今、感動して泣ける本が無性に読みたい気分です。
何かいいものがあったら教えてください。できれば恋愛系で。それ以外のジャンルでも全然かまいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

NO.4です。


時代物でも可でしたら
池波正太郎「男振り」
題名からは、想像できないような
物語かと思います。
感動しますよ。

以下、現代物です。
城山三郎「うまい話あり」
 同  「盲人重役」
夫婦の情愛、男と女の絆を描いており
何とも言えない余韻が残る名作かと
思います。

以上ですが、是非騙されたと思って
お読み下さい。
何度でも読み返したいと
思われるのでは・・・。
    • good
    • 0

浅田次郎さんの「プリズンホテル」をおすすめします。


彼の作品の中で、私が一番泣けた本です。
春・夏・秋・冬の4冊出てるんですが、順番を失念してしまいました…ごめんなさい。
本屋さんで確かめてみてください。
文庫も出てますので、お気軽にどうぞ。
    • good
    • 0

もう読んだというのならごめんなさい。

「盲導犬クイールの一生」いかがでしょうかね。犬お嫌いならしかたないですけど。

この回答への補足

 犬の話大好きです。この前本屋でその話途中まで立読みました。でも本屋で泣くのはまずいと思って最後までは読めませんでした。
 今度はちゃんと買います・・・。

補足日時:2003/06/01 15:23
    • good
    • 0

 恋愛系でこれはマンガなんですが、「天使なんかじゃない」はいいですよ。

これで友達はみんな泣いてます。人気に答えて最近オリジナル版がでたのでコミックよりはいい感じです。

 もう一つは、恋愛系ではありませんが講談社出版の「奇跡のいぬ <グレーシーが教えてくれた幸せ> 」がお薦めです。 作者はダン・ダイ+マーク・ベックロフです。もう最後は涙なしでは見られません!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 天ないはいいですよね。私も大泣きしました。
私、動物系弱いんですよ・・・。自分も犬を飼っているので。さっそく探してみます。

お礼日時:2003/06/01 15:20

山崎豊子さんの 大地の子 はどうですか?


私は泣きながら読みましたよ
    • good
    • 0

時代物でもようござるか。


さればでござる
藤沢周平の「蝉しぐれ」
いうまでもなく名作中の名作で
さめざめと泣くでござろう。

この回答への補足

 時代物好きです。
ありがとうございます。

補足日時:2003/06/01 14:14
    • good
    • 0

こんにちは。


泣ける本と言ったら浅田次郎さんですよね。
短編集「鉄道員」も良いけれど、長編「日輪の遺産」辺りお勧めです。
恋愛系じゃないですが。
    • good
    • 0

夏目漱石の「こころ」(集英社)


ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」(早川書房)
灰谷健次郎の「兎の眼」(新潮文庫)

この回答への補足

 『こころ』は読んだことあります。いろいろ考えさせられました。
 『アルジャーノンに花束を』はとても気になっていた本なのでぜひ読んでみたいと思います。

補足日時:2003/06/01 14:10
    • good
    • 0

三浦綾子さんの「塩狩峠」はお勧めです。


しみじみ泣けます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUFOキャッチャーの最初は

UFOキャッチャーはいつ頃から出回るようになったのでしょうか。
ウィキペディアによると、昭和60年に初代機が発売された
とあります。
最近サザエさんの原作本を読んでいたら、UFOキャッチャー
らしきゲームで遊んでいる所が描かれています。(文庫版の42巻)
これがUFOキャッチャーの原型だとすれば、サザエさんが
連載されていたのは昭和49年までらしいのでその頃からあった
ということになります。ちなみに、サザエさんは新聞連載では
時事ネタを多く描いていたので、おそらく現実にある物として
描いたと思います。
UFOキャッチャーの原型はこんな昔からあったのでしょうか。

Aベストアンサー

1960年代には確認されているようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

Q『黄金の王 白銀の王』を読んで、感動しました!

沢村 凛さんの「黄金の王 白銀の王」を最近、読みました。
あまりにも感動し、しばらく、世界から抜けれませんでした。

私は、週に1冊くらいのペースで本を読んでいます。
30代の女性です。
特にジャンルとかは問わず、恋愛物でも泣きますし、サスペンスも大好き、
母子を描いたような感動物も大好きです。

ただ、この『黄金の・・・』はそういう
面白かったや、感動したーというレベルを超えて、
大きな大きな感動で、自分でもこんなに本の世界にはまるとは思いませんでした。

前置きが長くなりましたが、私はこの本が今までの人生で読んだ中で最高の本です。
読んでる間中、終わるのを惜しみ、
読み終わった瞬間から、しばらく何も手につかず、
その後、すぐにもう一度読みました。

前置きが長くなりましたが、
皆さんは、こんな風に感動した本は何ですか?
もう一度、このような本に出会いたいと強く思いますが、
なかなか自分で見つけられないので
皆さんの人生1冊を教えてもらえたらと思います。

宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

私も『黄金の王 白銀の王』、大好きです。
面白いという言葉じゃ表せない感動がありますよね。
主人公の佇まいというか生きる姿勢の端正さが哀しいほどで、胸を打たれました。

私は面白い本はサクサクと読めますけど、「本当に好きな本」って読み終わるのがもったいなくて寂しくて、終わり近くになると読めなくなるという困った癖を持っています。
さすがにそこまで惚れ込む作品に出会えるのは数年~10年に1冊というところですが。

人生1冊、とまでは絞れませんが、私が「途中で読めなくなって困った本」は、
■神林長平『膚の下』
■村上龍『5分後の世界』
■高村薫『神の火』
■福井晴敏『亡国のイージス』

どちらかというとあまり女性向きじゃない本が好きみたいです^^;

Qお勧めのティーンズ文庫

要するに、電撃文庫や富士見ファンタジア文庫の類なのですが、お勧めの作品を教えてください。

ジャンルはSF系やファンタジー系が好きですね。

今まで読んだ主な作品
・天国に涙はいらない
・MissinngRing
・撲殺天使 ドクロちゃん
・まぶらほ
・イリヤの空 UFOの夏
・トゥインクル☆スターシップ
・マリア様がみてる など

Aベストアンサー

年齢がわかりそうな話ですが、ウン年前から、ラノベにどっぷり浸かった人間です。只今は漫画に移行して、そちらの評論なんぞに手を伸ばしておりますが、おかげで、男女問わないジャンルを読んでおります。

さて、SF系で、というと、私が愛して止まない田中芳樹先生の銀河英雄伝説、創竜伝、また、先生が原作、作家さんは荻野目悠基(あ、字が怪しい)、または一条理希のスペースオペラ(回転とか地球、とかいう単語の入ったタイトルです。すみません、うろ覚えで)、また、もう絶版になっている恐れが高いですが、一条理希が昔にコバルトで書いた作品(当該作は少ないはずです、近未来が舞台だったのでは?…赤い背表紙でした)辺りが思い当たります。新井素子さんのシリーズ、(コバルトで、軽く10年前になるのでは?)もそうでしたっけ?

わりと、メジャーどころをいえば、つい先日お亡くなりになった、吉田直先生のトリニティ・ブラッドもおすすめどころかと思います。(角川スニーカー)

また、富士見Fなら、沖方丁(一字目はニスイへんですから、誤字です。ウブカタと読みます)のカオスレギオンなんかも読み応えが有っていいかもしれません。

茅田砂胡の作品も角川から出ていると思います。一番有名なのはノベルスで出たデルフィニア戦記ですが、これを買いそろえようと思ったらなかなかお金が掛かりますし(全18巻 しかし、他の作品と
リンクしているため集めるのはなかなか大変)、場所をとりますから(笑)先ずはスニーカーでレディ・ガンナー辺りから入るか、一シリーズとしてノベルスのスカーレット・ウィザード辺りをお勧めしておきます。

人を選ぶかも知れませんが、椎野美由紀さんの作品(角川。魔女が出てきます、豊花ちゃんが好きになれたら楽しいかと)

津守時生先生のやさしい竜の殺し方、三千世界の鴉を殺して、なんかもどうでしょうかね。

女性になら富士見Mのほうの業多姫もお勧めしますが、ちょっと恋愛色が強めですね。コバルトが大丈夫なら大丈夫でしょう。歴史観がはっきりしておられるのは作家さんがその畑の方だからでしょう。

コバルトでファンタジーを探すのは非常に楽なことだと思います。とうとう完結した楽園の魔女達は明るく面白いので、男性読者は少なくありません。また、榎木洋子先生(リダーロイスも、月の王国も)の作品もよいでしょう。前田玉子先生の作品も捨てがたく、色々あります。(ただ、女性向けですね、どれも。敢えて男性向けを探せば、既刊3巻の女神様のおきのむくまま、とかいった感じのタイトルのものが一番でしょうか?)
コバルトの大御所辺りだけをさらって見ましたが、一番は挟み込みの『おとめちっく通信』なるチラシを見て絵柄と粗筋を読むことです。

あとは…何処にいってしまったのか不明のスーパーダッシュ文庫からでていた、ヤマト幻戦記あたりの若木未生(今はコバルトでオーラバスターのみですかね?)や、これこそ何処で書かれているのかわからない立原とうや、丘野ゆうじ、とか。色々有ります。

私自身が表紙買いをする人間ですから、絵のことについては割りと綺麗目なのが揃っているはずです(苦笑)

相当数を読んでいるので、少しは役に立つかと思います。

たくさん上げすぎてかえって困ってしまわれたらゴメンナサイよ。

年齢がわかりそうな話ですが、ウン年前から、ラノベにどっぷり浸かった人間です。只今は漫画に移行して、そちらの評論なんぞに手を伸ばしておりますが、おかげで、男女問わないジャンルを読んでおります。

さて、SF系で、というと、私が愛して止まない田中芳樹先生の銀河英雄伝説、創竜伝、また、先生が原作、作家さんは荻野目悠基(あ、字が怪しい)、または一条理希のスペースオペラ(回転とか地球、とかいう単語の入ったタイトルです。すみません、うろ覚えで)、また、もう絶版になっている恐れが高いですが、...続きを読む

Q三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義

三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義を読み、最後に、北方謙三氏とかの三国志正史を読めば、分かり易いですかね?

※しかしコミックは長くて尚且つ気が遠くなりそうなので、映画と小説だけでも良いかなと。

Aベストアンサー

>三国志を読むなら
ここで言っているのが二十四史の三国志なら殆ど意味はない。三国志演義の原書を読みたいのなら少しは役立つかもしれない。

Qおすすめの小説・文庫・ライトノベル教えてください!

今高2です。なぜか突然読書にはまりました(笑)
読んだ本は「ブレイブストーリー」「天国の本屋」
「バッテリー」です。
それとライトノベル?というものは
友達から「イリヤの空、UFOの夏」というものを借りて読みました。
最初は絵に抵抗があったんですけどすっごく感動しました。

来週なにか本を買いに行こうと思っています
そこでオススメの小説・文庫・ライトノベル教えてください!
感動できるものや面白いものあと恋愛も入ってるといいです!!
それと作品と具体的な内容も書いてくれたら助かります、
よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

・米澤穂信「古典部シリーズ」
日常のちょっとした不思議を解くミステリです。
派手さはないですが、非常に丁寧な文章を書く作家さんです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E6%BE%A4%E7%A9%82%E4%BF%A1

・西尾維新「化物語」
非常に「面白い」小説です。
キャラ同士の掛け合いが最高で、電車の中では読めません。
「戯言シリーズ」もおすすめですが、ちょっと癖が強いので好みが分かれると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E7%89%A9%E8%AA%9E

・成田良悟「バッカーノ!シリーズ」
錬金術師が作った不死の酒を巡るバッカーノ(馬鹿騒ぎ)の話です。
並行して起こっていた出来事が最後に収束していく爽快感がいいですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8E

Qオススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読

オススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読むことが多いです。好きな作家は太宰治です。今まで読んだ中でおもしろかったのは、尾崎翠、林芙美子、青い山脈、ジャンルが飛びますが、もの食う人びとなどです。松谷みよ子さんのモモちゃんシリーズや、岡田淳さんの扉のむこうの物語、灰谷健次郎さんの兎の眼も好きです。川端康成は雰囲気は好きですが、失礼かもしれませんが、特に何も起こらないな…と感じました。志賀直哉はつまらなく感じました。今流行りの作家や、平積みしてある本は苦手です。今読んでいるのは森鴎外のヰタ・セクスアリスです。気になるのは岡本かの子と稲垣足穂ですが、私に合う感じはしますでしょうか?たくさんオススメの本を教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なんとなく文学的アナーキー冒険譚路線を薦めたくなりました。
子どもの心を持ったまま大人になった作家達の大人ための冒険譚なので、純粋さが素直に現れず、何重にも捩じれたあげくに訳が分からなくなってる作品が多いですが、おもしろいです。

もしまだなら、石川淳はどうでしょうか。
「焼跡のイエス」はまだ純粋さが率直に現れてるので国語の教科書にも採用されたりしますが、少し捩じれてくると「白頭吟」あたり。
http://bookmeter.com/b/4061960601
アナーキー度更にアップなら「狂風記」もお薦めです。

もし石川淳が気に入ったら、最近の作家ですが町田康も読んでみたらいいと思います。

ちくま日本文学全集を読んでおられるのなら、佐藤春夫はもう読まれましたか?「のんしゃらん記録」のような、「田園の憂鬱」からは想像もつかない作品も書いてます。

QUFOを数学的に解釈すると?

UFOを数学的に解釈すると?

テレビでは「これはUFOかどうか」という議論はよくありますよね?
そこで僕はUFOを数学的に解釈すると、少し違った見方を出来ると思うのです。


まず「あらゆる飛行物体」を全体集合とします。
次に、確認されている飛行物体(飛行機や紙、虫など)を「確認済飛行物体」の集合をAとします。
すると「UFO(未確認飛行物体)」Aの補集合です。
ゆえに「UFO」という集合があるわけではないですよね?

つまりテレビで議論されているような飛行物体は、集合Aに属するものと確認されない限り全てUFOですよね?


「これはUFOだ」ではなく「これは確認済み飛行物体ではない」の解釈の方が正しいと思います。


皆さんはどう思いますか?回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

飛行物体全体の集合をSとします。確認された飛行物体をAとします。Aは全集合Sの部分集合ですね。SからAを取り除いた集合をBとします。ですから、

  S=A∪B

となっています。この集合Bを改めてUNIDENTIFIED_FLING_OBJECTの集合と書くことにします。従って、

  B=UNIDENTIFIED_FLING_OBJECTの集合

となります。でも、これでは28文字と記号が長過ぎるので、「UNIDENTIFIED_FLING_OBJECTの集合」をもっと数の少ない10文字で「未確認飛行物体の集合」と書くことにします。すなわち、

  未確認飛行物体の集合=UNIDENTIFIED_FLING_OBJECTの集合

です。しかし、これでも記号が長過ぎるので、集合の名前をその要素の名前と同じ記号を使うことにします。即ち、

  未確認飛行物体=未確認飛行物体の集合

もちろん、これは厳密には間違いなのですが、混乱が起こらない限りこのような名前の付け方は数学では許されていて、しばしば使われています。例えば、自然数とは、要素が一つだけある集合を1と名付け、要素が二つだけある集合を2と名付け、、、、とその集合の全体の「集合の集合」のことですが、その集合の要素、1,2,3,...をそれぞれ「自然数」と呼ぶ習慣があるのと同じです。

さて、いよいよ核心に入ります。以上のことから、

  B=未確認飛行物体

となります。このことから、次の定理が証明されました。

[定理 甲] 未確認飛行物体は集合Sの部分集合である。

この定理 甲から次の系が導き出されます。

[系] 未確認飛行物体は集合である。

また、集合Aが真部分集合である場合には、集合Bは空集合ではありませんので、次の存在定理が証明されました。

[存在定理] 確認飛行物体が集合Sの真部分集合である場合には、要素としての未確認飛行物体は存在する。

ここでの注意事項は、定理 甲での「未確認飛行物体」は集合のことをさし、存在定理での「未確認飛行物体」はその集合の要素をさしていることです。

質問者さんは、もしかしたら「集合の要素の名前でそれが属している集合のその物を指すことがある」と言うところで混乱しているのでしょうか。「これはUFOだ」と言うのを数学で厳密に言うと「これは集合UFOの要素の一つだ」となります。貴方のように混乱してしまう場合には、今後日用会話では「これは集合UFOの要素の一つだ」と厳密に言う習慣をつけてみたらどうですか。きっと皆さんに貴方って変な人と思われるようになるかも知れませんが、貴方自身の混乱は避けられるようになりますから、御利益はありそうですよ。

飛行物体全体の集合をSとします。確認された飛行物体をAとします。Aは全集合Sの部分集合ですね。SからAを取り除いた集合をBとします。ですから、

  S=A∪B

となっています。この集合Bを改めてUNIDENTIFIED_FLING_OBJECTの集合と書くことにします。従って、

  B=UNIDENTIFIED_FLING_OBJECTの集合

となります。でも、これでは28文字と記号が長過ぎるので、「UNIDENTIFIED_FLING_OBJECTの集合」をもっと数の少ない10文字で「未確認飛行物体の集合」と書くことにします。すなわち、

  未確認飛行物体...続きを読む

Q感動する本

感動する本

今、わりと読書にハマっていて、感動する、なけるという本を探しています。
私が今まで読んだ作品をいくつかあげると、
1「博士の愛した数式」 小川洋子
2「流星ワゴン」 重松清
3「いちご同盟」 三田誠広
4「カラフル」 森絵都
5「つばさものがたり」雫井脩介
1~4は文庫本です。
ケータイ小説はあまり読みません。ホラー系とか、猟奇的なのも好きですがNGです。ラノベはOKです。
できれば作者名、出版社名も載せていただけるとうれしいです☆
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

いつもの朝に(上、下) 今邑彩 集英社文庫

償い 矢口敦子 幻冬舎文庫 

レベル7 宮部みゆき 新潮文庫

3つ全ておすすめです。

QボタンでUFO爆発のやり方

FLASHの初心者です。簡単なことなのでしょうが
わかりません。どうかよろしくお願いします

ufoが画面上を右から左に移動します。
ufoをクリックするとufoが爆発したイラストに
変わるということをしたいのです。
現段階ではufoをボタンして、ダウン、ヒットのフレームに爆発したイラストを配置しています。
そのボタンをムービークリップ上に配置しモーショントウィーンで動かして、そのムービークリップを
シーン1に配置しています。
このままではクリックしたときだけ爆発しますが
クリックをやめるとすぐUFOに戻ります。
爆発したままUFOが移動し、ループしてもう一度再生されたときにはまたUFOになって戻ってきてほしいのですがどうすればよろしいでしょうか。
わかりにくい説明ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

モーショントゥイーンより、ActionScriptで動かす方が簡単だと思います。

1. UFOを描いてムービークリップに変換
2. そのUFOをダブルクリックでムービークリップ内の編集に移動
3. ムービークリップの中のフレーム2を右クリック→キーフレームの挿入
4. 2フレームに爆発したUFOを描く
5. 「編集」→「ドキュメントの編集」で_rootの編集にもどる
6. ムービークリップのUFOを選択 アクションパネルを開く
7. 以下のようなScriptを書く(コピペする)

==========
onClipEvent (load) {
// 1フレーム(UFO)でストップ
this.stop();
}

onClipEvent (enterFrame) {
// 座標が-10になったら
if (this._x<=-10) {
// ステージの右10ピクセルに移動
this._x = Stage.width+10;
// 1フレーム(UFO)でストップ
this.gotoAndStop(1);
} else {
// 5ピクセルずつ左に移動
this._x -= 5;
}
}
on (press) {
// 爆発フレームに移動
this.gotoAndStop(2);
}
==========

8. ドキュメントを保存&パブリッシュ

コピペすれば、たくさんUFOをとばせます。

モーショントゥイーンより、ActionScriptで動かす方が簡単だと思います。

1. UFOを描いてムービークリップに変換
2. そのUFOをダブルクリックでムービークリップ内の編集に移動
3. ムービークリップの中のフレーム2を右クリック→キーフレームの挿入
4. 2フレームに爆発したUFOを描く
5. 「編集」→「ドキュメントの編集」で_rootの編集にもどる
6. ムービークリップのUFOを選択 アクションパネルを開く
7. 以下のようなScriptを書く(コピペする)

==========
onClipEvent (load) ...続きを読む

Q感動もの

こんにちわ♪只今高校生をやってマス★
そして10月からは学校では読書月間になるんデス★
そこで私は考えました!あまり読まないけどこれをきに読もうという気にならないかなって...((そんなん無理かな?...))そこで感動することが好きな私なので本というもので泣いてみたいなって思ったんです!
あまり長くなくてすぐに誰でも泣けるような本はないのでしょうか?
教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ!
高校生! ならば本は読みましょう!
ということで私の「泣ける」お薦めは、
物語なら、下にも同じ方がいましたが
「アルジャーノンに花束を」ですね。
ちなみにドラマは全く期待していません、というか、
ヤメテクレ、というのが正直な気持ち。
原作のイメージ壊すなこら!と。
あと、D・クーンツの「ウォッチャーズ」
賢い犬(レトリバー)がでてくるSFですが…。
最後は泣けます! ただ上下巻と長いのが難点ですが。

で、もうひとつ、ノンフィクションで、
私はどちらかというとこっちの方が
高校生のあなたにはぜひ読んでもらいたい
「感動/泣ける」オススメですが…。
「病院で死ぬということ」山崎章郎著
です。
重い内容ではありますが、いろんなことを考えさせられます。
最近は若い人に限らず、他人の痛みにも自分の痛みにも鈍感になっている
ような気がしてなりません。
簡単に人を刺す、満員電車でぶつかったくらいで殴り殺す等々。
死というものを考え、そのことによって逆に今生きているということの大切さを
実感するという意味で、この本はいいかな、と。
中は比較的短い話がいくつかあるという形式だし、読みやすいと思います。
読み終わったとき、自分の死について、そして今生きている自分にとって
大切なことは何なのか、大切な人たちは誰なのか、と考え、きっと「大切な人」と
話がしたくなります。
…というのは大げさか(^_^;)。
…いやいや、あながち大げさとも言い切れないですよ。
それでは!

こんばんわ!
高校生! ならば本は読みましょう!
ということで私の「泣ける」お薦めは、
物語なら、下にも同じ方がいましたが
「アルジャーノンに花束を」ですね。
ちなみにドラマは全く期待していません、というか、
ヤメテクレ、というのが正直な気持ち。
原作のイメージ壊すなこら!と。
あと、D・クーンツの「ウォッチャーズ」
賢い犬(レトリバー)がでてくるSFですが…。
最後は泣けます! ただ上下巻と長いのが難点ですが。

で、もうひとつ、ノンフィクションで、
私はどちらかというと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報