人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

バリニオンの定理

合力のモーメントは分力のモーメントの和
と言うやつですが
特に今まで問題なく解釈していたのですが
これを偶力のモーメントでやると合力が0となり
これだけが成り立たないのですが
なぜそうなってしまうのでしょうか?
合力が0なのでと言ってしまえばそれまでですが
どうも気持ち悪いんです。

A 回答 (2件)

2代目cyoi-obakaです。



答えは簡単です。
「偶力は合力には成らない!」
「偶力は分力しても偶力のままです!」
つまり、偶力は、力の作用線が常に並行関係で且つ反対方向ですから、バリニオンの定理は成立しません。

以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

やっぱり。
ですよね。
直感的に考えると関数的なイメージで
ある法則があれば大抵は全ての関連する結果に当てはまるものですが、
この場合も分力のモーメントの和も0になってくれると
めでたしめでたしでなのですが、この一点だけが条件に当てはまらない
のは数学的な思考で考えると不思議な気がします。
たとえ0.000・・・1mmでも偏心していれば力に対する距離が発生し成り立つのに
合力0のこの一箇所だけには分力のMの和との法則性が途絶えてしまう。
微積分的に考えると
直線は無限大の曲線で曲線は極限の直線で扱えば解がでるのに
偶力は限りなく0に近づけた極限の偏心距離とは考えられないんですね。

お礼日時:2010/02/02 08:53

#1です。



あなたの申す通り、本来は完全な偶力など地球上では存在しません。
その理由はあなたもご存知に筈ですね。
よって、地球上では永久慣性運動は存在しません。
ですから、理論と現実論の葛藤でしかない! というのが本当の答えなのでしょうね。

以前、先代があなたに、「スバラシイ設計士に成って欲しい!」と申していたように記憶してます。
「疑問を持つ」という事は、どんな些細な事でも成長を助けますよね。
私などは、ドップリと世の中の流れに浸かってしまって、疑問を持つ前に打算的な回答を自分に強いている事にガックリする毎日です。

私は、先代程構造理論は得意ではありませんが、このサイトには多くの専門家の方々が参加しています。
その方達の知識を上手く活用して頑張って下さい。
これからは、一級建築士という資格を持って社会と対峙する事に成りますが、堂々と、大胆に、且つ繊細にご活躍される事を願います。

以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2010/02/03 08:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2級建築士の勉強方法について。

はじめまして。よろしくおねがいします。

去年、独学で受けたのですが、全く駄目で今年もうけようと思ったのですが、自信がなく来年にしようと思っています。

今まで独学で勉強をしてきたのですが、各学科をある程度までは理解ができたとしてもある一定期間1学科をして(例えば法規かた計画へなど)次に違う学科をしても忘れてしまって、なかなかうまくいかなんです。

みなさんどのように繰り返し勉強されているのでしょうか?

また過去問は最低何回されていますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

学科試験は基本的に問題集を解きましょう。一日時間くらい毎日やれば大丈夫でしょう。試験問題を覚えるくらいやれば通るでしょう。

例えば、AはBである。という問題が一度出たとします。しかし、その次の年以降に、AはBではない。とい問題が出ることも有るのです。つまり、焼き直しがよく出るのです。ですので♯3さんの言うとおり何度も解きましょう。そうすれば通りますよ。

頑張ってください。

Qラーメン構造ってのラーメンって何?

ラーメン構造の「ラーメン」は何から来たのでしょう?まさか食べるラーメンじゃありませんよね。
ついでに、ラーメン構造と、準ラーメン構造とは何がちがうのかも、教えていただけると有り難いです。

Aベストアンサー

建築構造設計の仕事をしている者です。
ラーメンの語源は、他の方が回答している通りドイツ語
のRahmenからきています。意味としては剛接合された
という意味です。ちなみに英語ではRigit Frame(リジットフレーム)と言います。剛接合(ごうせつごう)の意味は、柱と梁の接合部等が回転できないように固く接合されているという意味です。これに対して柱と梁の接合部が自由に回転できるものをピン構造と言います。ピン構造で建物を構成するとぐらぐらゆれてしまうため、壁や筋交いを柱と梁で区画されるフレーム内に配置して丈夫にします。鉄骨やコンクリートの建物は接合部を完全に剛接合できるのでラーメンフレームだけで建物を丈夫に出来ます。(これを純ラーメン構造といいます。壁のないガラス張りの建物も造れます。)これに、壁や筋交いを加えて丈夫にしたものが(壁・筋交い併用ラーメンです。)木造の建物はどうしても接合部が緩むので壁か筋交いを設けなくてはいけません。実際には、壁や筋交いのないお寺など伝統的建物も存在しているのでこれらもラーメンとして解析できるような研究もされています。

建築構造設計の仕事をしている者です。
ラーメンの語源は、他の方が回答している通りドイツ語
のRahmenからきています。意味としては剛接合された
という意味です。ちなみに英語ではRigit Frame(リジットフレーム)と言います。剛接合(ごうせつごう)の意味は、柱と梁の接合部等が回転できないように固く接合されているという意味です。これに対して柱と梁の接合部が自由に回転できるものをピン構造と言います。ピン構造で建物を構成するとぐらぐらゆれてしまうため、壁や筋交いを柱と梁で区画されるフレーム...続きを読む

Q台形の重心を求めるには

上底a 下底b 高さ h とした場合、台形の重心をもとめる公式は、 (2a+b)/(a+b)*h/3 でよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

計算してみました。
面積
 A=(a+b)h/2
下底周りの断面一次モーメント
 S=a・h^2/2 + (b-a)h^2/6
  =h^2(2a+b)/6

重心位置、S/Aですから、
 G=(2a+b)/(a+b) ・ h/3

合ってますね。

Q溶接サイズはどこまでの長さを指す?

建築士独学中です。

隅肉溶接の断面における溶接長さの定義を教えてください。

似たような言葉で「脚長」に関しては、溶接断面で母材を付き合わせた境界線から、溶接の端(止端)までの距離と理解できましたが、サイズに関しては、解説図を見る限りでは溶接断面に納まる境界線を頂点とする直角二等辺三角形が描かれているだけで辺の長さの根拠が分かりませんでした。
ひょっとして、強度計算から導かれる脚長の最低目標値ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

隅肉溶接の脚長は各々の箇所で計測します。
計測した脚長のうち最小の脚長が、隅肉溶接のサイズ(S)となります。
サイズを越える部分は補強盛とか余盛などといいます。

2辺のサイズによって構成される三角形の、サイズ以外の辺を底辺とした場合の三角形の高さを「有効のど厚(a)」といいます。

板が直角で構成されていれば上記の三角形は直角二等辺三角形になります。
そのとき有効のど厚は以下の式で求めることができます。
 a=(1/√2)S≒0.7S

隅肉溶接の有効長さは溶接全長からサイズ(S)の2倍を引きます。
 l=L-2S
始端と終端を無効と考えるわけですね。

なので、隅肉溶接の許容耐力(R)は、fsを許容せん断応力度とすれば、
 R=Σal・fs
で求められます。

Q単位体積重量と密度の違い

 単位体積重量と密度ってどう違うのでしょうか?

 密度=ρ で、単位体積重量=ρg
 
 というだけで、ただ重力加速度が
 かけられているだけという意味な
 のでしょうか?

 工学関係の教科書を読んでいると、どちらも
 よくでてきますが、意味的になにか違うのでしょうか?

Aベストアンサー

物理屋の siegmund です.

密度は (質量)/(体積),すなわち単位体積あたりの質量です.
質量とは,物質の量.
SI単位なら,kg が単位です.

重さ(重量)は,(通常は地球上で)物体に作用する重力の大きさで,
その物体の質量と重力加速度gとの積に等しい.
力の次元をもった量で,SI単位なら,N(ニュートン)が単位です.
N = kg・m・s^{-2}
したがって,単位体積あたり重量は,N/m^3 がSI単位です.

結果的には質問の文にあるように,両者の違いはgがかかっているかどうかです.

物質を月に持っていくと,物質の量は変わらないので質量は不変ですが,
重力加速度が変わるので重量の方は約1/6になります.

9766 さんの比重はちょっと誤解があるようです.
比重は,ある体積の物質の質量を同体積の標準物質の質量で割ったもの.
固体や液体に対する標準物質は,通常は4℃の水ということになっています.
質量÷質量ですから,比重は単位のない量です.
同じ場所で測ればその物質と標準物質の重さの比をとってもよいので
(gがかかるだけだから,割り算の分母分子でgはキャンセルする),
比重という名がつけられたのです.
水は 1 cm^3 でほぼ1gですから,密度を g/cm^3 単位で表すと,
密度の数値と比重の数値は実用上は同じになります.

物理屋の siegmund です.

密度は (質量)/(体積),すなわち単位体積あたりの質量です.
質量とは,物質の量.
SI単位なら,kg が単位です.

重さ(重量)は,(通常は地球上で)物体に作用する重力の大きさで,
その物体の質量と重力加速度gとの積に等しい.
力の次元をもった量で,SI単位なら,N(ニュートン)が単位です.
N = kg・m・s^{-2}
したがって,単位体積あたり重量は,N/m^3 がSI単位です.

結果的には質問の文にあるように,両者の違いはgがかかっているかどうかです.

物質を...続きを読む

Qワーカビリティーとコンシステンシーの違い

定義として、
コンシステンシー:流動性の程度
ワーカビリティー:施工の容易性
という違いがあるのは分かったのですが、いまいち同じニュアンスの単語に思えます。

下記のページでは
ワーカビリティー:コンシステンシーおよび材料分離に対する抵抗性の程度によって定まるフレッシュコンクリート,フレッシュモルタルまたはフレッシュペーストの性質であって,運搬,打込み,締固め,仕上げなどの作業の容易さを表す。
​http://www.pref.miyagi.jp/jigyokanri/sekkeimanyuaru/sekkeisekou/sek...​

とあって、「材料分離」のバロメーターも含めたのがワーカビリティーなのかなと勝手に解釈しそうなのですが、
この二つの言葉の違いを教えてください。
例えば、一方がよいのに一方が悪い場合は存在しますか?
また、スランプ試験ではワーカビリティーを図ることができますが、コンシステンシーはどんな指標で表すのでしょうか?

Aベストアンサー

建築用語ポケットブック構造編より

【コンシステンシー】
まだ固まらない物質の流動性の程度をいう。セメントペースト・モルタル・コンクリート・石膏・粘土など、主として水の量によって流動性の変化する場合によく用いる。ちゅう(稠)度、軟度ともいう。セメントのコンシステンシー試験はフロー試験、コンクリートのコンシステンシー試験はスランプ試験で代表される。

【ワーカビリティー】
まだ固まらないモルタルやコンクリートの作業性の難易の程度。目的工事または部位ごとに、流動性・非分離性等が関与する。通常はスランプ試験・ブリーディング試験などで判断する。混和剤・気象条件・ポンプの揚程などにも注意しなくてはならない。

材料分離がワーカビリティにおいて大切なのはたしかですが、その他ポンプ圧送による閉塞や硬化速度など施工上における打ち込みやすさに関する様々な要因を考慮する施工上の用語がワーカビリティであって、コンシステンシーは主に含水率などによる流動性を示す材料上の用語という違いがあるのではないかと思います。
つまり用語を使用する分野自体が異なるのではないかと思います。

だから、粘土などは建築材料として用いることはないので、施工用語としてのワーカビリティを使うことはないでしょうし、物質の特性を示す材料学上の用語としては粘土に対しても用いられるようです。

両者ともコンクリートについてはスランプ試験で評価することが多いですが、ワーカビリティについてはブリージング試験を行うこともよくあり、モルタルについてはコンシステンシーはフロー試験で代表するようです。

建築用語ポケットブック構造編より

【コンシステンシー】
まだ固まらない物質の流動性の程度をいう。セメントペースト・モルタル・コンクリート・石膏・粘土など、主として水の量によって流動性の変化する場合によく用いる。ちゅう(稠)度、軟度ともいう。セメントのコンシステンシー試験はフロー試験、コンクリートのコンシステンシー試験はスランプ試験で代表される。

【ワーカビリティー】
まだ固まらないモルタルやコンクリートの作業性の難易の程度。目的工事または部位ごとに、流動性・非分離性等...続きを読む

Q建築模型、カーブの作り方

建築も模型も好きな高校生で、趣味で建築模型を作っているのですが、好き勝手にとりあえず作っているので技術的にわからないことがあります。

カーブってスチレンボードでどうやって作るんでしょうか?というか、どうやってスチレンボードって曲げたらよいのでしょうか?
熱かなにかで曲げるのでしょうか・・・?それともスチレンボードじゃないなにかを使っているのでしょうか。
たとえば建物の壁がカーブを描いているものとかありますよね。あれをどうやるのか知りたいです。

建築模型の作り方をやっているサイトなどを探しても曲げているのが見つからなかったので、知っている方に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 スチレンボードは発泡スチレンのシートにケント紙を貼り合わせたものですが、発泡スチレンのシートはいわゆる「目」の様なものがあって、ある方向に曲がりやすい性質があります(縦か横のどちらか)。
 スチレンボードを軽くしならせると、どちらかに若干曲がりやすくなっているのが判るかと思います。まずはその方向を確認しておきます。
 その方向に曲げることを前提にして部材を切り出し、曲げる面の内側に曲げる方向と直角にカッターで切り込みを付けていきます。このとき、表側のケント紙まで切らないようにする必要があります。切り込みの間隔は曲率やスチレンボードの厚さにも依ります。間隔が短いと曲面がなだらかになりますが、強度が落ちます。
 曲面を付けるとき、内側にガイドとなる部材を付けると曲面が安定します。このガイドはスチレンボードの厚みを考慮した寸法形状とします。
 この方法は、曲率が極端に小さい場合は使えません。その場合はケント紙を同じ方法で曲げてスチレンボードなどで作った心材の外側に貼り付けるようにします。曲面部分のみをケント紙で作る方法もありますが、その場合平滑面との連続性を出すのが難しくなります。曲面部分の近くに目地などがあれば、その部分を継ぎ目にすることでカモフラージュできます。

 上記の方法は2次曲面の場合です。3次曲面の場合は簡単ではありません。
 3次曲面を作るには、スチレンペーパー(またはスタイロフォーム)の固まりから削りだして塗装するか、あるいは木型に熱したスチロールシートを被せて成型する(バキュームフォームなど)などの方法があります。

 スチレンボードは発泡スチレンのシートにケント紙を貼り合わせたものですが、発泡スチレンのシートはいわゆる「目」の様なものがあって、ある方向に曲がりやすい性質があります(縦か横のどちらか)。
 スチレンボードを軽くしならせると、どちらかに若干曲がりやすくなっているのが判るかと思います。まずはその方向を確認しておきます。
 その方向に曲げることを前提にして部材を切り出し、曲げる面の内側に曲げる方向と直角にカッターで切り込みを付けていきます。このとき、表側のケント紙まで切らない...続きを読む

Q反力と応力の違い

基礎的な質問で申し訳ありません・・・

反力 と 応力 の違いを簡単な言葉で教えていただけますでしょうか・・・

Aベストアンサー

反力は、検討している部材外から部材へ掛かる力。

応力は部材内部で生じている力。

Q関数電卓を使って角度を計算する方法を教えてください。

関数電卓を使って角度を計算する方法を教えてください。
関数電卓があるのですが、角度の計算方法が分かりません。
たとえば、水平方向に5m、垂直方向(高さ)12mのポールがあります。
そのポールの上を線で結んだ角度の電卓での算出方法を教えてください。
まったくの素人で申し訳ありません。

Aベストアンサー

計算式だと、

=arctan(12/5)

お使いの電卓が不明ですが、
1) 12÷5 = 2.4を計算。
2) arctan(またはtanの-1乗の表記)でarctan値を計算。
3) 計算結果がラジアン値なら、rad→degで度に変換か、2πで割って360をかける。
とか。


WIndows付属の電卓ならば、関数電卓モードで、
1) 「Deg」を選択して角度の単位を度にしておく。
1) 12÷5=を計算。
2) 「□Inv」チェックボックスをONにし、「tan」でアークタンジェントを計算。
とか。


人気Q&Aランキング