pana-auto mini-180の中古を購入しました。

それで、チップ・ノズルを交換する為、トーチの送給装置側に書いた型番(YT-20CS4)をメーカーホームページで調べると、チップの長さ45mmでしたので、45mmを購入し交換してみると、元々付いていたチップが40mmだったようで、45mmを付けるとノズルより1mm位チップが出ていて、元のチップだと、ノズルより5mm位中に入っているのですが、どちらが正しいのでしょうか?

トーチ型番だと45mmが正解だと思うのですが、トーチの握る側はそれなりに使い込まれているのですが、送給装置側の赤いカバーは汚れも無く交換したかのように新しいので、もしかすると本当は40mmチップのトーチなのに、送給装置側のカバーが壊れ、別の物に変えたのではないかと気になっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中古溶接機ということで、私なりの考えで言うとチップもノズルも消耗品なので、


たくさん使用するところでは、コスト削減のためさす非正規物を使用しているのではないですか?
チップの長さよりチップとノズルの長さがあっていればあまり良いのではないかと
でチップを45mmにしたのならノズルもそれに合わすか、  チップを40mmにするですね
    • good
    • 0

No.1です


炭素ガスを使用しているとなるとチップはノズルでカバーされていないといけないのではないかと思われます
溶接ノズルはシールドガスの拡散防止のためにあるので正規品を使用してもノズルよりチップが出てしまうのは納得がいきませんね

スズキッドの溶接機の使用経験がおありとのことですので、ご承知と思われますが、ノンガス溶接とシールドガス溶接ではチップとノズルの形状が違ってきます
組み合わせ違いということはありませんか

この状態で炭素ガス溶接は問題かと思われます
メーカーのユーザーサポート部門にお聞きした上でご使用になられた方が良いかと思われます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パナソニックに電話(サポートではないですが)に電話確認しました。
チップはノズルと同じ程度との事でした。

ついでに、ノズルより10mmなど出ると問題ですが、1mm程度出ていたり、5mm程度内側にあっても問題は無いです。と言う回答でした。
正規の位置がノズルと同じ場所でも使用していくにつれ、ちびって短くなっても使えるので問題は無いと言うことです。

ノンガスタイプはノズル内にガスを発生保持する為に、内側に入っている物と思いました。

お礼日時:2010/02/02 13:14

わたしも仕事場でその機種を使っています。


今は住まいなので長さの確認は出来ませんが、経験からひと言。
ひょっとしてそのトーチのノズル(銅のパイプ状のもの)が
奥に引っ込んでいませんか?トーチの先を突くなど扱いが悪いとノズルの根元の真鍮ネジ部分のはめ合いがゆるんでノズルパイプが奥にズレます。
私はこうなると12ミリの丸棒でネジ部を元の位置へ叩き込んでいます。
もう一つ考えられるのはそのノズルパイプの先が磨り減って短くなっていないかです。(私のも結構短くなっていますが)ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

チップ、ノズル共に新品に変えて、チップが1mm飛び出た状態です。

お礼日時:2010/02/02 09:56

チップはノズル内にあるのが正しい位置かと思います


僕が使用している半自動溶接機もチップの先端はノズルの先端より5mmほど中にあります

僕は炭素ガス溶接で半自動溶接機を使用しているのでチップとノズルの位置は重要になりますが、ノンガス溶接の場合はあまり気にしなくても良いのかもしれませんが…

使ってみて不具合があり、使用履歴も分からず
正規の45mmのチップを使いたいのであればノズルも正規品に交換してみたらいかがでしようか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。

ダイヘン等の新品トーチをオークションの画像でみると、ノズル内にチップがあるようですが、パナソニックはノズルと同じ位置のような気がします。

以前、スズキッドのノンガス専用を使っていた時は、ノズル内にチップがありました。
自分も今は炭酸ガス使っていますが、ノンガスと違って炭酸ガスが放出されるので、ノズルと同じ程度チップが出ていても問題ないのかと思いました。

ノズルも正規品に変えて、ノズルより1mmチップが飛び出た状態です。

お礼日時:2010/02/02 09:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半自動溶接機の選び方について

鉄やステンレスの板厚4ミリのパイプと板厚4ミリのL金具を溶接して棚を作りたいと考えて居ます。
その為、半自動溶接機の購入を考えています。
予算は大体、九万円位ですが溶接経験が無い素人です。
解るのは百Vの溶接機は初心者には使えないので二百Vの方が良いと云う事位です。
(1) 知りたいのは発電機に二百ボルトの溶接機を繋いで使えるか?という事。
(2) いろんなメーカーが有るのでどのメーカーが初心者には良いか?という事。
(3) どんなタイプの溶接機を使えば良いか?という事の3点です。
どなたか解る方が居ましたら教えて頂けますか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

4ミリ厚を溶接・・と言っても、がっちり付けるのかちょこっと付けるのかとか、状況によりますので可能か不可能か、という問いには明確な答えがありません。
そもそも、100Vの溶接機は、アーク式でも半自動でも、慣れないとうまくできません。
つまり、初心者だからできないのではない、ということです。
ホームセンターなどで100V用の溶接機がたくさん売られていて多くの人が買ってやっているわけですから、むしろ初心者向けとも言えなくもないですね。

アーク式と半自動を比べれば、半自動のほうがやりやすいのは確かです。
もともと、半自動は初心者でもきれいな溶接ができるのが特徴です。
また、薄い板に失敗して穴をあけずに溶接しやすい、のも特徴です。

ですが、200Vで業務用の半自動だと、ご予算では中古を探すしかないような気がします。
また、業務用だと、炭酸ガスボンベも必要になります。
ガスボンベは、一般家庭では維持は難しいと思います。
炭酸ガスは、買うのは中のガスだけで、ガスボンベ(容器)はレンタルで3か月ですから、それ以上持っている場合(使い切らない場合)は毎月延滞料がかかってきます。
また、高圧ガス取扱いに関しての知識や毎年の講習なども必要です。

最近はアーク式でも、インバーター式で100Vでも電流が大きいものが出てきていますので、やす~~い、トランスだけの機械よりはず~っとやりやすいはずです。

また、半自動なら、ガスがいらない、ノンガスタイプで
http://www.diy-tool.com/fs/diy/say-120
このへんが、いわゆる初心者向け半自動、になるような気がします。
なお、このメーカーは、いわゆる、初心者向け、だと思います。
このメーカ名で検索すると、けっこう種類だしてますので参考になると思います。

ただし、100V用は何式でも、性能を見ても、4ミリの鉄板をガンガン溶かしてくっつける能力はないようです。
それなりにくっつけてください。

200V用の溶接機を発電機で使えるか、という問いには、発電機による、としか言えません。
おおざっぱですが、プロ用の小型ウエルダほどの溶接発電機では容量不足で使えない場合がほとんどです。
イベント会場で見るような大きな発電機ならOKだと思われます。
逆に、インバーター式などは発電機で使うことは故障の原因になる恐れがあります。

これらの溶接は基本的に鉄用です、ステンレスは、アーク式の場合、ステンレス用棒で可能ですが、家庭用の定電流タイプでステンレス用があるかどうか・・私の勉強不足でわかりません。
半自動でも、プロ用ならステンレスワイヤーがありますが、家庭用ノンガスタイプでは・・たぶん無いかもしれません。
まあ、鉄用の溶接でステンレスも一応はくっつきますので可能と言えば可能です。

まずは、溶接ができるように練習して慣れ、できるようになれば、どのような機械でも、それなりに使える、という話です。

4ミリ厚を溶接・・と言っても、がっちり付けるのかちょこっと付けるのかとか、状況によりますので可能か不可能か、という問いには明確な答えがありません。
そもそも、100Vの溶接機は、アーク式でも半自動でも、慣れないとうまくできません。
つまり、初心者だからできないのではない、ということです。
ホームセンターなどで100V用の溶接機がたくさん売られていて多くの人が買ってやっているわけですから、むしろ初心者向けとも言えなくもないですね。

アーク式と半自動を比べれば、半自動のほうがやりやすいの...続きを読む

Q溶接機が付かなくなってしまいました。 不具合、故障箇所を推測できる方 アドバイスをお願いたします。

溶接機が全く付かなくなってしまいました。
考えられる不具合の原因、故障箇所を推測できる方 アドバイスをお願いたします。

Panasonicの半自動溶接機 パナオートミニ YD-160 R5という機種を使用しています。
使用ガスは炭酸ガスです。使用ワイヤー 軟鋼用ソリッドワイヤー YM-28 ワイヤー径0.8mm
パンパン跳ねる感じで、アークが安定せず、瞬間的にアークが途切れます。母材が溶け込まず、溶接しても触れば軽い力で簡単に剥がれてしまいます。
電流をいくら調整しても、電流を弱めて行くとアークが途切れる時間が長くなるのみで、いずれの電流で試しても同じ状況です。
溶接中も異常を示すランプは付いていません。

アークを飛ばさない状態でトーチを握るとスムーズにワイヤーが出て来ますが、溶接しながら送給ローラーを確認すると、トーチを握りっぱなしでも、ローラー(モーター?)自体の動きが、アークに合わせて一瞬止まる、もしくは遅くなるような状態です。

試してみた事
溶接機内部のエアブロー
送給ローラーの清掃、締め付け調整
チップ、ノズル交換、コンジットチューブ清掃、トーチボディ、コンジットチューブは後に交換。
電流調整、ガス量調整、トーチを握ると、トーチよりガスが出ている音はしています。
電源ケーブルの本体に接続されている側の一部が裂けていたので、ケーブルを途中から切断し、圧着端子を交換

この溶接機は、定格使用率オーバーによるダイオードの故障が多いとの情報を見て、
寸法、外観が全く同じダイオードが23個あり、型番や記号などの記載が全くなく、
同じダイオードを探す事が困難だった為、サイズが同じであった耐圧600V 1Aの一般整流用ダイオードに全て交換 

アルミ電解コンデンサ 底部から液漏れ? アルミ電解コンデンサのうち3個の底部に茶色い固まった接着剤のようなものが付着していました。
となりにあった抵抗等の部品にまでべったり付着していたのと、残りのコンデンサには付着が無かったので、接着剤ではなく漏れた液が固まったもの?と思い静電容量、定格電圧が同じで、動作温度が同等以上のものに交換してみました。
当方素人で、古い機種だったため、部品表や回路図等が入手出来ず、部品の選択が間違っているかもしれません。

基板の部品交換前と交換後で状態の変化は実感出来ませんでした。


交換した部品

ダイオード23個を下記のものに交換しました。

新電元 D1N60
一般整流用ダイオード
VRM:600V
Io:1A

アルミ電解コンデンサを下記のものに交換しました。

UDB1H6R8MHM1TO
静電容量 6.8μF
定格電圧(V) 50V
極性 無極性 リップル電流 540mA
動作温度 -40~85

EKZN500ELL101MHB5D
静電容量 100μF
定格電圧(V) 50V
極性 有極性 リップル電流 1.2A

EKZN101ELL101MJ20S
静電容量 100μF
定格電圧(V) 100V
極性 有極性 リップル電流 1.43A

ELXZ500ELL221MJ20S
静電容量 220μF
定格電圧(V) 50V
極性 有極性 リップル電流 1.05A
動作温度 -55~105

お手数おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

溶接機が全く付かなくなってしまいました。
考えられる不具合の原因、故障箇所を推測できる方 アドバイスをお願いたします。

Panasonicの半自動溶接機 パナオートミニ YD-160 R5という機種を使用しています。
使用ガスは炭酸ガスです。使用ワイヤー 軟鋼用ソリッドワイヤー YM-28 ワイヤー径0.8mm
パンパン跳ねる感じで、アークが安定せず、瞬間的にアークが途切れます。母材が溶け込まず、溶接しても触れば軽い力で簡単に剥がれてしまいます。
電流をいくら調整しても、電流を弱めて行くとアークが途切...続きを読む

Aベストアンサー

症状としてはワイヤーの送給が不良のように思えますね、もちろん基盤の可能性も高いです。
送給関係のトラブルではアークを出さずに単に覗いてみたりインチングでワイヤが出ても、トーチボディを構えた状態や放電で負荷がかかると送給が上手くいかないことはままあることです。
良くある原因としてはワイヤーの錆、コンジットチューブ・インナーチューブの内部に垢が溜まりそれが抵抗になっている、送給ローラーの溝に垢が詰まっている、チップの内部に鉄粉が付いたりスパッタが付いたりしている、といったところですが、これらはすでに質問者様が交換、清掃されているようですからちょっと違うかなあ。
使いこんだ溶接機なら送給装置のローラー溝がスリ減り(見てもわかりませんが)溝が大きくなっていたりすることがあります。インチングで普通に出ても抵抗がちょっとでもかかると不安定になったりしますね。特定の箇所でスリップするなら溝の局所的な減りや駆動シャフトの偏芯やベアリングも疑わねばなりませんね。
それらを点検してみても原因が特定できなければメーカーか指定工場に出す、ということだと思います。ただ機体が古いので基盤はもう無い可能性が高いです。送給装置は他の機種用でも使えるものがあります(リモコンなどの制御とかケーブル次第?)
どうしてもワイヤーが0.8でなければいけないのならしょうがないですが、ワイヤーを0.9にして試してみる手もありかも。0.9mmのワイヤーでも90Aくらいまでなら下げて使えると思いますよ。ワイヤーが太くなれば送給性は良くなりますからね。コンジットチューブはそのままで良いはずです。チップと送給ローラーは交換(0.8+0.9の2溝タイプならひっくり返すだけ)ワイヤーの単価も少し安いはずです。

症状としてはワイヤーの送給が不良のように思えますね、もちろん基盤の可能性も高いです。
送給関係のトラブルではアークを出さずに単に覗いてみたりインチングでワイヤが出ても、トーチボディを構えた状態や放電で負荷がかかると送給が上手くいかないことはままあることです。
良くある原因としてはワイヤーの錆、コンジットチューブ・インナーチューブの内部に垢が溜まりそれが抵抗になっている、送給ローラーの溝に垢が詰まっている、チップの内部に鉄粉が付いたりスパッタが付いたりしている、といったところ...続きを読む

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

QMIG、半自動溶接機の選定でアドバイスお願いします。

アルミ溶接をしたいのでMIG溶接機の購入を検討しています。
検索して色々調べた結果、スズキッドのアーキュリー160という機種がいいと思うのですがどうでしょうか?
自宅で使える可能な限り高出力の物が希望ですが、他にいい機種がありましたらアドバイスの程お願いします。
アーク溶接を日常的にしていますので、現状で自宅には200Vの専用線を引き込んであります。ブレーカは50Aです。
自宅のメインのブレーカは50Aです。工事を頼んだ電気屋さん曰く、太い線が引き込まれているので100Aくらいでも大丈夫との事でした。
また動力も引ける地域です。

現状で溶接したい物は5~6mm厚程度のアルミ板材で、後々10mm厚くらいの物まで溶接したいと思っています。
アーキュリー160では6mm程度が限界のようでどうするか悩んでいます。
いっその事TIGにしようかとも思っていますが、どうでしょうか?
予算は全て込みで20万円程度です。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

TIGですと、高価な交流機を購入する必要があります。
実際には「なめ付け」(溶接棒を使わない方法)を採れるので経済的ではあります。

アーキュリー160の欠点はワイヤーが高価である事です。
アルミ1.0径で450gで5千円は○○○くりも良い所です。
一回でなくなります。

3.2ミリ軟鋼5kgの溶接棒が2箱は買えてしまいます。
これ、はっきり言えばこの値段は馬鹿げています。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/minatodenki/a5a2a1bca55.html

(B-33の例です。)
http://www.monotaro.com/c/021/521/

ホームセンターで溶接棒を見て下さい。
1ミリのアーク溶接棒が500gで2千円ぐらいすると思いました。
(それ以上したかも)

溶接棒は径が小さければ小さい程高価になります。

これは15kgで5千円しません。
http://www.monotaro.com/c/070/878/

ここで「相場」を良く研究してください。http://www.monotaro.com/c/021/489/
(同じ径のこれをアーキュリーのリールに巻いて再生させてももいいかも。^^)

また、入手可能かどうかも大きなポイントです。
何と経済的に、楽しくDIY出来るようにご自分でまとめあげて下さい。

TIGですと、高価な交流機を購入する必要があります。
実際には「なめ付け」(溶接棒を使わない方法)を採れるので経済的ではあります。

アーキュリー160の欠点はワイヤーが高価である事です。
アルミ1.0径で450gで5千円は○○○くりも良い所です。
一回でなくなります。

3.2ミリ軟鋼5kgの溶接棒が2箱は買えてしまいます。
これ、はっきり言えばこの値段は馬鹿げています。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/minatodenki/a5a2a1bca55.html

(B-33の例です。)
http://www.monota...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報