鉄板に塗装し、何μmついているか膜厚計で測定してるのですが、
あれはどうやって測定しているのでしょうか(機械の構造がわかりません)?
ご回答宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

お尋ねの膜圧計とは、電磁誘導式の膜厚計ですね。



「電磁誘導式」 は、鉄芯入りコイルの先端に鉄を近づけると、その距離がわずかに変化します。すると、この変化に対応し、コイルのインダクタンスが変化します。この変化を利用して皮膜の厚さを測るものです。

このほか、アルミ、銅、、および銅合金、オーステナイト系ステンレスなどのような、非鉄金属素地上の絶縁性皮膜の厚さを測定できる膜厚計に、「渦電流式 」のものが、あります。「渦電流式 」は、高周波電界によって金属表面に誘起される渦電流の大きさと皮膜の厚さとの電気的相関性を利用して、鉄以外の金属素地上の絶縁性皮膜の厚さを測るものです。

この他にも、膜や基板の種類、測定膜厚によって、使用できる膜厚計にもいろんな種類があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/21 22:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報