ポストペットにウイルスもしくは、チェーンメールらしきメールが入りました。
開けずに捨ててしまいたいのですが、捨てる方法がわかりません。黒やぎさんに食べさせるには、一度開けないと捨てられないみたいです。どうやって捨てたらいいのでしょうか?

A 回答 (2件)

おそらくタイトルで判断されてのではないかと・・・


訳のわからない英語のタイトルではないですか?

ポストペットでメールを受信すると、「受信トレイ」に
入ります。添付ファイルつきのメールの場合、「差出人」の前に手紙のマーク?がついてるはずです。
一番左の封筒のマークじゃないですよ。
   ↑ これはメールを見たら手紙を開封した絵になり     ます。
と言うことは、手紙のマークがないと添付ファイルはついてないということです。

で、先の回答の方がおっしゃっておられたように、添付ファイルを開かなければウィルスには感染しません。
ポストペットの場合、添付ファイルだけは「添付書類フォルダ」と言う別のフォルダに自動的に保存されます。
つまり、ポストペット受信簿にきたメール自体を開いた(見た)だけでは、添付ファイルは開けないんですよ。
わざわざ「添付書類フォルダ」から開いて初めて見れる訳です。

もし添付ファイルつきの場合、そのメール本文の一番最後に
PostPet>>>>>添付ファイル:00000 がありました。
PostPet>>>>>E:\POSTPET\添付書類フォルダに展開しました
とあるはずなので、添付書類フォルダの中の「00000」 をゴミ箱に捨てれば問題解決です。
くれぐれも間違って開いたりしないように気をつけてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ご想像どおり、タイトルで判断してしまいました。
あまりに、不吉なタイトルだったもので・・・
タイトルにに「死」とか、アドレスにも・・・まったく、貰っても不愉快なものを送ってくる人がいるって、悲しくなります。
添付は付いていましたので、アドバイスどうり開けずに捨てます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/03/27 12:17

こんばんは.


ちょっと状況がつかめないのですが,回答がないようなので簡単な質問をします.まず,なぜウィルス,またはチェーンメールが入っているとわかったのですか?これらはメールを開かないときが付かないことだと思います.

一般的に,ウィルスというのはメールを開くときに感染するのではなく,メールについている「添付ファイル」を開くときに感染します.PostPetは無いのですが,「黒やぎさん(?)」に食べさせるときに開くのはメールであって,添付ファイルを開くのではないですよね?

ということで,メールを開いて削除すればよいと思いますよ.このときに添付ファイルは絶対に開かないでください.
(Outlook Expressの場合はメールを「開く」だけでも感染するウィルスもあるようですが,PostPetは大丈夫でしょう)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事、ありがとうございました。
なにぶんにも初心者な者で、ウイルス自体がどういうものなのか分かりませんでした。質問自体が意味不明で申し訳ありません。
添付は開かないように、気をつけます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/03/27 12:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qeメールの利用:一度味わった便利を捨てれるか

最近、社内メールシステムから機密情報が外部に不注意に送付される事件がおき、ある社員が譴責された。対応として外部へメール送信できる送信者を制限し、さらに外部にメールを送る必要がある場合は、専用PC設置することになった。
現在フリーメールなどがかなり自由に使えるので、社内メールシステムが外部との連絡に使えなくても、(社内規定に反するが)問題がないとの指摘がある。
社内の対応は全くザルで、セキュリティ対策としては全くお粗末と思いますが、皆さんはどう考えますか。

Aベストアンサー

故意ではなくヒューマンエラーでそのような事故が起こるのはシステム設計が悪いのです。該当社員に対して厳重注意以上の処分があったとするなら、それは会社及びシステム部門の個人に対する責任転嫁と私は考えます。

ところで、質問タイトルの想定するところは業務上必要なe-mailの使用に制限が加わるという意味なのでしょうか?そういう意味だとするなら熱物に懲りてなますを吹くという状況です。やはりこれも(臨時措置なら別ですが)システム部門の怠慢です。

Qウイルスに感染したらしく直りません。

ウイスルに感染したらしく、困っています。
具体的にはブラウザ(ie)で中国のサイトが勝手に立ち上がります。
手動で消せばいいのですが、日に数回繰り返されます。

ウイルスソフト「avg」を入れていました。
ad-awareも入れました(スキャンしました)

でも、まだ出ます。
できればos再インストールはさけたいのですが、
何か良い対処法をご存じの方おられたらお願いします。

Aベストアンサー

それはウイルスではなく、とてもしつこい「スパイウエア」です。
あまり期待できませんが、まずフリーのスパイウエア駆除ソフト「Spybot」で駆除をお試しください。
http://enchanting.cside.com/security/spybot1.html
それがだめだったら「システムの復元」で不具合が生じた時点より以前まで戻してみましょう。
それでもだめなときは「OS再インストール」ですね。

Qウイルスメールを止めさせる方法は???

ここ数ヶ月、毎日1~10通ぐらい毎回違うウイルス付きのメールを送ってくる人がいます。
「よくもこんなにたくさんの種類を探し出してくるなぁ」っていうぐらい、全メール違うウイルス付きです。
今のところ、ウイルスバスターによって防がれていますが、あまりのしつこさにうっとおしくてたまりません。

このようなメールが送られてくる心当たりが全くありませんので、相手が特定できません。
メインで使用しているアドレスではなく、サブで使用しているフリーメールのアドレスだけに送ってくるので、不特定多数の相手にランダムに送り付けているのかな?とも思いますが・・・。

さて、こういったことを止めさせるにはどうすればいいのでしょうか?法的な手段があるのでしょうか?
過去に一度だけ、すぐに止めるようにメールしたことがあります。

Aベストアンサー

即効性はありませんが・・・

ヘッダは読めますか?
メールを送信しているIPアドレスがプロバイダーのIPアドレスなら、
そのプロバイダーにヘッダを連絡するとIDの特定を行い、本人に警告してくれる可能性があります
  ただし、そのIDは教えてはもらえません

Qメール スプーフィング(メールアドレスなりすまし)による大量のリターンメール

どこかのスパマーが、私のメールアドレス(watashi@abc.com)を
送信元と詐称して大量のスパムをばらまいています。そして
大量のエラーメールが宛先不明として私のメールアドレス(watashi@abc.com)宛にリターンされてきます。
私のサーバーには数万通の私宛のエラーメールが貯まります。
このメールスプーフィングによる「リターンメール被害」を止める方法はありますか?いくら考えても、こちらでこれを予防する方法はなく、あくまで、やられてしまってから、こちらがわでリターンメールを削除するしかないように思いますが、どうでしょうか。
リターンメールを見れば実際の送信元IPがわかりますが、送信元IPは、ひとつではなく大量で、送信元IPのネットワークに抗議するにしても、きりがありません。
またそのアドレスは仕事で使用しているので、使用しないわけにはいきません。いくら考えても、これを未然に防ぐ方法はないように思うのですが、どういった対策がありますか?

Aベストアンサー

普通(数通/秒・数万通/時間程度)ならフィルタリングで選別してもイケると思いますけどね。それ以外の対策としてはANo.2の方が書かれたように、当該アドレスを無効にする&当該アドレスの使用者に別アドレスを与えて、速やかに関係者にアドレス変更の連絡をさせることでしょう。

いずれにしても、しばらくはメールサーバが応答に忙しくなりますがダウンするようなことはありません。エラーメールは大量とはいってもメールサーバが処理できる範囲です(これで落ちるようだとメールサーバとして困る)。

Qフリーメールからウイルス付きのメールを開いた

Yahoo!メールでウイルス付きのメールを開いたんですが、それをサポートセンターに電話すると
問題無いとのことでした。

ウェブメールは問題無い無いと、何度も説明されましたが本当に安全なのでしょうか?
そのまますぐゴミ箱へ捨てたのでどのようなウイルスだったかは分かりません。

Aベストアンサー

プログラムがどこで動いているか?の問題です。

ウェブブラウザーやOutlook Express等のメールソフトは
そのソフト自体が手もとのPCで動いています。
ですから、そのソフトのセキュリティホールを突いた攻撃が
動いているPCのシステムに悪影響を与えることができます。

それに対してウェブメール等のウェブアプリケーションでは
そのシステムがインターネット越しのサーバー上にあります。

そのため、そこで開いたメールにOLが持つ
・許可無く添付された実行ファイルを起動する
・Javascript等を含んだHTMLメールを自動的にプレビューする
などといったセキュリティホールを突いた攻撃は
ウェブアプリケーションに同じセキュリティホールが無い限り
まったく効果がありません。

また、万が一起動してもサーバーがWindowsでなければ
ほとんどの攻撃は、実際に動作することがありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報