今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

99.5%のエタノールを買って、水で薄めて80%のエタノールを1リットルを作る場合、エタノールと水の量は何ミリリットルずつ混ぜればよいのでしょうか?
確かアルコールと水を混ぜると体積が減ると理科で習いました。できあがりがどれだけ減るか分からないと計算できないような気がするんですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#1です。

適当でよいという理由をもう少し捕捉したほうがよかったですね^^。
適当の理由1.エタノール99.5は、最低スペックであって99.5%以上を含むという意味であるから99.9%の時もありえる。したがって、この0.5%は無視できる。また、開封前のスペックであるので開封したら99.5%かどうかわからないし、変化しているのが普通である。
理由2.エタノール95は95V/V%である。消毒用として水で薄めるのに、わざわざ値段の高いエタノール99.5を使用する必要はないし、この5%の違いも抗菌作用上無視できる。ちなみにV/Vは、エタノール95ml(容量)に水5ml(容量)を加えたという意味。
たとえば、W/V%は、グラム(重量)ではかってそれを液体ml(容量)で溶かした場合など。
理由3.エタノールは抗菌スペクトルが広く作用も速攻的であり、60~90w/w%が使用濃度である。70w/w%が一般細菌に対して最も効果的といわれている。でも、極端な話60w/w%でもよいということである。
理由4.容量で正確にエタノールを計るのは意味がない。メスシリンダーは20℃の部屋で20℃の水を入れて、出した量が正確な値だからである。目盛りを合わせた量ではなく、出した量がポイント。だから、エタノールをメスシリンダーにいれても、水とは粘性(表面張力)がちがうので、メニスカスも違うし、メスシリンダーからでてくる量も水とはちがう。かつ、温度も20℃でできないでしょ?

ですから、消毒用としてはどのみち適当なものしか作れないし、正確につくったからといって普通に使用する分には効果にほとんど影響がないということです。

ちなみに、80%をつくりたいなら#5さんの言う通り、日本薬局方(第13改正版、14でてるかな?)にのっとった方法が適当かと思われます。
    • good
    • 4

私も今回のSARSの事件以来消毒用アルコール濃度の違いにおどろいておる一人です。


普通今までの感覚だと70%エタノールを採血時に使用し、実際に市販もされています。
しかし、事件時の消毒には80%エタノールを使用するとなっており不思議に思っています。
実際に70%はw/w、80%はv/vなのです。
調製方法は95%エタノールだと830mlを精製水で希釈して1Lにすると局方にあります。
まあ、ある程度の許容範囲はありますので(滴定などに使用するわけではないので)ある程度適当でも充分使用に耐えます。
ただし、アルコール殺菌は噴霧してすぐ拭きとってはいけません。30分以上そのままにするのが良いようです。

余談ですが、瓦はグラムです。ミリリットルは米偏に毛です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

w/w、v/vの2つのやり方で製造されているとは、全く気づきませんでした。
濃い濃度だと、すぐ乾いてしまって菌が生き残りそうな感じがしますね。
漢字の解説もありがとうございました。

お礼日時:2003/06/05 18:30

消毒用エタノール水溶液は濃度78%の時が最も殺菌力が強く、78%より、濃くても薄くても、殺菌力は低下します。



濃度は質量のものだと思います。
水とエタノールを混ぜた時に、体積が変わるのも困りますが、温度によっても、水・エタノールそれぞれの体積が変わるのも困ります。
質量を用いる方が、不安定な要素がなく、合理的です。

従って、体積は1立よりやや小さくなると思いますが、エタノール780瓦と水220瓦を混合すれば良いと思います。



回答No.2では1立のエタノール水溶液は作れません。
お詫び申し上げます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なフォローありがとうございました。
瓦はやはりミリリットルでしょうか?比率は分かりました。

お礼日時:2003/06/01 20:37

V/Vですので、800mlのエタノールに200mlの水を加えると出来ます。

当然1000mlではなく、出来あがりの比重から、860から873gが1000mlの重さですので、
0.797x800+200=837.6g
837.6:860=800:Xーーー821ml
837.6:860=200:Y---205ml
837.6:873=800:X’--834ml
837.6:873=200:Y’--208ml
となるので、おおよそエタノールは821から830mlに水205から208mlを混ぜると1000mlの薬方消毒用エタノールの範囲に入りそうです。できたものを比重チェックするのですが、通常は、エタノール500mlに水125mlで作ります。

参考URL:http://www.takasugi-seiyaku.co.jp/prdt/sho_etha. …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほどー。です。1リットル作るためにはそうなるんですね。1リットルで13グラムも変わるんですか。500に125でいきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/01 20:42

消毒用エタノール水溶液は濃度78%の時が最も殺菌力が強く、78%より、濃くても薄くても、殺菌力は低下します。



濃度は質量のものだと思います。
水とエタノールを混ぜた時に、体積が変わるのも困りますが、温度によっても、水・エタノールそれぞれの体積が変わるのも困ります。
質量を用いる方が、不安定な要素がなく、合理的です。

従って、エタノール78瓦と水22瓦を混合すれば良いと思います。

この回答への補足

すみません。瓦の意味がわかりませんでした。
でもエタノール780ミリリットルと水220ミリリットルで混ぜようと思います。

補足日時:2003/06/01 20:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/01 20:33

消毒用なら70%エタノールでも十分ですので、私は適当につくっていますよ。


エタノール95または99.5と水を7.5:2.5くらいに。
ろころで80%というのは適当な表現ではないですね。
V/VなのかV/WなのかW/Wなのかわかりません。Vはボリューム(容量)、Wはウエイト(重量)です。ですから、どれかを定義してその通り混ぜれば体積変化は気にすることはありません。

この回答への補足

試薬にはv/vで表記してますが・・・。分数の分子には混ぜる前のエタノール溶液の体積でしょうか?それともそれに99.5/100を掛けた値でしょうか?
また、分母のvは混ぜたあとの体積の値でしょうか?それとも混ぜる前のエタノール溶液と水の体積を足した値でしょうか?
考え出すと、どの値で計算してよいのか分からなくなってしまいます。

補足日時:2003/06/01 17:53
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/01 17:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエタノールの希釈についての質問

実験で濃度99.5%エタノールを90%になるよう水(蒸留水)で希釈したいのですが

エタノール何mlに水を何mlいれて希釈すれば良いのかわかりません

99.5%エタノールを200ml使うとすると水はどのく らいの量を入れれば良いのでしょうか

量とできるならば理由を簡単に教えていただけると嬉しいです

よろしくお願いします

Aベストアンサー

本当に99.5%かという問題はおいておきます。(極めて吸水性が高く信頼できないので)
小学校の割合の問題ですね、
濃度の指定がないので質量%濃度として・・密度が必要です。
99.5%  0.79 g/mL(20℃)
90%   0.82 g/mL(20℃)
として計算
99.5% 200mL 密度 0.79として、含まれるエタノールの質量を計算します。
その質量が、90%となるように全体の質量を求めます。
最後に密度によって体積を求めます。

 メタノールやエタノールは、水の水素結合による水分子間の大きな隙間に落ち込むために体積が小さくなります。

Q無水エタノールで消毒

無水エタノールを薄めるのは水道水ではよくないでしょうか?
何か少しでも問題があるでしょうか?
それと、まな板など食器を消毒することはできるのでしょうか?
ちゃんと蒸発させても何か少しでも体に毒みたいなものは残りますか?
その後、食器洗剤で洗った方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

薬剤師です。

体外で使われるのでしたら問題はないでしょう。
私も学校で消毒をする際には80%エタノールを霧吹きに入れて机を消毒してから実験をしました。
エタノールは菌だけでなくウィルスも不活化させますので雑菌/汚染物質の除去には最適でしょうね。

Q70%アルコール溶液

70%アルコール溶液の作り方を教えて下さい!!

Aベストアンサー

エタノールで良いんですか?

メスシリンダー(別にメスシリンダーでなくてもいいけど・・・)に70mlの標線まで純エタノールを加えて100mlの標線まで蒸留水でメスアップします。

量が違ってもこの応用で解りますね?

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。

Q看護学生です計算問題が分かりません。

100%の無水アルコールを精製水に加えて希釈し、
70%の消毒用アルコールを作った。
70%の消毒用アルコールを300ミリリットル作るには、
100%無水アルコールは何ミリリットル必要か?

と言う問題です。

解答、解説、計算式など
わかりやすく教えていただけたら
嬉しいです(*^^*)

何度やってもカテゴリーが
変になります。すみません。

Aベストアンサー

厳密には混合によって体積が変わるのですが、それを無視します。

70%アルコール300mL中には、300の70%(0.7倍)である
300×0.7=210〔mL〕のアルコールが入っています。
ですから100%アルコール210mLに水が90mL必要です。

Q百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…

はじめまして、お世話になります。

百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…
どれも計算方法が同じなら、細かな意味まで覚えない良いような気がしますが^^;この場合W=質量 Vは体積でなない…?

このややこしい3つを分かりやすく記してるHP、又教えてくださる方はないでしょうか。覚えにくくて…TT

よろしくお願い致しますTwT

Aベストアンサー

こんにちは。WとVはそれでいいのではないでしょうか。

W/V%は、
溶液100ミリリットル中に溶質(溶けてる物)が何グラム入ってるか。

W/W%は、
溶液100グラム中に溶質が何グラム入ってるか。

V/V%は、
溶質が液体の場合に使われます。
溶液100ミリリットル中に溶質が何ミリリットル入ってるか。

という事になります。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q希釈倍率の計算の仕方

ガーディニングをしていますが50倍から100倍で使って下さいと
希釈倍率が書いています。
例えば1Lパックの水にどのくらいの蒸留木酢液を入れたら
良いのですか?ゴミの臭い消しに使います。
いつも希釈倍率がわからず困っています

Aベストアンサー

農薬(質問の木酢液なども含めて)の場合、単純に「全体の水量÷倍数=原液量」でいいんです。
1Lの水に50倍から100倍だったら、
1L(1000mL)÷50倍=20mL
1L÷100倍=10mL
ですので、木酢液(原液)は10mL~20mL入れるといいんです。

ちなみに液体は体積「mL」、固体(水和剤などの粉剤)は重さ「g」で計りましょう。
(今回の場合でしたら、木酢液=液体なのに、10g~20g入れたらダメ!って事)

Qエタノール水溶液を危険物非該当にするには?

工業用エタノール(少量のメタノールなどが入っている製品)は消防法危険物でアルコール類に分類されていて、エタノール60%以下の水溶液ではアルコール類ではなくなりますが、さらに希釈して消防法の危険物第4類にも該当しなくするには何%水溶液にすればよいのでしょうか。
各エタノール濃度の引火点と燃焼点がわかるようなサイトがあればよりよいのですが。

Aベストアンサー

医薬品の消毒用イソプロパノールのラベルには、70%の場合「火気厳禁 アルコール類 水溶性 危険等級II」の表示があります(規則第四十四条による表示)。一方50%の場合この表示はありません。

http://www.city.nagoya.jp/dlform/shinsei/bun17_5/s50076.htm
このページの確認試験フローと合わせて考えてみると、アルコール類の例外規定ではねられたものは別の類の規定を考えることなく、危険物非該当としていいようです(やたらわかりにくい法律ですね)。

正確には消防署に問い合わせるべきと思いますが、参考まで。


消防法
十三 アルコール類とは、一分子を構成する炭素の原子の数が一個から三個までの飽和一価アルコール(変性アルコールを含む。)をいい、組成等を勘案して総務省令で定めるものを除く。

危険物の規制に関する規則
第一条の三
4  法別表備考第十三号の組成等を勘案して総務省令で定めるものは、次のものとする。
 一  一分子を構成する炭素の原子の数が一個から三個までの飽和一価アルコールの含有量が六十パーセント未満の水溶液

医薬品の消毒用イソプロパノールのラベルには、70%の場合「火気厳禁 アルコール類 水溶性 危険等級II」の表示があります(規則第四十四条による表示)。一方50%の場合この表示はありません。

http://www.city.nagoya.jp/dlform/shinsei/bun17_5/s50076.htm
このページの確認試験フローと合わせて考えてみると、アルコール類の例外規定ではねられたものは別の類の規定を考えることなく、危険物非該当としていいようです(やたらわかりにくい法律ですね)。

正確には消防署に問い合わせるべきと思います...続きを読む

Q看護学生*希釈の計算

看護学生です。
2%の薬液が5mlあり0.9%の生食で10倍に希釈する。
生食は何ml必要か?答えは45mlなのですが
式が分かりません。
お願いします。

Aベストアンサー

2%の薬液が5ml
 ⇒ 0.02 * 5 = 0.1 ml
つまり薬自体は0.1mlあるという事。
10倍に希釈するのだから0.2%の薬液を作りたい。
 ⇒ 0.1 / ( 5 + x ) = 0.002
(0.1ml÷(最初の薬液5ml+加える生食の量x ml)) = 0.2%
xについて解くと、加える生食の量は45 ml


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング