歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

ローダウンリーフで2インチローダウンしたいのですが、リーフの証明書があれば車検は通りますか?(最低地上高はクリアしてるものとみなします)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

部品を交換しダウンさせるのでしたら、製造、販売している会社に聞いてみては、いかがでしょうか?。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q200系ハイエースのローダウン&ホイール選びについて

現在200系ハイエース(スーパーGL 4WD)に乗っています。
Q1. ホイールを19インチか20インチに交換したいのですが可能でしょうか?その場合どのくらいのオフセットのものを選べばいいですか? 
Q2. ホイール交換の場合ローダウンは何インチぐらい可能でしょうか?
Q3. そのほかにフェンダーの耳折りなど加工が必要なところ、気お付けるところがあれば教えてください。
Q4. 6穴のホイールを取り扱っているサイトが少ないのでたくさん取り扱っている通信販売サイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

Q1について 
こんにちは私はスーパーGL 4WDに乗っています。
オフセットは+33~35くらいまでならはみ出すことはないと思います。
実際にタイヤ専門店に相談するといいと思います。はみ出し覚悟ならオーバーフェンダー装着すればいいと思いますが、車検時にははずすか、構造変更して1ナンバー登録するのがよいと思います。
インチですが、インチアップするならば足回りを総合的に見直したほうがよいと思います。(インチがアップするほどホイールの値段も上がりますし、乗り心地も悪くなると思います。)
Q2について
ローダウンは基本的にフロントのシャフトやブーツに負担がかかるので
しないほうがよいのですが、するならば1.5インチダウンなら大きな支障はないようです。それ以上落とすのであればリスク覚悟の上でやりましょう。
Q3
すいませんよくわかりません。
Q4
19インチはありませんがここは安くて面白いです。
確かフィッテングルームというのがあって車とホイールのイメージが
見れます。
http://www.fujicorporation.com/index.php
参考に
http://www.tire-shop.co.jp/shinnpin-dubcity.html

http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&v=3&e=0&s=6&k=0&oid=000&sitem=%A5%CF%A5%A4%A5%A8%A1%BC%A5%B9+19%A5%A4%A5%F3%A5%C1&f=A&nitem=&g=200286&min=&max=&p=0

http://item.rakuten.co.jp/black-m/milano-706/

http://hiace.ifdef.jp/

Q1について 
こんにちは私はスーパーGL 4WDに乗っています。
オフセットは+33~35くらいまでならはみ出すことはないと思います。
実際にタイヤ専門店に相談するといいと思います。はみ出し覚悟ならオーバーフェンダー装着すればいいと思いますが、車検時にははずすか、構造変更して1ナンバー登録するのがよいと思います。
インチですが、インチアップするならば足回りを総合的に見直したほうがよいと思います。(インチがアップするほどホイールの値段も上がりますし、乗り心地も悪くなると思います...続きを読む

Qハイエースのローダウンについて

ハイエースをローダウン予定ですが、リア―は、問題ないと思うのですが、フロントの場合、申し訳ないですが、お金を掛けたくないので、単純にトーションバーを緩めるだけで済ましたいと考えています。予定としては、50mmほどと考えてますが、かなりキャンパーつくと聞きました。トーインも調整が必要との事、素人で単純に下げるだけではタイヤの片べりや走行に支障はありますでしょうか。
また、調整を依頼する場合、費用は、どの程度必要でしょうか。

Aベストアンサー

ハイエースの車高ダウンでは、通常フロントのトーションバーを剛性の高い(=ばねとして固い)モノに、前後のバンプラバーを薄く破壊強度高い材質のものに、フロントのリバウンドラバーを厚いモノに、それぞれ交換します。
 トーションバーの車高調整機能だけで車高を下げる場合、以下の問題が生じます。

①キャンバがネガティブに付き過ぎ、タイヤが内減りを起します。
②直進性が悪化し、直進付近のハンドル手応え感が曖昧になります。
③走行中にバンプラバーに頻繁に当る様になり、乗心地や操縦性が悪化します。
④比較的短い走行距離で、バンプラバーが割れる可能性があります。
⑤ロールセンタが下がる→ロール剛性が下がる→カーブを曲がる時にロールが早くなる→旋回性能が悪化する

・・・以上は覚悟して下さい。それさえ納得出来れば、トーションバーの車高調整機構だけで車高を落とすことが可能です。

 ちなみに、トーションバーを固いモノに交換すると③④⑤が、バンプラバを交換すると②③④がそれぞれ軽減されます。(軽減だけで、解消はされませんが。)

 っというわけで仮に車高ダウン・サスキットを組んでも、どうしても①は解消できません。
 
>かなりキャンパーつくと聞きました

 キャンバ角はクルマ側である程度調整出来ますが、その調整幅だけではキャンバ角をノーマル値に完全に戻すことが困難です。
 ただ皆様、左右のキャンバがほぼ同じになる様に調整して、あとは出来なりで『ほったらかし』にされているケースが多い様です。タイヤは確かに偏摩耗(内減り)を起しますが、それは仕方がないこととして皆様理解されている様です。
 ちなみに、車高ダウンでキャンバ角がネガティブになるとタイヤの下の方がホイールアーチの幅からはみ出し車検でNGとなるクルマが多いですが、(ワタシが知る限り、では)ハイエースは強いキャンバ角が付いてもタイヤの下側が車体からはみ出すことはありませんでした。

 さて一方、もトー角の話は・・・。

>トーインも調整が必要との事、素人で単純に下げるだけではタイヤの片べりや走行に支障はありますでしょうか。

 車高を50mmも下げるとかなりトーアウトになります。
 放置すると、走行パターンによっては数百㎞程度でも片減りによりタイヤ交換となってしまうので、トーは必ず調整が必要です。
 トー角はゼロ狙いが基本で、誤差は角度で言うと0~3’(3分=0.05度)が理想ですが、とりあえず0.1度(6分)程度に収まっていれば影響は小さいです。
 トーの合せ方は、ネット上で色々と情報が拾えるので、時間をかけて検索してみてください。基本的にオーナー御自身で調整可能です。使う工具は、コンベックス(=薄い金属で出来た巻き取り式のメジャー)と、タイロッドエンドを回す為のスパナだけで、新たに購入しても全部含めて¥1万はしないでしょう。(スパナは14-17か17-19か、そのくらいのサイズだった様な・・・すみません、詳細は忘れました。ロックナット構造だったような記憶があるので、スパナは2本必要かもしれません。)
 タイロッドにそれだけの調整しろがあるか?っという心配がありますが、65㎜まで下げてもタイロッド自体を特殊なモノに交換した記憶がないので、50mmダウン程度ならノーマルタイロッドの長さ調整範囲内でしょう。

 ところで。
 ホイールアライメントに関しては、左右輪それぞれのキャンバ角やキャスタ角は左右で近い値に調整しておく必要がある事もあり(そうしないと直進時に左右どちらかにハンドルが取られる、直進はするがハンドルの直進位置がズレる、などの現象が出ます)、御自身で車高を下げた後、タイヤ屋等でホイールアライメントの測定と調整を依頼してもよいのではないか、と思います。料金は恐らく¥1.5~2.5万程度かかりますが、自身で工具を買いそろえる必要はなくなるので、それくらいはおカネをかけるのもアリでしょう。

ハイエースの車高ダウンでは、通常フロントのトーションバーを剛性の高い(=ばねとして固い)モノに、前後のバンプラバーを薄く破壊強度高い材質のものに、フロントのリバウンドラバーを厚いモノに、それぞれ交換します。
 トーションバーの車高調整機能だけで車高を下げる場合、以下の問題が生じます。

①キャンバがネガティブに付き過ぎ、タイヤが内減りを起します。
②直進性が悪化し、直進付近のハンドル手応え感が曖昧になります。
③走行中にバンプラバーに頻繁に当る様になり、乗心地や操縦性が悪化します。...続きを読む


人気Q&Aランキング