脳ドックを受けた結果が届いて「小梗塞巣の疑いあり、現在の処は心配ありませんが、年1回の検査を続けて下さい。」とありました。小梗塞巣って一体何ですか?
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 小梗塞とは、直径1.5cm以下の小さな脳梗塞で、脳ドックでは偶然見つかるため、「無症候性脳梗塞」とも言われます。

以下に私が脳ドック受診者に事前郵送配布していた(「た」と過去形になっているのは、昨年12月で勤務先が変わり、現在は脳ドックを担当していないからです)文章を抜粋いたします。受ける前に検診の意義を受診者が確認できる(インフォームド・コンセントの徹底)として、朝日新聞・読売新聞日曜版でも掲載されております。

 脳ドックとは(事前郵送文書)
 脳ドックの内容ですが、中心となるものはMRI(磁気共鳴画像)とMRIを応用したMRA(磁気共鳴を利用した血管撮影)であります。さてこの脳ドックの目的ですが、主なものは未破裂脳動脈瘤の発見によるくも膜下出血の予防,無症候性脳梗塞の発見による脳卒中の予防,無症候性脳腫瘍の早期発見・早期治療であります。以下にこれらについて順次説明してゆきましょう。

脳動脈瘤について
 脳動脈瘤というのは脳の血管分岐部などに生ずる動脈のこぶであります。脳動脈瘤自体は余程大きいものでない限り無症状です。しかし一旦破裂すると、くも膜下出血を起こすことで有名な病気です。くも膜下出血は今尚2/3近くの人が死亡ないしは社会生活不能となる恐ろしい病気であります。しかも40ー50歳代という働き盛りの人に多い病気です。
 未破裂脳動脈瘤の年間破裂率は1~2%とされており、生涯破裂率は50歳で10 .3%,60歳で4.7%とされております。一方手術を行った場合の後遺症(麻痺,言語障害,嗅覚障害,視症状など)の発生率は2~7%とされており、手術死亡も0~4%という数字が報告されております。術者の腕によって合併症発生率にかなりの差があります。従って比較的少ない破裂率であるのに危険を冒して手術するのかどうかということは、本人・家族が十分に話し合った上で決定すべきであります。
 現在の脳神経外科手術の技術レベルから考えると、未破裂脳動脈瘤の予防的手術の年齢的な上限ラインは70歳とされています。すなわち、71歳を超えて脳ドックを受けて脳動脈瘤を発見されても、予防的手術の適応とはならないわけです。
 尚現在の診断技術における3ー4mm程度の小さな脳動脈瘤の診断率は60%前後で、見逃されることが時々あることが報告されております。5mm以上になると破裂の危険性が高くなります。新生脳動脈瘤の早期発見のためにはガン検診と同様定期検査が必要とされていますが、ガン検診と違い3年毎の受診で十分であろうとされております。

無症候性脳梗塞について
 脳梗塞は一旦発症すると、後遺症として麻痺・言語障害・痴呆などが残ることがある恐ろしい病気です。そこで軽いうちにこれを発見し脳梗塞を予防しようというのが脳ドックの第2の目的なんですが、そもそも無症候性脳梗塞とはどういう概念のものであるのかそこから話してゆきましょう。CT・MRIなどで偶然発見される無症候性脳梗塞の頻度は、40歳以下では全くなく、40歳代で約5%、50歳代で約9%、60歳代で約20%、70歳代では約29%と報告されております。従って60歳以上の人がCT・MRIをうければ、約4人に1人が、“あなたは脳梗塞です”と医師より告げられるわけです。そして再発予防のために、高血圧など基礎疾患のある方では薬物治療が開始になることが多いと思います。
 7年間の追跡調査では、無症候性脳梗塞を認めた群からは6.8%と認めなかった群の0.86%に比し有意に高い脳卒中発症率が確認されております。脳梗塞再発予防の主軸となる抗血小板剤の内服により脳梗塞の再発危険度は20~50%減少するとされておりますが、脳の深部のラクネ(直径1.5センチ以下の小さな脳梗塞)に関しては抗血小板剤は効果無しとされるようになってきました。ラクネには抗血小板剤よりも高血圧管理の方が大切であるとされたわけです(高血圧の管理不十分で抗血小板剤を内服すると、脳出血を誘発することもある)。将来ラクネの予防が確立されれば脳血管性痴呆の予防につながることでしょう。

脳腫瘍について
 さて脳ドックの最後の目的であります無症候性脳腫瘍の早期発見・早期治療につきお話ししましょう。脳腫瘍とりわけ良性腫瘍で手術困難な部位に発生したものは早期発見・早期治療できれば、その分だけ治療成績は向上しますので脳ドックは有用ということになります。その代表例は聴神経鞘腫というような脳腫瘍でしょう。この脳腫瘍は早期発見できれば、ガンマーナイフという特殊な治療が応用でき、切らずに治すことが可能であります。また脳ドックにより悪性脳腫瘍が早期発見されることがあります。悪性神経膠腫に代表される悪性脳腫瘍は早期発見されない限り予後は絶望的であり、この面では脳ドックは非常に有用であります。

追伸
 無症候性脳梗塞に対しては、通常「抗血小板治療」が行われることはなく、経過観察だけですが、脳梗塞で麻痺などを発症した場合には、抗血小板治療は大切です。以下にその根拠を記載いたします。
 脳卒中(脳梗塞、脳出血など)による症状が治る期間は、通常3カ月以内(特に最初の1~2カ月)です。発症から6カ月の時点で残存した症状は後遺症で、その程度により身体障害診断書の交付を受けることができます。
 後遺症は治りませんが、悪化しないように残された機能を維持していくこと&再発予防(脳卒中は約30%程度再発することが知られております。大きな脳梗塞では、抗血小板剤投与によりその再発率は約25%程度低下します。大変な病気ではありますが、高血圧・高脂血症・糖尿病などの管理をしっかり行い再発予防に留意しましょう。)が大変重要です。

 脳ドックに限らず、検診を受ける前に検診の意義についてよく見極めてから受けるようにすべきです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

高脂血症の疑いもあったのでこれからも年1回の脳ドックを受けるようにします。
詳しい説明をありがとうございました。

お礼日時:2001/03/27 13:44

ある意味では、大変難しい質問です。



「脳梗塞」とは、言葉通りの定義では、「脳を養っている血管がつまってしまい、その先の脳が壊死に陥ってしまった状態」を指します。従って、「小梗塞巣」とは非常に細い脳血管(髪の毛くらいの太さなどの)がつまってしまい生じた、数ミリから1-2cm位の脳梗塞部位を指します。
しかし、脳ドックなどでよく言われる小梗塞巣とか虚血部位は、必ずしも本当の脳梗塞を指していない場合がしばしば(と言うよりも、ほとんど)です。以下のことは、かなり専門的になるのですが・・・
現在、通常の脳ドックでのMRIは、T1強調画像、T2強調画像、FLAIR(フレアー)法と呼ばれる3種類の撮り方で行われることが多いようです。特にFLAIR法で見た場合、大脳半球皮質下(白質部分)に直径数ミリメートルのポツポツとした白い点状の部位が数個から多数個認められる場合があります。これは、正常人でも年齢が高くなるほど出現してくる傾向があります。ところで、本当の脳梗塞の場合、FLAIR法で見ると、脳梗塞の急性期から亜急性期には梗塞部位は全体が白く写るのですが、慢性期になると、ほとんどが内部は黒くなりその周りのみが白く写るようになります。ところが、FLAIR法で白く写っても、本当の脳梗塞ではない部位は何年経っても全体が白いままなのです。脳ドックで認められる白い部位は、まずほとんどがこの「本当は脳梗塞ではないもの」です。
したがって、私が脳ドックの読影をする場合、このような白い点は「梗塞」とは呼ばないようにしています(一般的には、「無症候性脳梗塞」と呼ばれることが多いようですが)。
ただ、年齢が若かったり(30台とか40代前半とか)、高血圧、糖尿病、高脂血症などが合併している場合には、これらは脳梗塞のリスクファクターですので、警鐘を鳴らす意味で合併症の治療とともに年一回の脳ドックをおすすめしています。
こんなところでよろしいでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

高脂血症の疑いもあったのでこれからも年に1回の脳ドックを受けることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/27 13:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車にくもの巣が毎日できて掃除にこまってます。

車にくもの巣が毎日できて掃除にこまってます。

昼に掃除して夕方にはくもの巣がはってる状態です。
くもよけのスプレーを車体に吹きかけたのですが効果もなくよい対策が思いつかない始末です

車庫のまわりはアスファルトですが目の前の駐輪場(30mくらい)にはくもの巣がはっています。


なにかよい対策はないでしょうか。

Aベストアンサー

 車のどこの辺りに蜘蛛の巣ができているかにもよるでしょうが、毎日なら車のどこかに蜘蛛がいる可能性が高いですね。

 巣をはる蜘蛛は移動手段として、おしりから糸をだした状態で風に乗って移動したりしますが風の向きに依存しますので車に向けて意図的に移動はできません。ので、駐輪場からやってきた可能性はありますが、往復とかではないですね。

 蜘蛛の巣が出来る場所がだいたい同じ所でしたら、巣を作っているときに棒か何かで蜘蛛を車から引き離すしかないと思います。
 私の時は小さいのがサイドミラーの中にいたようでした。蜘蛛の巣ごと棒ですくって近くの野原に捨てたらそれ以降はでなくなったので本体をなんとかして見つけなくては解決できないかと…

 参考になりますでしょうか?

Q脳梗塞 金曜日に脳梗塞を発症していた母を土曜日にかかりつけの内科に連れて行ったら、認知症と帰され一度

脳梗塞
金曜日に脳梗塞を発症していた母を土曜日にかかりつけの内科に連れて行ったら、認知症と帰され一度帰宅しましたが、同じ事を何度も聞く母にとてつもない違和感を感じ、またかかりつけに行き脳外科を紹介してもらいすぐに行った所、脳梗塞でした。
普通に会話も出来るし、左手に少し違和感があるようなのですが、歩行も出来ます。
でも、日付と曜日が理解出来ないらしく何度も聞いて来ます。どうも、私が見ていると現在の事が記憶出来ないみたいです。
火曜日にカテーテル検査で造影剤使うと説明されました。
担当の先生に、意識があり歩ける事にホッとしていると言ったら、深刻ですよと言われました。血管がボロボロだそうです。それと生まれつきの血管の奇形で、首からある動脈が片方にしかありませんでした。
レントゲンを見せられた病状の説明は以下の内容です。

病名は脳梗塞です。
右大脳の頭頂葉、前頭葉、左前頭葉にも一部脳梗塞がみられます。
このため現在、左半身の感覚障害(しびれ)や見当識障害(認知症のような症状)がみられています。進行すると麻痺や言語障害、意識障害となり寝たきりになる可能性があり厳重な管理が必要です。
頭頸部の血管をみると、右頚動脈が閉鎖しており左頚動脈も血流が悪くなっている可能性があります。また脳血管も多発性動脈硬化による狭窄がみられ脳梗塞が悪化する可能性が高い状態です。恐らく長年の生活習慣や持病が影響していると考えられます。
入院の上点滴治療、内服を始めます。脳血管を詳しく評価するため造影CT検査やカテーテル検査を予定しています。この結果で追加治療などの方針を決定しまた説明します。
急性期ですよある1ー2週は容体が変化しやすいので注意が必要です。リハビリが長期に必要であれば回復期病棟でリハビリを継続していきます。数週後に転棟して継続します。


こういう説明でした。母はそんなに悪いのでしょうか?どうか教えて下さい。
お願いします。

脳梗塞
金曜日に脳梗塞を発症していた母を土曜日にかかりつけの内科に連れて行ったら、認知症と帰され一度帰宅しましたが、同じ事を何度も聞く母にとてつもない違和感を感じ、またかかりつけに行き脳外科を紹介してもらいすぐに行った所、脳梗塞でした。
普通に会話も出来るし、左手に少し違和感があるようなのですが、歩行も出来ます。
でも、日付と曜日が理解出来ないらしく何度も聞いて来ます。どうも、私が見ていると現在の事が記憶出来ないみたいです。
火曜日にカテーテル検査で造影剤使うと説明されました...続きを読む

Aベストアンサー

貴女の説明文は、とても詳細に書いてあり解りやすいです。
よく医師の説明を理解してるものだと感心します。

さて本題ですが、貴女のお母さまは今現在、とても重篤な状態である事を認識
しなければなりません。

(意識があり歩ける事にホッとしている)
この状態は奇跡に近いと言えるでしょう。

一番の問題は(右頚動脈が閉鎖しており左頚動脈も血流が悪くなっている)です。
本来、脳の半分に血液が流れないのですが、脳の奥の脳底動脈で、左右の
頸動脈が繋がっています。このお陰でお母さまは今まで症状が現れなかったのです。

しかし脳底動脈は、頸動脈程には太く無く脳には十分な血流が流れて無く
所謂、血流不足になってると思われます。

後、(血管がボロボロだそうです。それと生まれつきの血管の奇形で)
これも問題です。

いづれにしても医師が判断しますが、手術はあると思います。
医師の説明をよく聞いて、これからもお母さまの為に頑張って下さい。

一日も早く良くなるように御祈り致します。

Q卵が入っている燕の巣が何故崩壊したのか?

昨日の午後、我が家の玄関付近に作られていた燕の巣が壊されていて、巣の土が下に散乱し、卵も4つほど割れていた。
燕の巣は他にも2つほどあり、既に巣立っていったので空き家であり、壊されてはいない。
以前にも同様の事があったが、近所に猫が多く、やられた!と思っていた。
しかし現在は回りに猫はいなくなったし、カラスや、蛇などの仕業とは考え辛い。

家族でじっくり考えたところ、ツバメ(親ツバメか他のツバメかは分からないが)が自らやったのではないかと言う推測が出てきた。

実は、昨日午前中に、巣から落ちる糞や巣を補強した時に落ちたワラや土などで不衛生だった巣の下を、綺麗に掃除した。
掃除をした祖母はショックを受けているが、ツバメ自ら説が浮上すると、そう言えば以前同じような事があった時も掃除した様な気がすると。

ツバメの習性? 他の動物説? 不可思議な現象をどなたか教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

田舎の人に聞いた話です。掃除するとテリトリーを侵害されたと思われて、鳥がパニックになるとは言っていました。真相はわかりませんが、下に古新聞、ダンボールを敷いて巣だつまで待つんだそうです。残念ですが、蛇は90度の角度上がるよと言ってました。燕が来るんだから平和なお宅だと思います。カメムシ除去してくれるからありがたいそうです。黙って見守るしかないそうです。確かにカラスとかの被害は有りますが、卵なくなってますよ。食べるために来るから。燕がパニックおこしたかわかりませんが、祖母は悪気ないんだから仕方ないですよ。田舎回りしてましたので。

Q脳溢血と脳梗塞

脳溢血と脳梗塞の違いを教えて頂きたいのですが、
80歳くらいの女性ですが、もしどちらかで倒れた場合
治療はどのような方法があるのでしょうか?

Aベストアンサー

出血と梗塞の違いは、既出で。

治療法は(患者、部位、症状によって違いますが例えば)
出血:血圧を下げ、出血域が広がるのを防ぐ。可能であれば開頭手術で出血部位の止血。

梗塞:血栓溶解の薬剤使用。血管カテーテルで血流の確保。高酸素状態で酸欠の回避。

何れにしても早期の対応が必要ですし、治療というよりは損傷部位を拡大させない為の応急措置と言った感じでしょうか

Qくもの巣

恥ずかしいのですが、砂壁にくもの巣がいっぱいくっついています。くもの巣を取りたいのです砂壁なのでサーッと
取れません。台所は砂壁ではないのですが白い壁紙がヤニで黄ばみくもの巣がくっついてしまってます。
なんでもいいのでおしえてください。
掃除が苦手な母娘より。。。

Aベストアンサー

砂壁って面倒ですよね
私は掃除機を使っています。
ノズルだけの状態にして、壁に触れないように
移動すれば、かなり綺麗に取れますよ。

Q脳梗塞について

父が脳梗塞と診断されました。現在79歳です。
突然目眩を起こし、頭痛を訴え、MR検査で後頭部の血管に詰まりが発見されました。麻痺や言語障害はありません。今は薬を飲んでいますが、どのような事に気を付けたら良いのか?今後の進行の可能性ですとかをお聞きしたいのですが・・・現在は小さなクリニックにお世話になっているのですが、やはり大きな病院での治療が良いでしょうか?
とにかく働き者で、勤勉な性格ですので、相当ショックのようで、家族も凹みがちです。。。よろしくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

祖父と父が脳梗塞をやりました。再発無しです。
(父に至っては確実に言語障害が残ると言われたのに問題ないです)

一番気をつけるのは「食事」ですよね。
いままでの食生活をリストにして管理栄養士にご相談下さい。
再発の引き金になりそうなモノは排除しましょう。
脳梗塞後によい食品、悪い食品も教えてもらって下さい。

それと運動。
散歩や太極拳やヨガなど負担にかからない程度で
毎日続けれるのがいいです。
それとかかとの上げ下げ。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ
心臓ポンプの補助をしてますから30回の上げ下げ×3回を毎日が
望ましいですがこれも体力と要相談です。
きつかったらダメです。ゆるやかにできなければ意味がありません。

大きい病院=よい病院という図式は当てはまりません。
小さなクリニックでも些細な前兆を察してくれるお医者様も
たくさんいます。
一番よいのは「医者に信頼がおけるかどうか」ですよね。
大病院でカルテやレントゲンだけでお話する医者と
じっくり話を聞いてくれて触診する医者では気持ちも違いますよね。
設備、医者の質、通いやすさなどで判断されたらいかがでしょうか。

祖父と父が脳梗塞をやりました。再発無しです。
(父に至っては確実に言語障害が残ると言われたのに問題ないです)

一番気をつけるのは「食事」ですよね。
いままでの食生活をリストにして管理栄養士にご相談下さい。
再発の引き金になりそうなモノは排除しましょう。
脳梗塞後によい食品、悪い食品も教えてもらって下さい。

それと運動。
散歩や太極拳やヨガなど負担にかからない程度で
毎日続けれるのがいいです。
それとかかとの上げ下げ。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ
心臓ポンプの補助をし...続きを読む

Qベランダにクモの巣が・・・

2階建て賃貸アパートの2階に住んでいます。
この夏、アパートの階段やベランダにクモの巣が目立つようになりました。
ベランダのひさしから物干し竿にかけて、3~4つくらい巣を張られてしまい、ほぼ毎朝お掃除しています。植物は置いていません。
階段等の共有部分は管理会社からお掃除の人が来るのですが、ベランダは自分で何とかするしかないのでしょうか?
追い払ってもまたどこからか現れるので嫌になってしまいます。
このアパート、昨年から不動産会社の管理物件に変わりました。それまでは隣にお住まいの大家さんがお掃除してくれていて、こんなにクモは発生していませんでした。
この場合、管理会社に駆除を依頼することはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

基本的に管理会社は共用部分の清掃を行うのが常でありますが、ベランダに関しては「専有使用権が付された共用部分」というのが一応のガイドラインとなっています。
つまり、共用部分であっても維持管理はそこの使用者が行ってくださいということが通例です。

しかし、これはあくまで分譲マンションの場合で、設定された理由も「部屋内を通らなければならない」ことが主な理由ですが、賃貸となるとその建物の所有権は大家さんのものになるわけですから、大家さんが掃除を行っていた理由も判ります。

ですから、管理会社に対してストレートに「やってくれ」と言えばやらないか、やったとしても有償の可能性が出てきますので、大家さんを味方につけて「やっていた事実」を管理会社に対し報告し、駆除して貰った方がいいと思われます。

ちなみに大家さんは無償で駆除をやっていただいたと思いますが、どうなんでしょうか?そうだとしたらその点も管理会社に話した方がいいでしょうね。

Q脳梗塞

76歳の癌患者の家族です。
大腸がんから肝転移後、闘病中ですが、抗がん剤の効力がなく、余命半年程度と診断されました。
オキシコンチンで痛みの緩和ケアをしながら3か月たちましたが、一週間前、脳梗塞をおこし、軽い右半身まひと言語・記憶障害があります。腫瘍が出血する可能性もあり、一般に脳梗塞に使う血栓を溶かす薬は使用できないといわれ、脳梗塞の治療はなにもできない状態です。
現在小康状態が続き、麻痺や言語障害もさらに進んでいるようにも見えません。このまま何も治療できないのでしょうか。
だとすれば、いずれ、麻痺や言語障害がじわじわと進み、蛇の生殺しのように死を待つしかないのでしょうか。何とか今の小康状態のままで年を越せたらと思うのですが・・・。
詳しいかた、どなたかご回答いただければと思います。

Aベストアンサー

同じ位年(昭和九年生まれ)の 父親が 同じ様な病気です。

28年前 胃がんで 全摘出 
15年位前に 直腸癌 人工肛門
その後 8年前位に 脳梗塞になりました。
うちの場合 左脳?言語に影響が出る状況では 無かったので 隣町の有名な 七沢リハビリステーションセンター の空き待ちをし
市民病院2カ月待ち位の入院で 
リハビリ病院へ転院 3カ月で 一応自分で生活出来るレベルに なりました。少しびっこ
記憶は、日々 衰え やる気も無く 毎日を過ごしています。
電気の消し忘れ 片づけ忘れも 多く 家族は 大変です。
失敗が続くと 本人はm早く死にたいと ほざきます。 生きていても 辛い面も 多いようです。
寝言が 酷く うなされている様な感じ これも 脳梗塞で 脳が 侵されてるから だと 推察しています。 この先 どうなるか 戦線がくがく


脳梗塞は、手術を要する重大な症状で無い限り 脳腫瘍が出来ない様に 点滴治療が続くだけです。
自己回復力に 頼った感じです。
落ち着いてきたら 軽度のリハビリが はじまります。
有る程度 回復しないと リハビリに移れません 経過観察で 回復具合に 応じた 医師の判断に従うしか有りません。

死を待つという 考え方ではなく 自己回復力で 薬や治療で懸命に生存しているので あとは
ご家族が 声掛けし 意識を持たせ 何処まで 頑張れるか だと思います。
人間 いかなる状況でも 有る程度の回復もします 医者がさじ投げても 回復する場合もあるので
諦めずに 見守り 声を 掛けてあげて下さい。

医者に 言われたのは、脳梗塞も 脳に出来る癌の一種 癌を患う人は 脳梗塞にもなり易いそうです。
回復しても また 癌が どこかに発生する事も 念頭に おいておいて下さい。
少しでも 回復し 楽になって頂ければ 良いですねー 回復を願わせて頂きます。

同じ位年(昭和九年生まれ)の 父親が 同じ様な病気です。

28年前 胃がんで 全摘出 
15年位前に 直腸癌 人工肛門
その後 8年前位に 脳梗塞になりました。
うちの場合 左脳?言語に影響が出る状況では 無かったので 隣町の有名な 七沢リハビリステーションセンター の空き待ちをし
市民病院2カ月待ち位の入院で 
リハビリ病院へ転院 3カ月で 一応自分で生活出来るレベルに なりました。少しびっこ
記憶は、日々 衰え やる気も無く 毎日を過ごしています。
電気の消し忘れ 片づけ忘れ...続きを読む

Qつばめの巣が…

はじめて投稿します。どうしても気になってるので、分かる方、教えて頂きたいです!!
我が家(新築一年目)に、つばめが巣作りしてくれました。幸せがくるとも言われてるし、子供達が喜んでいるので、観察しようと思い、温かく見守ってきましたが、ここ最近、つばめを見なくなり、巣に藁のようなものが…観察の結果、すずめに巣を乗っ取られていました。
つばめが来年も来ると信じ、巣を残したいんですが、また来年は、すずめですかね?もう、つばめは来ないんでしょうか?正直、すずめの巣なら、あまり歓迎したくないです。毎日、藁の掃除が大変です!!どうするのが良いのでしょうか。

Aベストアンサー

つばめの巣を片付けて(取り壊して)しまうと、つばめは巣を壊されると警戒して同じ場所には作らなくなるといいますから、もしまた巣をつくってほしいならそっとしておくのが一番でしょうね。

ところで今、すずめも激減しているのだそうです。田んぼが減っているのが原因なんだとか。またすずめというのは鳥の中でもかなり警戒心が強い鳥で、例えば庭にパンクズを撒いてすずめがやってくるようになると「すべての鳥に認められた」ということらしいですよ。
我が家はパンクズを庭に撒いているのですが、猫もカラスも追い払うので鳥にとっては楽園らしく、今まで何羽かすずめが我が家の庭を「ご臨終の地」としてやってきました。庭先でうずくまったまま動かなくなるのです。日あたりもいいし、天敵に襲われる可能性は低いしってことなんでしょうね。
間近で見ると、すずめも結構可愛いですよ。

Q脳梗塞と脳出血

コレステロール値が高いと脳梗塞になりやすい。
コレステロール値が低いと脳出血になりやすい。
この考え方は正しいですか?
コレステロール値が高い場合、下げる薬を服用することで脳出血の確率をあげるということはありますか?

Aベストアンサー

おおよそ正しいですね
下げる薬に関してもよほどのことがない限り服用しない方がいいというものや危険だからやめた方がいいというものまであるみたいです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報