あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

『創業1200年』と書かれていた場合

(1)西暦1200年に創業した。

(2)創業してから1200年
  (つまり、西暦810年に創業した)

どちらの意味だと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

創業1200年:創業してから1200年



1200年創業:西暦1200年に創業開始

一般的にはこういう区別をしていると思います。
    • good
    • 0

紀元1200年創業だったりして。

    • good
    • 0

1200年を例にするから話が分からなくなるのです。


現実問題として、日本に 1200年も続いている企業はないでしょう。

現実にある「創業百年」とか「創業 150年」を考えればすぐ分かるのです。
西暦 100年や 150年の創立であるわけはなく、明治 100年、150年あるいは昭和 100年、150年などという年号も存在しません。

つまり、「創業百年」と言えば 100年前に創業したということです。
もちろん、正しい日本語としては「創業百周年」あるいは「創業満百年」でしょうけど。

-----------------------------------

一方、「創業天保14年」とか「創業1843年」とかなら、これは明らかに西暦 1843年 (=天保14年) の創立です。
    • good
    • 0

どちらでもなく




(3)去年創業したばかりだが、今後1199年は営業を継続しよう

という単なるスローガンかもしれない
    • good
    • 0

どちらか不明ならば、相手に聞けば良いですよ


それで解決

日本国内であれば西暦は通常使うことは少ない

文永 とか永禄12年創業

海外であれば、西暦以外にも沢山ありますから西暦とは限りません
イスラム暦(ヒジュラ暦)かもしれません

のでね・・・

相手に聞けばそれで解決

この回答への補足

>どちらか不明ならば、相手に聞けば良いですよ
>それで解決

不明なのではなく、(1)の使い方をしている人がいたので
(実際は『創業1200年』という表記ではなく、もっと大きな数字)
「1200年創業と書いた方が良いよ」とアドバイスを
した方が良いのか、余計なお節介なのかと思って
ここで質問した次第です。

その後に元号の表記をしていたので、わかるものの、
最初、見た時に違和感があったので、アドバイスを
した方が良いものか、どうか?

補足日時:2010/01/27 15:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング