わからないことがあるので質問します

まず、金星って日没後西の空に見え、夜明け前に東にみえるとおそわりました

それって毎日の夕方や夜明け前に見えるってことでしょうか

でも、それじゃおかしくないですか

金星は公転していますよね
もし、公転で金星が太陽の裏側に存在するとき、

地球からは金星はどこにいても見れないはずです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

太陽の向こうにあっても見えることはあります


太陽に近か過ぎると見えませんが方位と高度を前もって計算しておきます
内側を黒くした紙の筒でその付近を捜すと見えます
青空をバックに仁丹のように見えます

太陽のこちら側にあるときは金星が光らないので見えません
ただし太陽面を通過するときにだけ太陽面を通過する黒い金星が見えます
このときは太陽観測用の保護眼鏡を使用しないと目を痛めます
    • good
    • 0

 他の方も書いておられるように、毎日は見えないのです。

内惑星はたとえて説明しますと、月と地球の関係を離れた時に見ている感じならわかりやすいかな?
 まず、毎日は見えません。太陽から見た目が離れている状態がもっとも見えやすいので、太陽と地球を中心として右にあるか左にあるかで明け方に見えたり、夕方に見えたりします。

 太陽の反対側に行けば見えません。また太陽と金星と地球が並ぶ状態も見えにくいです。太陽の光が強いので。

 パソコンをお持ちなら、MITAKAなどのシミュレーターなど入れて動きを観察し見て下さい。
 
 ただ、なぜ毎日見えると勘違いしたのかな?
    • good
    • 0

教えるほうの説明がちょっと悪かったのかな?


見えるときは日没後か夜明け前に見える、が正解。毎日見えるとは言ってないはずで、それは君が誤解しているだけ。

また、太陽の裏側にあると見えないですが、ここを勘違いしているように感じます。裏側の方にあるときに見えなくなるのですが、これはちょうど隠れたからではなく、内惑星の特徴です。図鑑等で調べたほうがよいと思います。
    • good
    • 0

あれ? 金星の満ち欠けって、今の指導要領で教わらなくなったんじゃなかったでしたっけ?


さて、ご質問の内容を太陽と地球・月の関係に例えると、新月になると必ず日食が起こると言っているのと同じです。

同様の現象は起こりますが、その期間はあまり多くないので、だいたい日没後、日の出前の「どちらか」に金星が見えることが多いのです。
金星の明るさは金星の満ち欠けに関わり、金星が太陽の裏側に回ると月で言う満月に相当し、明るくなります。太陽から離れて見える時期は半月に当たる明るさになります。(その分、地球に近いので大きく見えるのですが)
金星の明るさは、全天の中でほぼ一番明るくなる、日暮れ後の一番星になりやすいので、目立つんですね。

太陽に隠れて見えなくなることはありますが、その時期はごく短いので、先生はそのように話されたんだと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金星について 月は公転で太陽の光を反射させる位置を毎日変えるため満ち欠けしているように見えてその一部

金星について

月は公転で太陽の光を反射させる位置を毎日変えるため満ち欠けしているように見えてその一部を三日月と言いますが金星が三日月のような形になったとき、それをなんという名前で呼ぶのですか?名前はあるんですか?
教えてください!

Aベストアンサー

金星や水星の満ち欠けについては名称は無いですね。
天球上の動きに対して順行逆行が入れ替わる留や内合・外合、東方最大離角、西方最大離角がありますが、
満ち欠けは望遠鏡が発明された後で判った事なので古来の名称はないですね。

Q月の公転軌道面と地球の公転軌道面の関係

月の公転軌道面と地球の公転軌道面は、同一平面状に在るのでしょうか?あるとしたら、なぜそうなっているのでしょうか?必然なのでしょうか?
同一平面上にないとしたら、どの程度の傾きがあるのでしょうか?
また、太陽系の他の惑星同士の公転軌道面は同一平面上にあるのでしょうか?なぜそうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大きいのは、彗星の衝突が原因であるため、ぶつかった衝撃で舞い上がった塵や岩石が固まって、月になったといわれています。ですが、未だ、これぞと言う説がないのが現実です。
tntさんが申した塵は・・・たしか、月と地球とその塵を結んだ線が、正三角形になるように、つまり、月の軌道上の、地球から見て、軌道の後ろ側60度の位置に常に追尾するかたちになています。
また、太陽系の公転軌道面はほぼ一致していると言うのは、mideさんの申してる通りです。ただ、最近の研究では、冥王星が、太陽系に元々有ったのではなく、宇宙空間をさまよっていた他の惑星が、偶々太陽系の引力圏に捕まった説が有力です。
太陽系の惑星がなぜ、公転面がほぼ水平かといいますと、太陽系発生初期、塵やガス(惑星の元)が、公転面に円盤状に集積し、その後、雪達磨しきに、大きな惑星のもとに、ガスや塵が集まって、惑星になったからです。
最近の観測データで、ハッブル望遠鏡が、誕生初期の恒星でも、やはり、惑星の誕生が、公転面に集積した塵やガスから惑星が誕生しているところを観測しています。
参考になさって下さい。

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大き...続きを読む

Q公転地球が楕円なのは太陽が公転してるから

ここで何度となく質問される公転惑星の楕円の謎。
何度回答を読んでも片方の焦点が存在しない理由が理解(納得)できません。

私はずっと楕円の理由は新円運動の中心点(太陽)が移動してるからだと考えてました。
例えばピンっと張った紙の中央に砲丸玉を落として、そこへビー玉を転がすと
中央がめり込んでビー玉は螺旋を描きながら限りなく真円に近くなってゆきます。
この時、砲丸が少しずつ移動してるとビー玉は砲丸を焦点にして楕円運動をとります。
そうゆう事じゃないんですか?
明らかに間違ってますか?

Aベストアンサー

>太陽を中心に回ってるけど何らかの要因で結果的に楕円の軌道になってる

 質問者さんは、惑星が太陽を中心に回るときの軌道は円であるべきだ、とお考えではありませんか?
 そして、それが何らかの要因でゆがめられて楕円になってしまっているとお考えのようですね。
 そうではなく初めから楕円軌道なのです。
 太陽を中心に回る、というときの中心とは、軌道の図形的な中心という意味ではなく、
ただ単に、太陽のまわりを、というだけの意味なのです。
 #3のお答えのように、公転軌道は楕円軌道が一般的で、
完全な円軌道は極めて例外的なものでしょう。
 質問者さんが楕円軌道のふたつある焦点の片方に何も存在していないことを納得できない理由は、
こういうことではないのでしょうか。
 
 惑星が太陽があるほうの焦点の近く(近日点)を通っているときは、
円軌道と同じようなものだから問題はない。
 しかし、何もないほうの焦点の近く(遠日点)を通っているときは、
その焦点には何もない、つまり惑星を引き寄せるものがないのだから、
回り続けることは出来ず、どこかに飛んでいってしまうのではないか。
 
 質問者さんは惑星が公転軌道上を動く速さは一定であると考えてはいませんか?
 惑星が動く速さは、近日点付近では速く、遠日点付近では遅くなっているのです(ケプラーの第二法則)。
 こう考えてみてはいかがでしょうか。
 太陽に近くて引力も大きい近日点付近では速く通り抜けるので太陽には引き込まれず、
太陽から遠くて引力も小さい遠日点付近ではゆっくり動いているので軌道から飛び出すことはない。

 
 
 

>太陽を中心に回ってるけど何らかの要因で結果的に楕円の軌道になってる

 質問者さんは、惑星が太陽を中心に回るときの軌道は円であるべきだ、とお考えではありませんか?
 そして、それが何らかの要因でゆがめられて楕円になってしまっているとお考えのようですね。
 そうではなく初めから楕円軌道なのです。
 太陽を中心に回る、というときの中心とは、軌道の図形的な中心という意味ではなく、
ただ単に、太陽のまわりを、というだけの意味なのです。
 #3のお答えのように、公転軌道は楕円軌道...続きを読む

Q金星が最も長く見える位置の理由

金星の公転軌道上で、「地球から金星が最も長く見える位置」ってありますよね。なぜその位置で最も長く見えるのか、理由がいまいち理解できません。
「太陽と最も離れている位置だから」って教科書には書いてありました。
でもよくわかりません。なにかいいサイトとか、ないですか?

Aベストアンサー

地球が自転していることにより、星空は東から西へ1時間に約15度回転移動していますよね。

宵の明星(夕方の金星)が太陽から15度東に離れた所にあったとして、今ちょうど日没した瞬間だとすれば、今から約1時間後に金星も地平線に沈むことになります。つまり、この日の金星は、日没後1時間しか見ることができないことになります。
しかし、もっと離れた約30度の所で遅れて回っていたとしたらどうでしょう。そうです、この日の金星は日没後、約2時間見ることができます。

単純ですよね、金星が太陽から倍離れれば、倍の時間(日没後)見ることができるわけです。つまり、太陽から最も離れた位置にある金星が一番長く見ることができる金星というわけです。

明の明星(朝の金星)、は太陽より先に昇ってくるので、夕方の場合と位置関係が逆になります。しかし、太陽から離れていれば離れているほど、それだけ遅く太陽が昇ってくるわけですから、やはり、金星が見える時間は、太陽から最も離れているときが、一番長くなりますね。

こんな説明ではいかがでしょうか。

Q月の公転面と地球の公転面は傾いている・・?

月の影響で、地球の地軸の傾きが安定している・・と聞きましたが、地球の地軸と月の公転面が垂直ということなのでしょうか・・・?でも地球から見ると月の位置は変化するし・・。

Aベストアンサー

地球の公転面と月の公転面は約5度傾いています。もし傾いていなければ、毎月 赤道上で皆既日食が
起きる事になります。そんなことはないですよね。これは月の公転面が傾いているからなのです。

月の引力の存在で、地球の自転は安定しています。昔、何かの理由で23.5度傾いてしまいましたが、その角度で安定しています。ただし月は23.5度斜めから引力で引っぱているので、傾きの向きが
長い年月で変わります。

月の位置が変わるのは、地球が自転しているから月が動いて見えるのと、月が公転しているので、毎晩の
位置が変わります。また地球の季節によっても、月の高度が変わります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報