忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

もしもヒトラーの干渉が無く、マンシュタイン元帥に兵站を含めた東部戦線の全権を与えていたら独ソ戦はもう少し違った展開となっていたのではないでしょうか?
皆さんのご意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.2です


敗戦国の勝利を予想するのは難しいのですが可能性は有ったと考えます
ポーランド戦やフランス戦は数週間の予定で計画され勝利しています
バルバロッサ作戦も予定通り6週間で勝利していたなら後の展開は違ったでしょう
ドイツ電撃戦は長期戦を全く想定していません 全て数週間です
42年を過ぎ戦時体制が整って来たソ連には体力負けします
後は誰がやっても大差無いと言うのは他の回答者と同じです
ヒトラーは身近な人間に言ってます「55歳や60歳で戦争したくない50歳迄に始めたい」と 最後の映像は廃人同然です あれではまともな判断は出来ません 薬品の副作用で中枢部が侵されています 宿命を知ってかどうか
戦争を急ぎました  マンシュタインが本当に力を発揮出来るのは独ソ戦初期なのです 内なる敵ヒトラーとの対決が困難だったのです
    • good
    • 0

マンシュタインがその名を世間に知られるようになったのが対フランス戦におけるアルデンヌ突破作戦ですが、そもそものきっかけは作戦計画書を持った将校を乗せた飛行機がフランス領内で墜落し、それまでの作戦計画が英仏側に知られた可能性が出てきたことでした。


それでマンシュタインがアルデンヌ突破作戦を上梓するのですが、それが採用されたのはひとえに「ヒトラーの干渉があったから」です。ヒトラーが「これでやる!」と言い出したので採用となりました。#1さんがおっしゃるのはそういうことです。

その後北方軍集団で指揮をしたりセバストポリ要塞攻略戦で優れた指導力を発揮するのですが、有名なのはスターリングラードで包囲された第六軍を救出する冬の嵐作戦ですが、このときにはマンシュタイン将軍は第六軍に対し全ての装備を捨てて身ひとつで脱出するようにいっていましたので、もし仮に作戦が成功したとしても独軍が失った膨大な装備・兵力は失われたことには変わりがなかったでしょう。
そしてその後の第三次ハリコフ戦におけるバックハンドブロウがマンシュタインの白眉ともいえるものでしたが、しかしこの戦いになっていた頃には基本的に独軍がどう作戦レベルで勝利を収めたとしても戦争の流れ全体を押しとどめることはもう不可能でした。なんとなれば、独ソ戦は42年の冬までスターリンが耐えた時点でもうドイツに勝利の目はなくなっていたといってもいいでしょう。

確かに展開は多少は違っていたでしょう。しかし、1944年にはノルマンディー作戦で連合軍が上陸し、どのみち連合軍がベルリンに迫ったと思います。つまり、東ドイツと西ドイツの国の大きさに違いがあったかもしれないですが、結果そのものは変わっていなかったと思います。そして、もしマンシュタイン将軍がどこまでも粘り強く抵抗したならば、それはドイツとロシアの国民にとって、あのつらい戦争がさらに長く続いていただろうということに他なりません。
    • good
    • 0

もう少し違った展開とはどんな展開かは知りませんが大きな違いは無いでしょう。


マンシュタインがそんなに素晴らしいかは別にしても、誰がどうやろうとも東部戦線はいずれ破綻します。
42年冬のウラヌス作戦であれほどの大兵力をソ連が準備できたように、もうソ連は結構立ち直っちゃってます。

ソ連を倒すにはドイツの国力が貧弱過ぎますし、「質」(質って表現は曖昧過ぎて私は好きじゃありませんが)がドイツがソ連より良いとは言えるかどうかも怪しいでしょう。
    • good
    • 0

可能性有りです


ヒトラーは睡眠薬等の薬の多用で判断カに蔭りが生じ始めています
後年の研究では何度かのミスで勝利を失ったと言われています
ソ連が崩壊すれば太平洋戦域も影響したしょう
42年頃までは欧州でドイツに対抗出来る国は無かったと思います
    • good
    • 0

ヒトラーの干渉がないと、マンシュタインの立案した対フランス攻勢計画が陸軍参謀本部に裁可されません。

独ソ戦以前の問題です。

それゆえ、独ソ戦はちがった結果となるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグデーリアンが「第二次大戦でドイツは勝てた」と言ったのはほんとうですか?

何かで読んだことがあります。グデーリアンは「ヒトラーの滅茶苦茶な指令がなければ、戦争に勝つことができた」そう言っていた、と何かで読んだことがあります。

どなたかこのグデーリアンの言葉を裏付けるような書物をご存じでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もうすでにお知りになったように、グデーリアンやマインシュタイの回想録の他、学研の欧州戦史シリーズやパウルカレルの「バルバロッサ作戦」とかがいいと思います。でもグデーリアンの名前を知っていた方ならもう既にご存知かも。

ここからは個人的な考えなのですが、ドイツ敗北の原因をヒトラーの戦略や作戦ミスに転嫁するのは非常に偏った思考だと思います。
確かに責任は決定者であり命令者であるヒトラーにあるのですが、彼の
それらの決定をうながしたり、影響を与えたのはドイツ軍の実質的な司令官たちであるグデーリアンやマインシュタイン、ハルダー、ルントシュテット達であると思えるからです。
あのロンメルも、リビアにとどまり防衛戦を行えと命令されていたのに勝手にエジプトまで進攻したり、モスクワを占領しても戦いが終わる保障が無いのに、ヒトラーに要求し冬季でしかも補給が途絶えがちだった
41年10月無理を承知でモスクワ進攻を実行したのは当のグデーリアン達
だったのです。
アントニー ビーヴァーの「スターリングラード攻囲戦」を読むと自分の名誉と歴史の評価にこだわる冷徹無慈悲なマインシュタインがでてきます。多かれ少なかれ貴族出身の将軍なんて現実はそんなもんじゃなかったのでしょうか?

一貫した戦略構想を持たず、補給という概念を無視しひらめきだけで
大国相手に戦争をしかけたヒトラーでしたが、自分達の名誉欲をかなえるためにそんな人物を指導者に据えて利用したドイツ軍部の将軍達もまたドイツ敗北の原因でもあったと思うのです。
戦時中、軍人や企業家たちは自分達の名誉や所領、利権を獲得するために縄張り争いをしてばかりいました。金食い虫のV2ミサイルや多種多様で量産性の低い兵器はその表れです。
結局、ドイツ人はやくざのようなナチスを利用し、敗北後も責任転嫁で
利用しました。
戦後、ドイツ陸軍の名声を守るためにハルダーも全ての責任をヒトラーに押し付けました。
ドイツ人全体も、個々の戦争責任を回避するためにヒトラーやナチスに
全ての責任を押し付け、自分達も被害者だったと考える様にしました。
こういうことって、例えるなら拳銃を自分で求めて手に入れたのに、その拳銃が他人を傷つけたのは拳銃のせいだとさけんでいるぐらい呆れることだと思います。

戦後すぐのそんな社会的雰囲気の中でグデーリアンやマインシュタインは回想録を書いたのでしょう。
責任は「自分たちにもあった」なんて間違っても書けません。

もうすでにお知りになったように、グデーリアンやマインシュタイの回想録の他、学研の欧州戦史シリーズやパウルカレルの「バルバロッサ作戦」とかがいいと思います。でもグデーリアンの名前を知っていた方ならもう既にご存知かも。

ここからは個人的な考えなのですが、ドイツ敗北の原因をヒトラーの戦略や作戦ミスに転嫁するのは非常に偏った思考だと思います。
確かに責任は決定者であり命令者であるヒトラーにあるのですが、彼の
それらの決定をうながしたり、影響を与えたのはドイツ軍の実質的な司令官た...続きを読む

Qソ連がナチスドイツに勝てた理由

第二次世界大戦で日本がアメリカに負けた理由は資源や兵器の物量の差が理由だったというのは、そう言われたら確かにそうだろうと思うのですが、ナチスドイツに国土を蹂躙され、生産設備をほとんど破壊されたはずのソ連がドイツに侵攻し、最終的にベルリンを占領できるほどの力を蓄えることができた理由がよくわかりません。焦土と化した国内でどうやって兵士を訓練し、兵器を増産できたのでしょうか。
普通に考えたら、独ソ戦は日中戦争のヨーロッパ版みたいなもので、ソ連は最終的にドイツを追い出すことには成功するでしょうが、相手方の国土に攻め込むほどの余力はとても持てないのではないかと思うのですが。

Aベストアンサー

1942年6月当時、ドイツ軍が北アフリカ戦線に投入したのは3個師団。これに対し東部戦線は171個師団。

Location Of German Divisions In June Of Each Year
Country      1941   1942   1943  1944
USSR        34     171   179   157
France, Belgium
& Holland      38     27    42    56
Norway & Finland 13     16    16    16
Balkans       7       8     17    20
Italy          0       0     0     22
Denmark       1       1     2     3
North Africa     2       3     0     0
http://www.angelfire.com/ct/ww2europe/stats.html

それからイギリスが受け取ったレンドリースは、大戦を通じてソ連の3倍にも及ぶ。

           1941    1942   1943   1944    1945    Total
        (Mar. to Dec.)                (Jan. to Aug.)
Total aid to British
Commonwealth  1,082  4,757   9,376  10,766   4,437    30,073
Aid to Russia    20   1,376   2,436?  4,074   2,764    10,670
Aid to other countries                              2,872
Total lend-lease aid                               43,615
http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/BigL/BigL-5.html

 だが、現実は違った。ヒトラーは、対ソ侵攻開始直前の四一年六月十一日に発令した総統指令第32号「バルバロッサ以後の事態の準備について」の中で、対ソ戦が終結した後の四一年から四二年にかけての冬の期間に、陸軍の60個師団をロシアに駐留させるとの計画を立て、この駐留で必要となる冬季用装備についても陸軍側で手配が完了していた。
 ところが、四一年十月以降、ソ連国内での鉄道輸送網がパンク状態に陥っていたことから、用意された冬季用装備は、輸送手段がないためポーランドのワルシャワで山積みになったまま放置されてしまう。
http://wau.private.coocan.jp/wwtef/gaso/kampfe_vor_moskau.pdf

「終戦までのドイツ国防軍全体の損失は1348万8000人を数えた。このうち1075万8000人が東部戦線で戦死するか捕虜になった」
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784059011736

 ユーリー・レヴァダ分析センターが実施した世論調査の結果によると、ロシア人の60パーセントが、ソ連は第二次世界大戦で同盟国の援助なしに勝利できたはずだとの確信を示している。なお、回答者の32パーセントが、それに反対の見解をとっている。
http://japanese.ruvr.ru/2011/06/22/52225119/


戦線別ドイツ軍戦死者統計
Losses per theater
Theater      Dead      %
Africa       16.066     0,3   ←アフリカ戦線ww
Balkans      103.693    1,9
 North      30.165     0,6
 West       339.957    6,4
 Italy       150.660    2,8
Eastern Front
(- Dec 1944)  2.742.909    51,6   ←ソヴィエト赤軍は
Germany (1945) 1.230.045   23,1   ←頼もしいよなぁ♪
Various       245.561   4,6
 Total       4.859.056
http://www.axishistory.com/axis-nations/germany-a-austria/144-germany-unsorted/statistics/2461-german-losses-per-theater


<各戦線のドイツ軍機損失 GRUのデータ3476号>
En frente sovietico-aleman(独ソ戦線)
Durante 1941 (desde 22.6) 4 200
Durante 1942 11 550
Durante 1943 15 200
Durante 1944 17 500
Durante 1945 (hasta 9.5) 4 400
En frente occidental(西部戦線)
Durante 1941 (desde 22.6) 500
Durante 1942 800
Durante 1943 1 800
Durante 1944 14 550
Durante 1945 (hasta 9.5) 4 200
En Alemania y en los paises ocupados {2}(ドイツ国内)
Durante 1941 (desde 22.6) 800
Durante 1942 1 300
Durante 1943 4 850
Durante 1944 2 500
Durante 1945 (hasta 9.5) 1 500
Total aviones perdidos
Durante 1941 (desde 22.6) 5 500
Durante 1942 13 650
Durante 1943 21 850
Durante 1944 34 550
Durante 1945 (hasta 9.5) 10 100
http://www.rkka.es/Estadisticas/VVS_stat/01/01_10.htm

 ソ連側資料によれば、11月14日から12月5日までの期間、赤軍航空隊は西部方面戦区で15903回の出撃を行ったが、これとまったく同じ期間に同じ地区で確認されたドイツ機の上空通過は3500回であった。もちろん、すべての上空通過が確認されたわけではない。後に押収されたドイツ軍の参謀資料からすると、ドイツ軍のパイロットたちは11月末に平均して1日240回発進していたと推察できる(これに対してソ連軍パイロットたちは760回の出撃で応え、敵の約2倍の航空機を有していた)ドイツ軍の対ソ侵攻後初めて、赤軍航空隊はルフトバッフェよりも稼働率を上げて活動するようになっていた。ドイツ第4戦車集団の戦闘行動日誌は上空の様子を何とか説明付けようと試みている。
―「赤い首都はその多数の幹線道路・鉄道とともに前線のすぐ後方にある。敵は『地の利』に恵まれている。ソ連空軍は格納庫や修理所、モスクワの飛行場を持っているが、ドイツ機は野戦飛行場の雪原に立ち、悪天候の影響をすべて耐えねばならぬのである」
 11月18日に西部方面軍戦区の右翼に第6戦闘航空軍団の主力が基地を移し、さらに1日おいてそこに長距離爆撃航空軍の1個師団が投入された。上空ではソ連空軍が明らかに優位にあったことをドイツ第9野戦軍の戦闘活動日誌も認めている。
―「敵空軍再び我が軍進撃部隊を爆撃し、銃撃しているが、ドイツ戦闘機部隊は今にいたるも地上部隊の上空援護を保障できないでいる」
<モスクワ上空の戦い 知られざる首都航空戦1941~1942年
ドミートリィ・ハザーノフ/著 アレクサンドル・ペレヴォースチコフ/監修 小松徳仁/訳>

ノルマンディー上陸作戦
▼フランス展開部隊の実状
 ・フランスは東部戦線で疲弊した師団の休養・再編成地
 ・歩兵師団の多くは沿岸警備用師団か訓練師団
 ・第709師団の平均年齢36歳。対するアメリカの歩兵は平均年齢25歳
  →第一線の軍隊にとっては大きな差。
http://members.jcom.home.ne.jp/hartmann/page008.html

ちなみに米軍死者は欧州戦線で25万二千、太平洋戦線で15万6千人。

MILITARY      HOSTILE               NON-HOSTILE
ACTION       DEATHS      WOUNDED    DEATHS              
World War II
(1941-45)
Total          293,1216       670,846       115,185
European Theater  185,179        498,948       66,805
Pacific Theater    107,903        171,898       48,380
http://www.vfw.org/PR/Media%20Room/AmericasWarDead1775_2009.pdf  

1942年6月当時、ドイツ軍が北アフリカ戦線に投入したのは3個師団。これに対し東部戦線は171個師団。

Location Of German Divisions In June Of Each Year
Country      1941   1942   1943  1944
USSR        34     171   179   157
France, Belgium
& Holland      38     27    42    56
Norway & Finland 13     16    16    16
Balkans       7       8     17    20
Italy          0       0  ...続きを読む

Qドイツの勝機

 昭和17年末のスターリングランドの敗北以降、ドイツがソ連に勝利するチャンスはなかったのでしょうか。
 もしあれば、教えてください。

Aベストアンサー

私もドイツに勝機はなかったとおもいます。
しかしイフをゆるされるならクルスクの包囲作戦(シタデル作戦)が成功していたらそれが唯一の勝機であったのでは・・・

この作戦は80万以上のソ連軍を包囲殲滅する計画で当時のドイツ軍総力を傾注したものでした。
戦車と突撃砲3000台、航空機1800機が集中され奇襲が成功すれば唯一の勝機となる筈でした。
しかし実際はソ連のスパイの通報でソ連軍は十二分の防御態勢をとっていたのでドイツ軍の進撃は中途で挫折しました。  この敗戦はドイツの最後の挑戦でありこれ以降は勝機は全く望めない状況となったのです。


人気Q&Aランキング