可能性があります。

◆妊娠・出産は可能です。でも子供への感染を避けるために帝王切開にすることを念頭におくものです。母子間の感染の可能性は低いのですが、やはりC型肝炎は現在根本的な治療法がなく、子供への感染について確率が低いからと言って賭けをする状況ではないからです。

◆肝臓専門の内科を探して頂いて受診をしてください。そこで、細かな検査を行い、細かな説明を十分に聞いてください。この際、酒やタバコ、親戚の癌などは全く関係ありません。

◆なぜ、肝臓の専門医ではないといけないか。
この病気は現在有効な治療法はありませんが、肝臓の検査値の動きで発症初期を逃さず、適切な治療を行えば、肝硬変や肝癌へ進行することを抑えることができます。また、新しい治療法を早く手にする医師はやはり専門医です。

◆絶対にしてはならないことは「このままほっておく」とうことです。

またか!と思うほどのヤブ医者の登場です。

産婦人科なのにその程度の説明しかないとは情けないばかりです。

◆C型感染はどこからかうつされたわけですが、まず、ご家族(両親、ご主人、お子さん)の検査はいずれ必要です。輸血の経験は無いとは思いますが、性交や針の使いまわしによる予防注射で知らないうちに感染していた可能性があります。

◆妊娠・出産は可能です。でも子供への感染を避けるために帝王切開にすることを念頭におくものです。母子間の感染の可能性は低いのですが、やはりC型肝炎は現...続きを読む

QC型肝炎 感染既往者について

こんにちは、お世話になっております。

私の友人の話です、現在妊婦です。
妊婦検査でHCV抗体『陽性』である事が判明し、精密検査(RNA検査だと思います)では『陰性』という結果が出ました。

出産予定日は7月前後です。
生まれた赤ん坊の血液検査、そして友人自身もこれから先、検査を受けていくべきでしょうか?

医師からは『感染既往者』と説明があったそうですが、歯医者などに申告する必要性はないと言われたそうです。

どのようなことでも良いので、アドバイス下さい。
お願いいたします。

Aベストアンサー

お子さんはおそらく気にすることはないのではと思います。
ご友人に関してはドックなどで肝臓をcheckしていかれたほうがいいかもしれませんね。
精密検査で血液中にウイルスが検出感度以下なので、他人に感染させるだけのウイルスはいないということは間違いないと思います。歯医者などに申告する必要性はないということも、それを意味するでしょう。
しかしながら、ご友人の肝臓の細胞の中にウイルスがまったくいないかといわれると、否定できません。慢性肝炎の人のように肝臓癌になりやすいかどうかと言われるとNoと言い切れますが、感染した事が無い人と同じくらいの肝臓癌のなりやすさかと言われるとYesと言い切れないのではないかと思います。ですが、それに同等くらいではないかと思いますので、定期的な受診ではなく、人間ドックなどでの検査でよいのではないかと思います。あくまで個人的な見解と考えてください。

Q血液検査でのC型肝炎の数値について

下の不規則抗体の件で投稿させていただいているものです。
その内容のほかに質問させていただきたく思い再度投稿いたしました。

妊娠初期の血液検査で、C型肝炎の数値が0.7でした。
陽性となる範囲は、1.0からということで、陰性だけど、少し高めだよといわれました。

一人目のときは何も言われなかったのですが、今回少し心配です。

0.7という数値は、何かが原因で変化することはあるのでしょうか。
これから生活習慣できをつけることがあったら教えていただければありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は当院で術前検査などでHCV抗体を測定した患者さんの1万人以上のデータを10数年見ており、陰性→陽性となった症例も追っかけていますが、肝障害が伴った人は一人もいませんし、CutOff indexは大抵、1前後で>5となっている症例はありませんでした。
もちろん、黄疸、全身倦怠感などがあって肝障害が疑われてHCV抗体やHBs抗原を検査した症例ではHCV抗体が陽性化した症例はあります。が、自覚症状がなくせいぜい輸血くらいのリスクくらいしかなく術前検査などで偶然に検査した場合、陰性→陽性化の症例ですら私のデータからは意味がなかった事を強調しておきたいと思います。抗体価というのはこのくらいは変動するのです。
C型肝炎の感染力はとても弱く夫婦間ですら感染はほとんどありません。現実問題としては、
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/02-05.html
のA21にある行為くらいです。都会の妊婦ではA21の行為が日常的に行われているというのならともかく、A21の行為は一般妊婦にとっては常識的には非日常の行為でしょう。私のデータは一般妊婦だけではありませんが、その事を証明していると考えています。

私は当院で術前検査などでHCV抗体を測定した患者さんの1万人以上のデータを10数年見ており、陰性→陽性となった症例も追っかけていますが、肝障害が伴った人は一人もいませんし、CutOff indexは大抵、1前後で>5となっている症例はありませんでした。
もちろん、黄疸、全身倦怠感などがあって肝障害が疑われてHCV抗体やHBs抗原を検査した症例ではHCV抗体が陽性化した症例はあります。が、自覚症状がなくせいぜい輸血くらいのリスクくらいしかなく術前検査などで偶然に検査した場合、陰性→陽性化の症例ですら...続きを読む

QHCV抗体の数値

HCVで、抗体価が高いとウイルスが存在していると考えられると聞きました。抗体が多いのに、病気になるということがよく理解できません。臨床検査に関する知識がないので、わかりやすく教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

他の回答者の方に一部誤解があるようなのでレスをします。
現在測定しているHCV抗体は、人間に侵入したC型肝炎ウイルス(HCV)を排除できる力はありません。この様な抗体を感染抗体と呼んでいます。この感染抗体は、ウイルスを排除出来ませんので、ウイルスと抗体が共存することになります。ウイルス量が多ければ、ウイルス抗体価も高くなる事になります。

侵入したHCVのウイルス量が少なければ、一過性の急性C型肝炎で治癒する事がありますが、その場合はHCVは体内から無くなっていき、それに応じて少しずつHCV抗体価は低下していきます。その結果、HCV抗体価が低い方の場合には、過去の治癒した感染を見ている可能性があることになります。

一方、ウイルスを排除することのできる抗体は中和抗体と呼ばれ、麻疹や風疹で出来る抗体はこのタイプです。この場合は、抗体があれば原則的には再感染もしません。

少し話しが難しくなりますが、B型肝炎の場合にはHBs抗体は中和抗体、HBc抗体は感染抗体です。このように一口でウイルス抗体と言っても同じではありません。何故大量のHCVが侵入した場合に中和抗体が出来ないかは現在研究中です。

他の回答者の方に一部誤解があるようなのでレスをします。
現在測定しているHCV抗体は、人間に侵入したC型肝炎ウイルス(HCV)を排除できる力はありません。この様な抗体を感染抗体と呼んでいます。この感染抗体は、ウイルスを排除出来ませんので、ウイルスと抗体が共存することになります。ウイルス量が多ければ、ウイルス抗体価も高くなる事になります。

侵入したHCVのウイルス量が少なければ、一過性の急性C型肝炎で治癒する事がありますが、その場合はHCVは体内から無くなっていき、それに応じて少しずつHCV...続きを読む


人気Q&Aランキング