1 地震はなぜ起こるのか?
2 地震の多発する地域としない地域
3 震度の強弱について

以上です。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>>1 地震はなぜ起こるのか?


地震の中でも代表的な断層地震は、マントル対流による地殻プレートの移動が原因です。
海洋底プレートはマントルの流れに乗せられて、毎年2cm程度のゆっくりした速度で動いていますが、これが大陸プレートの下にもぐり込むところでは、二つのプレートがぶつかり合い、ひずみが常に発生しています。このひずみが限界に達すると、蓄積したエネルギーを一気に放出して元にもどろうとします。このときに地殻が断層にそってずれて起きるのが地震です。
日本・パプアニューギニア・アメリカ西岸などの環太平洋地域で、プレートがもぐり込み海溝になっている付近で発生するのが、このタイプの地震です。
この他に、火山の噴火に伴う地下のマグマの移動で起きる火山性地震、地下水脈の枯渇によって地下の含水層が崩落して起きる地震などもあります。

>>2 地震の多発する地域としない地域
前述の理由で、海溝の大陸側(もぐり込まれて上になっている側)で世界の地震のほとんどが発生しています。
逆に、大陸の中心近くの盾状地と呼ばれる地域では、地震はほとんど起きません。

>>3 震度の強弱について
質問の意図がよくわからないのでできれば補足してください。
    • good
    • 0

(1)地球の表面はプレートという何枚かの板からできているという「プレートテクトニクス」という理論が定説です。


プレートは緩やかに移動しぶつかったとき、どちらかが下に潜り込みます。
このときのきしみが地震になるらしいのです。
(2)プレートのぶつかり合っている場所は地震が多く、そうでない場所は少ないそうです。
(3)地震の強さは発生する深さにもよるようです。
    • good
    • 0

簡単に言えば、地球の内部地殻変動によるものと聞いたことがあります。

あとは詳しくは下のHPで確認して下さい。

参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~m-nasuno/WELCOME.HTM
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q震度2以上の地震が年間どの位あるのですか?

仕事で急に「2000年度、何回震度2以上の地震があるか」調べることになりましたが、色々インターネット等調べても載っていません。
どなたか、その様な資料が有りましたら教えて頂きたいと思います。
ちなみに、地域は静岡県を希望です。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

静岡県下の地震(火山)情報
http://plaza.across.or.jp/~ozawaku/eq_data/

このサイトに静岡県下の年間の地震活動概況があり、
「2000年の静岡県の地震活動概況」がPDFファイルであります。
ただし、震度ではなく、マグニチュードの方です。
(静岡地方気象台発表だそうですが、肝心のそちらのHPではデータが見つけれませんでした)

詳細は、静岡地方気象台に電話などでお尋ねになった方が早道かもしれません。

とりあえず、ご参考までに。
(あと、千代田区に文部科学省管轄の地震関連資料室があるようですよ)

Q地震の震度情報について

地震の震度情報でテレビの画面では各地の地名と震度を表示していますが、インターネット(気象庁等)の情報表示は地名及び震度が色で区別しているだけです。テレビと同様の地名及び震度が表示されているサイトがあったら教えてください。

Aベストアンサー

こちらは図もありますが地名も載っています。

参考URL:http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jp/quake/

Q将来必ず起こる東海地震と浜岡原発について

以前裁判で東海地震が起きて最悪の原発事故が起きるとかいう話題がありましたが実際地震が起きたら浜岡原発はどうなるのでしょうか?

最悪のことも想定しておかないといけなのでしょうか?
昨日ふとこのことを思い出してとても不安になりました。

Aベストアンサー

原子力発電所の設計は、工学的に想定しうるあらゆる事象に対して機能を損なわないというだけでなく、工学的には想定できない仮想的な事態でも周辺環境に重大な影響を与えないように設計されています。
とは言え、事故の可能性をゼロにする「絶対的」安全性が保証されているわけではありません。自動車を例に取ると、事故による歩行者など外部の被害をゼロにするには車道を全てトンネルにすればよく、運転者の被害を防ぐには最高速度が20km/h程度しか出ないようにしておけば理論的には可能です。もちろん現実にはそんなことをすればとんでもなくコストがかかるので、ある程度の事故の可能性を許容して現実的な運用をしています。これはいわば「社会的」安全性と言えるものです。

大地震の結果原子炉の緊急停止に失敗してメルトダウンなどの重大な事故が起きる可能性はゼロではありませんが、例えるなら道を歩いていて空から降ってきた隕石に当たって死ぬくらいの、極めてゼロに近い可能性です。

Qゴミの分別に厳しい地域とそうでもない地域の差は…

長野県のある市に行った際、パンの袋からアルミホイル、ビニール袋などなどは燃えないゴミとして分別しなくてはなりませんでした。
しかし、埼玉県のある市では、それらはすべて燃えるゴミとして一緒に出してよいとのことでした。

友人は「発展している都市ほど、焼却の技術が良く、有害物質がでないから全部燃えるゴミでいいんだ」と言ってたので、あ~なるほど。と思ったのですが、これは本当なのでしょうか!?

Aベストアンサー

ダイオキシン類を分解するには、800℃以上の温度で2秒間焼却する必要があります。

通常の可燃ゴミの生ゴミでは水分が多くなり、焼却温度が上がりません。
ですの、補助燃料としてプラスチックを混入して、燃料とする焼却炉が多くなっています。

たしか、御殿場市ではダイオキシン対策で焼却炉を変えた後、分別収集を止めています。

最近は、ペットボトル・トレー等リサイクル可能物の分別収集を行い、他は焼却する自治体が主ですね。
東京では、分別収集した「不燃ごみ」を、減容のために焼却しています。

また、全国的に処分場の新規確保が難しいために、既存の処分場の廃棄物を再度掘り起こし、焼却減容を行う計画もあります。

Q>東南海地震の震源域東端でM5.3の地震は前兆か

2年前にもなりますが
安芸灘でM6.7の地震があり
局地的に被害が出ました。
本震の数ヶ月前から周辺でM4級の地震が数回ありました。

今回の地震はM5.3を最大とする地震活動が東海道沖で。
要注意なのは単発的にM6.5~M7.0の地震が発生
するという危機感が。
被害を及ぼさない程度の小津波発生もあり得るのではないでしょうか。
この付近ではM5級の地震は比較的珍しい事象では
ないでしょうか?(東南海地震の前震・余震活動を除いて)

Aベストアンサー

今、学会で注目されている現象にアスペリティがあります。これは地殻内の固着域であり、地震発生に大きく関わっています。毎回同じアスペリティが破壊されて大きな地震が発生しています。また、アスペリティの破壊は、周辺から起きるので、今回の地震もまた、これに相当するものと考えられます。すなわち、世間でいるところの前兆になるのでしょうか。アスペリティ周辺での破壊が頻繁になると東海、東南海、南海地震が近づいていると言えるのだと思います。
防災対策はしっかり取りたいものですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報